打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

石川と松山の直接対決…

 国内男子メジャーの第2戦「日本ゴルフツアー選手権」が、千葉県の総武カントリークラブで開催されましたが、全米オープンで10位という好成績を収めた松山英樹と、出場すら叶わなかった石川遼の直接対決が話題になりました。いまだに実績という面では石川が依然として上で、復調の兆しを感じさせての参戦でした。米ツアー開幕序盤は予選落ちが続いていたのですが、2年ぶりに決勝ラウンドに進出したマスターズ以降、石川の状況は好転を見せていました。連続で予選通過も続き、シーズンの目標であるシード権保持に期待が持てる内容になっていただけに、石川が底力を見せてくれることを秘かに期待していたファンも多かったはずです。
予選ラウンドで同組になった石川と松山との直接対決で、いやがうえにも高まった周囲の期待と注目は大会開始早々に萎んでしまいました。初日2位で滑り出した松山に対し、石川は最下位でスタートし、まさかの予選落ちとなりました。「日本ツアーを盛り立てたい」そんな思いで出場を決めた大会は、石川にとって自身の置かれた現状を痛感させられる辛い大会となりました。もともと石川はスピードがありながらも安定したスイングアークを持つ松山に対して「テレビで見ていて『このスイングをする選手には絶対に飛距離で勝てない』と思って、悔しさもありました」とライバルのことを語っていました。
初日の対決では、久々に目の前で幾度となく繰り返されるスピード感抜群の理想のスイングに、石川はなすすべもなくプレーリズムを崩してしまったように感じました。2日目の終盤、松山はショットのタイミングが合わず、フィニッシュでクラブから右手が離れてしまうシーンも多かったのですが「こっちからするとミスショットも悪くない。まっすぐ飛んでいるように見える。でも英樹のなかでは何かが違うように感じた」と、直接対決を語っていますが、現状で目指すレベルが違ってしまったことを認識させられ、松山との差をストローク以上に大きな差として感じていたのではないでしょうか。さらに石川は「僕の問題点や課題を考えてみたときに『ああ、英樹はこういう悪いスイングはしていないなあ』って思うんです」と、その違いを冷静に分析もしていました。

 今季の石川は、5フィート以内でのパット成功率が全体で180位となる93%でした。渡米する前から悩まされ続けている「パッティング」の改善が大きな課題となっていましたが「手先の感覚を養いたい」と、ヘッドが小さくグリップの細い、扱いの難しいパターを決して変えようとはしませんでした。そして大会初日も、序盤から1m強のショートパットを外し、続けて流れに乗れないという惨状をライバルに見せてしまったことが石川に変化を与えた様です。初日のラウンドを終えると、石川は急にヘッドの大きなパターに変えて練習を始めたのです。そして、このパターで挑んだ2日目、石川は「65」とライバルの前で爆発して見せたのです。松山と互角に戦えなかった現実に直面し、自身の立ち位置を客観視できたことで、石川は何かを掴むことができたのかもしれません。ジュニア時代からお互いに意識してきたライバルが、いつの間にか自分をしのぐスピードで成長を遂げた姿を目の当たりにして「2人とも同じルートではないけれど、メジャーで勝つという目指すものは変わらない。英樹の結果に刺激を受けるというのではなくて、存在そのものが僕の中で大きい」と語っていましたが、次回の直接対決が楽しみになりました。

そしてこのメジャー大会は23歳の期待の新鋭が制しました。優勝した小平智は自身3度目の最終日最終組でしたが、2位に1打差の単独首位から「70」で回り、通算14アンダーで逃げ切り勝利。僅差の争いが続いた「サンデーバックナイン」を制し、ツアー初勝利をメジャータイトルで飾りました。通算13アンダーの2位タイに、S.K.ホと、タイのキラデク・アフィバーンラトが入り、通算12アンダーの単独4位にS.J.パクと海外勢が上位を占めましたが、首位に7打差の21位タイからスタートした松山は8バーディを量産するなど、この日のベストスコア「67」をマーク。通算10アンダーの7位タイに浮上して4日間を終えました。

小平は課題としていた「パッティング」についても「今年はアジアンツアーのQTや、全英オープンの予選会に出場して、早くから試合勘を得るために色々やってきた」と、オフの時期の取り組みが結果を残したということでしょう。昨年の「PGA・JGTOチャレンジ」を含め下部のチャレンジツアーでは既に2勝を挙げています。しかし「川村や松山、浅地みんなアジア大会でも一緒だったメンバー。早く追いつかないといけない」と、日本代表として戦ってきた同世代より一足早くメジャーチャンプとなりました。小平は6番までに4つのバーディを奪い順調にスコアを伸ばしたのですが、7番パー3でティショットを池に入れてダブルボギーを叩き9番もボギーと、この時点で追い上げてきたK・アフィバーンラトに並ばれてしまいます。「スタートから特別な緊張感は無かったのですが、あのダボで緊張し始めました」と話す小平ですが表情にはまったく出さず、その後も攻めのゴルフに徹しました。
10番のパー5でイーグルを奪い抜け出しますが、11番のボギー以降はチャンスにつけることが出来ず、終盤にはS.K.ホと通算14アンダーでの首位併走と緊迫した優勝争いが続きましたが、勝負の分かれ目は17番でした。1つ前の組でラウンドするS・K・ホがティショットを左ラフに入れて2打目をレイアップ。結果3オン2パットで13アンダーに一歩後退。対する小平もティショットは左サイドの深いラフへ。その2打目地点にたどり着いた小平は、ボールのライを上から確認し、攻めの9番アイアンを選択したのです。「正直、初日のショットが頭に浮かびましたよ。でも、S.Kさんと並んでいると思ったので、レイアップは考えませんでした。初日は芝が濡れていて、池に入れてしまいましたが、今日は芝が乾いていたので、気合いで打ちました」と、初日に同じような状況からダブルボギーにしてしまったホールで、渾身の力を込めて放ったショットがグリーンをとらえたのです。初日に16番を終えて6アンダーのトップで迎えた17番、最終日と同じ様な状況から池に打ち込みダブルボギーとし、最終18番もダブルボギーで25位まで順位を落とした夜「自分にムカついて、このままでは終われない」と、悔しさを晴らすため宿舎の近くをジョギングして気合いを入れなおしたそうですが、その強い想いが感じられるスイングでした。

グリーンに上がった時点で自分が単独首位に立ったことを把握すると、2パットのパーで切り抜け、最終18番も2オンに成功して、5mのバーディパットは打ちきれずに苦笑いを浮かべたものの、1mのパーパットをしっかりと決めて見せたのです。S・K・ホは3日目を終えたところで「このコースはトップであの位置を守るよりも、1歩引いて攻めていく方がいい」と話していました。その言葉通り最終組の一組前でプレーし、スタートでバーディを奪うなど攻めのゴルフを見せ、12番までに3つスコアを伸ばして首位タイに並びかけるなどまさに狙い通りの展開に持ちこみ、若い小平をとらえたかの様に思われました。しかし12番以降はバーディを奪えず17番ではボギーを叩いて首位の座から転落。結局、優勝には1打届きませんでした。S.K.ホは敗因として「4番ホールの3パットでのボギー」を挙げています。

またK・アフィバーンラトも序盤から小平とバーディ合戦を繰り広げるなど積極的なゴルフを展開し、12番を終えた時点ではこちらも首位タイに並びかけましたが13番、15番のボギーで失速。飛距離のアドバンテージを生かして、17番でバーディを奪いますが、結局優勝には1打届きませんでした。K・アフィバーンラトも敗因として「13番ホール、3パットのボギー」を挙げています。15番ホールもボギーとしましたが、これは13番のボギーを取り戻そうとショットで攻めた結果でした。1つのイーグルと3つのバーディを奪うなど、良いゴルフを展開していただけに「勝負どころでの3パット」が勝敗に大きく影響を与えました。「10アンダーを目指しました」と語っていた松山は、スタートホールで4mのバーディパットを沈めると、そこから怒涛の4連続バーディとギャラリーを沸かせます。5番ではセカンドをスタンスの取りにくいバンカーに入れるピンチを招いたものの、ここを見事にパーセーブ。続く6番ロングホールでもほぼ2オンに成功し難なくバーディ、わずか6ホールでスコアを10アンダーに伸ばし優勝戦線に浮上して見せたのです。

7番8番とパーを重ねて迎えた9番ホールではセカンドのクラブチョイスを間違えグリーンオーバー。このホールボギーとして一歩後退しますが、続く10番ロングできっちりバーディ。さらに12番ホールでも7mのバーディパットを沈めてトータルスコアを11アンダーまで伸ばしたのですが、13番ショートホールで3m下りのバーディパットをオーバーして3パットと、大事な局面で痛いボギーを叩いてしまいました。松山自身も「流れを止めてしまった」とこのホールの3パットを悔やんでいました。その後は何としてもバーディを取りたい15番ロングで、ティショットのミスからボギーとしてしまうなど、流れが悪くなり9アンダーまでスコアを落とします。しかし「12、13アンダーくらいまでいければ…」と最後の望みをかけて16番でピンをさすスーパーショットでバーディを奪い10アンダーに戻しましたが、残り2ホールはパーでホールアウト。メジャーの舞台、特に「サンデーバックナイン」という勝負どころでの3パットは、勝敗を左右します。

2008年「日本アマチュアゴルフ選手権競技」で2位になった小平は、09、10年とナショナルチームで日本の代表選手として活躍しています。10年にはアマチュアとして出場したJGTOチャレンジツアー「鳩山カントリークラブ・GMAチャレンジトーナメント」で優勝を果たすと、大学を2年間で中退しプロ転向と、期待の持てる逸材でしたが「パッティング」が課題でした。デビュー初年度は13試合に出場し6試合で予選落ち。自身の最終戦「カシオワールドオープン」では3位で3日目を終え、初の最終日最終組を経験したのですが、優勝すればもちろん、単独2位でも翌年のシード権獲得という状況に、最終日はスコアを1つ落として11位タイに脱落し、シーズン終了後に行われる6日間競技のQTに進むことになりました。QTは18位で通過し、12年もレギュラーツアーを主戦場とすることになったのですが、10試合で決勝ラウンドに進出したものの優勝争いに絡むことなく、再びQTに挑戦することになりました。前年を下回る24位でなんとかレギュラーツアーへの道をつなぎ「もうクオリファイには出たくない。この6日間競技は精神的にも辛いです」と語っています。小平がツアーで戦うモチベーションを維持してきたのはライバルの存在だったといいます。ジュニア時代から同学年で戦ってきた薗田峻輔や藤本佳則が、プロ転向後すぐにツアー優勝を果たし、2学年下の石川は賞金王を獲得。さらに米ツアーに本格参戦と遠い存在となりましたが「あいつらに出来るんだから、自分にも出来る」と、今シーズンを迎えていました。
オフから体力を強化すべくトレーニングを続け、試合が終わった夜もランニングを行い飛距離アップへの筋力強化を図っているそうです。ドライバーの飛距離は安定して300ヤード近くになり、方向性もアップ。飛距離とフェアウェイをとらえるトータルドライビングの部門ではツアーで1、2位を争うほどに成長しています。今シーズンの小平は、開幕戦で13位タイに入ると、2戦目は62位タイでしたが、今季メジャー初戦「日本プロゴルフ選手権大会・日清カップヌードル杯」で単独5位。さらに「ダイヤモンドカップゴルフ」で6位タイに入るなど好調を維持して今大会を迎えていました。「過去に追われる立場で最終日を迎えたことはありませんが、こんなチャンスはないので優勝したい」。メジャー大会でのツアー初優勝を目指して挑み、スコアを2つ伸ばして苦しく辛い「サンデーバックナイン」を逃げ切っての勝利を掴みましたが、2勝目も近そうに思います。

11年の2月、タイトリストと用品契約を結んだ小平は、PGAツアーの見学をするために「ノーザントラストオープン」の会場に姿を見せていました。世界最高峰の舞台で戦う選手たちのスイングを見つめていた21歳の青年は「すごいですね、いつかこの舞台でゴルフがしたいです」と目をキラキラ輝かせていたそうですが、この大会での勝利で飛び込んできた米国男子「WGCブリヂストンインビテーショナル」の出場資格、さらに「全英オープン」と、海外での試合出場を自力で獲得してみせたのです。「プロとしてゴルフをするからには、憧れの舞台ですから、自分がどこまで通用するか、力いっぱい試してきたい」と抱負を語っていますが、石川、松山、小平のメジャーでの優勝争いが見てみたいものです。大器であることは間違いない薗田俊輔や宮里優作も触発されて活躍すると「チームジャパン」として、日本の男子ツアーにも大きく期待が膨らみます。