打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

ソチ五輪・日本男子初の金メダル

 眠れない夜を過ごしているのは私だけでしょうか?「ソチ五輪」のフィギュアスケート男子フリースケーティングが行われ、ショートプログラムで首位に立っていた羽生弓弦が日本男子初の快挙となる金メダルを獲得しました。SPを終えた時点で2位のパトリック・チャンとは、わずか3,93点の差で「世界選手権3連覇中の王者」に、フリーでひっくり返される可能性は十分にあり、プレッシャーは尋常ではなかったはずです。
演技冒頭、今季は成功率が低い4回転サルコウで転倒してしまい、続く4回転トゥループはしっかりと着氷したものの「割と確率の高い」トリプルフリップでまさかのミスと、この時点で金メダルは遠ざかったように思われました。その後は大きな演技で失敗もなく、最後まで滑り切ったものの、首を振りながら演技を終えたのです。しかし、続くP・チャンもミスを連発。4回転トゥループは手をつき、トリプルアクセルではバランスを崩し、最後のダブルアクセルも失敗し、この結果、羽生に金メダルが転がり込んできたのです。「今回はダメだと思っていました。後半になるにつれて足が重くなってきて、体力もなくなり、マイナスな気持ちも出てきた。SPがあれだけできたのが大きかったと思います」と、「金メダル」の勝因を語っていました。

 高橋大輔がバンクーバー五輪で銅メダルを獲得し、日本に歓喜をもたらした4年前、羽生はまだ15歳でした。2009年末の代表選考会で6位に入るなど期待の若手でしたが、1人のジュニア選手に過ぎなかったのです。2011年3月11日の「東日本大震災」では、練習拠点だったアイスリンク仙台と自宅が大きな被害を受け、それから4日間を避難所で過ごし、スケートをやめようと考えたこともあるそうです。「本当に生活することが難しくて、ぎりぎりの状態だったんです。でも水や食料を供給してもらって、たくさんの人に支えられていると感じた」と、練習ができない時期、同じ仙台出身の荒川静香をはじめとしたスケーターが開催するチャリティー・アイスショーで各地を回り、そうした中で実感したのは「信じること」の大切さで、被災者に向けた色紙にその言葉を記しています。

 信じられるものがなくなりつつある。今の日本には、ひょっとしたらそんな雰囲気もあるかもしれません。でもやっぱり一人一人の持っている力を『信じること』そのものが大きな力になる。そう思いたくてこのメッセージを書きました」と、語っています。同年7月には「アイスリンク仙台」が再びオープンすることができ、競技を続けられるように支えてくれた人々に恩返しがしたい。その一心で練習に励んできた羽生は、翌シーズンに大きく飛躍を果たします。ロシア杯でGPシリーズ初優勝を果たすと、全日本選手権では3位に入り「世界選手権」への出場権を獲得し、初出場でいきなり銅メダルに輝いたのです。17歳での「世界選手権」のメダル獲得は、日本男子では最年少記録でした。大舞台で結果を残したことにより、注目度も徐々に高まったのです。

 続く12-13シーズンは、羽生にとってスケート人生の転換期となりました。12年5月、バンクーバー五輪でキム・ヨナに金メダルをもたらしたコーチ、ブライアン・オーサーに師事するため、練習拠点を仙台からカナダのトロントに移したのです。「カナダへ行く決断は非常に難しいものでしたし、仙台に残っていたいという思いもすごくありました。コーチを替えるというのは自分にとってものすごく大きな変化でしたし、言葉の壁は大きかった」と、当時の苦労を明かしています。友人もいない異国での生活に、慣れない英語での会話。それでも「信じること」をテーマに2年後に開催される「ソチ五輪」を見据え、より高みを目指すために必死で練習に打ち込んだ結果、2012年10月の「スケートアメリカ」と、11月に行われた「NHK杯」のSPで当時の「世界歴代最高得点」を更新したのです。

 五輪前哨戦としてソチで開催された「GPファイナル」でも2位という成績を残し、さらには年末の「全日本選手権」でも高橋とのハイレベルな争いを制し優勝と、一気に「五輪」のメダル争いに名乗りを挙げる存在にまで成長を遂げたのです。そして今季の「GPシリーズ」では、13年10月の「スケートカナダ」同11月の「エリック・ボンパール杯」ではP・チャンに敗れたものの「GPファイナル」では、ついにP・チャンに雪辱を果たしたのです。「今シーズンを通してパトリックと何度も対戦するうちに、自分のペースというのがいかに大事かが分かりました。現在は試合に臨む上で良いメンタルコントロールができるようになっています。パトリックがいなかったら今の自分はなかったと思います」と、世界のトップと同じステージに立つ「海外経験」の重要さを語っています。

 B・オーサーコーチは「数年前から彼のスケーティングを見ているが、かなり成長、成熟してきている。このプロセスは草が伸びてくるのをじっと見守るようなものだが、以前との違いが明確になってきた。スケーティングスキルもスタミナも演技も成長してきたと手応ええを感じている」と、羽生の成長を認めていました。「日本チャンピオン」として乗り込んだ「ソチ五輪」では、この大会より新設された団体戦に出場し、P・チャンや「皇帝」エフゲニー・プルシェンコらを抑えてトップに立ち、堂々とした滑りを大舞台で披露したのです。 迎えた個人戦は「金メダル獲得」の期待を背負いながらSPで国際大会では史上初となる100点超え(101,45点)を果たし首位に立つと、フリーではミスが出たものの何とか逃げ切ったのです。

 金メダリストとなり、震災については「本当に何と言っていいか分からないですし、自分が何ができたかというと、自信を持ってこれができたというものが何もなかったんです。ただ、五輪の金メダリストになれたからこそ、復興に役立てることもあるんじゃないかと思っています。はっきり言って自分の演技には満足していないですし、トリプルフリップという自分の中では割と確率の高いジャンプをミスしてしまったので、少し神経質だったというか緊張していたのかなと思います。でも結果として優勝したという意味では日本人として誇らしく思います」と、笑顔を見せていましたが、最高の舞台で完璧な演技が出来なかったとこで、さらなる努力を重ねることでしょう。

 「スケートに集中するため」と携帯電話は持たず、昨年12月に「GPファイナル」でP・チャンに初めて勝った夜は、優勝したのにもかかわらず朝の5時まで自身の映像を見返し反省したといいます。目立ちたがり屋で小学校時代の学芸会では、いつも主役に立候補したということですが「たくさんの人に見られる方がテンションが上がるし力になる」という「天性のショーマン」が「被災者への思い」を胸に、努力を積み重ねて掴み取った金メダルでした。

 ショートプログラム後P・チャンは、「ユヅルは首位に立つ経験に慣れていないはずだ。どう対処するのだろう」と、プレッシャーを与えるようなコメントをしていましたが、自身も「五輪」という大舞台で、自分のペースを貫くことはできませんでした。銀メダルという結果に「がっかりしているが、人生は続いていく。ショーン・ホワイト(スノーボード男子ハーフパイプの第一人者)でさえ、ミスをするのだから」と自分に言い聞かせるように話していました。

 SPの11位が響き、5位とわずかにメダルに届かなかった町田樹は「パフォーマンス的にも完成度の高いものができなかったが、最後まで懸命に戦ったつもり。かけがえのない大切な方々がぼくをここに導いてくれた。皆様に感謝している。五輪はこんなに大きい存在なのかと実感した。もっと自分らしいパフォーマンスを日本の皆様、世界の皆様にお届けしたかったので正直すごく悔しいが、ここから多くのことを学んで、ここから次の一歩を踏み出したい」と、最初で最後の「五輪」を語っています。

 SP4位の高橋大輔は得意のステップで見せ場を作りますが、4回転ジャンプで両足着氷となり6位でした「満足のいく出来ではなかったが、自分自身は精いっぱいできたと思う。これが僕の実力だと改めて感じた。たくさん、日本から応援も来てくれたし、気持ちを込めて滑ることができたので、それはよかった。100%ではなかったが、気持ちだけは諦めずにやった。きついことの方がいっぱいだったが、これが何か次につながる舞台になると思う。自分にとっては最高のソチだった」と、波乱万丈の競技人生に感謝の言葉を述べました。

 国内では日本オリンピック委員会が金に300万円、銀に200万円、銅に100万円の報奨金を用意すると発表していました。スピードスケート男子500mの金メダル候補だった長島圭一郎や加藤条治が所属する日本電産サンキョーは金に2千万円、銀に1千万円、銅に600万円と発表していましたが、半額を自己負担する永守重信会長は「勝ち方で感動したら考える」と、増額を示唆していました。結果は1本目こそ長島圭一郎が34秒79で3位、加藤条治が34秒96で5位と好位置につけましたが、2本目は、長島圭一郎が35秒24と大きくタイムを落とし、合計70秒04の6位と失速。加藤も2本目で好タイムを出したものの、5位と両雄の意気込みとは裏腹に、メダルには届きませんでした。

 2006年トリノ五輪以来のメダルゼロ危機を迎えたスピードスケート陣ですが、実力差を如実に突きつけられている背景には、組織の閉鎖性がある様です。「日本代表として一緒に合宿に行っても、所属で食事も別だし、練習で所属外の選手を教えることもない」と、大企業に属さないコーチが語っています。オランダや韓国などは、国際大会前の練習でも一列に連なって滑り、女子選手が男子選手の背を追うという「代表一体」で強化を目指すのですが、日本代表には見られず、所属別に練習時間が分かれることもあるそうです。選手を広告塔とする所属企業ごとの国内争いに必死なため、連携に欠けるということなのでしょう。

 女子500mで2連覇した李相花らの韓国勢はカナダ人コーチに学び、中国チームには韓国人コーチがいます。しかし「スピードスケート日本代表」は、外国人指導者を招いたことがなく、また海外勢との合同合宿もありません。コーチ陣が「海外勢が想像以上に伸びている」と驚きを隠せないのも、海外との接点が少なく、情報が不足しているためなのでしょう。日本サッカーの活躍も、世界のリーグで活躍した選手やコーチの情報力と経験が原動力で、ゴルフの石川や松山も、早くから海外に目を向けたからこそ活躍できているのです。環境の厳しい「アジアンツアー」で経験を積んだプレーヤーが、日本で活躍するのは当然とも言えます。残念ながらメダルに届かなかった選手たちからも「大きな感動」をもらえる「五輪」ですが、後半にはどんな「ドラマ」が待っているのでしょうか。

サミー・オオタカ