打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

ミスを誘発する「小人の話」

 「フジサンケイクラシック」でプロ3勝目を飾った「スーパールーキー」松山英樹の勝負強さを、同じステージで戦う先輩プロゴルファー達は、どう捉えているのでしょうか? 決めれば優勝の1mパーパットを外し、プレーオフ突入を許したのですが、18番を繰り返したプレーオフ2ホール目、S・J・パクがバーディチャンスに乗せた後、松山が左フェアウェイバンカーからの難しい2打目をピンそば1mにつけ、ただ1人のバーディを奪い、薄氷を踏む「逃げ切り劇」で今季3勝目を挙げました。松山にプレーオフで敗れた谷原秀人は「難易度の高いショットをあれだけの精度、ヒデキはすごい」と、大学の後輩を素直に評価しています。国内男子ツアーは3月に行われた2試合の「アジアシリーズ」から始まり、13試合を終えてシーズンを折り返しました。開幕当初はベテラン塚田好宣が43歳にして初勝利を挙げ、23歳の小平智の初優勝、薗田峻輔が復活優勝を果たし、若い力の台頭にも期待が持てます。
日本人のシード選手は61人ですが、そのうち、今シーズンを10代で迎えたのは2人、20代は14人、40代は19人でした。ツアー経験を積み、円熟期を迎えるはずの30代が26人と、最も多いのですが、昨シーズン30代で優勝した日本人選手は2人しかいませんでした。そして今年は松村道央が30歳の誕生日を目前にして5月の「中日クラウンズ」を制したものの「フジサンケイクラッシック」終了時点で、30代の勝者はまだ一人もいない状況です。
30代から50代の選手は、ゴルフ場や練習場の研修生からプロになった選手が多く、長い下積みのなかで「失敗の記憶」の積み重ねから「ゴルフの怖さ」を経験し、自分のプレースタイルを作り上げた選手ばかりです。しかし、石川や松山の世代は、いきなりツアーに参戦し、その成功体験から多くを吸収しています。30代以上の選手たちが、プロテストやQTを確実に通過するために、先輩達から教えられた方法は「いかにボギーを叩かないか」という考え方でした。10代から活躍する世代は、タイガーをはじめ、世界のトッププレーヤーの華々しいプレースタイルをテレビで見て育った世代で、彼らが夢に描いてきたのは「いつか自分が米ツアー、海外メジャーで活躍する」ことなのです。
チャンスと見るやアグレッシブに、失敗を恐れずにバーディを奪いに行くスタイルは、世界のプレーヤーの成功例を参考に挑戦した結果「成功に成功を重ねる」ことで自信をつけた「攻めのプレースタイル」ということになるのでしょう。下積み時に身に付いた「ボギーを打たない」という「守りのプレースタイル」を変えるのは大変なことです。プレー中の考え方や、攻め方についても、シードを取った自負があり大きく変える冒険はし難く、若手と同じスタイルで戦いに挑んだ結果「シード落ちして、QTに行ってもいいという」覚悟が必要になります。さらにスポンサーやファンからの期待は大きく、私生活でも家族という「守らなくてはいけないもの」の存在を考えると、プレースタイルを大きく壊すことに、躊躇してしまうのは当然なのかもしれません。
40代の谷口徹も、藤田寛之も、30代半ばに故障し、低迷した時期があったように、体も30歳前後をピークとして変わりいくのです。谷口はその日の体調に合わせて、練習量を大幅に調整して復活しました。藤田は30代後半にしてウェイトトレーニングを始め、成績が上がりましたが、加齢による体の変化をいち早く把握し、解決策を見つけた成功例です。 積み重ねてきた実績と経験が生むイメージと、結果とのギャップに戸惑うと「スランプ」に陥るのですが、普通にできていた事が、できなくなっている事への焦りから、若いつもりでオーバーワークをしてしまい、結果として故障に襲われた選手も多いのです。
「あそこはいってはいけない」とか「ここで曲げてはいけない」というのは「守りのプレースタイル」ですが、経験で様々なことがインプットされてしまっているプロゴルファーは、それが常に頭を過りながらプレーしているのです。

 

02年の「全英オープン」で優勝を飾ったE・エルスは「バックスイング中、肩の上に小人が現れるんだ。そして小人が嫌なことを囁くと、そのたびに私はミスする。プレーオフの最後のホールでも小人が現れて苦しかった。だけど、それでも優勝できたことを私は誇りに思う」と、優勝会見で不思議な話をして話題になりました。E・エルスの「小人の話」はゴルフ界の語り草になったのですが、プレッシャーのかかる状況下で必ず頭に浮かぶ「ネガティブ思考」の代表例ではないでしょうか。E・エルスにはそれを「小人」に置きかえ、その「小人」の存在と向き合うことで、メンタル面のコントロールができたため、優勝できたということでした。1994年と97年の「全米オープン優勝」に続き「全英オープン」でメジャー3勝目を挙げた時期で、米ツアーでほぼ毎年、勝利を重ね「タイガーの最大のライバル」と評されていたE・エルスでさえ「小人」というプレッシャーに「プレー中の集中」を妨げられたのです。
チャンスに強かったバッターといえば「ミスタージャイアンツ」長島茂雄さんですが「なぜプレッシャーに強いのですか?」という質問に「こんなに緊張感のある良い場面で野球ができるなんて、俺はなんて幸せなんだ。そう考えているんです」と答えています。プレッシャーのかかる打席に自分が立てることに感謝をしていたということですが、しかし誰にも負けない練習をしてきたという自負なのでしょう。「自分より練習しているやつはいない、だから自分が負けるはずがない」と、プレッシャーを主観的ではなく、客観的に突き放してみてことになります。長島さんはチャンスで打席が回ってくると「よし、来た!」と「小人」との会話を楽しんでいたのでしょう。

スポーツに限らず「経験」というのは大きな武器であり、代え難い貴重な財産ですが、ゴルフは「経験のスポーツ」とも言われています。フィジカルコンタクトがないため、体力的な衰えを実感するのはサッカーや野球などに比べればはるかに遅いはずなので「経験」を重ねたベテランのアドバンテージは計り知れないというのが一昔前までの考え方でした。アプローチが武器の藤田がグリーンエッジからのアプローチにパターを多用していたことがあります。小技の名手にしては珍しいクラブ選択と思いますが、藤田は「先週チャックリのミスを3回もやってしまって、プロになってからはあまり記憶にないミスだったので、グリーン周りのアプローチに若干の不安要素があるんです。芝が薄いのでパターで転がした方が確実。パターで打てるライでもあったんでね」と、語っていました。
スタート前の練習で解決していたとしても、心の中に引っかかるものは残ります。「失敗の記憶」はなかなか消えてくれないのです。普段なら決して難しくないショットだとしても、「失敗の記憶」が頭を過ぎると、知らず知らずのうちに「怖さ」で身も心もすくむものです。技術は若い選手に負けないベテランであるほど、積み重なった「失敗の記憶」も数多く、それに対応して克服するすべを持たない限り、ツアーで生き残っていけません。「失敗の記憶」の方が、成功したことよりより鮮明に覚えているのも事実です。「怖いものを知った上での強さ」を身につけた藤田は「怖さを消すには技術的に絶対に揺るがないものを身につけるしかない。自分はそうしないと克服できない」と語っていますが、練習に裏打ちされた「自信」しか通用しないということになります。

倉本昌弘は、「40歳を過ぎて、ようやく力まずに、風のように滑らかに打って、それでも飛距離が出るというスイングができるようになった」と語っています。藤田やジャンボのように、40歳を過ぎてからの優勝回数が、それ以前よりも多いという選手もいます。技術とか飛距離とかのほかに、若いときとは違う知恵と、その知恵を生かす「ゴルフ脳」が備わってくるのでしょう。
中嶋常幸は「三井住友VISA太平洋マスターズ」を52歳と23日目で優勝した際に「今、ゴルフがこんなに楽しいものだったのかって思えるんですよ」と、インタビューのときに本当に嬉しそうに語っていました。中嶋はゴルフの英才教育を父親から受け、高校を中退してゴルフに明け暮れ、19歳で「日本アマ」を制しました。青木功、尾崎将司、そして中嶋のAON時代を築いたのは’80年代初頭でしたが、33回出場した世界4大メジャー大会で「マスターズ」「全英オープン」で8位、「全米オープン」9位、「全米プロ」3位とすべてでトップ10入りした唯一のプレーヤーです。20代は「勝ちたい、勝ちたい」だけの、30代は「トップになりたい」だけのゴルフだったとも語っていますがJPGAツアーで48勝をを挙げ、4度の賞金王に輝いています。

語り草になっているエピソードは、1978年「セントアンドリュース・オールドコース」で行われた「第107回全英オープン」の3日目に起こりました。優勝争いで迎えた17番パー4の第3打のバーディパットは、カップをオーバーして「ロード・バンカー」に転がり込んでしまいます。そこから脱出に4打かかり、このホール9打を叩き優勝のチャンスを逃したことは有名です。「ゴルフがこんなにも残酷なスポーツだとは思わなかった。野球なら代打もあるのに、あの突き刺さるような視線のなかで、出なくても、出なくても、最後まで自分でホールアウトしなければならないんだ」と、振り返っていますが、このバンカーは中嶋の愛称“トミー”をとって「トミーズ・バンカー」と呼ばれています。

その中嶋が40代の時に「親父が死んで、僕自身も勝てなくなった年代。そのときは、もがいて、もがいて、もがき切った後に、ふと何かが見えた感じだったかな。長く苦しい時期を味わうってことは、生きるための大きな武器になるね」と、苦しんだ先に見えるものを語っています。中嶋は50代になって「ゴルフゲームの真髄」である「ゲームを楽しむ」という境地にたどり着いたのでしょう。「最後まで諦めずに自分のゲーム楽しめば、自然とスコアに結びつく」と、心のゆとりさえ感じられますが、シニアになってからも優勝を重ね、アマ・プロ・シニアを含めた「日本」が冠タイトルにつく公式戦をすべて優勝するという「7冠」を達成しています。「中年の星と呼ばれたい」という中嶋ですが、90年代に練習量を聞かれたキャディが「大体3,000球くらいでしょうか」と答えると「数えられるうちは練習とは言わない」と答えています。当時から群を抜く練習量で有名でしたが、まさに「練習はうそをつかない」を実践したプロゴルファーということになります。若手は「成功体験」を武器に、ベテランは「ゴルフ脳」を武器に戦いに挑むのです。