まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

間取りと広さ(ご家族編)

 1月の後半は涼しく過ごしやすい日が多かったのですが、2月に入りますと、これからのバンコクは4月に向けてどんどん暑くなってきます。ご家族用のお部屋選びもいよいよ佳境に入ってきました。
 今回は、ご家族用のお部屋選びの重要なポイント、間取りと広さについて考えてみましょう。
 間取りについて、日本では2LDK、3LDKといった呼び方をしますが、こちらでは、2ベッドルーム(BR)、3ベッドルーム(BR)、といった呼び方をします。(ワンルームはスタジオタイプと呼びます)広さはこちらでも日本と同じように㎡(平米)を使いますが、日本と違い、ベランダや玄関前のスペース等も含めた表示になっており、トイレやお風呂場も部屋数と同じ数があったりしますので、実際の居住スペースは、8掛けぐらいでイメージされると良いと思います。
 2BR、3BRといった場合、リビングは当然付いているとして、ダイニングとキッチンの作りがよく分かりませんよね?こちらでは一般的に、3BR以上の場合、ほとんどがリビングとダイニングがひと続きになって、キッチンは独立しており、日本風に呼ぶなら3LD+Kといった間取りになっています。メイド部屋が付いている場合も多くなりますが、最近ではメイドを雇ったとしても週3回程度のパートが多いので、この部屋は収納部屋としてお使いになっている方が多いようです。また、玄関を入るとリビングルームが丸見え、というケースが多く、日本のように、独立した玄関から廊下が続き、突き当りがリビングダイニング、といった間取りはほとんど見られません。
 2BRの場合、築年数の古い物件は独立型キッチンが多く、新しい物件や、サービスアパートではオープンキッチンが多くなっています。小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、お子様に眼が届くよう、オープンキッチンのタイプが人気ですが、なぜか玄関を入るといきなりキッチン、といった造りも少なくありません。また、リビングダイニングスペースが大きく取られている間取りが多く、納戸や物置きが付いている所は大変少なくなっています。
 広さで言えば、日本では“80平米でゆとりの3LDK”、などと広告等でよく目にしますが、こちらでは、80平米の場合、2BRでセカンドベッドルームはシングルベッド1台のところがほとんどで、ツイン(シングル2台)になるのは100平米以上が必要と考えてください。
 ただし、実はこの手頃な広さの2BRというのが、もともと非常に少ないのです。そして最近の傾向としては、ご予算の点でも、250平米前後の広くて古い3BRと、80平米前後の狭くて新しい2BRがほぼ同じお値段になっています。これは第一次建築ラッシュ時の約15年以上前の物件は、もともと土地の値段も安い時代に建てられており、フルタイムや住み込みのメイドさんを雇うのが当たり前の時代でしたので、広いお部屋に独立キッチン、メイド部屋付き、といった造りになっており、逆に最近の物件は土地、工賃も上がっているので狭くて高い、という理由からです。
 難しい選択ですが、まずは代表的な両方の物件を1-2件ずつご覧になり、日本にいらっしゃる奥様に写真をお送りして、どちらがよりご家族のライフスタイルにマッチしているかをよくご相談されることをお勧めいたします。写真をお撮りになるときは、玄関やキッチン、収納等もどうぞお忘れなく!
 いかがですか?もっと詳しくお知りになりたい方は下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmadv