まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

広さと間取り(ご単身編)

 3月も後半に入り、ご帰任、ご着任であわただしい時期となりました。
今回は、ご単身の場合の間取りと広さについて考えてみたいと思います。
 ご単身向けのお部屋の間取りは、スタジオタイプ(いわゆるワンルーム。リビングとベッドルームが繋がっている。)か、1BR(1LDK)といったところが一般的です。スタジオタイプですと、お部屋に仕切りが無いので全体的に広く感じられ、窓が大きく明るい印象になります。ただ、玄関を入るとベッドまで丸見えで、ソファー等でくつろぐ空間がなく、テレビもベッドの上で、といったホテル感覚のお部屋が多くなり、1年以上お住まいになるには、やはりリビングと寝室が分かれているお部屋を、と仰る方がほとんどです。
 一番人気は40平米から50平米の1BRですが、一言で1BRといっても、リビングルームに窓が無かったり、寝室は広いのにリビングダイニングが非常に狭い等、日本ではちょっと考えられないような間取りのお部屋もあります。また、1BRの場合、当然バスルームは1ヶ所となり、その中でバスタブとシャワーボックスに分かれているものから、バスタブの中でシャワーをするタイプのもの、シャワーボックスのみのタイプがあります。
バスタブも、無理して入れた様な狭いものからジャグジー付きのものまで色々です。ネット情報では細かい事までは分かりませんので、案内を申し込む際、不動産業者にライフスタイルやお好みのタイプを伝えると良いでしょう。それから1BRのお部屋ではまず物置(収納部屋)というものがありません。ご自身のお荷物の量をちょっと考えてみてください。スーツケースとゴルフバックは、出しっぱなしになることが多く、ご趣味が自転車や釣りのお客様には50平米程度の1BRタイプでは、正直きついです。
 タイでは日本の様な狭いながらも気の利いた収納はまず見かけません。トイレもお風呂場と一体になっており、洗面台の下には掃除用具や石鹸類のストックは入れられたとしても、タオルやトイレットペーパーを入れる吊り戸棚の様な物が無い為、これらもクローゼットにしまうことになります。クローゼット一棹では当然足りません。
また、本棚などを置こうとしても、建物の構造上、お部屋の角がカーブしていたり、作り付けの収納が開き扉の場合や、窓が多く壁が少ないため収納家具が置けない事もあります。
下駄箱も付いていない事が多いですが、ほとんどの場合、ご入居前にリクエストして付けてもらうことは可能です。そういった時にはなるべく大きさや扉の有無、お好みの色等、具体的にリクエストする方が良いでしょう。お任せにしてしまうと、せっかく付けてもらったものの、ほんの少ししか仕舞えなかったり、使い勝手が悪く、がっかりさせられるケースもあります。
 お荷物の多い方、また、日本からご家族が1年に何度か遊びにいらっしゃるご予定の方には70-80平米程度の2BR(1BR+書斎)がおすすめです。当然収納も増えますし、2バスルーム(トイレは2ヶ所で1ヶ所バスタブともう1ヶ所はシャワー)、といった間取りが多くなります。これならご家族がご滞在の間もトイレとお風呂が同時に使え、安心ですね。
いかがですか?もっと詳しくお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmadv