まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

お部屋探しのコツ(単身編)

 早いもので、今年も12月となりました。
 新しい年に新しいお部屋を、とお考えの方も多いのではないでしょうか?
お部屋を探されるとき、どのタイミングで何をすればば良いのか、というご質問をよくいただきます。これは、ご単身か、ご家族帯同か、またご新規なのか、お引越しなのかにもよって変わってきます。
 そこで、いくつか具体的な例を挙げ、順にご説明していきたいと思います。
今回、まずはご新規のご単身者のケースを考えてみましょう。
 すでにタイでお仕事をなさっている場合、始めはホテルにいらっしゃる方がほとんどだと思います。確かにホテルは最初は便利ですが、生活が長くなるにつれ、お部屋が狭く、くつろげなかったり、元気な観光客の話し声や足音等、次第に疲れがたまってくる、と仰る方が多いようです。
 会社によってはホテルは1ヶ月のみ、その間に住居を探す、といったルールがあるところも見受けられますが、そうではない場合、いつからお部屋を探せば良いのでしょうか?
 まずは広告やネットで不動産業者を探し、ご予算、ご希望条件、おおよそのご入居時期をメールで送ってみましょう。条件に合った物件リストが送られてきます。暇を見つけては少しずつ、リストの物件をウェブサイトでチェックしてみるのも良いでしょう。そして、予定の無い週末や、ご出張明けなどで平日半休の日などがあれば、あらかじめ案内の予約を取ります。3~4時間で5~6件、気楽にサクッと見て回りましょう!(大変暑いので、Tシャツに短パン等、気軽な服装がお勧めです。また、靴を脱いでいただくこともありますので、サンダル等、脱ぎやすい靴を選んでくださいね!)
 タイでは、お客様は不動産業者に礼金を支払う必要は無く、何度でも無料で内覧できます。実際に見て回られると、立地や周りの環境、物件の雰囲気やお部屋からの眺め等、ネット情報では分からないことが多く、その違いに驚かれることでしょう。
 また、いろいろなお部屋をご覧になることで、ご自身のお好みやライフスタイル、必要なもの、不要なものがはっきりと見えてくるはずです。
 これは、例えば本格的な赴任は4月からで、時々ご出張でいらしているケースでも応用できます。
 一度下見をしておけば、本格的に探し始めるとき、対象を絞って探せますので、時間も節約でき、あわてて決めて後悔することも防げます。そして、お部屋をご覧になるうち、早く新しい生活を本格的にスタートさせたい、という前向きな気持ちがぐっと高まってくると思います。
 実際お部屋が決まれば日本から持ってくるもの等も準備でき、スムーズな新生活のスタートが切れますよ!
 いかがですか?ご単身の場合、お時間がおありのときがお探し時です。
お気軽にお問い合わせください。お問い合わせは下の広告で!

tkmadv