まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

コンドミニアムを借りる ①

 建築ラッシュが続くバンコク市内ですが、特にスクムビットの通り沿いには、ここ2~3年で綺麗な高層建築が増えて参りました。これらの多くが分譲マンション、いわゆるコンドミニアムです。バンコクでお部屋を借りて住む場合、サービスアパート、アパート、コンドミニアムと言った幾つかの種類がある事を以前も少し触れましたが、今回は、コンドミニアムを借りて住む場合の特徴と、その魅力についてお話したいと思います。
 アパートと言われる物件は、ワンオーナー(一人のオーナーさんや会社)が所有しており、特にスクムビットのアソークからエカマイまでの間のほとんどの物件は、初めから日本人の方を対象に貸し出す為に建てられています。これに対し、コンドミニアムは、主にタイ人に買ってもらう為に建てられていますので、駅直結だったり、豪華なロビーや大きなプール、お部屋の天井の高さ等“ウリ”が沢山あるのが特徴です。お部屋は多くの場合、最低限のバスルームやエアコンが取り付けられている他は、いわゆる“箱”の状態で売られており、内装や家具は買った人に任されている事が多い為、オーナーさんの個性が反映されています。以前はいかにもヨーロッパ調のものや中国風など、びっくりする様なお部屋もありましたが、最近では建物全体の雰囲気にあった、洗練されたお部屋が多くなっています。また、まだ家具を発注していない場合等は、借り手側の希望を汲んだ家具のリクエストを受け付けてくれる事もあります。(例えば低くて大きいコーヒーテーブル、Lシェイプ型の革張りソファー、既にある家具と色調のあったドレッサーや書斎机、等といった様に、出来るだけ具体的にリクエストするのがコツです。仲介業者に交渉してもらいましょう。)
 お家賃は、購入価格に内装、家具をプラスした金額の約6パーセントに設定されていることが一般的ですが、購入価格も建築前と完成後、高層階と低層階、眺めなどによりそれぞれ異なり、また、それぞれのオーナーさんの考え方によっても様々で、同じ建物内の同じ広さのお部屋でもバラつきが見られます。少しでも早い入居を希望しているオーナーさんの場合には、初めからお家賃を割安に設定してあったり、最初の希望家賃は高くても、交渉の過程で情報をやり取りしている間に、かなり大幅に譲歩してくれることもあります。また、実際のオーナー希望家賃より、お客様のご予算に余裕があるときには、毎月発生するインターネット料金やテレビ視聴料金、メイド料金等の様々な固定費をお家賃に組み入れた柔軟な契約が可能な場合もあります。特にご単身の方にとっては、ホテルやサービスアパートではしてもらえない洗濯やアイロンがけを組み入れられれば、それだけでもかなり快適なバンコク生活が送れそうな気がしてきますよね?
 水道、電気代も、アパートの場合には、アパートが運営、管理している為、水道料金は使っても使わなくても固定1,000バーツと決まっていたり、電気代も1単位が6~7バーツと割高ですが、コンドミニアムではそれぞれの会社からの直接請求ですのでほぼ半額で抑えられます。
 いかがですか?非常に魅力的ですよね?!ところが物事何でも良い面ばかりではありません。次回はコンドミニアムを借りる際のリスクと注意点についてお話します。
 もっと詳しくお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmadv