タイは住みやすいですか?

 フジスーパーで買い物をしていたある日の事。年輩の日本人ご夫婦から声をかけられました。「ちょっと、お話をしたいのですが…よろしいですか?」いや~待てよ、先日の人は宗教の話になってしまって、結局は勧誘だったしなぁ(私は仏教徒ということで…)。でも、異国の地での同胞の付き合いは大切だしなぁ…。と、心は揺れたのですが、「お茶でも!」のお誘いを断りきれずに「30分位なら」ということになりました。
 お二人の話しというのは結論から言うと、これからの老後をタイで暮らす事を考えているので色々と知りたいらしく、誰に聞いていいのかわからずに何日か無駄にしてしまって、とりあえず明日帰国するのであせっているということでした。今日はインターコンチに泊まっていて、二人でお寺に出掛けたけれどタクシーが渋滞にはまってしまい、丸一日無駄にしてしまったそうです。たしかに月末の金曜日に長距離をタクシーに乗るなんて命知らずだなぁ…などと心の中でつぶやいてみました。(調査不足ですよ!)4日間の滞在ではなかなか思うような結果をだせなかったとも言っていました。
 最近は、この手の相談を受けることが多くなりました。「タイはどうですか?住みやすいですか?」、「楽しいですか?」等々。こればかりは人それぞれで♪男もいろいろ♪女もいろいろ♪ ですね!ただ一つだけ、『生活費がかからないから』、『日本より余裕のある暮らしができるから』 というような理由であるならば、「やめた方がいいですよ!」と、私は必ず言います。お節介かもしれませんが…。一般のタイ人たちと同じ生活ができますか?毎日の食事はタイ料理。自炊でも日本食はお金がかかります。外食なんて屋台が定番。ほんのたまに日本料理を食べる贅沢。それならば安く暮らせるかもしれません。これが当たり前のタイの暮らしです。そんな生活ができますか?それとも、日本と同じレベルの生活をするだけの収入がありますか?それならタイは天国です。ただ物価が安いというだけでタイを選ぶのならやめたほうがいいです。
 ここは外国です。そこで日本人が日本人として暮らそうと思うなら、お金がかかるのは当然でしょう。以前、「タイはお金がかかる国ですねぇ」と言われた事があります。よく聞いてみると、「毎日の買い物は伊勢丹だけど、今日は日本人の友人たちと外食で、プラスプラスで1000バーツの日本料理でした」 ロングステイの方ですよ。これでは確かに大変でしょうね。改まって「日本と変わらないですね」と言われてもねぇ…。毎日がそんな暮らし、私だってしてみたい…。
 いくつになっても前向きで元気な生き方、私は大好きです。だから、何かをしたくて、新しい生活にチャレンジしようとするのはとても良いことだと思います。タイで生活する人達には、それだけの数のそれぞれの理由があるはず。寒さがダメとか、ゴルフが大好きとか、タイ料理が好きだとか。ただ『金銭的に楽だから』というだけでは昨今は厳しいものがあります。またこの円安では尚更…。
 だから「タイは住みやすいですか?」とか「タイはいいところですか?」とか「タイは楽しいですか?」などと訊かれたら答は「YES」であり、時々「YES…」であり、時としては「NO!」だったりするのです。もし、これからタイで暮らそうと本気であなたが決めたのなら、大歓迎です。日本では今までできなかった色々な事ができるのも事実です。これからの人生を決めるのは自分であり、責任と自覚と生活の基盤となる経済力を持って、さあ、どうぞタイへいらっしゃいませ!

(はっとり)