打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

衝撃の大会「ネスレ日本マッチプレー選手権」

 低迷を続ける国内男子ゴルフ界に「衝撃」を与える大会が開催されることになりました。「ネスレ日本」が国内男子ツアーの永久シード選手でもある片山晋呉を冠に迎え、ツアーとはまったく関係のない「片山晋呉インビテーショナル・ネスレ日本マッチプレー選手権」を9月に開催することを発表したのです。舞台は「ヤマハレディース」開催でお馴染みの「葛城ゴルフ倶楽部」で、出場選手は昨年の賞金ランキング上位から主催者が推薦した32人のトッププロとなっています。優勝賞金は国内賞金最高額に並ぶ4000万円で、優勝者にはグローバルチャレンジサポートとして1000万円と、欧州ツアー「ハッサン2世杯」の出場権が与えられるということです。

開催日程は9月12日から14日の3日間で「フジサンケイクラシック」と「ANAオープン」の間の週にあたります。国内男子ツアーが試合数減に苦しんでいるにもかかわらず、全く別な形での開催となります。ネスレの高岡浩三社長は「国内ツアーがアジアを代表するツアーに成長する可能性があるのなら、その中でやってもいいのですが」とJGTOの方針に反旗を翻し、片山も「日本ツアーに入ると制約があるので、あえて入らなかった。ギャラリーがプレミア感を得られるような大会に育てたい」と、訴えかけるように答えました。理想のトーナメント具現化のため自分たちから一線を画し、挑戦状を叩きつけることになりましたが、国内の既存のルールに縛られない魅力的な大会運営を考えているようです。

賛否両論が渦巻くビッグイベントの開催発表に、男子ゴルフ界は改めてその在り方を問われることになりました。「ヤマハレディースオープン葛城」の開催と重なった形の発表でしたが、10番ホールの後ろには「ネスレ日本」がスポンサードするインターネット用サテライトスタジオが設置されていました。これを見ても同社のゴルフ界に対する新しいアプローチの姿勢が感じられ、今後さらなる展開があることは間違いなさそうです。優勝で手にする合計5000万円は「日本オープン選手権」などのメジャーを上回る国内最高額となります。片山は「今の大会はスポンサー色がすごく強い。そうじゃなくて、見ている人がもっと純粋に楽しめる大会にしたい」と説明していますが、実際に競技の見せ方として、いくつものアイデアを提案しています。

選手に小型マイクを装着し、プレー中のキャディーとのやりとり等のすべて音声が拾われることになります。プロ選手のコースマネージメントが分かる、興味深いテレビ中継になります。また数時間遅れの中継になる地上波ではなく、BS-TBSでの完全生中継を行います。さらに「ファンごとに見たい選手は違う」と、並行して行われる最大16試合すべてを、ネット中継で網羅するプランもある様です。高岡社長は「日本のスポーツ界はマーケティングが足りない」とも語っています。国内ツアー戦は、他のプロ競技と違いスポンサーが各試合を主催することもあり、JGTOは試合数増加へスポンサー営業に躍起になっている様ですが、ファン層拡大などの「市場開拓」の対応は手薄だと言いたいのでしょう。現実に「ヤマハレディースオープン葛城」では「ネスカフェ・サテライトスタジオ」からのプロゴルファーによるコース解説やプレー情報と、ライブ中継の2チャンネルで動画配信され「ネスレ日本」の新しい取り組みが実現しています。

片山は「目の前の1打にすべてをかけるマッチプレーは、ゴルフの魅力をファンに伝えるのに最も適している」と言います。優勝者は欧州ツアーの「ハッサン2世杯」に出場できるなど、世界進出を後押しすることも決まっています。世界最大の市場であるアジアに向けて、放送権の売り込みなども視野に入れるということです。的確なマーケティングで、選手が多くのファンの心を掴む事で、スポンサーもメリットを感じて支援するという、そんな「プロスポーツ本来のあり方に立ち戻るべきだ」ということなのでしょう。

 「マッチプレー」というフォーマットの戦いも、世界ランク上位64人が出場する「WGC・アクセンチュア・マッチプレー選手権」や、大陸対抗の団体マッチプレー戦「ライダー杯(米国選抜対欧州選抜)」、「プレジデンツ杯(米国選抜対世界選抜)」などが、毎回盛り上がりをみせています。日本でも75~03年に「日本プロマッチプレー選手権」がメジャーの1つとして開催されていましたが、ここ10年は「マッチプレー」が行われていません。経験不足のためか「日本代表」として参加する「ワールドカップ」や「ロイヤルトロフィー」では「マッチプレー」に戸惑う選手が多いのも事実で、片山が「ゴルフの魅力が一番出る」と語る「マッチプレー」の復活を、私も望んでいました。

1990年に44試合あった国内ツアーも今季は過去最少の23試合と、ツアーが苦境にある中で活性化の起爆剤としたい想いもあるのでしょう。JGTOは、試合ごとに獲得賞金を加算し賞金ランク順を決定して上位が来季のシード権を獲得していますが、今回の大会は賞金ランクに加算しないツアー外競技として扱われます。JGTOは総会を開き、シード権に関する新たなトーナメント規定を加えました。これまで無条件で出場可能だった「過去5年の賞金王や日本タイトル(日本オープン、日本ツアー選手権、日本プロ)保持者に与えられた複数年のシード権獲得者に、翌年以降の各シーズンの国内ツアー大会に5試合以上出場することを義務付けたのです。条件を満たせなかった場合は1年間の出場資格停止となるのですが、完全に石川と松山に狙いを定めた規定です。
しかし複数年、特に5年シードはそれだけ特別なことを成し遂げたからもらえているわけで、選手の足カセになるのはおかしな話です。もっとも石川や松山が「日本のシード権」を失っても、高いレベルで戦いたいと思うのは、プロである以上当然で「その義務」のために日本に戻り5試合に出るスケジュールを組むとは思えません。海外に進出した選手を、無理やり国内でプレーさせて、日本国内の試合を盛り上げようと考えているようですが、このような縛りは選手への負担になるだけです。

スポンサーを考えてのことなのでしょうが、翌年から海外組が日本での試合に出なくなれば、スター不在でトーナメント視聴率は下がり、益々ゴルフ離れが加速することになるでしょう。選手頼りの方策ではなく、どうしたら日本のトーナメントが選手にとって魅力的になるかを考えるべきでしょう。海外で活躍する選手がまた戻りたいと思うくらい魅力のあるツアーにすること、海外から一流選手が参加したいというツアーに「どうしたらなれるか」を考えるべきですが、日本だけでなんとかしようと思っても、限界にきています。PGAツアーとの共催や、アジアンツアーやワンアジアツアーと積極的に協力すべきでした。日本人プレーヤーやアジアで活躍したプレーヤーが「日本ツアーのシード選手」から世界に飛び出すチャンスを奪うことにも繋がる改悪です。

TV中継もライブではなく録画のゴルフ番組となっており、画面から試合の臨場感を感じることはありません。何十年も変わらぬアマチュアの解説者のコメントに、呆れている方も多いことでしょう。他のスポーツでアマチュアが解説している競技があるでしょうか?また優勝争いをしている選手や、一握りの人気選手しか画面に映らないことが多く、人気選手の同伴競技者がショットやパットを打つ場面でも、トップの選手の表情を延々とアップで映しているという酷さです。ファンが応援している選手は、戦っている全ての選手です。実績のあるプロゴルファーが、ライブで局面ごとに、放映する場面を指示して適切なコメントをする放送なら、もう少し視聴率も上がることでしょう。

PGAツアーでは、ゴルフトーナメントを開催したいという企業は、PGAツアーではなく地元のNPO(非営利団体)に相談することになります。NPOがトーナメントの主催者を務めるのは通例となっており、この主催者を「ローカルファンデーション」と呼んでいます。NPOが大会主催者になることで開催地域の住民の多くが「ボランティア」としてトーナメントに携わり、大会運営の根幹にかかわるスポンサーとの折衡やチケットの販売など、ボランティアの仕事は多岐にわたっています。またトーナメントの収益金は、主催者であるNPOが一部の積立金を除き、地元の団体などにすべて寄付しています。

PGAツアーは選手の賞金の一部をプールして、その資金を元手に多くのゴルフビジネスを運営し、利益を年金で選手たちに還元していますが、このシステムは日本でもスタートするべきです。 PGAツアーのビジネスは、単にトーナメントを運営するだけではありません。トーナメント関連のビジネスの大きな収入源として「テレビ放映権」があります。世界140カ国に放映され、約4億世帯が PGAツアーのトーナメント中継をテレビ観戦しているといわれています。2007年度に放送局3社が米男子ツアーに対し4年契約で総額8.5億ドルの契約を結んだと報道されていますが、放映権料はPGAツアーが一括して保有し、その放映権料の一部が各トーナメントに均等に分配されています。PGAツアーは、地域密着型のトーナメントを放映権料の分配金などで支援する一方、地域密着でなければ開催できないシステムを作り上げたのです。

スポンサー企業も冠スポンサーのほか、プロアマ等の「イベントスポンサー」や「ホスピタリティーテント」の使用権利を買い、接客に当てる「ローカルスポンサー」等、様々な種類の企業参加が可能となっていますが、購入費の多くが「非課税」になっていることが重要です。その他にも「ワールドゴルフビレッジ」の運営や、「PGAツアープロダクション」による番組制作。「PGAツアー・リゾート」や「PGAツアーウェブ」と、さまざまな事業展開をしています。「トーナメント・プレーヤーズ・クラブネットワーク」という部門では「トーナメント・プレーヤーズ選手権」が開催される「TPC・アット・ソーグラス」をはじめ、全米で30コース以上を保有し、コースデザイン、プランニング、運営協力などを手がけています。

1980年代に始まったPGAツアー事業展開と年金制度は、テレビ放映権料やスポンサー料、各選手の賞金から拠出金などを運用し分配するというものでしたが、運営している事業が拡大し、膨大な年金資金が得られるようになり、現在は選手の活躍年数、その成績という実績で分配される変動システムに変わってきました。ある選手が年間30試合出場し、20試合予選通過したとすると、15試合までの一試合のプール金3,500ドルの合計が、52,500ドル。さらに15試合以上は倍額となるので、7,000ドル×5試合で35,000ドルとなり、トータル87,500ドルが年金資金としてプールされます。10年間、同じペースで積み上げると選手ひとりのプール金が、875,000ドルまで膨れ上がります。そのプール金を元手に、数々のビジネスで利益を上げ、さらに資産運用益でPGAツアーのビジネスが大きく展開されているのです。タイガーは引退すると200億円の年金が支給されるそうですが、約8年間米ツアーで活躍し、3勝した丸山茂樹でも20億円が支給されるということです。何故PGAツアーに行くのか?JGTOとの違いはお分かりですよね。

サミー・オオタカ