まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

お部屋探しのタイミング(ご家族、お引越し編)

 前回は、ご単身のお部屋探しのタイミングについてお話しましたが、今回はご家族のお引越しの場合、いつからお部屋探しを始めれば良いのかお話ししましょう。
最初の年はご主人様が先にご来タイになり、お部屋を選定してご家族を迎えるケースが一般的で、奥様は実際にいらっしゃるまでタイの物件をご覧になる機会がなかった、という方がほとんどだと思います。実際に暮らし始めてみると、想像していたものと現実の生活では、違った面をいろいろ実感されることでしょう。例えば駅に近いのが良いと思っていたけれども、あまり電車に乗る機会は無かった。あるいは広すぎるよりは狭くても新しいお部屋を、と思っていたら収納が全く足りなかった、など、理由はそれぞれおありだと思いますが、多かれ少なかれ、資料と現実ではキャップがあるものです。
 ご契約が今年の3月後半、あるいは4月1日にスタートしている場合、1回目の更新、ご退出のお申し出期限は、2ヶ月(60日)前、となっている物件がほとんどです。つまり、1月後半から月末までにはお引越しするかしないかをはっきりさせる必要があります。お部屋を探し始めるのはその前、出来れば年内のうちに不動産会社に連絡し、物件リスト等を作ってもらいましょう。ご予算内で、見てもよさそうな、興味の持てる物件があるかどうか確認します。そして、お部屋で過ごす時間が一番多いのは奥様ですので、できれば学校や幼稚園がお休みになる前に、まずは奥様お一人でゆっくりご覧ください。そして、やっぱりご主人に任せて正解だった、お引越しは無し!ならそれでOK。あるいは意外と探せばあるものね~、なら年明け後に本格的にお部屋探しを始めましょう。
 人気物件ですと、現在満室だったりして実際にはまだお部屋がご覧できない場合も多いでしょう。ウエィティングリストですでに何人もお待ちの物件もあるかもしれませんが。あきらめないでください。お引越しのタイミングやご予算の関係で、まだまだ順番が回ってくる可能性もあります。実際には、1年以上お住まいになった本帰国の方のお申し出は45日、30日前になっている場合が多く、1月末にはまだお引越し先が確定できない場合もあります。ただし、現在のお部屋は60日前に通知をしておかないと、ギリギリになってお部屋が見つかってお引越ししたいと思っても、ご退去が出来なくなった、ということになってしまいます。
 お部屋を案内してもらうとき、不動産業者によく相談して、今のお部屋に満足されていない場合には、勇気を出して退去レターを作ってもらいましょう。
現在のお住まいが大人気物件の場合には、ご退去通知をすると、すぐにご予約が入ってしまいますので危険ですが、普通は一度退去を申し出ても、1ヶ月前になってもお気に入りが見つからない場合には、退去届けを撤回し、更新できる場合がほとんどです。もちろんオーナーさんは、お客様には長くお住まいいただきたいので追い出したりはしませんからご安心ください。
 1月には日本から新しいお客様がたくさんいらっしゃいますので、急に今週末見せてもらいたいと思っても、どの業者も予約がいっぱいで見せてもらえないことがほとんどです。お早目にお部屋探しを始めましょう!ご家族のお引越しの場合、契約満了の3ヶ月前がお部屋探しのスタートです。
  まずはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせは下の広告で!

tkmadv