まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

虫対策について

 日中はまだかなりの暑さですが、朝晩は少し暑さの峠を越えた感じがしてきました。これから本格的な雨季に入り、虫が気になる季節になってきます。前回のコラムでも少し触れましたが、今回は様々な虫対策について、お話したいと思います。タイは1年中暑いので、虫も年中出没しますが、一番暑い時期よりは、むしろこれからの季節の方がさらに虫トラブルは増えてくるようです。
 まずは蚊ですが、暗い場所を好む事や、地面に近いところに多い事は日本でも知られていますが、これはタイでも同じです。マンションの敷地内にお庭や池があるのは素敵ですが、低層階にお住まいの場合や玄関の外に直接外気が入り込んでいる構造の建物の場合には、アパートの規則で許されている範囲で玄関やベランダに蚊取り線香を置くのも良いでしょう。お部屋の中でも火を使わないタイプの虫除けや、蚊よけローション、スプレータイプの殺虫剤等を時と場所で上手に使い分け、なるべく蚊に刺されないよう気を付けたいものです。ご来タイ直後やお肌の弱い方の場合、普通の蚊に刺されただけでもアレルギーを起こす事がありますので、腫れる、痛痒いといった症状が数日も続く様でしたら早めに病院に行った方が良いでしょう。
 蟻も雨季にはお部屋の中に入って来やすくなります。もともとタイのマンションの壁や建物の下には大きな蟻の巣が張り巡らされていると言われているのですが、特に雨季になると、キッチンやお風呂場に行列を作って入ってくる事が多くなります。特に小さくて赤い色をした蟻は、甘いものよりも動物性のたんぱく質を好み、直接人を刺す事もありますので要注意です。日本によくある巣に持ち帰り巣ごと退治してくれる、と言ったタイプのものは、タイではあまり通用しない気がします。蟻の性格も日本とタイでは違うらしく、タイの蟻はまずはその場で味見をするのか、巣に持ち帰る前に死んでしまう様です。ノズル式のスプレーを蟻の出入り口に差し込んでスプレーするのが一番効果的な様ですが、すぐに違う場所から入ってきたりしますので、まずは塞げる穴は塞いでもらいましょう。小さなお子様がいらっしゃらないご家庭、食べ物の無い場所には蟻チョークや、普通のスプレー式の殺虫剤が有効です。また、キッチン周りでしたら水攻めが一番ですので、お休み前に蟻の通りに道にマナオの絞り汁や漂白剤を薄めたものを霧吹きでかけておくと有効です。また調理でこぼした肉や魚はすぐに片付け、洗剤を使って洗っておく事も大切です。
 ゴキブリは、外国人居住区の高級物件の場合、建物全体でペストコントロールを行っているところがほとんどですので、あまりお部屋の中で見かける事は無いと思いますが、雨が降るとお風呂場の排水口等から上がってくる場合がありますので、特に雨季にはお休み前にバスタブや洗面台の栓をきっちり閉めておくと安心です。ダニも湿気が多いとソファーやベッドのマットレスに発生します。日本と同じで掃除機でゆっくり吸うのが効果的ですが、扇風機を当て、乾燥させるのも簡単に出来て効果的です。
 通常、アパートの管理事務所やお部屋のオーナーさんがソファーやベッドマットレスのクリーニングをしてくれるのは年に1~2回のところがほとんどです。
最近では日本語対応の専門業者も出来、1ヶ所だけでもすぐに来てくれ、それほどお値段も高くない様ですので上手に活用したいものです。
 いかがでしたか?もっと詳しくお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmadv