打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

次世代のヒーロー、松山英樹

 国内男子ツアー第2戦「つるやオープン」最終日の結末は、次世代のヒーローの出現にゴルフファンを大いに喜ばせる結果になりました。優勝した松山英樹は、ギャラリーを魅了する終盤の4連続バーディでデービッド・オーを突き放し、プロ転向後の初勝利を史上最短2試合目で達成して見せたのです。「目標はないですね。とりあえず1戦1戦、1打1打やっていけば、結果もついてくるのかなって」と、優勝会見で今後の目標を聞かれても「不動心」で臨む姿勢を強調し、胸に秘めた大きな野望を語ることはありませんでした。“20歳でマスターズ優勝”という目標を掲げ、優等生的なコメントでメディアやファンの心を、わし掴みにした石川とは対照的なキャラクターといえそうです。
松山は明徳義塾高校3年生の時に「日本ジュニア」を制したのをはじめ、数々のタイトルをその手中に収めています。2010年10月には「アジア・アマチュア選手権」を制し、初の「マスターズ」出場を決めると、翌週の「日本オープン」では、一時は首位に1打差に迫る3位タイでローアマチュアを獲得し、石川のライバルとして注目を集める存在になりました。初舞台となった「マスターズ」では、日本人史上初のローアマチュアを獲得し、ディフェンディングチャンピオンとして迎えた10月の「アジア・アマチュア選手権」では「マスターズのために勝ちに行く」との優勝宣言を見事に成し遂げ、大会2連覇を飾りました。さらに11月には国内ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」で史上3人目のアマチュア優勝という快挙を成し遂げています。ゾーンにはいると“神懸かっている”印象を与える石川に対し“勝負強さ”を前面に打ち出した松山のプレースタイルには、大きな可能性を感じます。
プロ転向時のインタビューでは「メジャーで勝ちたい、世界ランキングを50位以内に上げたい」ということでしたが、それはやはり出場を逃し涙した今年の「マスターズ」を意識しているからに違いありません。松山は既に今年の「全英オープン」の出場権を世界ランキングで掴んでいます。今後は「全米オープン」の予選会にも出場し、全英以降の国内男子ツアーの空き週には、海外ツアーに参戦する計画もあるということです。松山の初優勝が話題になった「ツルヤオープン」ですが、ジャンボこと尾崎将司プロが初日に見せた1イーグル9バーディ・2ボギーの「62」は、自身の年齢「66」を上回る「エージシュート」のパフォーマンスでした。レギュラーツアーでは初めての達成で、多くのゴルファーに感動を与えましたが、昨年22試合に出場して1試合も予選通過を果たせなかったジャンボは、どんな気持ちでシーズンオフを過ごし、そして今年の開幕を迎えたのでしょうか。本人は「1日中、ゴルフのことしかやっていない」と語りますが、66歳にして常に飛距離を伸ばすことに試行錯誤を重ねているそうです。持病を抱え、歳を重ねるとともに衰えゆく体は、ジャンボにはいたたまれなく辛いはずです。「健全なる精神は健全なる肉体に宿る。不健全な肉体は……、トラブルだらけだ」とジャンボはぼやいていましたが、その精神はやはり強靱なものでした。
長嶋茂雄と松井秀喜が受賞した「国民栄誉賞」表彰式が、東京ドームで行われました。表彰式後の始球式で打つ気満々の長嶋さんは、松井さんの投球を左手だけで振り抜き野球ファンの度肝を抜きました。結果は空振りとなりましたが、力強いスイングにファンからは大きな拍手が上がりました。ミスターのリハビリを担当している医師は「監督は自分に妥協しなかった。志が違う。一日1ミリでも動かそうと…。監督の姿には日々感動させられています。本当に頭が下がる思いです」と語っています。ミスターが病に倒れたのは2004年3月4日。その5日後にはリハビリをスタートさせたといいますが、いまだに麻痺が残っているのは右半身と言語です。
緊急入院からわずか40日で退院し、都内のリハビリテーション施設へ入所すると、施設内の廊下で本格的な歩行訓練を始めたのですが担当医は「入所したその日からですよ。泣いてやめてしまう人もいるようなリハビリを黙々とやってきた。今まで監督の弱音を聞いたことは一度もありません」と、ミスターの並々ならぬ努力を語っています。ミスターにとってはリハビリではなく復活のための「トレーニング」という強い想いがあるようです。ここまで回復したのがすでに奇跡ですが、ミスターは満足などしていない様子で「あと1年あったら、ちゃんと打てた」と悔しがっていたという事です。松井が投じた1球は手元が狂った暴投かと思いましたが「ミスターから、打たないといけないと練習をさせられた」という、内角高めにわざと投げたということでした。素晴らしい師弟関係に感動した方も多かったはずです。始球式後にグラウンドを後にする際、前を歩くミスターが立ち止まって手を振ると松井も立ち止まり、決して距離を詰めなかった行動は、師を尊敬し礼儀を失わないという「三尺下がって師の影を踏まず」を、久しぶりに見た思いがしました。

 ミスターを敬愛するジャンボも同じ想いで「レギュラーツアー」にこだわり「トレーニング」を重ねているのでしょう。松山が優勝インタビューを受けている18番グリーンに、大会の特別な計らいで「エージシュート&ベストスコア賞」を贈られることになったジャンボが同席していました。インタビューを終え、表彰式に向かう松山を捕まえたジャンボは、肩を抱いて「良いプレーだったな。ナイスプレー!」と声をかけたといいます。ジャンボから松山への世代交代を象徴するようなシーンでしたが、ジャンボの想いはそんなに甘いものではないようです。最終日のホールアウト後、ジャンボを囲んでいた記者が「この調子なら、もう一花咲かせられるんじゃないですか?」と声をかけると「なに、もう一花?」と、ジャンボはしばらくの間、まじまじと質問した記者をにらみ返したといいます。きっと「ふざけるな、一花どころかもっと大きなものを狙っているんだ、お前に何が判るんだ」と言いたかったのではないでしょうか。

ジャンボがエージシュートを達成した翌日、その感想を問われた松山は「何を語れば良いんですか?」と戸惑いを見せたといいます。ショートパットに苦しんだ3日目のラウンドの後で「外したんだからしょうがない」と答え、それ以上質問がないとみると席を立ち、すぐにパッティンググリーンで1メートルのパットを打ち始めたといいます。石川と同じ様に夢や目標はもちろんあるはずですが、それには触れず「今、何をやらなくてはいけないか」を常に考えている松山には、石川の様な優等生的なコメントは期待しない方が良さそうです。10位と上々のデビュー戦となった「東建ホームメイトカップ」ではドライバーが左右に大きく曲がり、打った瞬間に両手を離すシーンも何度かあり「変なショットを打ちまくって恥ずかしい。これからはプロみたいなショットを打ちたい」と、松山には珍しい報道陣の笑いを誘うコメントもあった様ですが、同い年の石川が不在の中、松山には大会数が減少傾向にある日本男子ゴルフ界の救世主として期待が集まっています。そんな重圧もどこ吹く風で、ショットが荒れても堪え忍び、順位の上下動は激しくとも少ないチャンスを確実にものにしていくという、松山のプレースタイルがデビュー戦から光り輝いていました。

松山は「遼より先にメジャーを勝ちたい。4大メジャーなら何でもいい。まずは出場権を得るためにも、国内で実績を残し、世界ランキングを上げていきたい」と公言していましたが、迎えた第3戦は難関の和合で開催された「中日クラウンズ」でした。経験があっても上位に残るのは難しい大会ですが、3日目の前半までは松山の独壇場でした。ルーキーとしては初の2週連続優勝に期待が高まりましたが、5番パー4では、フェアウェイからの2打目を直接入れてのイーグル。9番もバーディとして前半を「31」とし、通算5アンダーの独走で後半へ折り返したのです。しかし後半は一転して崩れる展開になりました。14番ではティショットをOBとしてのダブルボギー。さらに15番からは4連続ボギーを喫する急落で「42」を叩き、3位タイに後退してしたのです。

2打差で首位片山を追う最終日は3番、7番でバーディを奪う猛追を見せ、後半も12番でバーディを先行させ、一事はトップに立つ松村に追いつきますが、その後は一進一退の攻防となりました。15番パー5の2打目ではピンまで280ヤードのセカンドを、ユーティリティでグリーン手前まで運ぶスーパーショットを披露したのですが、もし最後の転がりで2オンしていたら展開変わっていたはずです。右にはねて砂の入ったラフに止まった後の松山のアプローチは、ファーストバウンドがエッジの傾斜で止まってしまい、バーディが奪えませんでした。名物ホール16番の短いパー4では、4日間で初めてドライバーを握り「グリーン周りのバンカーならどこでもいい」と勝負に出て、その言葉通りグリーン右手前のバンカーに入れると、そこからワンピンに寄せバーディを奪取ともう一度大きな流れを引き寄せたかに見えました。

しかし17番パー3でピン奥からのさわっただけのバーディパットが止まらず、そこから82ホールぶりの3パットとボギーを叩いてしまします。しかしこれにも心を折られることなく、最終18番では会心のドライバーショットを放ちます。攻めたセカンドはナイスショットに見えましたが、硬いグリーンでスピンがかからず、ピン奥約8メートルまで転がってしまいました。しかし下りの蛇行するラインを読みきり、最後の1コロがりでねじ込みバーディを奪取し、ギャラリーの大歓声を浴びていました。プレーオフになった場合に備え、練習グリーンで松村のホールアウトを待ちましたが、松村が奥からのアプローチをきっちりパーで収め単独2位で競技を終えました。2位という結果には「チャンスがあったのに勝てなかったのは悔しいです」と語りましたが、3日目にスコアを崩したインコースで、攻め方を変えて1つスコアを伸ばすことができたことは収穫でした。3日目を終えて「実績のある片山プロとの優勝争いですが?」という問いに「関係ありません」と毅然と答えていた態度に逞しさを感じましたが、ショットやパットがまだまだ不安定な状態でも毎週の優勝争いです。気持ちが入りすぎるのか、大きく曲がるときはインパクトが強すぎていますが、気持の抑えが利きだした時には、手のつけられないような勝ち方を見せてくれそうな気がします。

優勝した松村は、2番のパー5で第2打をグリーン右手前のラフまで運び2連続バーディと早々に片山を捕えました。5番では9メートルを沈め、7番のパー3ではティショットをピンそば80センチに付け、アウトで4バーディを奪取とリードを持って折り返したのですが、11番でバンカーショットをミスし、さらに3パットと痛恨のダブルボギーを叩き、一気に混戦模様となったのです。勝利をたぐり寄せたのは16番でした。ボギーでも仕方がないと思える、下りの難しい7メートルのパーパットを強気に沈め踏みとどまります。17番では松山が外した位置からパーパットを沈め、最終18番ではグリーン奥からアプローチを寄せ、迫りくるスーパールーキーを振り切り3シーズンぶりとなるツアー3勝目を挙げました。このコラムやブログで松村の飛躍を予想した昨年までの2年間は未勝利でしたが、結婚して望んだ今シーズンは良いシーズンになりそうです。「タイランドオープン」では、予選落ちしたにもかかわらず、奥さんをクラブハウスに残し練習をしていた姿には好感が持てました。また、オフシーズンをバンコクで合宿していた山下の粘り強いゴルフは、初優勝を予感させます。

PGAツアー「ウェルスファーゴ選手権」を制したのは、デレック・アーンストでしたが世界ランク1207位の無名のルーキーでした。昨年、プロ転向したばかりの22歳のD・アーンストはPGAツアーには昨秋のフォールシリーズ「フライズ・ドットコム・オープン」に推薦出場したことがあるだけでした。ルーキーとして正式デビューした今季は今大会が8試合目。予選通過を果たして決勝進出できたのは、これがわずか3試合目というプレーヤーでした。
冷たい風雨に見舞われた悪コンディションの最終日を「70」で回って追い上げ、デビッド・リンとのプレーオフを1ホール目で制して、堂々の初優勝を果たしたのです。名門のUNLV(ネバダ・ラスベガス大学)ゴルフ部で腕を磨き、厳しいQスクールを勝ち抜いての勝利でした。PGAツアーは大幅なシステム変更を行ない、登竜門だった従来のQスクールを廃止しました。昨秋のQスクールは「一発勝負」で米ツアーへ行く最後のチャンスだったともいえるのですが、D・アーンストはたった一度きりしかないそのチャンスを見事に活かしたプレーヤーです。Qスクールは最終ステージの6日間だけでも長丁場なのですが、D・アーンストはプレ予選から最終ステージまでの厳しい4段階をすべて勝ち進んで米ツアーに辿り着いています。4段階をすべて通過した選手は、昨年はわずか4人。そのうちの1人がD・アーンストでした。
出場権がなかったD・アーンストが「ウェルズファーゴ選手権」への招待の電話を受け取った時、Web.comツアー参戦のためにジョージア州アセンズに向かって、レンタカーの運転している最中で、ますチャンスはないと思われた補欠4位からの繰り上がり出場でしたが、P・ミケルソンやL・ウェストウッドという強豪との戦いを制し、2年間のPGAツアー出場権を手にしました。

石川は最終日を「74」でラウンドし50位と順位を落としましたが「初日2日目はあまり良くなかったんですけど、それでもなんとか予選突破できたというのは非常に大きい経験になった」と、滑り込みながら「マスターズ」以降、決勝ラウンドに進出していることは、優勝争いに参加する準備を積み重ねているといえるでしょう。日本にはない、難しいコースセッティングに苦しみながらも「コースが相手」と向き合い、調整に調整を重ねながら連戦に臨んでいます。「今の自分に足りないものがこっちだとすごく良く分かる」と言うように「環境が人を育てる」ということを実感しているのではないでしょうか。「今のところは挑んで失敗ということのほうが多いかもしれないけど、成功した時はそれが自分の成功体験として強く残るし、“ここでこういうショットが出来るようになったんだな”という自信が良い方向へ導いてくれることに期待したい」と、自己分析しています。松山の活躍については「英樹は友達なので、純粋にうれしいですね」と喜びを口にする一方で「いつかこっちの試合に出るチャンスがあればぜひ来てほしい。どこの舞台でもいいので優勝争いしたいですね、いっしょに」と、大きな刺激を受けているようで、残りのシーズンでの活躍に期待が持てます。