打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

超難関コース「全米オープン」

 「第113回全米オープン」が終わりました。今年の開催コースは、32年ぶりとなる「メリオンGC」でしたが、全長が6996ヤード(パー70)と、近年の7000ヤードを超えるコースに比べると短くなっていました。「世界一難しいセッティング」と言われる「全米オープン」が易しくなることはなく、500ヤードを超えるパー4や、600ヤードを超えるパー5が存在し、各ホールとも狭いフェアウェーの両側には深いラフとバンカーが配置され、ティショットでは落としどころが見えないホールが続き、そのうえ、激しく傾斜するグリーンサイドには、バンカーやクリークが待ち受けていました。左右のドッグレッグに加え、風の影響を受けたり、コース両側から木がせり出したりしているホールもあり、そこで求められるのは、左右高低を打ち分けられる技術が必要でした。それも、フェード、ややスライス、スライスといった打ち分けと同時に、高さと低さが加味される球筋が打てなければならなく、緻密なゲームプランを実践できるかどうかがポイントとなりました。2011年の「全米オープン」覇者ローリー・マキロイは「最初の6ホールが本当に難しく、パーを拾っていく感じ。最後の5ホールは、ただただ耐える感じになる」と、優勝スコアがアンダーパーに到達しないことを示唆していましたが「我慢比べ」に耐え切った選手が、最後に笑うことになるのは間違いありませんでした。
 その世界最難関の「全米オープン」に、日本の「怪物ルーキー」松山英樹が初めて挑みました。今シーズン、プロ転向2戦目で優勝を手にすると、5戦目で早くも2勝目を挙げ、賞金ランキングは堂々のトップ。強い決意で挑んだ「全米オープン」最終予選会でも、2位に4打差をつけるトップ通過で出場権を手にしています。アマチュア時代から海外メジャーでの優勝を公言してきた松山が、プロとして初めて挑むメジャー大会でどんな戦いを見せてくれるかに注目が集まりましたが、練習ラウンドで「このコース、やばくないですか?」という本人の言葉通り、ドライバーを握った9ホールでは1度もフェアウェーをキープすることができませんでした。さらに、「日本ではラフに入れてもパワーで何とかなるけど、ここはそれがまったく通用しない」と、初めて体感した「世界一難しい全米オープン」のセッティングに悲鳴をあげていました。
 しかし高い対応力で、初めての練習ラウンドではかなり苦しめられたラフでしたが、2日目の練習ラウンドではいろいろな状況を想定して柔軟に対処し、ロブショットやピッチエンドランを駆使して、入念なアプローチ練習を行ない「今日みたいなゴルフができれば、戦えると思う」と真剣なその表情からは、本番に向けての確かな手応えがうかがえました。予選ラウンドは世界ランキング1位のタイガー・ウッズと、同2位のローリー・マキロイ、そして同3位で、「マスターズ」覇者のアダム・スコットの同組対決が話題になりました。
 タイガーが「今回のペアリングは素晴らしい。こういうペアリングは選手としても楽しみ」と話せば、R・マキロイも「たくさんのギャラリーがついて、大きな声援を受けられそう。その中でプレイできるのはうれしい」と、豪華な組み合わせを歓迎。A・スコットも「今年の大きな注目は、タイガーとローリーだろう。彼らがいるから、自分は世界の3番手なんだ」と、タイガーとR・マキロイを立てながらも「マスターズチャンピオン」としてさらなるランクアップを狙っているようでした。今季はすでに4勝と絶好調のタイガーは2008年の「全米オープン」以来、5年ぶりのメジャー制覇へ万全の態勢で臨み、2年ぶりの「全米オープン制覇」を狙うR・マキロイは、徐々に調子を上げて世界ランキング1位奪回へ試金石の戦いでした。
 ジャンボ尾崎に「やっぱり、天性のセンスの良さがあるね、スイングアークが大きい。最近の選手はフォローからフィニッシュにかけて左手の動きが小さいけれども、あの子は大きい。あれだけのパワーを持っている人間は「舵を取る」左手がしっかりしていないといけない。あの子は、その辺がしっかりしている。オレにも、ああいうときがあったのかなぁ」と笑顔で語っていました。ジャンボは全盛期だった1980年代後半から1990年代中盤までの間に優勝を積み重ねて、世界にも類を見ない「プロ通算113勝」という金字塔を打ち立てています。しかしながら、ジャンボはその偉業について「惜しいのは40歳を過ぎての勝ち星が、それ以前よりも多いんだ。もっと全盛期のときが若ければなぁ」と残念そうに語っていますが、最も結果を出していたときには、すでに体力、瞬発力、持久力など、年齢的な衰えを感じていたということなのでしょう。さらに若くして「マスターズ」というメジャーで結果を残し、プロ入りしてからの快進撃を目の当たりにすると、ジャンボが羨むのも無理はありません。
 「マスターズ」や「全英オープン」で優勝争いを演じた中嶋常幸が興味深い話をしています。「突き詰めれば、経験の中で蓄積していく「知恵」なんですけどね。例えば、グリーンまで残り200ヤードで、選手が8番アイアンだと思ったら、それでボールは届くんです。プロゴルファーならそれができる。でもね、そこで、しっかりと6番アイアンで距離をコントロールできる選手が生き残れる。グリーンに乗った、バーディをとった、だけでは勝てない。72ホールは続かない」つまり、余力を持ったプレイができなければいけないということで、限界を超えてしまうようなギャンブルショットを放つと、その後のゲームコントロールに支障をもたらすということです。最終的に8位となった1986年「マスターズ」については「あのときは、技術も体力も、外国人選手と比べて正直劣っていた。それで、なんとか精神力でカバーしようとするんだけど、それじゃ、無理が生じる。つまり心・技・体の三位一体というのは、三角形でなく、横並び。しかもそれが高いレベルで」と、惜しくも敗れた原因を自身が分析していますが、松山は体力的には世界でもひけをとっていません。しかも松山は、中嶋の言う、大きな番手でコントロールショットが打てる、対応力の高いプレーヤーです。「遼より先にメジャーを勝ちたい。4大メジャーなら何でもいい。まずは出場権を得るためにも、国内で実績を残し、世界ランキングを上げていきたい」と語っていましたが、ポイントが高いメジャーで、上位に行くことが一番の近道です。
 雷雨の影響で2度も中断する波乱の幕開けとなった初日。「全米オープン」初挑戦の松山は、予定のスタート時間よりおよそ3時間半遅れの、現地時間17時56分という、日本ではとても考えられないような遅い時間からのスタートでした。そんな異例の状況の中、松山は「スタートが遅れすぎて、逆に緊張した」と言いながらも、動揺することなく冷静なゴルフをして見せたのです。最初のホールとなった11番パー4。記念すべき「全米オープン」初のティショットは、3番アイアンでフェアウェーをキープ。2打目でしっかりとグリーンをとらえて、パー発進と上々のスタートを切りました。その後も、冷静にパーを重ねていましたが、15番パー4のティショットがフェアウェー右の深いラフへ。ついに「全米オープンの罠」につかまってしまったのですが、深いラフからの2打目を、持ち前のパワーでグリーン手前の花道まで運んで、パーをセーブ、さらに17番パー3でも、ティショットをグリーン手前のバンカーに入れながら、そこからピン横1.5mに寄せるスーパー・リカバリーショットを披露しパーセーブしたところで、日没サスペンデットとなり、初日の7ホールすべてをパーで終え、初めての挑戦となる「世界一難しい全米オープン」のセッティングを見事に攻略する上出来な滑り出しでした。
 ラウンド後、本人も充実した表情を見せ「イーブンパーで終えたのは大きい。(前日の練習と比べて)ショットも良くないし、パットも今ひとつでした。それでも、フェアウェーをキープして、ピンチもしっかりセーブできた。パットとショットの調子をともに上げていければ、いいところにいけるのかな」と、迎えた2日目は、第1ラウンドの残り11ホールと第2ラウンド18ホールの、合計29ホールを消化する過酷な一日になりました。第1ラウンドの再開ホールとなった18番では、ティショットを右のラフに入れると、2打目でフェアウェーに戻すものの、3打目がグリーン右のバンカーにつかまるというピンチにいきなり直面しました。 バンカーからの4打目も寄せ切れず、2パットのダブルボギーと最悪のスタートを切りながら、第1ラウンド後半の6番では、3打目を直接カップにねじ込んで「全米オープン」で初めてのバーディ奪取。さらに8番でもバーディを奪って、第1ラウンドはトータル1オーバーと、首位に4打差の16位タイという好位置で終えたのです。
 それから、わずか30分後にスタートした第2ラウンドでも、2~3mのパーパットをことごとく沈め、我慢のゴルフを続けたのですが、疲れが出たのか、後半に崩れて5つスコアを落としトータル6オーバーの暫定43位タイと予選通過はほほ確実なものとして、ハードな一日を終えました。「後半は集中力を欠いていた。ちょっとミスをすると、続けてミスをしてしまう。悪い流れでいって、切り替えもうまくいかなかった」と、松山は反省の弁を述べていましたが「全米オープン」初挑戦の2日間、良く粘り、攻めるところと守るところを見極める「コースマネジメント能力」の高さから、決勝ラウンドでの戦いにも期待が持てました。2日目を終わりフィル・ミケルソンと、予選ラウンドで松山と同組だったビリー・ホーシェルが1アンダーで暫定首位。1打差で、ルーク・ドナルド、スティーブ・ストリッカー、ジャスティン・ローズ、イアン・ポールターら実力者が名を連ね、タイガー、ローリー・マキロイも、3オーバーとわずか4打差で上位をうかがう混戦模様となりました。 
 トータル8オーバーで、この日に5ホールを残していた藤田寛之は、残りホールで2つスコアを落としトータル10オーバーで予選落ち。トータル18オーバーでホールアウトした塚田好宣、トータル21オーバーの上田諭尉も予選落ちとなり、決勝ラウンドに進む日本勢は松山のみとなりました
 4年連続4度目の挑戦となる43歳の「賞金王」藤田寛之、藤田と同い年で今季の日本ツアー開幕戦でツアー初優勝を飾った塚田、そしてメジャー初挑戦となる上田でしたが、世界最難関コースに対し、いかに対応できるかというのは参加選手すべてに課された課題をクリアすることができず予選落ちと残念な結果に終わりました。しかし「全米オープン」に参加して得たものも多いはずで、これからのシーズンに生かしてくれることと思います。
 「全米オープン」の3日目。トータル3オーバーの13位タイと好位置をキープして2日目を終えたタイガーは、1バーディ・7ボギーの「76」と崩れ、トータル9オーバー31位タイに後退。08年以来のメジャー制覇が大きく遠のくラウンドでした。フィル・ミケルソンが単独首位に浮上し、悲願のビッグタイトルへ王手をかけたのです。P・ミケルソンは99年、02年、04年、06年、09年と「全米オープン」で過去5度2位になっています。悲願のナショナルオープン制覇へこのチャンスを活かすことができるかに注目が集まりました。トータル6オーバーの37位タイで予選通過を果たした松山はディフェンディングチャンピオンのウェブ・シンプソンらと同組でINコース11番からスタート。松山は14番でボギーが先行し、難関の18番もボギーとし2つスコアを落としてハーフターン。2番パー5はバーディを奪うなど粘りを見せたものの5番から3連続ボギーを叩きトータル10オーバーまでスコアを落としてのホールアウトでした。
 ショットは3日間好調をキープしていたのですが、この日はパッティングに苦しみ我慢のラウンドとなりました。過酷なセッティングに苦しんだのは世界のトップ選手達も同じで、順位は39位タイに踏みとどまり最終日に挑むこととなったのです。その最終日、松山は6バーディ、3ボギーで回り、今大会のベストスコアに並ぶ「67」をマークし、通算7オーバーで終え10位タイに食い込み、来年度大会の出場権を獲得。全米オープン初出場の日本人選手としては、1987年大会で17位となったジャンボ尾崎を抜いて、最高成績となりました。  「昨日終わった後の練習の時から、すごく良かった。いい感じで振れていたので、今日は行けるんじゃないかと感じていた」と、出だしの1番をボギーとするものの、すぐに次の2番のパー5でバーディを奪い返すと、7番までに3バーディ、2ボギーと、最難関コースに対し、リスクを覚悟で果敢に攻め込みました。すると後半、303ヤードと短い10番で、第2打をピンそば1mにつけてバーディ。11番は「自分でもびっくりした」と12メートルを沈め、さらに12番では右から4メートルと、中盤の3連続バーディで一気に順位を上げ見せたのです。 17番パー3で3メートルのチャンスを逃し、悔しがっていましたが「18番のボードを見て『そういえば66って出てないよな』と思って。最後はバーディを狙いにいったけれど、全然ラインが違いましたね」と笑顔で答えていました。「世界のトッププロが3アンダーしか出ない。その中で自分が今日、3アンダーで回れたのはすごく自信になる。難しいけど、こういうプレーを続けたら…続けたられら、勝てるんじゃないかと思う」と大きな「経験」を、またひとつ積み重ねたようです。
 優勝はJ・ローズでした。2007年には欧州ツアーナンバーワンに与えられる「ハリー・バードントロフィー」も手に入れ、2010年にはPGAツアーで2勝をあげ、昨年は「キャデラック選手権」を制し、自身初めてとなる「WGC」タイトルも手にしています。昨年9月のメダイナでの「ライダーカップ」において、彼は日曜日のシングルスでフィル・ミケルソンとの戦いを制し、欧州チームの勝利に貢献しました。しかしチーム優勝を上回る喜びを「全米オープン」の優勝によって得ることとなりましたが「ライダーカップ」での勝利は、今回の競り合いにも大きな力を与えたことでしょう。
 P・ミケルソンは前半5番までに2つのダブルボギーを叩いて、早々に失速。しかし10番パー4で、右サイドから残り75ヤードの第2打をカップに放り込み、起死回生のイーグルでトップタイに並び意地を見せますが、最後までワンストローク及ばず終戦。この日が43度目の誕生日だった「ビッグレフティ」は、今年の「父の日」もまた、6度目の2位と大きな失望感を味わうことになりました。