打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

 PGAツアー「ヒュマナチャレンジ・クリントンファウンデーション」は何かと話題の多い大会でした。まずPGAツアー本部から「2013年には8,300万人近い人々が、PGAツアーのテレビ放送を少なくとも15分は見ていて、そのうち46%が女性でした。そのためPGAツアーは、昨年立ち上げたWomen’s Initiative(女性に関する新政策などを発議する機関)を『PGAツアーWoman』と名称を変え、拡大していきます」と発表したのです。トーナメント拡大促進部門の上級副社長であるドナ・フィードロビッツ氏は「設立パートナーであるアステラス社と共に掴んだ2013年の成功で、我々は「PGAツアーWoman」を通じ、女性ファンとの様々な価値ある交流や、女性重視の運営でPGAツアーと組むことを考えたこともないようなスポンサー企業との接点を増やす可能性ができたことに、とても興奮しています」と発表しています。
女性とその女性をターゲットとした企業をPGAツアーに取り込んでいくかということなのでしょうが、アステラス社は、日本の大手製薬会社「アステラス製薬」の米国法人です。今大会でも“Women’s Day”と銘打たれた女性向けイベントが金曜日に開催されています。女性限定のレッスン会や、健康志向の料理教室、ギャラリーによるファッションショーや女性向けのフィットネスデモなどなど。ほかにも、公式グッズ売り場では女性は10%オフになり、フードは2ドルオフになるなど、女性にとっての特典が満載だった様です。スポンサー企業と共に、新たなファンやスポンサーを獲得していくことが目的なのでしょうが、日本の男子ツアーは、PGAツアーの取り組みに見習うべき点が多そうです。

 「ヒュマナチャレンジ・クリントンファウンデーション」は、予選3ラウンドは毎日違うアマとペアを組んで一緒に回るプロアマ方式ですが、石川とラウンドしたのは左手だけでスイングするサウスポーでした「練習場でペアとなるアマチュアの方が片手でパットしているところを見たんですよ。でも、まさかドライバーは打たないだろうね、なんて話していたんだけど」ということでしたが、その予想はものの見事に裏切られることになりました。石川とペアを組んだのはカナダ・モントリオール出身の55歳、ローレント・ハーツビスさんは「生まれたときからこうだった」という右手には、肘から先の部分がありません。左手のグローブは口を使って器用にはめ、ドライバーを握れば飛距離は200ヤードをゆうに越え、アイアンショットはおろかアプローチでも、左手一本で微妙なタッチを出してピンへと寄せ、アンダーパーでのラウンドも2度記録したことがあるという腕前のゴルファーだったのです。ユーチューブでスイングを見たのですが、ハンドアップ気味のアドレスから何ともスムースな無理のない理想的なスイングで、同じカナダ出身の「世界一のボールストライカー」と謳われるモー・ノーマンを見る想いでした。

これには石川も「同組のスペンサー・レビンとも話したけど、僕らが片手でやるより全然うまい。プロゴルファーが片手でやっても、あんなのできないですよ」と驚きを隠せないようでした。ローレントさんがゴルフを始めたのは11歳のとき。母に「やってみたら?」と言われたのがきっかけだったそうです「バイクに乗って朝8時にコースに行く。27ホール、36ホール、45ホールとプレーして夕方4時に家に帰る。そうして次の日またコースに行く。それが、まわりの人たちに対して、自分も人と同じようにやりたいことをできるんだってことを証明する方法だったんだ」と笑顔で語っていますが、毎日2ラウンド半とは相当な「努力」です。

初めて「80」を切ったのは10年前で、06年には北米の「ワンアームド(片手だけでプレーする)ゴルフ選手権」で優勝し、08年には初開催となった「ファイトマスターカップ(北米と欧州のワンアームドゴルファーがライダーカップ形式で戦う対抗戦)」で、4戦全勝で北米チームの勝利に貢献しています。アメリカには負傷兵も多く、ハンディキャップを負った人たちにゴルフを広めていく活動をしてきたようですが「パラリンピックにはゴルフはないの?でも、その大会でプレーできたら最高だね、たとえハンディキャップがあろうとなかろうと、何ごとも頑張ってやり通さないといけない。絶対にやめてはいけない。常にトンネルの先に、光を見ていないといけないんだよ」という言葉には、重みがあります。

「ヒュマナチャレンジ・クリントンファウンデーション」は、11年までは「ボブホープクラシック」として長年開催されていました。12年からヒュマナ社が冠スポンサーとなり、同時に競技日数も5日間から4日間へ変更されています。ヒュマナ社はケンタッキー州ルイビルに本社を構え、保険や健康関連サービスを提供している企業ですが、大会パートナーで、元アメリカ大統領が主宰する「クリントン・ファンデーション」も個々人の健康や女性の社会進出、環境問題などに取り組む財団です。両者が手を組んだことによって、今大会は「全米で一番健康な大会」を目指すと大々的に掲げています。各ホールのティグラウンドにはヤード表示の他に“歩数”が記してあり、ギャラリー通路の脇には「歩くことの効果」を掲示し、大会期間中は、各プレーヤーの歩数と表示カロリーがリアルタイムでコース内のリーダーボードに表示される仕組みや、より健康的な食品の見つけ方やレシピなどを紹介するテントなども出展されていたそうです。

プロゴルファーは「アスリート」と捉えられ始めています。もちろんトッププロたちはあらゆる面でエリートですが、「タイガーやビジェイ・シンがゴルフ界にフィットネスの概念を持ち込んだ」と語るのは、V・シンの以前のパーソナルトレーナーで、現在はジム・フューリック、ビリー・ホーシェル、マット・エブリー、バド・コーリーなどのゴルファーを担当しているジェフ・フロンク氏は「彼らのような若手はアスリートに近づいているよ。まるでアスリートのようだ」と語っています。ニューヨーク・ジェッツや、ジャクソンビル・ジャガーズといったNFL(米国フットボールリーグ)の名門チームでの指導経験からか「ゴルフ競技に一流のスポーツ選手が入ってくるようになってきた」とも語っています。

シニアツアーのメンバーには、ビール腹がお似合いの「アスリート型」とは違うゴルファーが大半を占めていますが、B・ホーシェルは「確かに私たちは、プレー中は走らないし、ジャンプもしないし、競い合うこともしない。我々はパワーを伝達させるスイングを作るので、このこと自体はアスレチックな行為には見えないでしょう。でも実際は、とてもアスレチックなんだけどね。バスケットでダンクを決めるほどの身体能力があるゴルファーがいるくらいですから」と答えています。A・スコット、ダスティン・ジョンソンは「アスリート型」のゴルファーの代表と言えるでしょうし、ゲーリー・ウッドランドはゴルフに転向する以前、大学時代はバスケットの名選手でした。セルヒオ・ガルシアはサッカー選手としても名高いし、マット・クーチャーはテニスプレーヤーとしても有名です。

フロンク氏のゴルファー向けの複合的なトレーニングとは、大きなゴム製のメディシンボールを使ったウオーミングアップから、スクワットをしたり、ボックスジャンプを繰り返したり、逆向きの筋力を鍛えたり、腹筋を鍛えたりと、一連のメニューは1時間ほどで、フロンク氏に師事するゴルファーたちはこれを週に3、4日は行うそうです。プレーの前後に、何時間も続くボールの打ち込みや、ショートゲームの練習に加えてトレーニングに意識を置くことは「アスリート型」ゴルファーの常識になってきていますが、ゴルフ界で最初にトレーニングの重要性を唱えたのは南アフリカ出身のゲーリー・プレーヤーでした。身長170cmと小柄ながら世界中のツアーで127勝を挙げ、メジャー大会4冠を制す「キャリア・グランドスラマー」に名を連ねています。日本でも勝利を挙げていますが、優勝インタビューの後、コースをランニングしたことは有名な逸話です。G・プレーヤーの名言に「サラリーマンは一日8時間働くのだから、毎日8時間練習するのはプロとして当然のこと」というのがありますが、何事も極めるには「努力」しかないということですね。

「タイランドチャンピオンシップ」に参加していた石川も、ラウンド前後の練習を合わせて8時間以上はボールと向き合っていました。「ヒュマナチャレンジ・クリントンファウンデーション」初日の石川は、6番パー5でバーディを奪うと、8番もバーディとして2アンダーで前半を終え、後半は10番こそボギーとしますが、ここから巻き返しをスタート。11番パー5では約13ヤードを直接放り込んでイーグル。さらに、16番、17番、18番と上がり3ホールを連続バーディとして「66」をマークし、期待を持たせたのです。予選ラウンド3日間は異なるコースを回る今大会、第2ラウンド石川は比較的スコアの出やすいとされるラ・キンタCCでした。INから出ると10番、11番と連続バーディ。さらに13番でもバーディを奪ってこの日も爆発を予感させるスタートを切ったのですが、14番、16番とボギーを叩くと、その後はパッティングに苦しんでスコアを伸ばせない展開でした。終盤、5番、6番と連続する2つのパー5でバーディを奪ったものの、アマチュアも参加しているため易しいセッティングの伸ばしあいの中で「69」はやや物足りないスコアで、首位との差も9ストロークに広がってしまったのです。

この日のフェアウェイキープ率は92.86%。パーオン率は88.89%で出場全選手中1位をマークするなどショットのキレは抜群でした。しかし、パーオン後の平均パット数は1.875パットと全体で96位タイと「パターさえ入れば」という内容でした。3日目はニクラウス・プライベートをプレーし、2イーグル5バーディ、4ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しいゴルフで「69」。通算12アンダーには伸ばしたものの、バーディラッシュの波にはおいて行かれた格好で、順位を34位に落としながら最終日の決勝ラウンドに臨みました。プロアマ形式での予選ラウンド3日間が終わり、この日はプロのみの決勝ラウンドでした。1番からスタートすると安定したショットを武器に2番でバーディを奪った後はパーが続いたものの、後半は11番パー5のバーディを皮切りに13番、14番、17番とバーディを奪い順位を上げホールアウト。

今大会は当初出場予定がなく、前週の予選落ちを受けての参戦でしたが、予選落ちの原因がゴルフの状態の悪さでないことを証明して見せました。パッティングには課題を残したままですが、最終日のパーオン率は4位タイと、ショットの精度はPGAでもトップクラスで、ティショットでフェアウェイを外したのは2回だけでパーオンは18ホール中14回でした。「ボギーが出る要素はあまりなかったと思う」とノーボギーのラウンドを振り返り、前日までタッチに苦しんでいたパッティングも「今日は外れ方が全然違った」と、ロングパットはカップをかすめ、返しのパットはど真ん中から決め、日々の練習の成果が出ました。「最高のパッティングができたと思う。スコア以上に内容はよかったですね」と、自信を取り戻したようです。フェデックスカップポイントでは最低限のプレーで42.5点を獲得し、計340点として同ランク19位と順位を1つ上げ、2月のノーザン・トラスト・オープンまで続く連戦が楽しみになりました。

サミー・オオタカ