まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

ペット可物件について

 近年、日本ではペットブームが続いており、ご来タイの際にも帯同(大切な家族の一員ですよね!)される方が増えてきています。
各種手続きや搬送方法につきましては、航空会社などにお問い合わせいただくとして、今回はペット可のお部屋探しについてお話したいと思います。
まず、バンコクの外国人向けの賃貸物件は、ほとんどが集合住宅です。まれにタウンハウスや一軒屋に住まわれる方もいらっしゃいますが、これはセキュリティーや管理が大変難しく、かなりの上級者向けです。そして集合住宅の場合、バンコク市内は地域を問わず、ペットを飼える物件は非常に限られます。特にコンドミニアム(分譲マンション)タイプではペットOKの物件はほとんど無く、主にご家族用の、2BR、3BRのアパート(ワンオーナー物件)から選ぶ事になります。稀にコンドミニアムでもペットOKとなっているところもありますが、お部屋のオーナーさんがOKでも、管理事務所では禁止されていたり、ご入居途中で管理組合の話し合いにより、禁止になることもありますので、注意が必要です。また、個人オーナーさんのお部屋の場合には、ご退去時の原状回復に関する基準が無く、運が良ければ支払わずに済みますが、高額の費用を請求される場合もあります。
 アパートの場合には床、壁紙、家具等、それぞれの補償額が決まっていますが、壁や床におしっこがかかってしまったり、ソファーの生地が傷んでしまうと、やはりご退出時の補修費用が高額になる可能性がありますので、お気を付け頂く必要があります。カバーを掛けたりマットやビニールを敷いたりすれば防げる事も多いですから、工夫してお使い頂く事をお勧めします。
 また、建築当初は小型犬OKだった所でも、満室状態が続いたり、住民同士のトラブルがあったりすると、新規では受け付けないなど、途中で事実上禁止されるところも多く、ネット情報が追いついていない場合もあります。
 お部屋をお探しになるには、信頼できる仲介業者にペットの種類、大きさ(体重)などを前もって伝え、安心して住める物件を探してもらうことが大変重要です。
 種類では、熱帯魚やカメ、ハムスター等はほとんど問題無く飼うことができますが、ウサギ、猫、小型犬、大型犬となりますと徐々にハードルが高くなります。
地域としては、スクムビットの場合、ソイ23や24は、もともとペット可の物件が多く、貴重な大型犬OKの物件もあります。他にはソイ26、31、39、49、53、55、59、アソーク以西のソイでは6、8、11、12等に点在しています。シーロムやサトーン、ナラティワーなどでもペット可物件はありますが、非常に数は少なくなります。
 動物病院は意外と多く、ソイ24、26、49、トンローなどにありますが、トンローソイ9のトンローペット病院は、日本語の通訳さんもいるので安心です。
 ワンちゃん同伴OKのショッピングモールも増えています。ソイ47に新しくできたレインヒル、ソイ26のKヴィレッジ、トンローのJアヴェニュー、エカマイのパークレーンは敷地内でワンちゃんと一緒にお散歩、お茶や食事もでき、日本人、タイ人を交えて犬友同士、打ち解けてお話しする姿もよく見かけます。
 これらの病院やショッピングセンターに行きやすく、お散歩が必要なワンちゃんには野良犬がいない、歩道があるなど、細かい情報もご案内担当者にお確かめください。
 いかがですか?もっと詳しくお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmadv