打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

石川、松山の「世界最高峰のツアー」

 「ファーマーズインシュランスオープン」の 最終日は、最終組が後半に入った時点で一時は首位に6人が並ぶ大混戦となりました。首位と3打差の6位でスタートした石川は1番、3番と相次いでショットを1m強に絡めてバーディを奪い、通算7アンダーとして首位タイに躍り出たのです。中盤に伸ばせなかったものの11番のパー3でバーディを奪い、首位と1打差で迎えた13番パー5のティショットはやや右に出てラフに。しかし「ライが悪ければ刻むつもりだったけど、自分には浮いているにように見えた」と、積極果敢に2オンを狙います。しかしセカンドはグリーン右手前にあるバンカーに落ち、結果としてボギーと後退したのです。石川は「優勝スコア10アンダー」と読み、攻めの姿勢を崩さず、初めてリーダーボードを見たのは15番グリーン上でした。その時点でトップと3打差で、首位は同組で回っているS・ストーリングスだということを認識したといいます。

 「3連続バーディならまだ分からない」と思い直したのですが、16番パー3は12mのバーディパットを決めきれません。続く17番では完璧なショットを2回続けて、ピン右1.8mのチャンスでした。しかし優勝に望みを繋ぐ下りフックラインは、無情にもカップ右をすり抜けたのです。「内容は悔しいけど、ミスは最小限に抑えられた、昨年10月に2位になったときとは感覚的に違います。すぐそばに優勝した選手がいたし、自分も良い内容でプレーできたらというのを近くで感じた。常にこういう戦いをやっていれば、いつか来てくれるのかなと思います」と、語っています。最終18番パー5でバーディを奪いましたが「PGAツアー初優勝」には2打届かず7位タイの終戦でした。

優勝は石川と同組でラウンドしたS・ストーリングスでした。最終日は7バーディ、3ボギーと4ストローク伸ばし、混線を一歩抜け出しツアー3勝目を飾りました。この大会が2014年の初戦となった松山英樹は、6バーディ、3ボギーと3ストローク伸ばし、通算5アンダーでホールアウトし、復帰戦で堂々の16位タイに食い込んでいます。4日間の戦いを終えた石川が得たものは、賞金約19万ドル(約1,938万円)と、シード確定にさらに一歩前進する85点のフェデックスカップポイントでしたが「曲げたくないという気持ちがあって、振り切れずに曲がることが多かった」と、この日のフェアウェイキープ率は4日間で最低の28.6%でした。「振り切りたいという気持ちもあったけど、タイミングが合ってない部分もあった」と、不安な要素を語っていました。

翌週の「フェニックスオープン」は、132名とフィールドが限られており、石川はその時点でウェイティング順位2位のまま、アリゾナへと移動したのです。「最後のスタートまで見送るつもりでいた」という石川に、欠場者が出たことによる繰り上げ出場の連絡が来たのは、大会前夜19時過ぎのことでした。朝日がようやく顔を出した、まだ肌寒い空気の中ティオフした石川は、6バーディ2ボギー2ダブルボギーの荒れたゴルフで、初日は暫定65位タイと残念なラウンドでした。6つのバーディを奪ったものの、後半11番では、残り179ヤードの第2打をフェアウェイからグリーン奧に外して、アプローチを寄せきれずにそこから3パット。18番ではPWでグリーンオーバーし、下りのアプローチをグリーンに載せることができずに叩いた二つのダブルボギーが響きました。

砲台グリーンの奧からのアプローチには繊細さが求められるのですが「うまくボールを拾うことができなかった。距離感を出せないというか、落とすべき所に落とせていない」と、前週までの「スクランブル率」は49.47%で156位と低迷しています。この数値がボギーで止められない要因なのでしょうが、「粘っこい芝に対応できていない」とも語っています。「最後もPWで6~7m奧に行っている。見た目と数字とのギャップがある」と、標高460メートルの乾燥した地にある「TPCスコッツデール」で、フィーリングの微調整が間に合わなかったのです。パーオン率は72.2%と決して悪くはないのですが、グリーンを外した際に「スクランブル」出来ないことが、大きくスコアを落とす流れを作りました。

66位タイから予選通過を目指してスタートした石川の2日目は、3バーディ・7ボギー・1トリプルボギーの「78」と127位の終戦でした。「少し集中力を欠いてしまった。ショットは全体的によくなかった。先週から兆候はあったけど悪いところが出てなくて良い感じでゴルフができていたのが、今週は 悪いところが出てしまった」と、先週の最終日の「フェアウェイキープ率・28.6%」を振り返っているようでした。石川の次戦は2月13日開幕の「ノーザントラストオープン」となりましたが「内容もスコアも厳しかった。自分が納得できるスイングができていないですね。1週間オフにして、しっかりと練習したい」と、悔しさを噛みしめながら、日没まで黙々とボールを打ち続けたといいます。

復帰2戦目となる松山は、初日から10位・5位・3位タイと順位を上げ、最終日を迎えました。首位と3打差で最終日を迎えた松山のスタートホール、フェアウェイからの第2打はピン1.5mに見事に寄せ、「攻撃開始」を予感させました。しかし松山自身も「スタートホールからパターがおかしかった」と、振り返るように、大切なファーストパットはカップをすり抜けていきました。「自分のパットの何かがおかしい」という感覚が残ると、その後のアプローチの感覚も狂わせ、攻め方に迷いが生じることになりますが、それでも松山は13番までに3つスコアを伸ばし、首位と1打差で終盤に入ったのです。しかし「おかしい」というパッティングのためか、14番で4.5m、15番で7mのチャンスを逃したのです。

大ギャラリーが取り囲む16番パー3「スタジアムホール」で、ピンをめがけたボールは、カップ横に落ちたのですがグリーン奧に転がり、アプローチで攻めた2打目は4mオーバー。そのパーパットを外して、痛恨のボギーと悪い流れに翻弄されてしまいます。「風の読み違い。自分の中では納得のいくショットを打ってあれだけオーバーしたので。何よりあそこからパーを取れなかった自分が悔しい」と、語っています。「昨日から思うように打てなかった」というパッティングは、見事に1オンに成功した17番パー4でも、2.5mのバーディパットが、カップに蹴られるパーとなり、ついにパターを宙に放り投げてしまいます。ショットでチャンスを量産しながら、パット数32は4日間で自身ワーストでした。「今の実力。最後の方に惜しいパットが続いたのは、自信を持てていなかった証拠」と、敗因を口にしましたが、勝負所で得意のパッティングに苦しみ、日本人4人目となる「PGAツアー優勝」とはなりませんでした。

松山は「途中で調整できたかなと思ったけど、できなかった。それが、ここ一番のチャンスでうまく打てなかった原因です。思い通りに打ったと思ったものが入らなかったりしてストレスが溜まった」と、振り返っています。「パターは徐々に悪くなっていった。最後の方で入らなかったのは、自信を持てなかった証拠。14番、15番で取れなかったのが16番のボギーにつながった。17番もチャンスを逃した。チャンスで入らなかった」と、敗因を語っています。

スタートダッシュに失敗しても耐え忍び、再び復活し攻勢に転じた姿は見事でしたが「結果として勝てなかったです。勝てないのは勝てないなりの理由がある、それを突き詰めていかないと勝てない」とも語っていますが、間違いなく初優勝のチャンスはそこにありました。実現するためには「理由を突き詰める」という言葉が全てでしょう。松山がその強い想いを持ち挑戦し続ければ、成し遂げる時が来ることでしょうが、もしかすると「マスターズ」かもしれません。

「マスターズ・3勝」のニック・ファルドから「彼は本物だ」と賛辞を贈られた松山は、「全英オープンチャンプ」で、解説者のイアン・ベーカーフィンチにも「今まで見た日本人の中で№1」と評価されています。互を「戦友」と表現する石川も「正直言ってずば抜けている。練習場で見ていても。ひいき目なしに一番うまいのは英樹だった」と、大きな刺激を受けたようです。松山も一週オフを決めましたが、2週にわたり世界最高峰のツアーで優勝争いを繰り広げた「戦友」二人の次戦は「ノーザントラストオープン」です。

「フェニックスオープン」の優勝争いは、序盤からB・ワトソンがリードする展開でした。しかし通算16アンダーで首位に並んで迎えた18番、ピン奧3mに寄せたK・スタドラーに対し、2打目を奧に外したB・ワトソンは1.5mのパーパットを残していました。バーディパットを惜しくも外したK・スタドラーはタップインで一足先にホールアウト。B・ワトソンが決めれば、プレーオフという場面で「まっすぐだと思っていた。もし切れるとしたらわずかに右。アプローチはそう曲がったので」と、ラインを決めたB・ワトソンでしたが、このパットは無情にも左へ切れてしまいます。ツアー239戦目でPGAツアー初優勝を掴んだK・スタドラーは、地元スコッツデールに住んでいます「とても近くに住んでいる。実際、一つ目の信号のところだよ」と、笑顔で答えていました。

ケビン・スタドラーの初優勝は、史上9組目の「PGAツアー親子制覇」となりました。優勝直後に父・クレイグとの電話インタビューが行われました。クレイグは79年から毎年出場を続け、82年に優勝している「マスターズ」の歴代優勝者として毎年出場していましたが、今年で最後にすることをインタビューで明らかにしました。今大会の優勝で「マスターズ」初出場の権利を掴んだケビンは、「マスターズ」という大舞台を親子でプレーすることになりましが「そのことが、最初に頭をよぎったよ。あと5年早ければ、もっと良かったんだろうけどね、昔ほど親密ではないけれど、父は父だからね」と、ギリギリ間に合った親孝行と言えそうです。

クレイグ・スタドラーは、トレードマークの口ひげと、ビール腹から「セイウチ」の愛称で親しまれたプレーヤーです。南カリフォルニア大学在学中の1973年に「全米アマチュア選手権」を制し、76年にプロ転向。初優勝は80年の「ボブ・ホープ・デザートクラシック」ですが、82年には「マスターズ」を含め4勝をマークしています。日本ツアーでは87年の「ダンロップフェニックス」で優勝。また、2003年の「B.C.オープン」では50歳にしてPGAツアーを制しています。マナーがあまり良くないことでも有名で、ミスをすると顔が真っ赤になり、クラブで地面を叩き、クラブを蹴飛ばし、パターも放り投げるという、なんでもありの個性的なプレーヤーでした。息子のケビンも2010年「ザ・プレーヤーズ選手権」3日目の18番で、ティショットを左の池に打ち込み、打ち直しの3打目も同じ池。これにブチ切れたケビンは、3Wを思いっきり池に向かって放り投げたのですが、目撃していたギャラリーによれば「クラブはボールよりはるか遠くに飛んでいった」、「きれいなドローを描いていた」というほどの「渾身のスローイング」が話題になったこともありますが、個性的な親子の参戦で「マスターズ」の楽しみが増えました。

サミー・オオタカ