打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

勝つためには「バーディー」よりも「パー」

 「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」を制して、今シーズン3勝目を飾ったジミー・ウォーカーですが、これまでシーズン8試合で3勝以上を挙げた選手はデビット・デュバル、フィル・ミケルソン、タイガー・ウッズの3人しかいませんでした。昨年10月、今季開幕戦となった「フライズドットコムオープン」でツアー188試合目にして初優勝を飾ったJ・ウォーカーは、5試合後に2勝目、そして1試合を挟んですぐに3勝目と、瞬く間に勝利を重ねたのです。天体観測が好きで、望遠鏡を自作して星空の写真を撮るのが趣味だという35歳のプレーヤーは、なにをきっかけとしてブレークしたのでしょう。

 J・ウォーカーは自身のスタッツを見ていて驚いたことを語っています。2012年の累計で、パー3のスコアは+14で48位(平均スコア3.03)、パー4のスコアは+57で106位(平均スコア4.05)、パー5のスコアは?127で4位(平均スコア4.62)でしたが「もしパー4で全部パーが取れていれば、1年で約60ストロークも良くなる」ことに気がついたといいます。翌13年シーズンは「パー4でパーを取る」ことを意識した一年でしたが、パー4スコア:?11で3位(平均スコア3.99)と大きなランクアップとなり、トップ10入りも5回を数え「フェデックスポイントランキング」は26位と「キャリアベスト」のシーズンとなりました。

J・ウォーカーは「いつもいいプレーをしようと思っていたし、それが出来なかったときは動揺してしまっていた。勝つためには、バーディを山ほど奪って、あれもこれもしなくちゃいけないと思っていた。でも、時には“パー”が良いスコアだってことに気付いたんだ」
と、語っています。パー4とパー3で攻めすぎていたことを反省し、バーディは「飛距離と小技」という、自身の強みを生かしたパー5で狙うというプレースタイルを確立したのです。「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」で、J・ウォーカーが3日間で叩いたボギー数は1個で、グリーンのタッチに苦しんだという最終日に3パットを重ね、5個のボギーを叩いたものの、全選手中最少のボギー数でした。自身のゴルフの弱点を、細かく解析して掴んだプレースタイルで、メジャーでも活躍が期待できそうです。

米ツアー初優勝に手が届きかけた「フェニックスオープン」の松山英樹ですが、優勝したケビン・スタドラーと松山を隔てたものは何だったのでしょうか。PGAツアーには、2011年から「ストロークゲインド・パッティング(パットのスコア貢献率)」というスタッツが導入されています。一言で言えば「各トーナメントにおいて、パッティングがどれだけスコアに貢献したか」を表す指標で、2004年に“すべての選手のすべてのショットを記録する「ショットリンク」が整備されて以降、算出可能となったスタッツです。日本のツアーでは「平均パット」がグリーン上でのパフォーマンスを表す指標で、これは「パーオンホールでのパット数÷パーオンホール数」で算出されています。しかしグリーン上のどこに載せたかは考慮されていません。つまり、ショットが良く、ピンそばにつける回数の多い選手は必然的に良い数値となり、逆にショットが悪くともパッティング技術でしのいでいる選手のパフォーマンスは数字に表れにくいのです。

「ストロークゲインド・パッティング」は、パットの距離と前年度の同距離からのツアー平均パット数、さらに他選手の数値をもとに算出されます。例えば、2.2mからの平均パット数が1.5だとすると、これを1パットで沈めればプラス0.5ストロークを得たことになり、逆に2パットだとマイナス0.5、3パットだとマイナス1.5となるのです。こうして積み上げた数値を同大会同ラウンドの他選手と比較するのですが、18ホールを終えてある選手がプラス3.0で、フィールドの平均がプラス1.0ならば、この選手の「ストロークゲインド・パッティング」はプラス2.0ストロークとなるのです。

「フェニックスオープン」最終日、松山の「ストロークゲインド・パッティング」はマイナス2.796ストロークという数値でした。単純に平均値の“0”でプレーができていたならば、松山の通算スコアは16.796アンダーとなり、優勝したK・スタドラーの16アンダーを上回っていたことになります。昨年10月に開幕した13-14年シーズンの、松山の「ストロークゲインド・パッティング」はプラス0.673でランキング13位となっていますが、「フェニックスオープン」までは同6位と上位の数値でした。「フェニックスオープン」でも、初日(0.683)、2日目(1.222)、3日目(0.326)と、連日プラスの数値でした。「パッティングに助けられた2週間だった。でもそれを最後まで続けられなかったことはすごく悔しいという思いもある」と、語っていましたが「PGAツアー初優勝」に届かなかったのは「ストロークゲインド・パッティング」のわずかの差だと言えるでしょう。

仙台に住む松山の胸の中には、やはりいつも「東北」そして「被災地」への想いが強い様です。「震災があって、まだまだ復興はしていない。仮に進んだとしていても、まだまだだと思う。あれからまだ3年なのに報道もされなくなってきて、寂しい部分もあります。楽天イーグルスの優勝は、皆が感動した。自分も感動した。チームスポーツだと形になって、そういう感動を人々に与えられるのかなと思う。ただ、個人スポーツだとなかなか難しいとも思うんです。でもその中でも、応援してくれる人を少しでも感動させられるように日々努力したい。しっかりとそれを忘れずに頑張って、少しでも復興に協力したい」とも語っていますが「アーノルド・パーマー・インビテーショナル」は、東北福祉大の卒業式に出席するため欠場、次戦は「マスターズ」ということです。
「アーノルド・パーマー・インビテーショナル」に出場する石川は、当初は次週の「バレロテキサスオープン」を、オープンウィークにして体を休める予定でしたが、エントリーすることを決めました。2月末の「ザ・ホンダクラシック」から連戦が続いていますが、「しっかり体調管理ができていて、体は問題ない。ここへきてチャレンジする価値があるし、準備ができている。頑張ろうという気持ちに今はなれる」と語っています。今年初旬からショットの微妙なズレに悩んでいたのですが、苦手としていた「バルスパー選手権」の開催コースで、復調の兆しを掴んだ様です。4月の海外メジャー初戦「マスターズ」出場への強い想いからの選択でしょう。6年連続での出場を果たすには「バレロテキサスオープン」終了後の世界ランクで50位以内入りを果たすか、直前の「シェルヒューストンオープン」で優勝するしかありません。
「ヒューストンでの“一発勝負”に賭けるというよりは、今週トップ10、トップ5を目指して2週間スパンで考える。とにかくいいプレーをして、ワールドランキングのポイントを重ねたい」と、話しています。「アメリカでランキングを上げて「マスターズ」の切符を獲るのは、1年を通してかなり安定したプレーができているということ。諦めてはいませんが、今週にトップ5、来週にトップ3で世界ランク50位に入ることもあり得ないわけではないが、年間フルでプレーして、50位以内で1年を終えて、年明けに招待状が来るようになったら、本当に自信が持てる」と、残り3試合でオーガスタ行きの切符を手に入れるのは「奇跡的」なことであることは理解しつつも、2015年以降の「マスターズ」も考えているようです。

昨年1月の渡米前、石川は日本国内で精密検査を受けていました。「左の股関節の外側が疲労骨折になりかけていた状態。腰よりも左の股関節の方が危ないって言われていたんです」と、振り返っています。長時間同じ姿勢をとることができず、練習もままならないという、プロゴルファーとしては辛い、苦い記憶は石川の頭に鮮明に残っている様です。「骨を支える筋肉がだいぶ弱かった。骨をいきなり強くするのは難しいので、本当は試合に出ないで、3か月程度トレーニングで筋肉をつけるという話もありました。でも自分としては、1月の開幕から出たい気持ちがあったので、試合をやりながら、トレーニングするしかなかった」と、話しています。現状についても「まだ、続けて思いっきり走ることは出来ない状態。どうしても地面から突き上げられる感覚が、腰の骨を圧迫してしまう」とも語っていたのですが、地道なトレーニングの成果が現れはじめています。
「今は半年ごとの帰国に合わせてMRI検査をするようにしているんですけど、この前は先生にビックリされた。すごく負担がかかっていたスイングを改造したのが成果として出ていて、腰の筋肉もついてきた。スイングにはまったく支障が無い状態で、今までで一番いい状態になっています」と、練習ができることに喜びを感じているようです。肉体への負担を軽減するため、スイング中の下半身の無駄な動きを抑え、ボールに効率的に力を伝えることで、ショットの安定感が増しています。「連続写真でも、動画を見ても分かると思うんですけど、今までのスイングは細い軸が1本、いや2本…いや、軸自体が“ぐにゃん、ぐにゃん”になっていた。でも今は左一軸ではないけれど、真ん中に太い軸があって、それを回せるようになった」と、スイングにも自信を取り戻し始めており、そろそろ結果が出そうです。

「アーノルド・パーマー・インビテーショナル」を欠場することになったタイガーは、再発リスクを考えてのことでしょうが、石川もケガを抱えてのプレーは集中力を保つことさえ困難です。2008年を最後にメジャー大会の勝利から遠ざかっているタイガーはA・パーマー氏に電話で、長引いている腰の痙攣のため、ディフェンディング王者として参加予定だった大会を欠場する意思を伝えたといいます。ケガの影響でタイガーがトーナメントを欠場するのは、過去5年で5度目のことですが、そのうち2度は今年に入ってからのものです。直近の試合となった「WGC・キャデラック選手権」でも、最終日のタイガーは、腰痛に悩まされ、歩くのも辛そうで、カップのボールを拾い上げることさえ困難で、最終日としてはワーストとなる「78」を叩いています。

今シーズンのPGAツアーは20代の若手9選手が既に優勝しており、直近のメジャー16大会を見ても、12選手が「メジャー初タイトル」を獲得している状況です。現在38歳という年齢が、タイガーの「メジャー復活優勝」を、難しくしている様にも思えます。タイガーが腰痛による欠場を決断し「マスターズ」での復帰も未定では、アダム・スコットが「世界ランキング1位」を勝ち取りそうに思えます。世界ランク1位のタイガーと、同4位のジェイソン・デイが左手親指の痛みにより欠場を決めたことにより「アーノルド・パーマー・インビテーショナル」に割り当てられる世界ランクポイントは、減少するため、世界ランク2位のA・スコットが優勝しても、タイガーを逆転することはありません。しかし連覇をかけて臨む「マスターズ」で、A・スコットが「子供の頃からナンバーワンになることを夢見ていた」という、主役交代がありそうです。

サミー・オオタカ