まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

コンドミニアムを借りる ②

 前回は、コンドミニアムの特徴と魅力についてお話しましたが、今回は、コンドミニアムを借りて住む場合のリスクと注意点についてお話したいと思います。
 まず契約の面ではどうでしょうか。コンドミニアムとは、いわゆる分譲マンションで、同じ建物内であってもそれぞれのお部屋のオーナーさんは違います。契約は個人と個人が基本であり、ごくまれに、貸家業を専門にしている会社や個人が所有している場合を除いては、法人契約はほとんど出来ないと考えて頂いた方が良いでしょう。また、バンコク市内の住居用賃貸契約は基本的に1年ですが、個人オーナーの場合、確率は低いものの、転売したり、海外留学していた子供が帰国して住む為、等といった理由で更新を断られるケースも見られます。せっかく快適に生活されていらしても、オーナー側の都合で泣く泣くお引越しを迫られる場合も無いとは言い切れないのです。また、オーナーが海外在住で、その時期しかバンコクに滞在しない為、契約更新後も満了時以外の退去、契約解除が認められないといった条件が付けられる場合もあります。ご駐在の場合、必ずしも赴任と帰任がきっちり1年単位となるとは限りませんので、契約更新の際には仲介業者に希望を伝え、本帰国や転勤の際には途中で契約解除が出来るよう、付帯メモ等をつけてもらいましょう。どうしてもオーナーが聞き入れない場合には、本帰国間際にならないよう1年満了時にお引越しをお考えになった方が安全です。
 次にご入居後の管理や修理の面についてはどうでしょうか。アパートが全室共通の家具や電化製品を使っているのに対し、コンドミニアムでは給湯器や冷蔵庫、電球まで、オーナーが個人で選んで取り付けている場合が多く、壊れた際の代わりの物やストックの用意がありません。例えば電球1つ切れた場合も、種類、大きさ、形、色等を外して調べ、買いに行って取り付けなければなりません。コンドミニアムの場合、オーナーが毎月管理運営会社に管理費を支払っており、その中には簡単な修理等を請け負うエンジニアを24時間利用できる権利も含まれています。この制度を上手に使えば、まずエンジニアを呼び、電球を外してもらい、同じ物を買ってきてもらい、取り付けてもらう、という一連の作業が簡単に進みますが、ご来タイ間もない方には非常にハードルが高いでしょう。エアコンなどの故障の場合も、まずはコンドミニアム内のエンジニアを呼び、メーカーのエンジニアでなければ対応出来ない場合には、オーナーに連絡して外部のエンジニアを呼んでもらいます。サービスアパートでは掃除の際に、アパートではスタッフが付き添って鍵を開け、お客様がお留守の間に修理を行う事も出来ますが、コンドミニアムではエンジニアがお部屋に入る際には必ずどなたかお部屋にいらして頂く必要があります。そしてエンジニアは前の仕事が伸びたりすれば、約束の時間から大幅に遅れてくる事が多いものです。 
 コンドミニアムを借りて住む場合には、週3回程度のメイドを雇うのが安心です。TKMではご成約頂いたお客様に限り、身元保証のメイドをご紹介しております。掃除、洗濯、アイロンがけ以外にエンジニア対応、買い物、各種支払い代行も行いますので慣れない海外生活の心強い見方になること間違い無しです。
 いかがでしたか?もっと詳しくお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmadv