打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

キャディやコーチの影響力は凄い

 松山英樹が「プレジデンツカップ」の世界選抜ランキング6位に入り、自力で出場を決めました。「プレジデンツカップ」は2年に1度開催される米国選抜と世界選抜(欧州以外)の対抗戦です。第1回大会が1994年に始まり、今年で10回目を迎えるのですが、これまでの通算成績は7勝1敗1分で米国チームが大きくリードしています。競技のフォーマットは、米国選抜、世界選抜ともにそれぞれ12名ずつを選出。開催期間は4日間で、1日目はフォアサム6試合、2日目はフォアボール6試合、3日目はフォアボールとフォアサムを5試合ずつ。そして最終日に、総当たりのシングルス12試合を行いポイントにより雌雄を決するのです。
これまで日本人選手は、第1回(1994年)に渡辺司が出場し、96年には尾崎将司、98年は尾崎直道と丸山茂樹が出場。丸山は世界選抜の勝利に最も貢献したためMVPにも輝いています。丸山は2000年大会にも出場しましたが、その後3大会日本人選手は選ばれず、09年に9年ぶりに石川遼がキャプテンのグレッグ・ノーマンからのキャプテン推薦で出場。大会史上最年少の17歳で大舞台に立った石川は、4日間計5試合すべてに出場し、3勝2敗という成績を収めたのです。
前回の舞台は「世界選抜」のホーム、オーストラリアにあるロイヤルメルボルンゴルフクラブでした。キャプテンは両チームともに前回大会と変わらず、フレッド・カプルスとG・ノーマンでした。日本勢では石川が2大会連続の出場でしたが、出場権を争うポイントランキングで10位に入り、自力による堂々の参戦でした。チームの3分の1が初出場という選手構成の中、2度目の出場となる石川には前回大会を上回る活躍に高い期待がよせられたのですが米国チームが勝っています。
ランキングによる上位10名とキャプテン推薦の2名、合計12名の出場プレーヤーが決定しましたが「世界選抜」の新キャプテン、ニック・プライスの指名で丸山茂樹が副キャプテンとしてチームに帯同することが発表されています。(*印は初出場)
◆米国選抜
1.タイガー・ウッズ
2.ブラント・スネデカー*
3.フィル・ミケルソン
4.マット・クーチャー
5.ジェイソン・ダフナー*
6.キーガン・ブラッドリー*
7.スティーブ・ストリッカー
8.ビル・ハース
9.ハンター・メイハン
10.ザック・ジョンソン
推薦/ジョーダン・スピース*
推薦/ウェブ・シンプソン
◆世界選抜
1.アダム・スコット(オーストラリア)
2.ジェイソン・デイ(オーストラリア)
3.チャール・シュワルツェル(南アフリカ)
4.アーニー・エルス(南アフリカ)
5.ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)*
6.松山英樹(日本)*
7.ブランデン・グレース(南アフリカ)*
8.グラハム・デリュー(カナダ)*
9.リチャード・スターン(南アフリカ)*
10.アンヘル・カブレラ(アルゼンチン)
推薦/ブレンドン・デ・ヨング*(ジンバブエ)
推薦/マーク・レイシュマン*(オーストラリア)
チームキャプテン推薦者2名は、米国チームはウェブ・シンプソンとジョーダン・スピース。世界選抜チームはブレンドン・デ・ヨングとマーク・レイシュマンが選出されました。今季ツアー初勝利を挙げるなど売り出し中のルーキー、20歳のJ・スピースは「米国チーム」史上最年少での出場になります。「世界選抜」を含めると、2009年に同じくキャプテン推薦により出場した石川遼に次ぐ2番目の年少出場になりました。「世界選抜」で残念なのは、11・12位にランクされていたトンチャイ・ジャイディ、K・J・チョイのアジア勢が選ばなかったことです。「米国チーム」キャプテンのフレッド・カプルスはW・シンプソン、ダスティン・ジョンソン、ジム・フューリック、そしてジョーダン・スピースの4人から2人を選出する難しい選択でしたが、J・フューリック団体戦での実績より、最近の勢いを重視した選出になりました。
「プレジデンツカップ」の上位10人の自動選出メンバーが決定したことを受けて行われた電話インタビューで「世界選抜」チームのキャプテン、ニック・プライスが松山英樹についてコメントしています。 「彼とは少し話をした。彼の英語はまだまだだけど、でも多くを理解していると思う。丸山がチームにいるということは大きな意味を持つだろう。我々チームがプレーヤーズルームでどう感じて、ミーティングでどんな話をしているのか伝える助けをしてくれるだろう。私が今年、松山について大きな印象を受けたことの一つは、今年プロになったばかりにも関わらず、日本で良いプレーをしていたことで、全米オープンをプレーする時に、彼がメジャー大会のプレッシャーをどうコントロールするのか、じっくりと見ていたんだ。彼がアマチュアとしてオーガスタをプレーしたのは知っているけど、プロとして初めて臨んだ全米オープンを10位で終えたことはとても私の印象に残った。この少年は、大きな舞台でも恐れることが無いということが分かったんだ。それから、彼が全英オープンをプレーするのを見た。彼はそこでも新人としてとても良いフィニッシュをした。それから、全米プロでもそうだった。彼はメジャー3試合ですべて予選通過を果たしたし、何度も良いラウンドをしていた。彼は、我々チームの大きな財産となるだろう。彼にも、自分が我々チームにとって大きな価値があることを早く感じてもらいたいと思う」と、期待を込めて語っています。

 サブキャプテンの丸山は、98年大会では全5試合で勝利を収め「MVP賞」に輝く大活躍をみせていますが「何もわからず選ばれて、プレッシャーもない中で5勝できた。あの試合は自分がPGAへ挑戦するきっかけにもなったし、凄く良い経験ができた試合ですね」と振り返っています。今回初めてキャプテンを務めるニック・プライスは、丸山とチームメイトとして戦った経験から、直接丸山に電話をかけてきて「ムードメーカーとして君が必要なんだ」と話したそうですが、突然の依頼に丸山は大変驚いたといいます。丸山は「松山ならいい戦いができるんじゃないですかね。ただ、まだ21歳ですからね、周囲が期待しすぎるのは彼にとって負担になる。5試合全部負けてもいいから、思い切って戦ってみろって言いたいね。タイガーとかミケルソンが国旗を背負った時の怖い顔とか、目の前で体験して欲しいね」と語っています。
会場となるJ・ニクラウス設計の「ミュアフィールドビレッジ」は、丸山がPGAツアー参戦時代に「ザ・メモリアルトーナメント」で何度もラウンドした経験があります。「あそこはロングヒッターが有利ですけど、3ホールに1つぐらいの割合で罠というか、やっかいなホールがあるんですよね。自分も5月の状態しか知らないから、10月はどんな状態なのか興味深いですし、松山が出場することになったら、コースについては細かくアドバイスをしたいですね。チームとしては、自分はムードメーカーですから、チームワークを良い方向に導けるように頑張ります」と抱負を語っていますが「世界選抜チーム」の勝利に貢献してくれることでしょう。

「世界選抜チーム」のエース格はアダム・スコットですが、PGAツアーの「フェデックスカップ」プレーオフシリーズ第1戦「バークレイズ」を制しています。最終日を首位から6打差の13位タイで迎えたA・スコットは、ノーボギーの5アンダー「66」で最終ラウンドを終えたのですがその時点では、まさか自分が優勝することになるとは、思っていなかったと振り返っています。

「首位の選手たちより1時間半も先にホールアウトした僕のラウンドは、優勝争いの真っ只中にいた選手たちのそれとは異なるものだったと思う。優勝のプレッシャーがかかってくると、同じショット、同じホールが途轍もなく難しくなる。そうやって上位にいた他選手たちが苦しんだ結果、僕に勝利が舞い込んだ。それは天からの贈り物だった。そして僕はその贈り物をいただくことにした。なぜって、僕も、かつて何度も苦しむ側のラウンドを経験してきたからね」と語りましたが「マスターズ」に続く今季2勝目と、その段階でフェデックスカップランクは11位、プレーオフポイントではタイガー・ウッズに次ぐ2位に浮上しています。

A・スコット自身が語るように、最終ホールで勝利をアーニー・エルスに奪われた、昨年の「全英オープン」での、見ている方も辛く、苦しくなるような負け方を、メジャーで何度も味わってきたのです。しかし今年の「マスターズ」を制したことが、A・スコットの人生やキャリアを変えたと同時に、「運」を引き寄せる強さまで変えたのかもしれません。必要なときに必要なプレーができる準備をするからこそ「運」が巡ってくるのでしょう。「バークレイズ」での優勝直後「僕の新しい家族、オリビアに捧げたい」と語っていましたが、オリビアとは彼の妹夫妻に誕生した長女のことです。妹ケーシーの夫ブラッド・マローンはレッスンプロで、A・スコットにとっては信頼できるコーチです。2010年、不振に喘いでいたA・スコットは、帰郷の際にB・マローンにコーチになってほしいと依頼したのですが、B・マローンの提案で長尺パターへ挑戦することになったという経緯があります。 翌2011年2月の「WGC・ アクセンチュア・マッチプレー選手権」から実戦投入を始め、4月の「マスターズ」では2位でフィニッシュしています。以降、メジャーでも何度も優勝争いに加わり、ついに今シーズンの「マスターズ」で、メジャー初制覇を果たしたのです。長尺にこだわり掴んだ飛躍には義弟のアドバイスがあったのです。

「フェデックスカップ」プレーオフ第2戦「ドイツバンク選手権」を制したのはスウエーデンのヘンリック・ステンソンでした。キャリア110試合目で挙げた米ツアー3勝目でしたが、この勝利でH・ステンソンは「フェデックスカップ」の2500ポイントを獲得。タイガー・ウッズやアダム・スコットを押しのけて13位から一気に「フェデックスカップランク1位」へ躍り出ました。欧州勢としては初となる年間王者に前進し、プレーオフ残り2戦に臨むことになりました。H・ステンソンの過去2勝は07年の「WGC・アクセンチュア・マッチプレー選手権」と09年の「WGC・プレーヤーズ選手権」と、ビッグゲームばかりで「大きな大会に強い」と期待されていました。しかしその後は「ドライバーイップス」のため大スランプに陥り、世界ランクは230位を下回る不調に喘いでいたのです。

私がH・ステンソンを初めて見たのは「2010・ロイヤルトロフィー」でした。その圧倒的なスイングスピードに驚き、彼の練習だけをひたすら見つめていたのを覚えています。スタートすると3番ウッドで同じ組のトンチャイ・ジャイディを軽くアウトドライブするビッグ・ボールは、タイガーやE・エルス級で、いつか世界ランク1位になる日が来るように感じていました。その翌年は不調の中の「ロイヤルトロフィー」参戦でしたが、前の年と比べるとドライバーで左足のかかとが大きくずれるインパクトが気になりました。軸足を安定させるためにドライバーをノーティアップで練習をしているのかと思って見ていたのですが、コースでは大きく曲がる状態で3番ウッドを多用し、「ドライバーイップス」だったのは後で知りました。必ず這い上がってくると成績を追っていたのですが、石川と争った去年の「プエルトリコオープン」あたりから状態が上向き、今年は春先から好調で、このコラムでも「マスターズ」で優勝候補に取り上げていました。
世界ランクもR・マキロイに次いで6位と2010年当時のポジションまで上がってきました。予想ではないのですが、私が「好調」とブログやコラムに書いた選手が優勝するとうれしいですね。夏以降は「全英オープン」2位、「WGCブリヂストン招待」2位、「全米プロ」3位と素晴らしい成績ですが、復活にはかつてH・ステンソンのキャディを務め、現在はメンタル面を含めたコーチを務めているファニー・サニソンの存在が欠かせません。F・サニソンと言えば、ニック・ファルドが「世界最強の男」と呼ばれていた頃にバッグを担いできた女性キャディです。F・サニソンがN・ファルドのキャディを辞めたいと申し出たとき、N・ファルドがF・サニソンをつなぎ止めようと必死になったというのは有名な話です。?
キャディとして、大きな信頼を得て、N・ファルドの強力な味方になってきたF・サニソンは、その後、H・ステンソンのキャディとして彼をビッグ大会で勝利に導き、現在はコーチとしてH・ステンソンをスランプから救い出したのです。個人競技であるはずのゴルフは帯同キャディやプロコーチの登場で大きく様変わりしてきています。A・スコットもそうですが、キャディやコーチの影響力のすごさを、あらためて痛感させられる結果が続いています。

シード権を争う石川も17歳という年齢で「世界選抜」で活躍したプレーヤーです。石川とともにキャプテン推薦で選ばれたA・スコットが「地元だからと不調のA・スコットをなぜ選ぶのか」と批判された状況や、ベスト10から230位まで順位を落としたH・ステンソンほどの辛い状態まで、追い込まれていることはないはずです。一人で頑張るのではなく、信頼できるパートナーが見つかれば復活してくれることでしょう。