打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

日本にゴルフを広めた「ワールドカップ・オブ・ゴルフ」

 「三井住友VISA・太平洋マスターズ」の最終日は、谷原秀人が3日目に奪った単独首位の座を守りきり、2010年「VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント」以来となる3シーズンぶりの勝利を飾りました。「マスターズ」並のスピードに仕上がったグリーンでしたが、平均パット率トップの自信からか、無理をせず2パット狙いのゴルフで1バーディ・2ボギーの「73」とスコアを落としながらも、2位の石川遼、近藤共弘、川村昌弘を1打差で振り切り、通算10勝目をマークしました。

 前半3番パー5でバーディを先行させながらも、その後はチャンスを活かせずパーを並べ、2打差の2位から出た同組の川村には6番のパー5で並ばれ、石川にも迫られる展開でした。

15番からの2連続3パットによるボギーで、中盤に後退していた川村との差は再び1ストロークに。しかし上位陣がことごとくグリーンを外す「風のジャッジが難しかった。距離感が最後までつかめなかった」という17番パー3では、ショットの好調さを生かし、最終組でただ一人のパーオン。そして最終18番は右のセミラフから残り209ヤードの第2打で、池を避けグリーン左の安全なエリアに運ぶ選択をしました。「風がフォローだったので、上の段には行かせたくない。攻めるところでもないし、100%いいところに打てた」。我慢を重ねた末の、最も緊迫した逃げ切りの場面で、計算通りにスコアをまとめたのです。

3年越しの通算10勝目でしたが、若くして一時代を築いた35歳にとっては、時間のかかった節目の勝ち星でした。谷原は2004年末に2度目の挑戦でPGAツアーQTを勝ち上がり2005年に参戦したのですが、腱鞘炎との戦いとなりシーズン終了を待たずに帰国しています。それまでは練習嫌いを公言していましたが猛練習を重ね、2006年の「JCBクラシック仙台」で復活の3勝目を挙げています。2006年の「全英オープン」では、タイガー、S・ガルシア、E・エスルとの優勝争いを演じ、最終的には5位タイに入りました。その後も勝ち星を上げていたのですが3年前に発症した肩痛は深刻でした。

もともと鋭い肩の使い方が、谷原のスイングの特徴でしたが、「自分の納得いくショットができていなかった。飛距離も落ちた」と肩をかばうスイングに苦しんだ様です。しかし「グリーンに乗らないから、逆にリカバリーはうまくなった」と語るように、昨年、そして今年も平均パット部門で全選手中トップの数字を残しています。「ティショット、アイアンがある程度真っ直ぐ飛べば、という自信があった」と、自身のスタイルを見つけた結果が出ましたが、鋭く柔らかい肩の回転が戻ってきました。「これで自信をつけて、昔のように2、3勝できるようになっていきたい」と、晴れやかな優勝インタビューでした。

首位と5打差の4位から逆転を狙った石川は5バーディ、2ボギーの69で回り、入れば首位に並ぶ6メートルのイーグルパットは、カップ左に外れ、通算12アンダーと1打及ばず2位で、大会連覇&ツアー通算11勝目は叶いませんでした。2日目は2度の池ポチャ、3日目は浅瀬で跳ねて池を逃れたものの、過去何度もドラマを作ってきた18番でスコアを伸ばせなかったのが響きました。首位の谷原と5打差の4位からスタート。1、3、6、11番とバーディを重ね、2打差まで迫って終盤に入った段階では「メークドラマ」の予感を抱かせました。しかし14番パー4で1,5メートルのパーパットをミスし、その後もバーディを決められず、17番228ヤード・パー3は4Iでの第1打をグリーン右に外してボギーと追い上げに失敗しました。「低い球で手前から転がそうとして、スイングが守りに入った」と、そこからのアプローチは下り傾斜で大きくオーバーしてボギー。イーグルを狙い攻めた18番については「18番はマネジメント通りで、イーグルパットを打つことができたまではよかったのですが」と、終わってみれば1打差だっただけに「悔いの残るラウンドになった」と語りました。

グリーンの速さを示すスティンプメーターは13,75フィートという超高速グリーンと、めまぐるしく変わる風に苦しんだラウンドでしたが、「14番は一番速いラインと分かっていたのに、タッチを合わせられなかった。18番は見た目より左に切れた。何回もやっているグリーンなのに、何で読めないのかな」と、過去2勝、プロ転向後はすべて8位以内と得意なコースで優勝という結果はでませんでした。V争いに加わり続けた4日間を終えて「ティショット、アイアン、アプローチ、パットともよくなっている。来週以降も楽しみ」と、21日からの「ワールドカップゴルフ」以降の活躍も期待できそうです。

「ワールドカップゴルフ」は、72ホールの個人戦と、2人の合計ストロークで争う国別対抗戦で、日本代表としては今大会優勝の谷原と組み「日本代表」として戦いますが、谷原は「1-2フィニッシュできたので、これ以上ない仕上がりだと思う。2人でがんばりたいです」と語っていました。「ワールドカップゴルフ」はゴルフを通じた世界各国の善隣友好を願ったカナダ人実業家ジョン・ジェイ・ホプキンスの提唱により国際ゴルフ協会が1953年にカナダ・モントリオールの「ビーコンスフィールド・カントリークラブ」で開催したのが始まりで、「カナダ・カップ」(Canada Cup)と呼ばれていました。

1955年の第3回から開催地はカナダを離れ、1956年の第4回には林由郎と石井迪夫のコンビが日本代表として初参加し、団体で4位を獲得しています。その活躍により、翌1957年の日本招致が実現しています。第5回は、霞ヶ関カンツリー倶楽部で開催されましたが、日本で初めてのゴルフの国際イベントでした。この大会で小野光一と中村寅吉のコンビが団体初優勝、中村が個人優勝を飾り、日本の人々にゴルフを紹介する大きなきっかけとなった大会でした。1967年に「ワールドカップ」と名称を変更し、1993年に「ワールドカップ・オブ・ゴルフ」となりスポンサー名を冠に開催されています。2000年から2006年までは、「WGC・世界ゴルフ選手権シリーズ」として開催されていましたが「WGC」編入期間中は各チームの順位に応じた賞金を2人で半額ずつ分ける分配方法でしたが、その金額は賞金ランキングに加算されませんでした。その後、PGAツアーの主張に基づき米国外で開催される2007年開催以降の本大会は「WGC」シリーズから除外されています。

「ワールドカップ・オブ・ゴルフ」のこれまでの歴代優勝回数は、米国が23度と圧倒的な強さを誇ります。続いて南アフリカの5度、スペイン、オーストラリアの4度ですが、日本チームは1957年と2002年の2度の優勝があります。2001年11月に「日本ゴルフ100年祭」のイベントとして「EMCワールドカップ」が「太平洋クラブ御殿場コース」に誘致されました。1901年に日本で最古のゴルフ場として「六甲コース」が建造されてから100周年の記念行事が多数開催されたのですが、米国代表として世界ランキング1位のタイガー・ウッズと同3位のデビッド・デュバルが参戦しています。

米国チームはプレーオフで敗れ、大会3連覇を逃したのですが、最終日の18番ホールで首位に並ぶタイガーの「ミラクル・チップイン・イーグル」は強烈な印象を残し、語り草になっています。4チームのプレーオフになり、アーニー・エルスとレティーフ・グーセンのコンビによる南アフリカチームが優勝しましたが、日本チームの伊沢利光と丸山茂樹のコンビは11位に終わっています。しかし日本開催の翌年にあたる2002年、伊沢と丸山のコンビがメキシコ開催の大会で日本チームに45年ぶり2度目の優勝をもたらしています。日本が首位で迎えた最終日は、3日目に57をマークして一気に浮上してきた米国との一騎打ちとなりました。

日本は前半4つスコアを伸ばしますが、米国も1イーグル4バーディで日本に1打差に迫っていました。最初のドラマは13番パー4で起こりました。丸山のセカンドショットはグリーンオーバーのバンカー。伊沢のリカバリーもグリーンを転げ落ち、結局このホールはダブルボギーと逆転を許します。米国は16番パー4でもスコアを伸ばし、2打差となった日本チームは窮地に追い込まれる展開でした。しかし、16番パー4、17番パー3と続けてバーディを奪取し、再び首位と並んだ日本に対し、18番パー4で今度は米国に悪夢が訪れました。フィル・ミケルソンのティショットは右ラフにつかまり、「フェースを開いて、左にだけは行かないように打ったんだけど」というデビット・トムスのセカンドショットは、無惨にもグリーン左のハザードへ打ち込み、米国は土壇場でまさかのダブルボギー。

最終組の日本チームは「セカンドショットを打つ前に、米国がダブルボギーを打ったとギャラリーから聞いた」と、18番のグリーンに上がってくる際にボードで米国のスコアを確認して、早くも優勝を確信して大きく手を挙げたのです。丸山は「ワールドカップはサッカーだけじゃない。日本選手、日本ツアーへの見方が変わると思うし、僕たちみたいに世界で活躍したいと思ってくれる子供たちが、どんどん増えることを願っています」と優勝のコメントを出していますが、現在活躍している若手プレーヤーに大きな影響を与えたのは間違いありません。

今大会からは「ISPSハンダ」がタイトルスポンサーとなり「ISPS HANDA World Cup of Golf」という名称となりました。「ISPS」会長である半田晴久氏は、1988年に日本に初めてブラインドゴルフ(視覚障害者によるゴルフ)を紹介した「日本のブラインドゴルフの父」として知られています。ブラインドゴルフは、ベトナム戦争における米国傷痍軍人のメンタル・リカバリーのために始まったもので、現在では、英語圏を中心に世界的に活動が広がっています。国際スポーツ振興協会「ISPS」のコンセプトは「スポーツには、希望を生み出し、人々を動かして社会を変革する力があり、人々を団結させ、世界中の地域社会に一体感をもたらし平和に役立つ」とし、ジュニアをはじめ男女シニアの大会を数多く開催しています。

「ISPS」の活動は次世代のゴルファーだけではなく、さらに大きな広がりを見せそうです。今大会は「ブラジル五輪」のフォーマットに準じており、「東京五輪」に向けた準備が、すでに始まっているのです。

サミー・オオタカ