打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

物議を醸しだす主役、タイガー・ウッズ

 米国男子ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」の最終日。世界ランキング1位のタイガー・ウッズが最終ラウンドでトータル13アンダーまでスコアを伸ばし、今季4勝目を挙げました。最終日のタイガーは、日没サスペンデッドとなった第3ラウンド続きの4ホールを消化。セルヒオ・ガルシア、デビッド・リングマースと並んでトータル11アンダー首位タイで最終ラウンドを迎えたのです。最終組の1つ前でプレーしたタイガーは、前半で2つスコアを伸ばすと、後半12番もバーディとしてトータル14アンダーまでスコアを伸ばし単独首位で終盤戦へ。14番ではティショットを池に落としダブルボギーを叩いてS・ガルシアらに並ばれたものの、16番をバーディとして再び単独首位に立ちました。
最後まで食い下がった最終組のS・ガルシアも16番をバーディとしてタイガーに並んだのですが、アイランドグリーンの17番パー3でぎりぎりを狙ったショットが2度とも届かず池に消え、優勝争いから脱落してしまいます。クラブハウスリーダーとして後続を待ったタイガーがそのまま逃げ切り、2001年大会以来2度目の「ザ・プレーヤーズ選手権」制覇を達成しました。今季は米ツアー7戦して4勝と、これまで以上のハイペースで勝ち星を重ねているタイガーですが、世界ランキング1位の座も不動のものとして、完全復活へ残すは08年以来遠ざかるメジャー制覇のみとなりました。通算78勝目を挙げ、サム・スニードの史上最多勝利数82にあと4つと迫り、現実味を帯びてきました。
「ザ・プレーヤーズ選手権」がPGAツアーで自身300試合目だったタイガーは、100試合目、200試合目も自らの勝利で祝福してきた節目を、今回も優勝と「王者」の強さを見せたのです。勝率はなんと26%で、4試合に1回以上は勝っている計算になります。しかも、S・スニードの78勝目が46歳と12日だったのに対し、タイガーは37歳4ヶ月12日とそのペースも遙かに上回っているのです。 「高い球、低い球、左から右、右から左、自分が思うとおりのショットが打てた。14番のティショットを除いてね」とこの日のプレーを振り返ったタイガーですが、打つ前までキャディと笑いながら会話していても、すぐにスイッチが入る集中力は秀逸で、スイング技術、メンタル、フィジカルに加えて、恋人の出現で充実してきた私生活と、タイガーの強さが際立った大会でした。
「マスターズ」でドロップの処置を誤り、翌日になってルール違反に問われながら2打罰のみで失格を免れた出来事はマスターズ委員会の決定ですが、確認作業を怠りルールを正しく理解していなかったことは事実で「自ら失格を申し出なかった」と、タイガーに対する批判の声が上がっていました。「マスターズ」後、初の試合出場となった大会で見事に勝利を飾ったことで、タイガーは周囲から上がっていた声を封じ込め「マスターズ」での悪いイメージを、見事に払拭したことにしたかったことでしょう。
しかしこの大会でもタイガーは物議を醸す主役となりました。2012年の全英オープン第2ラウンド以来の同組となったS・ガルシアとタイガーの2人が最終組となり、多くのギャラリーを引き連れてティオフしました。共にパーで1番をホールアウトしますが、事件は続く2番(パー5)で起きました。S・ガルシアは3Wでフェアウェイキープしますが、タイガーはティショットはフックして左の林の中に打ち込んでしまいます。第2打を先に打ったのはS・ガルシアでしたが、このショットは大きく右へ曲がり、今度はS・ガルシアの球が林の中へと消えてしまいます。直後に左サイドのタイガーを見やり、苦々しく顔をしかめたS・ガルシアでした。打とうとしたとき、タイガーが5番ウッドをバッグから抜いて2オン狙いの姿勢を見せたことで、ギャラリーが上げた歓声が、S・ガルシアのスイングを阻害したとして「同組の相手が先にショットしようとしている状況をタイガーは気遣うべきだった」とS・ガルシアはタイガーを批判したのです。
「タイガーが左サイドに居ただろう。自分がショットを打つ番だった。タイガーが打つのを見るために多くのギャラリーが移動していたので、僕はそれを待っていた。彼は、僕が打つ準備が出来たことを知らなかったんだと思いたい。でも、だいたい雰囲気で分かるものだろう?まさにバックスイングでトップに来たとき、彼は5Wか3Wをバッグから抜いたのに違いない。と同時に、それを見たギャラリーが喝采を浴びせた。望ましいことではないよね。運が無かった。もし何も起きなかったとしても、同じ所に打っていたかもしれない。でも、もしナイスショットをしてバーディを奪えていたら、1日の流れは少し違っていただろうね」と苦言を呈していますが、S・ガルシアはボギーでタイガーはバーディと明暗が分かれたホールとなりました。
ラウンド後のタイガーの釈明は「マーシャルが、彼はもう打ったと言ったので、クラブを抜いて準備をした。あとで彼のコメントを聞いたけど、あいつが何かに不満を漏らすのは別に今に始まった話じゃないからね、何かに文句を言っているとしても驚きはしないね」と対決姿勢でしたが、その言葉を聞いたS・ガルシアは「そうかい。少なくとも、僕は自分に嘘はついていない。自分のやっていることは分かっているし、彼も彼のしたいようにするだけさ」と語りましたが、S・ガルシアの奥歯にものの挟まったような言い方が、二人の確執の深さを表しています
タイガーは「セルヒオはすべてを正しく把握していない。セルヒオはすでに第2打を打ったとマーシャルから言われたからこそ、僕は5番ウッドを抜いた」と語りましたが、再放送を見ると、クラブを抜いた後、S・ガルシアの方向を指さして口元に手を当てて静かにするようギャラリーに言っているようにも見えました。もし故意だったとすると、タイガーは嘘をついたことになります。S・ガルシアの応酬は「タイガーは一緒にプレーしたい選手ではない。彼はツアーでナイスガイなんてもんじゃない。お互い嫌いな間柄だ。僕らは二度と一緒にプレーしないほうがいい」とまで公言してしまったのです。1999年の全米プロでの直接対決で始まった2人のライバル関係ですが、それ以降は決して健全なライバル関係ではありません。S・ガルシアは惜敗した全英オープンで「俺には出場選手以外に敵がいる」と、見えない何かのためにメジャーが取れない、と言い放ち波紋を呼んだこともあります。「なるようにしからならない」と、全ての責任は自分にしかないと発言しているタイガーとS・ガルシアは違うタイプのプレーヤーで、理解し合うことは無理なのかもしれません。
しかしこの件はこれだけでは終わらなかったのです。その場にいたマーシャルが異議を唱えているのです。タイガー&ガルシア組に付いていたマーシャルのゲーリー・アンダーソン氏は「彼は我々に何も聞いてこなかったし、我々も何も言っていない。選手には話しかけるなと言われています」とコメントしたのです。またアンダーソン氏のスーパーバイザーのジョン・ノース氏は、最初の3ホールのチーフマーシャルとして現場にいたのですが、タイガーのボールを真上から見下ろすように守り、タイガーがショットをした時は2m以内の場所で見守っていたそうです。「我々に声を掛けなかったし、我々から声を掛けることもなかった。タイガーのコメントを聞いて残念だ。我々の仕事は選手たちを守り、そしてファンの皆さんに試合を楽しんでもらう事。タイガーは自分に都合のよい発言をした。品性を欠く発言だった、認めたくはないが。実はタイガーを応援していた。でも、今思うといたたまれない」とタイガーを批判しています。
ボランティアのマーシャルを30年間務めているノース氏に対しては、選手からは感謝の言葉を贈る場面はあっても、経験豊富なマーシャルが選手に声をかけるということは絶対にありません。自身の不注意を、無償で試合運営を手伝ってくれているマーシャルになすりつけたとすると大問題ですが、「マスターズ」に続いてゴルファーとしての品格を疑われるタイガーの事後処理は感心できるものではありません。しかし相性の合わないこの2人の「再戦」がメジャーで実現したら、また話題になりそうです。

 日本での活躍を足がかりにPGAツアーに参戦したべ・サンムンが、PGAツアー「バイロンネルソン選手権」で、逆転による初優勝を飾りました。ツアールーキーの昨年は「WGC・アクセンチュアマッチプレー選手権」で5位、「トランジションズ選手権」2位と、二度のトップテン入りでなんとかシードは確保していました。今年も「ノーザントラストオープン」での8位タイが最高成績で、期待したほどの活躍ができずにいましたが「1年目はコースや状況を学び、環境に慣れるための時間。2年目は『よし、オーケー、良いプレーをしよう』、コースも知っているし快適になってきた。インターナショナルプレーヤーにとって、環境に慣れて良いプレーをするために時間が必要なことを多分あまり多くの人は認識していないと思う」とコメントしています。このコラムで何度も述べてきましたが、やはり石川にも慣れが必要なのです。

海外に駐在している方はお分かりでしょうが、初めの一年は環境の変化についていけず、時間だけが過ぎて行ってしまうものです。環境に慣れ、自分で何かを決断して、仕事に生かせるようになるのは、早い方で2年目からではないでしょうか。韓国からアジアンツアー、日本という違う環境を経験してきたべ・サンムンが2年目で成し遂げた初優勝ですが、もう少し「良い経験」が加われば、石川にもチャンスが巡ってきそうです。
ジャック・ニクラウス、フィル・ミケルソン、グレッグ・ノーマンをはじめ有名選手を指導し、教えているプレーヤーをメジャーも含め80回~90回は優勝に絡めたというリック・スミスにコーチを受けていたべ・サンムンですが、スイング改造中の石川にもコーチは当然必要です。滑り込みでも予選を通過しているのは、優勝争いの準備を積み重ねている段階とコラムにも書きましたが、最終日に「ほぼ完璧なラウンド」と本人が語る「67」で10位に入りました。しかし4日間を通して「納得がいくラウンド」で終わるには、スイングをチェックしてくれるコーチの存在が必要不可欠です。

2011年の女子プロテストをトップで通過した、タイ出身のオナリン・サタヤバンポットが「ほけんの窓口レディース」で通算6アンダーで逃げ切り、タイ国籍の選手として、初のJLPGAツアー初勝利を手にしました。ジュニア時代からタイのナショナルチームに3度選出されるなど活躍し、「小さい頃からアメリカでプレーしたいと思っていた」という夢を叶えるべく18歳で渡米。インディアナ州にあるパデュー大学に進学し、06年にアメリカでプロ転向を果たしています。翌07年には、下部ツアーのフューチャーズツアーで初タイトルを早々に獲得したのですが「タイにいるコーチから日本を勧められた。タイからも近いし、アメリカと比べてルーキーに対しても資格次第で出られる試合が多い」と、日本ツアー参戦を決意したのですが、2012年シーズンのベスト10入りはありませんでした。今シーズンは「ダイキンオーキッドレディス」で3位タイに入り、好調をキープしての初優勝でした。LPGAで活躍しているジュタヌガン姉妹も刺激になったのでしょう。

さらに米国LPGAの「モービルベイLPGAクラシック」でも、惜しくも優勝を逃したタイ人女子プロゴルファーがいました。ポルナノン・ファトラムは最終ホールでもバーディを奪い、最終日「63」の猛追を見せトップで後続を待っていたのですが、ジェニファー・ジョンソンが16・17番を連続バーディで抜け出し、P・ファトラムを1打差で振り切り、初優勝を飾っています。「キアクラシック」でも3位、メジャーの「クラフト・ナビスコ選手権」では13位と今年は上位争いに加わってきていますが、これからも注目のプレーヤーです。
「ホンダLPGA」最終ホールの悲劇で、優勝を逃したA・ジュタヌガンは、その後参戦したLPGAで2位、4位、3位、3位タイとすべてベスト5入りしています「モービルベイLPGAクラシック」でも、その時点でトップのP・ファトラムに並ぶ、最終ホール2mのバーディを逃し、結果4位タイに終わっていますが、参加した5戦すべてでベスト5入りを果たすという大活躍です。近いうちにLPGAでも「タイ人プレーヤー初優勝」が成し遂げられそうです。オナリン・サタヤボンパットもいずれLPGAを目指すことになるのでしょう。タイ人女子プレーヤーの活躍は、アジアのゴルフ界にとって明るいニュースですが、日本勢にとっては韓国に次いでアジアからのライバル出現です。