打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

松山英樹、世界最高峰の舞台へ

 今年の日本女子ツアーは初戦を優勝した森田理香子が勢いをつけたのか、佐伯三貴の2週連続優勝や横峯さくらの1年11か月ぶりの優勝。ベテラン茂木がメジャー初制覇を挙げ、さらに森田、比嘉真美が今シーズン2勝目を挙げるなど「リゾートトラストオープン」までの13戦中10勝と日本勢が好調です。「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」は首位からスタートした森田が「74」と2ストローク落としながらも、1打差で辛くもツアー通算4勝目、今季2勝目を手にしたのですが過去3勝は、いずれも最終日に逆転をして獲得したもので、逃げ切っての優勝は、森田にとって初めての経験となりました。
インタビューで「苦しかったです」と語った森田でしたが、前半は余裕を持てる展開でした。2位で追う大山志保がスコアを伸ばせず、5ホールを終えてリードは4打差にまで広っていたのです。しかし「OBが出たあのショットから始まった」という6番パー5のティショットは、左サイドの崖下へと消えて痛恨のダブルボギー。9番パー5では3パットのボギーを叩き、2位に1打差に迫られて後半9ホール、師事する岡本綾子からいつも言われている「勝負のサンデーバックナインから」を実感する事になりました。自滅により追い詰められる展開で、なかなか決定的なバーディチャンスを呼び込めない、息詰まる膠着状態となりました。
ピンチを乗り越えながら、勝機をうかがう苦しいプレーが続き、11番ではオーバーした返しの1.5mを入れて踏みとどまり、16番のパー5では3打目をグリーン手前のラフにショートさせ、寄せきれなかった微妙な2mのパーパットをなんとかねじ込んで首位を死守。結果としてはサンデーバックナインでバーディこそ奪えませんでしたが、ノーボギーに抑えるゴルフで9つのパーを並べて、辛くも逃げ切ったという内容でした「バーディがなかったことは、練習しないとダメ」と、師匠から重要性を説かれている「サンデーバックナイン」で、伸ばせなかったことを反省していましたが「去年ならボギーを打っていたところもあったと思う」と、自らの成長を実感させてくれる「勝負のサンデーバックナイン」でした。自身初の逃げ切り勝利は、追い詰められ、緊迫した中で最後まで粘り通した結果でさらに大きく成長してくれそうです。
その森田の2週連続優勝が期待された「リゾートトラストレディス」でしたが、初日2オーバーの72位タイと大きく出遅れてしまします。予選落ちすら意識する2日目のスタートでしたが、2日目にベストスコアタイとなる「66」をマーク。トータル4アンダーまでスコアを戻し、順位も一気に7位タイまで浮上と好調ぶりをアピールしていました。森田はスイングをさらに綺麗なものにするため新たな課題に取り組んでいるようですが、初日はそれが上手くできなかったようです。「思ったことはすぐにやりたい性格ですし、賞金ランクが上にいるから試すことができます。早く自分のものにしたいですね」と、2日目にはビッグスコアという結果につながった様です。試合の中で新たな進化を目指していますが、最終日には単独3位まで追い上げ、やはり今年の賞金王レースの主役は森田の様です。

 「リゾートトラストレディス」の結果は、強風の「ヤマハレディースオープン」で初勝利を飾った19歳の比嘉が、岡本門下生の服部真夕を1打差で振り切り、今シーズン2勝目を挙げています。比嘉はアマチュア時代から2010、11年JGAナショナルチームのエースとして活躍した逸材です。2011、12年と「日本女子アマ」を連覇し12年「日本女子オープン」ではベストアマを獲得しプロ入りしています。プレーぶりは落ち着きがあり19歳の新人とは思えず、これからのさらなる活躍が期待できる「新星」の誕生です。
国内男子ツアーは国内メジャーの今季初戦「日本プロゴルフ選手権・日清カップヌードル杯」が開催されました。今シーズンの話題を独占している松山英樹は2日目に2つのバーディをマークしたラウンド後、スコア提出場に入るなり、顔を強張らせることとなりました。問題となったのは15番ホールでした。左サイドの木の下から第2打を放とうとクラブをセットアップした際、ボールがわずかに転がったということでしたが、松山は心の動揺を抑えながら「テレビのスローで見たら、半転がりくらいしていた。自分では気づかなかった」と説明し「ボールを見ずに、グリーンを、目標を見てソールをして、クラブを外した時にボールが動いていたという感じです。自分のミスなので仕方がないです」と語っていましたが、ボールが動きそうに感じる時、多くの選手はソールをせずにヘッドを浮かせて打つのですが注意が足りなかったということでしょう。「帝王」J・ニクラウスが「バンカーではしないのだから」と、すべてのクラブでソールしないのは有名な話です。

本来であれば1打の罰を加えて、元の位置から打ち直さなければならなかったのですが、このルールに反したということで、ホールアウト直後にVTRの確認を経てから2ペナルティを科されることになりました。相当ショックを受けたのか、練習はせずにそのまま宿舎へと帰ったといいます。 映像で発覚した疑惑についての、スコア提出前のビデオ確認は昨今のゴルフでは「常識」ですが、松山は「何で気づかなかったのか」と自分を責めていたようです。ネットなどで配信される外野の声や中傷にも耐えなければならず、4位タイで決勝ラウンドを迎えた朝も「テンションが上がらない」と口にしていました。しかし、同組のナイスガイ深堀圭一郎、そして東北福祉大の先輩の宮里優作が、寛大な態度で受け入れてくれたことで気持ちを持ち直したようです。

この日、仙台に戻るスケジュールをキャンセルして、コースに戻った同大の阿部靖彦監督は「優作も『監督、“こういう時”は任せておいてください』なんて言ってくれてね」と教え子達の「絆」に感謝していましたが、キャディ、そして専属トレーナーにも大学のOBを起用してツアーを転戦する松山にとっては、谷原秀人、池田勇太、藤本佳則と、同大出身選手はいまやツアーにおける巨大勢力となりました。先輩達も一目置く潜在能力と寡黙な人柄から、温かい手が差し伸べられているのでしょう。松山は日本のトッププレーヤーとなった今も、同大ゴルフ部のキャプテンも務めています。「英樹は1、2年生のころからキャプテンになることが自然に決まっていった。強いだけではなく、彼が大学4年間で人間的に成長する上で、チームを引っ張る時間は必要なこと。星野英正、谷原、勇太…彼らが教えてきてくれたものを、後輩たちに伝えるのも英樹の仕事」と阿部監督は語っています。
3日目を「67」と爆発し、4打のリードで史上最速のメジャー制覇に王手をかけて臨んだ最終日、松山は1番ホールで50㎝の短いパーパットを「簡単に打ちすぎた」と、外したことで、パッティングに違和感が生まれます。4番からの4連続ボギーで首位争いは混戦状態になりました。後半は持ち直し14番で首位に1打差と迫るバーディを決め、15番では15mをねじ込み首位タイに浮上します。しかし18番で2mのパーパットを外し、プレーオフ進出を逃し2位に終わりました。「やっぱり今日一日、ラインを読むのに迷った分、切れるか切れないか、すごく迷って、キャディに『真っ直ぐ行こう』と言われたんですけど、自分の中で不安があって、ちょっと右を向いたら右に抜けましたね」と、1ストロークの重みを再認識させられた大会でした「パットが悪い時にパーをセーブできるアプローチが無いと苦しくなる。ショートゲームを磨かないといけないですね、良い勉強になりました」悔しさをかみ殺しながら、会場に残って列を作っていたファンに丁寧にサインをしていたそうです。屈辱の敗戦も「経験」として大きな「成果」に変えてくれそうな気がしていました。

ジャンボ尾崎の「エージシュート」井戸木鴻樹の「全米プロシニア選手権」優勝と続いたジャパンシニアの活躍ですが、58歳の中嶋常幸がスーパールーキーに挑みました。「ダイヤモンドカップゴルフ」の3日目。トータル2アンダーからスタートした中嶋がこの日ベストスコアとなる「66」をマークしてトータル8アンダーでホールアウト。松山と並んで首位タイで最終日を迎えることとなったのです。中嶋が優勝すれば、尾崎の持つ最年長ツアー優勝記録(55歳7か月29日)を大きく更新する58歳7か月29日、ツアー49勝目という偉業達成を目指し、好相性の大洗で久々に中嶋のゴルフをアピールしたのです。ここ数年は不調で苦しい戦いを強いられていましたが「きっかけはメタボ。体重が95キロになっていて、それからダイエットを始めた」のですが、食事をとるタイミングの調整や、アルコールなどを控えて1年をかけて10キロの減量に成功。スイングにもようやく往年のキレがもどってきたといいます。さらにドライバーのへッド体積を380CCと小ぶりのものに変更し「小さいヘッドが好きで、当たればスイートスポットというイメージが持てる」と使い始めるようになってからフェアウェイキープ率も向上しています。

最終日は最終組でツアーを席巻中の松山と同組対決になりました。「なんであんな若いのと一緒に回んなきゃいけないのよ。しかも最終組って、いい加減にしてくれよ」と嘆いていましたが「自分と大洗との戦いしかない。そこに集中します」と、決意を語っていました。最終日も8番でこの日3つ目のバーディを奪い首位に並んで見せたのですが、9番のパー4で「カットをかけ損った」と左の林に打ち込みセカンドは出すだけ。サードショットも乗らず、1mのボギーパットも外し痛恨のダブルボギーと首位戦線から脱落してしまいました。「14番からはエンジンの壊れた船、流されてばかり」と、終盤は吹き付ける風に翻弄され、上がり4ホールで3ボギーと6位タイに終わりました。トーナメントは破竹の勢いを見せている松山が、直近2試合で2位に甘んじていた鬱憤を、大洗で晴らしてみせました。首位タイからスタートした松山は、4バーディ、3ボギーの「71」で回り、通算9アンダーで今季2勝目を手にしたのです。
アマチュア時代を含めた過去の2勝とは違う、大震災からの「復活・大洗」で掴んだ1勝でした。「日本プロゴルフ選手権」では単独首位からスタートした最終日に大逆転負けを喫し、この日も8番で一度は中嶋に譲った首位の座を10番で奪い返し、そのまま逃げ切っての優勝でした。「今日も負けるんじゃないかと思った。日本プロのことが頭に残っていたので。勝つことができて、自信になります」と、ショット、パットともに内容には満足していない様子でしたが「バーディを獲れずにイライラした。ストレスも溜まった。でも、無駄な一打を打たなかったことが大きい」と、終盤に一打落とすと流れが変わる展開を、耐えに耐えて勝ち取ったこの勝利という結果には、大きな意味があります。プロ5試合目で早くも2勝目を挙げ、獲得賞金は早くも7394万円を超えています。2位のキム・ヒョンソンは約3918万円と、ぶっちぎりで賞金レースを引っ張っています。ここ2試合はいずれも1打が届かず2位に終わっていたことに対しては、「早いという気持ちよりは、2回勝てなかったということが悔しいというのもありますね」と、毎試合優勝を狙うという、逞しささえ感じるコメントも残すようになりました。アマチュア時代の11年「三井住友VISA太平洋マスターズ」では、最終日にホールインワンを決めた同学年の石川が隣にいました。プロ1勝目「つるやオープン」の時は「62」という「エージシュート」で「ベストスコア賞」を獲得したジャンボが、そして今大会は同じく3日目に「ベストスコア」を出した中嶋が、無数のカメラに一緒に納まることになりました。やはり何かを持っているツアールーキーですが、同じステージで戦いを終えた、すべての「ゴルフ界のレジェンド」が松山に、期待を込めて讃えています。

最新世界ランクは63位まで順位を上げ、70位の藤田寛之を抜いて日本勢トップとなりました。13日開幕の海外メジャー第2戦「全米オープン」に初出場を決めています。5月27日に茨城県の大利根CCで行われた日本地区予選(36ホールストロークプレー)を、2位に4打差の8アンダーをマークして1位で通過を果たしたのです。松山が海外メジャーに出場するのは、アマチュアとして「マスターズ」に出場した2011年、12年に次いで3度目になりますが、プロ転向後は今回が初めてです。「まずは予選通過を目指して、その後は上位を狙いたい」と抱負を語っていますが「マスターズ」出場のためにも、少しでも上位に食い込んでほしいものです。「全米オープン」に対する印象については「難しいセッティングというイメージがあります。フェアウェイキープが大事になると思います」と語り、レイアウトやヤーデージを見た松山は「長いホールと短めのホールがあるので、距離の長いところはドライバーでの正確性が要求されますし、短いところは場合によってはアイアンでティショットを打つことになるかもしれません」と、コース攻略のイメージを披露していました。アマチュア時代から海外での豊富な試合経験を持つ松山は「時差ぼけは大丈夫だと思います。食べ物の問題もないですかね」と、今季2勝と押しも押されもせぬ日本のトッププロとして、最高峰の舞台に殴り込むことになりました。