打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

石川と松山、ライバルの共闘

 「プレジデンツカップ」に出場した松山英樹が、初日のフォアボールマッチの最終ホールで、チームにポイントをもたらすスーパーショット放ち「恐れを知らない男」と現地メディアに評され「今まで見た日本人で一番いい、彼は精神的に強い」と知名度を上げました。世界ランク2位のアダム・スコットと4試合をともに戦い、終盤はパットに苦しんだA・スコットの代わりにラインを読むこともあり、タイガー、マット・クーチャー組にも一歩も引かない戦いぶりを見せたのです。松山は「相手選手は気にならなかったけど、組んでいる相手が世界ランク2位の選手なので、自分の中でどこか足を引っ張っちゃいけないとか意識していたのかもしれない。同じチームなのに逆に」と、いつもと違うプレースタイルに揺れた心理状態を打ち明けています。また「池にも入れたけど、ショットはほんとうに紙一重だった。パッティングも自分のいいストロークができたのに入らなかった。“ラインを読む力”とか“風を読む力”とか、いろんな部分を伸ばしていかないといけない。あとはショートゲームの差。150ヤード以内の精度がどの選手もすごくて、自分みたいにミスしている選手はいなかった」と、さらなる飛躍のための課題も見つけたようです。

 今回の会場はPGAツアーの「メモリアルオープン」が開催されていることで、多くの選手が慣れ親しんだミュアフィールドビレッジGCでした。ここをホームコースとするジェイソン・デイが世界選抜トップの3,5ポイントを獲得したことでも分かるように、マネジメントが重要な戦略的なコースです。24人中ただ1人、今週が同コースデビュー戦となった松山にとっては不利な面もありましたが、課題はマッチプレーでの戦い方に対応できていなかったことでしょう。松山が経験したマッチプレーといえば、「日本アマチュアゴルフ選手権」が唯一といっていい舞台です。「日本学生ゴルフ選手権」「アジアアマチュア選手権」「日本ジュニアゴルフ選手権」など、アマチュア時代に数々のタイトルを獲得してきた松山ですが、「日本アマ」はベスト16が最高位とマッチプレーは苦手なようです。
ストロークプレーとマッチプレーでのプレースタイルについて「同じです。だから勝てないんじゃないですか?」と松山本人も認めているように、相手を気にせず、自分のゴルフに集中する松山のプレースタイルが、局面ごとに攻め方を変える「マッチプレー巧者」の術中にはまっていた可能性はあるでしょう。通算成績1勝3敗1分、1,5ポイントを獲得したのが「プレジデンツカップ」初挑戦となった松山の戦績でした。2年に1度の大舞台は、次回は韓国で開催されることになっています。「高いレベルで噛み合った楽しさは、今までにないくらいの経験だった。すごく良かったと思う」と、充実感に浸った1週間だった様です。「2年後に、コイツを文句なしに選ばなければ、っていう状態になっていないといけない。そこを目指してやっていきたい」と語りましたが、次回の参戦までに課題を克服してくれることでしょう。

米国カリフォルニア州にあるコルデバレーGCで開幕された「フライズドットコムオープン」は、PGA新シーズンの開幕戦でしたが、新メンバーとなった松山と、2年目の石川が揃って開幕戦を迎えました。「プレジデンツカップ」から転戦の松山は、火曜日に石川と練習ラウンドをこなしました。終始和やかな雰囲気で、時折談笑しながらのラウンドを楽しんだ2人でしたが、疲労の色を隠せない松山と、万端の準備を整えて乗り込んできた石川の雰囲気は対照的でした。過酷な1週間と、12時間の移動の末に現地入りした松山は、「疲れていますよ、でも、嫌な疲れ方じゃない。充実した疲れだし、自分にとって良かったなと思う疲れ」とポジティブに語っていましたが、ラウンド中は足取りが重く、疲れの色は隠せませんでした。

一方の石川は「ウェブドットコムツアー選手権」終了後、早めに西海岸へと移動し、先週はラスベガスで次週開催コースを2ラウンド。日曜日に現地入りし、万全の状態で「いい感じだと思います。あとは試合でどこまでできるか。準備や、コースチェックは良い感じでできている」と語り、ツアー2年目を自力で迎えた余裕も感じられました。「色んな人に会って、今年もまたPGAで会えて良かったと声を掛けられることも多いので、昨シーズンとは雰囲気が違いますね」と、心身ともに充実してのシーズンインとなりました。石川が「スイングとかは勉強になるし、刺激になる」と言えば、松山は「アプローチとか、学べることが多い」と、行動を楽しみにしていたライバルの共闘が始まりました。

PGAツアーというと、ここ数年は今田竜二しかいませんでした。日本語で話す相手も、練習ラウンドを一緒に回る相手もなく、今田は「寂しいという感情は当然あった」と打ち明けています。何より、モチベーションアップの面で「一人はしんどかった」と振り返っていました。松山はこの夏、米ツアーのシード権が確定した時、「遼は?」と石川を気遣い、石川は「ヒデキなら絶対やると思っていた」と、松山の健闘をたたえていました。石川は「ゴルフや性格で、リオとマツヤマは何が違う?」と質問された際に、石川は英語で「僕はしゃべるのが好きで英語も好きだけど、彼は日本語でもペラペラしゃべらない。ゴルフも全然違う。彼の方がアグレッシブ」と答えています。アグレッシブなイメージの強かった石川が、松山を自分以上に攻める男だと言い切ったのです。お互いが心配したり、尊重し合ったりできるライバル関係は素晴らしく、大きなプラスになってくれることでしょう。

石川は首位と5打差、松山は首位と6打差で迎えた最終日。どちらも逆転による米ツアー初優勝を狙える位置にいたことは間違いありません。松山は1番をバーディ発進し、3番、6番、7番とバーディを重ね、首位との差を5打、4打、3打へと縮め期待を抱かせました。しかし8番でフェアウエイから打った第2打を、グリーン左奥へオーバーさせてしまいます。第3打の寄せはグリーンに乗らず、第4打も寄せ切れずショート。ボギーパットは沈めましたが、逆転への「流れ」を絶ってしまうボギーでした。
9番のパー5は初日も2日目も3日目もバーディを奪ったホールでしたが、8番からの流れで、このバーディホールのティショットを大きく右に曲げてしまします。ボールは赤杭の区域内の溝の中でしたが水がないので、そのまま打ち脱出しなんとかパーを拾いましたが、心中穏やかではなかったことでしょう。

その後も伸ばせず14番はボギー、パー5の15番は左エッジに4mとほぼ2オンしながらイーグルパットがカップをすり抜け、返しの大きく曲がる1mを外しパーでした。しかしこのホールはグリーン左にウォーターハザードがあり、ほとんどの選手が右に逃げる中、唯一ピンをデットにアグレッシブに狙ったレベルの高いショットでした。15番のグリーンは傾斜が強く、カップ際で大きく曲がるピンポジションに苦戦する選手が多く、優勝争いに絡んできたV・シンが松山と同じように短いバーディパットを外し脱落。石川も手前からのファーストパットを大きく左に外し、返しを外す3パットというホールでした。しかし、松山は上がり3ホール全てでバーディを奪い、3位に食い込んだのです「15番までの嫌な流れを補うような一打が、16番で打てたのが収穫だった」と語りましたが「いいスタートを切ったのに、途中から失速して、勢いを最後まで続けられなかった。最後まで勢いを続けられなきゃ逆転優勝はなかなかできない。途中でどういう気持ちの持っていき方をするか。そこを勉強したい」と、語っていますが初戦から素晴らしい成績でした。

石川は「4日間で一番うまくいかなかった日」と21位に終わりました。2・3番をバーディで好発進したのですが、5・8番のボギーで脱落してしまいました。しかし過去の最終日と比べ「緊張がスイングに出ず、無心で打てた」と振り返っているように、ショットの完成度は素晴らしかったのですが、やはり問題は「パットのタッチが合っていなかった。タッチを掴み切れずに終わってしまった」と語るパッティングでした。伸ばせないまま迎えた14番では、4mのバーディチャンスを読み切れなかったのか、はじめから30㎝も左に打ち出してしまうミスパットでした。その違和感の流れで15番は3パットになったのでしょう。16・17番もバーディチャンスを決めきれずに終戦でしたが、今までの石川とは違いこれからは松山が一緒にいます。プライベートな時間を一緒に過ごすことが刺激になり、以前の様に悪い流れを引きずることはないでしょう。

「満足感はほぼゼロ。でも充実はしている」と、初戦の感想を語っていた石川は、PGA第2戦「シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン」の最終日に爆発しました。通算12アンダー、5位タイから、米ツアー自己ベストに並ぶ「65」をマークし、2012年「プエルトリコオープン」で記録したベストフィニッシュに並ぶ2位で4日間の戦いを終えました。1日4アンダーペースの通算16アンダーを自身に課し、最終日をスタート。1番では第2打を60㎝につけ、バーディ先行の好スタートでしたが、2番では25mから3パットでボギー。5番パー3では、ティショットを再びピンそば60㎝にピタリとつけてバーディとショットの好調さが目立ちました。首位のウェブ・シンプソンに3打差と迫った17番パー3では「今までだったら怖くて右のバンカーに逃げたショットだと思うんですけど、スイングがぶれることなく打てたっていうか、あのショットはすごい価値があった」と、196ヤードのティショットを7番アイアンでピン方向にまっすぐに狙い、奥5mからのバーディパットも沈めてみせました。最終ホールは、「情けない上がり」と唇をかむボギーフィニッシュでしたが「自分のリズムでやれたし、4日間の中で一番良かった。勝つためにはこういうことが必要だと思う。やっぱり上位でフィニッシュするということが選手を成長させるのかなと思います」と、改めて感じている確かな手応えを、笑顔で語っています。

世界ランクを上げていくには、「最終日こそ3m~6mぐらいのパットが入りましたけど、3日間はまったく入っていなかったし、4日間で10m以上のロングパットが一度も入らなかった。それでこの位置というのは、今までとはちょっと違うなと思います」と語るように、やはりパッティングですが、ホールアウトした石川は、取材陣への対応後、真っ直ぐ練習グリーンに向かったといいます。4日間の戦いを終えたばかりで、練習する選手などまずいません。誰もいないグリーン上で、短い距離のパッティングを繰り返した様ですが、石川にとってはいつもと変わらぬ行動です。辛辣なバッシングをあざ笑うかのように結果を残しましたが、真摯に取り組む「姿勢」に期待が持てます。

サミー・オオタカ