まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

お部屋の階について

 ソンクラーンも終わり、暑さのピークは過ぎましたが、これからは雨季に入り、また違った蒸し暑さがやってきます。日本で言うところの五月病になりやすい時期ですので、居心地の良いお部屋で質の良い睡眠をとりたいところですね。
 お部屋選びには様々な要素がありますが、今回はお部屋の階について考えてみたいと思います。
 まず、住みやすさの点では同じ立地、同じ向きでも高層階の方が明るく、風通しは良くなります。隣に高層物件が建っていない限り、景色も良く人の目も気になりません。セキュリティー面でも、できれば2階は避けられた方が無難でしょう。スクムビット内の外国人用のアパート、コンドミニアムでは外部からの侵入者による泥棒は極まれではありますが、それでも過去には隣の屋根伝いに入られたケースがありました。
また、低層階の場合、蚊が多いので要注意です。デング熱等を初め、蚊を媒体にする病気もありますので、特に小さなお子様がいらっしゃるご家庭には、あまり低い階はお勧めできません。プールやお庭が中層階にある場合には、そのすぐ上は2階と同じ様に蚊が多い傾向もあるようです。
 では、高ければ高い程良いのでしょうかと言うと、そうとも言えません。
高層階の場合には、ほとんどの物件で携帯の電波が非常に弱くなってしまう傾向にあります。
また、低層物件の最上階のお部屋の場合、屋上が日に焼けてお部屋の中まで非常に暑い事があります。
さらに屋上にプールやフィットネスルームがある場合、最上階ですと、位置によってはプールの水の音や、フィットネスの足音等が気になる事もあります。
虫も、高層階でも壁を伝ってくる蟻や、下に飲食店などが入っている場合には配水管を伝って上ってくるゴキブリ等は、あまり階数とは関係ない様です。
低層階ならいざと言うときには階段が使えますのでエレベーター渋滞時にイライラする事もなく、万が一火災などの際にも安心、と仰るお客様もいらっしゃいます。
 次にお家賃の面から考えますと、同じ物件内でも高層階の方が低層階よりお家賃は高くなります。ワンオーナーアパートの物件では、同じ広さ、間取りでも、一番上の階と一番下の階ではお家賃が1万バーツ以上違う事もよくあります。コンドミニアム(分譲マンションタイプ)の場合でも、5,000バーツは違う事が多い様です。せっかく希望の物件に空きが出ても、高層階が空いた場合はご予算オーバーになってしまったり、逆にあきらめていた物件も低い階が空けば、お家賃交渉もしやすく、手が届く事もあります。
 結論としては、低層階タイプなら最上階から少し下の6~7階位が理想でしょう。高層階タイプの物件なら中ほどの15~16階位がベストと言えるのではないでしょうか?
 いかがでしたか?もっと詳しくお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmadv