まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

日本とタイとの違い

 連日猛暑が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
 さて、今回はこれまでの話をまとめてみたいと思います。
 ①ロケーション
 バンコクは日本とは違い、駅前に何でも揃っているというわけではありません。スーパーはスクムビットの大通り沿いではなく、むしろソイ(小路)の中に点在しています。お子様連れのお客様からはお問い合わせの際、スクムビットのBTSプロンポン駅からトンロー駅までの奇数側、という条件を頂く場合がほとんどです。これは主に日本人学校の送迎バスを考えて、という意味からきていると思われます。確かにアソーク通りより西側になりますと、学校のバスが特別料金になったり、朝のお迎えの時間が非常に早くなり、当然帰りも遅くなってしまいます。また、スクムビットの南側(偶数側)ですと、学校帰りの時間に雨が降ったりしてひとたび渋滞にはまると、奇数側に比べるとかなり余分に時間がかかり、塾のお迎えのバスに間に合わないこともあるかもしれません。そこでやはり、ソイ39から55までに人気が集中しています。部屋の向きですが、日本では南向きの明るいお部屋、というのが人気第一位だと思いますが、タイでは北向きが一番人気です。こちらは1年中が、日本の一番暑い時期と同じ様な気候になりますので、暑さ対策が何より重要というわけです。今みたいな特に暑い時期には、夜間を含め一日中エアコンを付けっぱなし、といったご家庭がほとんどだとは思いますが、これ以外の時期では、お部屋の向きや風通しによって、クーラーをお使いになる時間もかなり変わってくると思います。また、リビングルームや寝室が全て同じ方角を向いているとは限りませんので、どのお部屋がどの方角に向いているか、というのもポイントです。
 ②間取り
 間取りについて、日本では2LDK、3LDKといった呼び方をしますが、こちらでは、2ベッド、3ベッド、といった呼び方をします。広さはこちらでも日本と同じように㎡(平米)を使いますが、日本と違い、ベランダや玄関前のスペース等も含めた表示になっており、実際の居住スペースは、8掛けぐらいでイメージされると良いと思います。ご単身向けの一番人気は40平米から50平米の1ベッドですが、一言で1ベッドといっても、リビングルームに窓が無かったり、寝室は広いのにリビングダイニングが非常に狭い等、日本ではちょっと考えられないような間取りのお部屋もあります。ネット情報では細かい事までは分かりませんので、案内を申し込む際、不動産業者にライフスタイルやお好みのタイプを伝えると良いでしょう。それから1ベッドのお部屋ではまず物置(収納部屋)というものがありません。スーツケースとゴルフバックは、出しっぱなしになることが多く、ご趣味が自転車や釣りのお客様には50平米程度の1ベッドタイプでは正直きついと思われます。
 ③ペットと暮らす
 集合住宅の場合、バンコク市内は地域を問わず、ペットを飼える物件は非常に限られます。特にコンドミニアムではペットOKの物件はほとんど無く、主にご家族用の、2ベッド、3ベッドのアパート(ワンオーナー物件)から選ぶ事になります。お部屋をお探しになるには、信頼できる仲介業者にペットの種類、大きさ(体重)などを前もって伝え、安心して住める物件を探してもらうことが大変重要です。
 いかがでしょうか?もっと詳しくお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmadv