打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

「実力のゴルフ」で自信を深める石川遼

 池田勇太が「マイナビABCチャンピオンシップ」でツアー通算11勝目を挙げました。15番までに6バーディを奪い2位のS.K.ホに2打のリードを奪ったのですが、上がりの3ホールから勝利の難しさを痛感させられる展開になりました。16番パー3はティショットを左に曲げてバンカー越えの難しいアプローチを寄せてパーセーブしましたが、17番パー4は2打目を左ガードバンカーに入れ、不運にもボールは足跡に。スピンがかからないライで、さらに下り斜面に落とすという3打目は、グリーンに届かずにボギー。18番パー5は、ファーストカットからの2打目を「ボールが浮いていてフェースの上っ面に当たってしまった」と、距離が出ずにグリーン手前の池へ打ち込んでしまいプレーオフへ。「逆に吹っ切れた」と語るプレーオフ1ホール目は、ティショットがフェアウエーバンカーの縁に刺さり、横に出すだけという不運に見舞われたS.K.ホに対して、会心のティショットでフェアウエーをとらえ、またしてもディボットにはまりながらも2オンに成功し、バーディで優勝を決めたのです。

 選手会長に就任した今シーズンは成績が上がらず、感情が高まり言葉を発することが出来ないインタビューでしたが「こんなしびれる試合はなく本当に苦しかった。今年勝てないと思っていた中で、チャンスが巡ってきたのが苦手な大会。自分としても不安だっただけに、本当にうれしいです」と、男泣きのインタビューは池田の苦悩の大きさを表していました。開催コースは、14フィートを超えるメジャー級の速さの出るグリーンで、池田のイメージは合わずに「苦手で嫌いなコース」と公言していました。強めのタッチが信条の池田にとっては、短いパットでもイメージを合わせるのに苦労したようです。高速グリーン対策としてピン型の「転がりの悪い」パターを投入し、スタートから霧がかっていた最終日は「暗いとグリーンが黒く見える。キャップをかぶるとさらに黒く見えてしまう。グリーンが黒く見えると強く打つイメージになってしまうので、なるべく明るく見えるように、スポンサーさんには申し訳ありませんでしたが、キャップ類は取りました」と、苦手克服のための準備を整え、4日間の平均パット数3位で優勝を手繰り寄せたのです。

 今年の池田は志願して選手会長に就任し、打ち合わせ会議やスポンサーへの挨拶回り、イベントなどに積極的に参加し、プロゴルファーとしての時間を削られていました。5月には背中を痛めてしまい、まともにゴルフができない時期もあり「いろいろな流れで勝てないのかもと思ったけどね。選手会長がしんどくないといったら嘘になる。でもやるといったら、やるのが俺の流儀だから。選手会長をやっていることで言い訳はしたくないけど、この優勝はちゃんとやってきたご褒美かもしれないですね。もう1勝ぐらいしたら選手としても輝けるかもね」と、これからの活躍にも期待が持てそうです。苦手な大会ということで、遠征前には「2日分のウエアでいいよ」と語るほど決して好調ではなく、最終日はいつもの勝負色の紫ではありませんでしたが「男子ツアーは厳しい現状ではあります。男子ゴルフ界を盛り上げるために色々考えないといけない。最低でも3年はやらないとね」と本人にとって予想外の結果でしたが、男子ツアーを牽引する意気込みを語っています。

 「自分が結果を残すことで、これから会長をやる人間に見本を示したい」と、選手会長としては前例のない頻度で、大会翌日の月曜日や火曜日に、大会スポンサーやJGTOのミーティングに出席。会議では国内男子トーナメントの現状を自らプレゼンし、社会貢献イベントなども先頭に立って立案し、実行しています。最年少の27歳で選手会長に就任した今年1月に「選手としての結果も会長としての仕事も両立させる」と断言していましたが、JGTO設立から14年間、選手会長在任中に優勝を果たした選手が01年の片山晋呉と08年の宮本勝昌しかいないことからも分かるように大変な仕事です。大会前の賞金ランキングは42位で、このままでは30位以内に限られる最終戦への出場も難しい状況と、様々な苦難を乗り越える見事な優勝でした。

 念願のPGAツアーに参戦した石川は不調に悩み、誰もが予想すらしなかった下部ツアーとの入れ替え戦まで経験したのですが、技術とともに精神面でも大きく成長を遂げている様です。アマチュアで国内ツアーを制してから、順調にステップアップを繰り返した石川は、「中学生の頃以来」という「まず予選通過」という戦いに苦しみました。そこから這い上がってくる過程で、くじけない心や、冷静で客観的に自身のプレーを見られる様に変わりました。ともかくドライバーを飛ばして攻め切るゴルフから、何手も先を読みながらのプレーを披露する様になり、今シーズンの戦いが大いに楽しみです。

 石川の好調を支えたのは、開幕戦で3位に入った松山英樹の活躍が大きいように思います。米ツアーでともに練習ラウンドを回る機会が増え、松山が体調不良で棄権したトーナメントでも、大会前に一緒にコースを下見して戦略などを話し合い「自分もこいつみたいに強くならないといけないと思わされた」と、同学年のライバルから刺激を受け、負けていられないという気持ちが、第2戦での好結果につながったのでしょう。笑顔を作ることもできないほど苦しんだ石川が、それでも自分の努力を信じ繰り返された強気の発言は「不甲斐ない成績なのに、わかってない」とか「言い訳をしている」と切り捨てられ、注目度を煽るがための報道や、辛辣なバッシングに耐えることを強いられました。群れとなり、評論家気取りでストレス発散材料としてインターネットに投稿を繰り返していたゴルフファン?から「何故そこまで石川を庇うのですか?」と質問を受けたのですが、私は石川のファンとかではなく、成功して海外に出ていても努力を惜しまないプロゴルファーが好きなだけです。

 石川は、開幕戦の「フライズコム・オープン」では最終的に21位でしたが、第3日終了時では7位と健闘。2戦目の「シュライナーズホスピタルオープン」では、米自己最高タイの2位と、来季シードを左右するフェデックスポイントも2試合で293点を獲得。「目標のポイントを稼げた」と自信を深めています。「ドライバーがいい状態。いい場所に運べるからいいリズムが作れる。だから、ショートアイアンでピン近くに寄せることができる」と自己分析していますが、以前の様に攻め続けたドライバーではなく、プレースメントを第一に考える「攻めのプレースタイル」が着実に身に付いているようです。「一番大きいのは慣れ。移動もホテル暮らしもアメリカの文化にも慣れた。次は体。腰が良くなって満足できる練習がこなせる。その次にゴルフの状態です」という石川の「経験」は、行動を共にする松山にもプラスになるでしょう。

 石川が不調のどん底にいた頃、日本では「松山フィーバー」一色でした。確かに実力ある選手ですが、プレースタイルは石川とは正反対な印象でした。松山は正確なショットでトラブル無くプレーを進めて、しっかりとスコアを出して来ます。石川が一番勢いのあった頃は、トラブルショットを「ミラクルショット」でバーディと、何か神がかったプレーで観客を魅了してきました。まさに見せるゴルフで、ゴルフをしない人でも引きつける力を持っていましたが、松山は地味というか、新人としては怖いほど安定しすぎてトラブルが少なく、ミスをしてもスコアに影響が出にくいのが強みです。

 「ミラクルの石川」が「実力の石川」にプレースタイルを変えつつありますが、最近の試合では、何度も「あのパットが入っていれば」という、流れに乗り切れない場面が続いていました。「ミラクルパット」を決めてギャラリーを湧かせるゴルフも思い出して欲しいですが、石川は更に上を目指す為に「自分に厳しい環境」にチャレンジしていたのです。「結果は必ず出る」と信じて、今までに無い力を身に付けて「再起」しようと戦ってきたはずです。変える事は精神的には非常に辛いし、痛み、苦しみを伴いますが、やらずに後悔するより失敗を恐れず、これからも新しい事に挑戦することを学んだのです。

 「東京オリンピック開催決定」で日の丸を意識しているのか、石川の最終日のウエアは赤・白が多いように思います。「自分が日本のゴルフを引っ張って、東京オリンピックで必ず金メダルを取る」と目標を持ち、日本のトッププレーヤーとして輝き続けて欲しいですね。

 海外にいるからこそ「東京オリンピック開催決定」は、大きな感動を与えてくれましたが、その想いは石川も同じだったことでしょう。PGAツアー、そしてメジャーでの優勝を果たし「東京オリンピックの金メダル」と、子供達や多くの選手、人々に大きな感動を与えられるポジションに、石川は自力で戻ってきました。

 4月のプロ転向以来、国内10試合、海外9試合と戦い続けた松山ですが、スタート直前に胃炎による体調不良のため欠場した「シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン」以来、万全の体調を取り戻していません。その試合で2位に入って、石川に対しては「休んだところであれだけ活躍されると悔しいし、自分も頑張ろうという刺激をもらった」と語っています。

 「CIMBクラシック」では、最終日に「74」とスコアを崩し、25位タイでホールアウトしましたが、松山が米ツアーの大会で、最終日をオーバーパーとしたのは、2012年4月の「マスターズ」以来でした。背中の痛みから苦痛に歯を食いしばる痛々しい姿も見せていましたが「WGC ・HSBCチャンピオンズ」の2日目にも、痛めている背中の状態からプレー不可能と判断。スタート前に大会本部へ棄権を申し出ています。長引くと、深刻な故障にもつながりかねない箇所ですが、連戦の疲れが蓄積しているのでしょう。

 石川の「WGC・ HSBCチャンピオンズ」は、初日に1バーディ・7ボギー・1トリプルボギーの「81」の75位タイと大きく出遅れたのですが、3日目に4バーディ、1ボギーの「69」をマークすると、最終日も「69」でラウンドし「日に日にスイングの状態はよくなってきた。ワールドクラスのコースでこの3日間は悪くないプレーができた。あとは自信をつけて、ピンを攻めていけるように」と語っていましたが、最終Rのフェアウエーキープ率80,4%は全体1位。パーオン率81,9%も同2位でした。

 石川にとって半年ぶりの国内ツアー参戦ですが、年内は国内3試合に出場を予定しており、「日本シリーズに出たい。目標はそこで3試合とも優勝争いに絡みたい」と意気込みを語っています。「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦」、「三井住友VISA太平洋マスターズ」と日本ツアーに参戦。その後はオーストラリアでの「ワールドカップ」に日本代表として出場しますが、近いうちに実現する松山との「日本代表」に期待したいですね。

サミー・オオタカ