打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

飛距離だけがゴルフではない

 松山英樹はプロ転向後のPGAツアーで出場した6試合はすべて21位以内で、メジャーでも2試合続けてトップ10に入っていましたが「マスターズ」直近3試合は棄権、34位タイ、予選落ちでした。左手のテーピングが取れることはなく、復調の兆しもまだ見えていない状態で、焦りを口にすることはありませんが、強気の言葉も影を潜めていました。手首の状態は「普通」、ショットの感触も「普通」と答えていましたが「なんでやっているんですかね。考えてみます」と、納得がいかないのか笑顔は見られませんでした。

 迎えた「マスターズ」の初日は2バーディ・8ボギー・1ダブルボギーの「80」でした。「途中で修正できなかったのが残念」と、首位と12打差の90位タイ発進に悔しそうな表情でインタビューに答えていました。プロとして初めて挑む「マスターズ」でしたが、1番のティショットは「普通に、何も変わらず打ちました」と完璧なドライバーショットでフェアウェイを捉えました。しかし2打目をグリーン右に外すと、アプローチを2mオーバーしてボギー発進。続く2番パー5では2オンに成功したものの、約25メートルのファーストパットを今度は3mショートさせての3パットと、本戦に入って速度を増したグリーンにタッチが合わないようでした。

初日のフェアウェイキープ率は100%と、手首の不安を感じさせない状態でした。しかし、完璧なティショットもスコアには繋がらず、6番パー3でも3パットのボギーとすると、8番パー5では2打目でグリーン手前に運びながらもアプローチを突っ込みきれず、10mのバーディチャンスから4パットのダブルボギーとし、呆然と立ちすくんでいました。折り返した後半も5つのボギーを叩いて、奪ったバーディは13番パー5の1つだけでしたが、イーグルチャンスにつけた13番の第2打も「ミスショット」と取り合わないほど大きなショックを受けている様でした。

3パット3回に4パット1回で、この日のパット数は屈辱の「39」パットでした。プロ転向後、国内ツアーでは「36」という記録が残っていますが、PGAツアーのスタッフによれば、米ツアーでも「36がこれまでの最多だ」ということで、キャリアワーストを更新したことになります。ホールアウト後は練習グリーンへと直行し「分かっていれば、もう終わっています」という様に、何度もストロークとグリーンの速さを確かめるように球を転がし2日目に臨んだのです。

2日目の1番では15mのファーストパットを50センチに寄せてのパー発進でしたが、バーディが欲しい2番パー5のティショットを大きく左へと曲げてしまいます。2日目にして初めてフェアウェイを外したティショットは、林の中のカート道に止まり、フェアウェイに戻すのに2打を要すことに。4打目はグリーン奧のパトロン席に突っ込み、5打目のアプローチは手前のカラーで止まってダブルボギーと、天国から地獄へ突き落とされるような「オーガスタ」の洗礼を味わったのです。しかし4番パー3ではグリーン奧の左足下がりのラフから1mに寄せ、7番ではグリーン右手前のバンカーから、ピンに向かって傾斜する幅の狭いグリーンに落としてパーを拾い、決勝ラウンド進出に我慢のプレーが続いたのです。

アーメンコーナーに入り、予選ラウンドで難易度1位の11番、同2位の12番を共にパーで切り抜けると、13番、15番とバック9の2つのパー5は、共に2オンに成功してバーディを奪取します。池越えの16番パー3では、左奧に切られたピンを右サイドの傾斜に落とし、ピン下3mに戻し、13番からの4ホールで3バーディを奪い取り、残り2ホールで通算6オーバーまで戻し、予選通過にあと2ストロークと追い上げてみせたのです。「4オーバーならチャンスはあると思ってプレーしていた」という松山は、アイゼンハワーツリーの無くなった17番でも右下6mにつけたのですが、このバーディパットは無情にもカップの左をすり抜けます。18番は2打目をグリーン右サイドのバンカーに入れ、最後はボギーで静かに「マスターズ」を終えたのです。

この日アンダーパーで回ったのは97選手中21人でした。パット数は初日の「39」から「30」へと改善し、松山が記録した「71」は、2日目の平均スコア74.082を3ストローク上回るものでしたが、最大の目標とした「マスターズ」も予選通過ならず、満を持して臨んだ米ツアー本格参戦1年目はすでにシーズン半ばを迎えています。「別に半分という感じもしないし、今年はあまり出ていないのでなんとも言えない」と、素っ気なく答えています。フェデックスカップポイント480点でシード権をほぼ確定させていますが、思うようにプレーできない日々が続いています。

「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」優勝を果たし、今年の「マスターズ」出場権を獲得したケビン・スタドラーは今大会、史上初めて「マスターズ」王者の息子が出場という歴史を作りました。トップ12の選手には来年の「マスターズ」出場権が与えられるのですが、K・スタドラーは、最終日のラスト2ホールをボギーとしつつも通算「288」のイーブンパーで8位タイに入賞し、来年の出場権を獲得したのです。K・スタドラーは「数週間前ここに来た時、自分のゲームに適したコースだと感じた。実際、良い成績を残せたしね。ラスト数ホールの結果を忘れるには少し時間が必要だろうけれど」と話しています。

ケビンの父クレイグ・スタドラーは、息子が「マスターズ」出場を決める前から、今年を最後の出場にすると発言していました。しかし、来年の出場権を息子が獲得したことで、考えが変わるかもしれません。1982年の「マスターズ」王者となったクレイグは、初日から82-77と予選を通過出来ませんでしたが、60歳の元王者にとっては2007年以来となる予選落ちとなりました。父の去就について、息子のケビンは「父がどうするかはわからない。親子で同じ大会に出場できて、楽しい1週間だった。父が来年も出場したら嬉しいね。もし本人が出場しないと言ったとしても、100%理解出来る。このコースは距離もあるし、今の父にとってはきついだろうから。ただ、出場は検討すると思う。なにしろ、この大会に出ることが大好きな人だから。今回は良いスコアを残せなかったけれど、父はまだまだ高い競技レベルにいる選手で、今大会のスコアには本人も苛立ったと思う」と、来年も親子で出場することを望んでいるようです。

初日の首位発進で「マスターズ」連覇の期待が高まったアダム・スコットは、最終日を首位と6打差の16位からスタートでしたが、5バーディ、5ボギーと出入りの激しい「72」で回り、上位に絡む事はできませんでした。3位以内に入れば、今回欠場していたタイガーを抜いて初めて世界ランキング1位に浮上できたのですが、2位にとどまっています。A・スコットは「後半にスコアを伸ばし通算4アンダーまで伸ばすことができれば、チャンスはあると考えていた。週末はグリーン周りが雑になってしまった。今週はパッティングが今ひとつ。ロングパットでスピード、タッチを合わせられなかった。このコースのグリーンは、乾いてくるとどうしても長いパットが残るケースが多くなる。土曜日の前半のプレーが良い流れを止めてしまった、 追い込まれた感じになった、それがメジャー」と、世界ランキング1位を目指した「マスターズ」を締めくくっています。

次なるメジャー「全米オープン」までは8週間の準備期間があります。今後A・スコットが参戦するのは「ザ・プレーヤーズ」と「メモリアルトーナメント」でしょう。タイガーがツアーに復帰するまでに、A・スコットを含め他の選手が世界ランク1位になるのはもはや時間の問題となっています。A・スコットが「真の1位」と認められるためには優勝での達成と二つ目のメジャー制覇を期待したいですね。

グリーンジャケットをめぐり、通算5アンダーの首位で並んだ2人の最終日、最終組での直接対決はバッバ・ワトソンが5バーディ、2ボギーの「69」で回り、通算8アンダーとして最年少優勝を目指した20歳のジョーダン・スピースを振り切り、2年ぶりの「メジャー制覇」を成し遂げましたが、序盤にペースを掴んだのはJ・スピースでした。4番パー3でバンカーからチップインを決めるなど7番までを4バーディ・1ボギーと単独首位に躍り出たのです。しかし2ストロークリードして迎えた8番から2連続ボギーを叩いたのに対し、B・ワトソンは2連続バーディでトップの座を奪還。サンデーバックナインは圧倒的な飛距離で勝負を優勢に進め、13番パー5のバーディでリードを3打と広げ、逃げきりました。

左にドッグレッグしているホールが多いオーガスタは、コントロールしにくいドローボールで攻める選手より、ボールを止めやすいフェードでコースなりに攻めることができるレフティに有利と言われています。事実、2003年にマイク・ウィアが優勝して以来、フィル・ミケルソンが3勝(04、06、10)、B・ワトソンが2勝(12、14)と、ここ11年でレフティが6勝を挙げています。しかしM・ウィア、P・ミケルソンとB・ワトソンの違いは極端なまでの「飛距離と高弾道」です。

B・ワトソンの平均飛距離305.62ヤードは全選手中1位でしたが、最終日に度肝を抜いたのは2つのパー5でした。前半の8番ホール、フェアウェイ右サイド約290ヤード地点にバンカーがありますが、B・ワトソンは「あのバンカーは問題じゃない」と軽々キャリーでオーバー。落下地点が打ち上げにもかかわらず約330ヤードのビッグドライブを見せてバーディを奪うと、首位に立っていたJ・スピースはボギーを叩き、ここが勝負の分かれ目となりました。後半唯一のバーディを奪った13番パー5では、ティショットで左の木の上をショートカットして360ヤード近く飛ばし、510ヤードのパー5で持ったセカンドのクラブは56度のサンドウェッジ。これには同組のスピースも「バッバの13番は忘れることができない。70ヤード先のOBかと思ったら、セカンドはウェッジだったんだよ」と、驚きを隠せませんでした。

「飛距離だけがゴルフではない」ということは、米国シニアの「チャンピオンズツアー」出場資格を持つ50歳以上の選手6人が予選を突破したことでも明らかです。毎年、優勝争いに加わるF・カプルスも2日目を終えて7位でしたが、最終的にM・A・ヒメネスが4位に入り、57歳のB・ランガーも8位と健闘していました。「全米オープン」などと比べて「難しすぎない」コースセッティングで行われるため、飛距離では劣るシニア勢でも対応できるのです。数々のドラマが生まれる「マスターズ」は「技術を魅せるためのステージ」なのですが、この日ばかりは規格外の「飛距離と高弾道」が勝利の要因になったことは間違いありません。

サミー・オオタカ