打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

松山のドライバーを手に取った「王者タイガー」

 松山英樹と石川遼のPGAツアー競演が「カナダオープン」で実現しました。「全英オープン」の激戦の疲れからか、決してショットの調子が良くなかった松山ですが、最終ラウンドの13番パー5で残り263ヤードの第2打を3番ウッドで2オン。11mのイーグルパットを沈めて、そこまで1バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの悪い流れを払拭し、さらにその後をボギーなしの2バーディーとして16位でフィニッシュ。来季の「PGAツアーシード権獲得」に向けて着実に前進しました。「あそこまで流れが悪いと狙っていかないと流れも変わらないと思うし、少しでも順位を上げてシードに近づきたいっていう気持ちもありました」と振り返っていますが、1打で流れを変えた最終日のラウンドで、調子が悪いなりにスコアを作れるのは最大の魅力でもあります。 松山は「全英オープン」の4日間通算でフェアウエーキープ率は62,5%で28位にランクされていました。しかしショットの正確性を示すパーオン率は76.39%で2位と、初リンクスでは立派な数字でした。解説を務めた青木功プロは「これだけ安定したショットを打ってくれば、これからメジャーを勝てる1人になってくるんじゃないか」と高い期待感を語っていました。全米オープン選手権で10位に入り、難コースで開催された今回の全英オープンで首位と5打差の6位。メジャー2大会連続で10位以内は日本人選手として初の快挙となりましたが「世界との距離も少しは縮まったと思う」と、手応えを感じた戦いでした。一方、PGAツアー本格参戦の石川は、19試合で予選通過は10試合、ベスト10入りはわずか1試合。32万4815ドルでランク149位と苦しんでいます。
 その石川は第2ラウンドの18番パー5でカットラインに1打足りずにいました。残り230ヤードの第2打。「5番ウッドで打つとフライヤーして奥に外れちゃうのが嫌だった。ピンの方に行くと池に入るってこともあったので、左手前の狭い所に乗せることだけを考えた」と、狙い通りピン下15mに乗せ、2パットでバーディを奪い、なんとか決勝ラウンドに進みました。ライバルの前で予選落ちという「無様な姿」はもう見せられないという、本人にしか分からないプレッシャーの中で、狙った通りにコントロールショットが打てるのは、ショットの精度が上がってきている証拠です。 最終ホールのバーディで63位と辛うじて決勝ラウンドに進み「明日がすごく楽しみ。6バーディ、7バーディを目指したい」と決勝ラウンドの抱負を語っていました。しかし2日目終盤の「良いゴルフ」が展開できずに、大きくスコアを崩してしまいます。これが今季不振の最大の要因ですが、第3ラウンドは1バーディ、5ボギー、2ダブルボギーの「80」と悔しいラウンドでした。米ツアーでは79人以上が決勝ラウンドに進むと、最終日の進行などを考慮して土曜日に再び70位タイまでのセカンドカットが行われます。石川は決勝ラウンドに進んだ選手の最下位となり、最終日に進めませんでした。
 石川の第3ラウンドは、フェアウエーキープ率が21,43%、ショットの正確性を示すパーオン率が38,89%とショットの精度を欠き、平均パット数は2,0とすべてのスタッツが悪く「途中からスイングの感覚が悪くなった」と、苦しいラウンドを振り返っていました。最近の石川のゴルフを象徴するラウンドで「気持ちを切り替えていくしかない。やるべきことをやって、練習を続けて」と、同じ言葉を自らに言い聞かせるように口にしていますが、翌週もその練習の成果が出ずに苦しんでいます。石川は来季のシード権獲得(125位以内)のためのフェデックスポイントを1つ伸ばすのがやっとで、213ポイントは155位とシード権圏内は遠のくばかりです。
 石川に残されたレギュラーツアーは「リノタホオープン」と最終戦の「ウィンダム選手権」の2試合、と思ったところに今季メジャー最終戦「全米プロ選手権」に主催者推薦で出場することが急遽決まり「これからは1試合1試合が重要で、やるべき練習を続ける」と努力し続けることを語りました。「こういうふうになってしまったのも自分の実力」と石川は認めていますが、松山に対抗する結果を残すことが「シード権」に繋がります。「練習」という言葉を繰り返していますが、実効性のある練習をしなければならないことは、石川本人も強く感じているはずです。残りの試合で3位以内に入ればシード権というポジションにいるだけに、参戦と同時期に、速効性のある修正を加えられる「有能なコーチ」が必要だったことは間違いありません。石川の伸び悩みは、何度も述べました「パッティングの不調」です。今季本格参戦する米ツアーでパットがスコアに貢献したかを示す「ストローク・ゲインド・パット」はマイナス0,612で169位。今大会でも65のスコアを出した2日目に「パットがこれだけゴルフのリズムをつくる役割を果たすんだなあと思った」と語りましたが、いまさら?という感が私にはあります。パットでリズムを作るというのは、今季のタイガーが典型的な例です。「全英オープン」終了時点で8戦して4勝ですが、最新のデータを見ると、パーオン率は67,19%で39位というショットよりも数値がいい「ストローク・ゲンイド・パット」の0,833で5位の数値が、石川との違いをはっきりと表しています。パットの名手として知られる、スティーブ・ストリッカーにパットのアドバイスを受けて調子を上げていますが「彼は僕のストロークの癖を知っているから、見えないものが見えるような的確なアドバイスをくれるんだよ」と、タイガーは「ライダーカップ」や「プレジデントカップ」で、ペアで何度も組んで戦って好成績を残しているS・ストリッカーのアドバイスに、全幅の信頼を寄せているようです。
タイガーでさえ「違和感」という問題に直面した際に、どう直せば改善するかを明確に示してくれるコーチが必要なのですが、石川には不在という現状が問題だと思います。初日の不振から、ホールアウト後に慌ただしく、自らのフィーリングに合ったパターを探す様では、好成績は望めませんが、パターを替えた2日目のパット数は28。平均パット数は1,5625の9位に浮上しています。パーオン率が88,89%で2位だったことを考えれば「なぜもっと早く分からなかったのか」と嘆きたくもなりますが、コーチがいればもっと早い対応が可能だったのは間違いありません。
 そして迎えた「WGC・ブリヂストンインビテーショナル」で松山は、タイガーとの初の同組ラウンドを経験しました。日系企業がメインスポンサーの「WGC・ブリヂストンインビテーショナル」で、日本人選手がトッププレイヤーとラウンドするのは珍しくありませんが、世界ナンバーワンのタイガーとのペアリングはやはり異例のことですが、確固たる結果を残している松山の存在が、日を追うごとに米ツアーにも浸透を重ねているということなのでしょう。予選ラウンドの初日に、最初に魅せたのはタイガーでした。スタートホールの10番のティショットをフェアウェーに運び、第2打をピンそば1mにバックスピンで寄せて、いきなりのバーディと大ギャラリーから大きな歓声が上がりました。
 しかしその後のこのペアをリードしたのは松山でした。「ショットが不調」と嘆きながらも、12番、15番のパー3で少ないチャンスで確実にバーディを奪います。一方のタイガーは16番のパー5でボギーを打ち、前半はイーブンで折り返すと、バーディを逃した2番パー5では小さな声で「Fワード」まで飛び出すしまつで、この時点までは松山が1打リードしていました。しかしその後、タイガーのショット、パットが得意のコースで決まりだしたのです。3番でバーディを奪い、ともに2アンダーで並ぶと続く4番で松山がティショットを打って歩き出した途端、「王者タイガー」が松山のドライバーを手に取ったのです。「フラットなティショットを打っていたので、ドライバーのロフトが何度かなと思って。スピン量の少ない打球だった。9.5度の表示だったけど、それより少ないロフトだったように見えた」と語るタイガーですが「びっくりした」とは松山のコメントでした。 「最後は今の自分の調子、そのままでした」と後退し、2オーバー41位タイと出遅れた松山に対し、タイガーは過去7勝を誇るコースを攻め切ります。8番ではフェアウェーから見事なフェードボールで、手前から右奥に長いグリーンを攻略し、ピン左2mにつけてバーディを奪取しましたが、2人はこの8番ホールでも言葉を交わしています「何歳だっけ?」、「21です」。そして松山も同じ質問をしました。「37歳。オールド(年寄りだ)」の答えと同時にはじけた二人の笑顔が印象的でした。4アンダーの3位タイで終えたホールアウト後、タイガーは松山の潜在能力をユーモアを交えながら「彼は英語が得意ではないようだが、僕も同じで、日本語がまったくダメだからね。会話は少なかったけれど、一緒にプレーできて良かった」と、語っていましたが、松山にとっては貴重な時間でした。
 初日2オーバー41位タイとやや出遅れた松山の2日目は、3バーディ・1ボギーの「68」で回りトータルイーブンパーの19位タイに浮上しましたが、同じ組のタイガーが自身の持つ大会レコードに並ぶ「61」をマークし、トータル13アンダーで単独首位に浮上しました。怪物ルーキーに「王者のプレー」を見せつけるラウンドでしたが、バーディチャンスも長いパーパットも入りまくる圧巻のラウンドを目の当たりにして「悪いプレーではなかった」と自分のプレーには納得しつつも「あの圧倒的なプレーを見せられたら、自分のプレーが不甲斐なく見えちゃいますね。途中までは“すごいなあ”と思っていたけど、もうその後は、“この人どうしようもないなあ”と思いましたね、もうただ笑うしかないですね」と答えていましたが「越えなくてはいけない高い壁」の存在を認識したようです。
 最終日の松山は終盤の16番で2打目を池に落とすなど3バーディ、4ボギーで通算1オーバーの21位タイで4日間を終えました。通算15アンダーでタイガーが今季5勝目、今大会8度目の優勝を飾りました。狭いフェアウェーと高速グリーンに後続選手が苦しむ中、タイガーは圧倒的なストローク差を生かして、最終日は1バーディ、1ボギーとまったく危なげのない逃げ切り劇により、通算勝利数を「79」としたタイガーは松山について「彼はたくさんの可能性を持っている。ショットもいいね。彼が若いということがわかるのは、積極的にピンに向かっていって外れることなんて考えてもいない。キャディのジョーと話していたんだ。みんな歳をとると色々考える。インディアはどこだとか、太平洋とか大西洋とか…とにかく色々。でも彼はそんな複雑なことは気にしていない。最高だね。彼が何かをつかむのは時間の問題だね」と称賛してくれましたが「全英オープン」のP・ミケルソンに続き、松山と予選ラウンドを一緒に回ったタイガーが優勝しました。「全米プロ」の予選ラウンドは、タイガーのパターコーチでもあるS・ストリッカーと、最近好調のJ・ダフナーとのペアリングです。今の流れでは、この組から優勝者が現れそうな松山の勢いです。
 女子ツアーにも期待の新星が登場しました「神と自然が創りたもうたコース」と謳われるゴルフ発祥の地、セントアンドリュース・オールドコースで開催されたメジャー大会の「全英リコー女子オープン」で、初参加ながら4日間通算2アンダーでフィニッシュした比嘉真美子は、堂々の7位タイ。翌年の出場権を獲得できる15位以内に入る活躍を見せたのです。「今の自分にできることはすべて出せたと思います。すごく楽しかった。もっともっとプレーしていたい気持ちでした」と語りましたが、持ち前の飛距離は世界の舞台でも変わらず、4日間の平均飛距離は出場選手中2位で平均パット数では、同じく7位タイの佐伯三貴と並んで堂々の1位でした。「体が世界的にみると小さいので、もっともっと体のコアの部分をトレーニングしたい。あとは練習してきたものを試合でやるという積み重ね、経験値が増えたら」と語りましたが、宮里藍、宮里美香ら、先輩の背中を追い続けてきた沖縄の少女が、リンクスの風にも、硬いフェアウェーにも対応し、しっかりと戦い抜いた4日間でした。
 パク・セリが1998年に「全米女子オープン」に優勝したことで、ゴルフを始めた小学生世代の総称を、ソウル五輪の1988年と重ねて88(パルパル)世代と呼んでいます。中・高校時代からプロを目指して、米国や豪州、NZにゴルフ留学する子供たちが増えたのですが、今回、前人未到の「グランドスラム」を目指したパク・インビも中学1年の時に母親と一緒に米国へ行き、ブッチ・ハ―モンゴルフアカデミーに通った88世代です。そこで英語とゴルフを学んだのですが、母親がいつも帯同し、父親は韓国で仕事をして、海外で生活する二人に仕送りをするという家族が増えたのもこの頃からでした。「パク・セリ・チルドレン」とも呼ばれるチェ・ナヨン、申ジエ、アン・ソンジュ、イ・ボミもそうですが、今や米国、日本のツアーを席巻。世界のトッププレイヤーになっています。

 日本女子ゴルフ界にブームが到来したのは、宮里藍の登場からですが、プロになってすぐに結果を出している「第3世代」は、まさしく「宮里藍・チルドレン」ともいえるでしょう。この世代は層が厚く、比嘉と同じく2勝を挙げた堀奈津佳。昨年ツアー優勝の成田美寿々、今季初のシードを獲得した酒井美紀や野村敏京、そしてQT上位でツアー本格参戦を果たす、山村彩恵、辻梨恵、岡村咲、渡邉彩香などに期待が集まります。 その宮里藍は6年前の「全英女子オープン」の最終日、ティショットがホテル越えとなる17番で連続OBを叩き、屈辱の「9」を記録した後、引退を考えるほどの過酷なスランプに陥りました。当時22歳の宮里に大きな試練を与えたのですが、苦悩を乗り越え、一度は世界ランキングトップに立つなど、米ツアー9勝という輝かしい実績を積み重ね、誰もがその実力を認める、世界のトッププレイヤーのひとりとなっています。誰にでも起こりうることですが、石川の苦悩はまだ宮里藍の比ではありません。そう考えれば打開策が必ず見つかるはずです。