打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

「リオ五輪」112年ぶりに復活するゴルフ

 オーストラリアのロイヤルメルボルンGCで開催された「ISPSハンダ・ワールドカップ」に「日本代表」として初出場した石川遼が最終ラウンドに69をマークし、通算3アンダーの5位タイでフィニッシュしました。谷原秀人とのコンビで臨んだ合計ストロークを競う団体戦も、通算5アンダーの3位タイと健闘しました。我慢に我慢を続けた石川と谷原でしたが、谷原が15番でピン左2mのバーディパットを沈めると、直後に隣のグリーン、17番で石川が8mを決めてバーディを奪い「自分たちはここまでやれるんだと思えた」と、団体戦の雰囲気を感じたようです。
石川は4日間の中で最も風の強かったこの最終日に、出だしの1番から4mを決めてバーディ発進を決め、その後もチャンスに恵まれない中で3バーディ1ボギーでしたが、「ずっと張りつめていると持たないコース。ショットに入る前にオフになっているスイッチをパッと入れて、集中した」とメンタルコントロールがうまくできたことを語っています。今年から同大会は世界ランキングポイントが加算されることもあり、数字の面でも収穫があった「日本代表」としての初戦でした。112年ぶりにオリンピックでのゴルフの競技方法が決まり、さらに2020年の「東京五輪」開催も決まり、ゴルフ界はどんどんその視線を「五輪」へ向けつつあるようです。
フィル・ミケルソンは「今、僕は2016年に向けて取り組んでいる。オリンピック・アスリートになりたいんだ」と語り、話題になりました。2016年には46歳になるP・ミケルソンの「リオ五輪」出場を目標にする、という心意気と姿勢には頭が下がる思いですが、PGAツアーが中心になってオリンピックのための舞台づくり、環境づくりを進められています。そんな協力体制とその成果が、「ワールドカップ」でも見ることができました。オリンピックにおけるフォーマットを意識して個人戦を主体にする競技形式に変更されたのです。世界ランクに基づいて選出された選手たちがチームとして、ダブルスで競い合うのが今までの「ワールドカップ」でしたが、今大会は72ホールの個人戦と、チーム2名のスコアを合算して競うチーム戦も同時に行なわれました。賞金も個人戦には7ミリオン、団体戦には1ミリオンという配分で、完全に個人戦に重点を置いた「オリンピック仕様」となりました。
開催コースにはPGAツアーのティム・フィンチェム会長も赴き、オリンピックに対する熱い想いを世界へ向けて積極的にアピールしていました。フィンチェム会長は「舞台づくりは、ほぼ順調に進んでいる」と太鼓判を押し「リオ五輪はゴルフをオリンピックで復活させるためのファーストフットだ。だからこそ、ファーストクラスの舞台づくりを心がけなければいけない。なぜなら、2016年の後、ゴルフをオリンピック競技として定着させるべきかどうかの投票が行われるからだ」と語っています。つまり、2016年「リオ五輪」での失敗は許されないということで、100年以上ぶりに復活するゴルフを、未来の100年へつなげていけるかどうか。その運命を左右することになるのが「リオ五輪」で、国境を超えて「ゴルフを愛する心」を持つ、多くのゴルファーの支援が必要な様です。

 最終ホールまでもつれた個人戦タイトル争いは、首位から出た地元のジェイソン・デイが通算10アンダーとし、トーマス・ビヨーンを2打差振り切って勝利を果たしました。最終ホールでスコアを落としたT・ビヨーンは通算8アンダーで2位。3位にはこの日5つスコアを伸ばしたアダム・スコットが通算7アンダーとして浮上し、国別対抗戦では地の利を生かしたオーストラリアが2位のアメリカに10打差をつける大差で、95年以来となる栄冠を手にしました。J・デイにとっては5週間ぶりのトーナメント出場でした。2週間前にフィリピンを直撃した大型台風によって、祖母を含む8人の親族を亡くしたばかりでの参戦でした。

 30年前にフィリピンの被災した地域からオーストラリアに移住したJ・デイの母親は、愛娘と共にロイヤルメルボルンの最終18番のグリーンで息子を迎えました。「先週起きたこと(悲劇)に比べれば、この大会に出て優勝を目指すプレッシャーは容易なことでした。心からここでプレーしたい、と願って参加しただけに、優勝できて良かったです」と心境を語っています。J・デイが最後に優勝した大会は、2010年PGAツアーの「HPバイロンネルソン選手権」ですが、2011年以降、メジャー大会で4度のトップ5入りがあったものの、J・デイは優勝のチャンスを逃してきました。

 最終日に66をマークしたアダム・スコットは、3週連続の優勝を目指したのですが、初日の12番で9を叩くなど75と出遅れ、追いかける苦しい展開となりました。最終日の最初のホールでいきなりイーグルスタートを切ったA・スコットは、4月の「マスターズ」を制して以来、初めての地元凱旋で、「オーストラリアPGA選手権」と「オーストラリアンマスターズ」を制覇しての参戦でした。「ワールドカップ」で開催国が優勝するのは、南アフリカ・ケープタウンで行われた1996年大会で、アーニー・エルスとウェイン・ウェストナーのペアが優勝して以来の快挙でした。A・スコットは翌週にロイヤルシドニーで開催された「オーストラリアオープン」に「年間3冠達成」に挑んだのですが、最終日にローリー・マキロイに逆転を許し2位に終わっています。

 JLPGAの「賞金女王」は23歳の森田理香子が初戴冠を果たしました。トータル3オーバーからスタートしたこの日は、1つスコアを落としトータル4オーバー12位でフィニッシュと、女王を争う横峯さくらがトータル2オーバーの7位タイでホールアウトしたため、ホールアウト後すぐに女王決定とはなりませんでしたが「色んなことを勉強できたし、賞金女王を獲れなかったとしても、悔しいけど良かったという気持ちだった」と、やっとプレッシャーから開放された素直な気持ちを語っていました。「賞金女王」が確定すると「頭が真っ白で…。大変なこともあったけど最後に嬉しいことができて苦しいことも忘れられると思う。賞金女王になってこれからが勝負だと思う。それ以上の成績を残せるように努力します」と、喜びを語りました。師事する岡本綾子と築き上げてきた、力強さと美しさを兼ね備えたスイングは、森田の魅力の1つで、他のプレーヤーとは一線を画す、スケールの大きさは来年も期待が持てます。

 横峯は「朝の練習場からフェードが打てていたので、良い感じだと思っていた。今日は攻めるしかないという感じだったので」と、4番でバーディを先行させると6番でもバーディを奪い、序盤から森田にプレッシャーをかけ、見せ場を作りました。その後7番、8番と連続ボギーを叩いたものの、14番、15番とバーディを奪い返して再浮上。16番のボギーにもめげずに、17番ではセカンドをピン1mに絡めて最後まで上位に喰らいついたのです。しかし、最終18番では約8mのバーディパットが右に外れ事実上の終戦。「1打足りないと思っていた」とふっ切れたような笑顔でホールアウトして「賞金女王レース」での敗北を潔く認めています。それでも、未勝利に終わった昨年から今季は年間4勝と見事なカムバックを果たし、「去年までの私だったら女王には手が届かないと思うし、本当に充実した1年でした。メンタルコーチも帯同して技術だけじゃないと感じた一年だったし、若い選手もたくさん出てくるのは素晴らしいことだと思うので、私自身も頑張ります」と締めくくっています。試合での順位やラウンド数をポイント換算して年間を通じての総合的な活躍度を評価する「メルセデスベンツ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー・ランキング」では1位を獲得していますが、若手の台頭もありJLPGAは来シーズンも楽しみです。

 JPGAは、松山英樹が「カシオワールドオープン」で今季4勝目を飾り、日本ツアー初となるルーキーイヤーでの「賞金王戴冠」を決めました。10アンダーの単独首位から出た松山は、2打差の2位タイからスタートした池田勇太に、前半はトップの座を譲ったものの、終盤16番から2連続ボギーを叩いた池田を再逆転。4バーディ、2ボギーの70で通算12アンダーとして、明徳義塾中高時代に慣れ親しんだ高知で、9月の「フジサンケイクラシック」以来となる勝利をマークしました。

 プロ1年目から積極的に海外へ出た松山の今季の出場試合を見ると、米ツアーに行かないで日本だけでやっていたらもっと簡単に賞金王になれたはずですが、「これがまた来年になればゼロになるし、1年1年の勝負。日本ツアーでやっているものをしっかりと海外、メジャーに行ってもできるようにしたい。それをやっていかないと勝てないので」と、一年を振り返っています。史上初めてルーキーで賞金王を獲得し、来季の米ツアー本格参戦を前にした松山には、いくつものスポンサー候補が名乗りを上げており、今後はおそらく、ビジネスの世界に否応なく巻き込まれていくことになります。

 石川は「新人で賞金王を獲るのは難しいどころじゃないです。これから出るか、出ないかの話でしょう。僕は1年目で5位か6位でものすごいと言われましたけど、むしろ1年目でシードを獲るのが難しいという舞台。プロゴルファーが何千人、何万人いるという中でシードを獲れるのはひと握りなので、1年目でシードを獲る、賞金王を獲るというのは、すごいというひと言で済まされることではない。それだけ明らかに技術を持っている選手だと思う。不思議なことではなく、ただそれが1年目だったというだけで」とライバルを評価しています。

 タイトなスケジュールのためか、怪我が続き「カシオワールドオープン」でも左親指付け根の痛みを抱えながら「賞金王戴冠」を決めた松山は、都内で精密検査を受け、「日本シリーズ」欠場を決断しました。「だいぶ良くなっていると思うけれど、ゴルフができる状態ではない。とりあえず休んでケアをするしかない」と静養と治療に努める意向です。「ここが人生最後のゴルフになるのであれば、やったかもしれないけれど…そんな状態で試合をやりたくないし、ちゃんと自分のものを出せるようにしたかった。来年からのこともある」と全治2週間と診断されたのですが、国内3大ツアー対抗戦「Hitachi 3Tours Championship」か、アジア選抜の一員として石川、藤田と出場予定の「ザ・ロイヤルトロフィ」での復帰の可能性を探っていくことになりました。石川と松山のUSPGA本格参戦が1月の「ソニーオープンINハワイ」から始まります。

サミー・オオタカ