打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

日本女子ゴルフのスター候補生たち

 15歳9ヶ月のアマチュアの少女が、日本女子プロツアーの「KKT杯バンテリンレディス」で優勝を飾りました。2012年「サントリーレディス」で優勝したキム・ヒョージュの16歳10ヶ月という「最年少優勝記録」を大幅に塗り替えました。これまでの日本選手の最年少記録は、2003年ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで優勝した宮里藍の18歳3ヶ月でしたがこちらも大幅に記録更新です。その少女とは、勝みなみ。女子アマチュア界では、小学生の頃から「九州に強い女の子がいる」と注目されていた逸材でした。

勝みなみは、決して怯まず、ともかく強気なゴルフをする選手ということですが、強気な一面は、パッティングに表れています。「ネバーアップ・ネバーイン」の格言通り、「カップに届かなければ入らない」を実践しています。強気のファーストパットで1mを超える距離をオーバーしても平然とし、その返しのパットを難なく沈めてしまうという、強気な姿勢は見ていて心地良いプレースタイルです。ゴルフに対する目標を「常にいいゴルフがしたいですね。自分で納得のいくゴルフをすることが目標です。でも、試合に出たときには、それで勝ちたいんです」と、自分のスタイルを持った強い選手になりたいというのです。

最終日を迎えて「ひょっとしたら勝てるんじゃない?」と親に言われて、「まさか」と返答しながらも、逃げる、守るゴルフではなく、勝負への執念を持ち、最後まで攻める気迫を失いませんでした。そのまま成長すれば、勝みなみは間違いなく2020年の「東京五輪」で主力になりえる選手です。勝のスイングは、祖父の市来龍作(いちき・りゅうさく)さんの指導で作られたものです。身長157cmと小柄ながらも体幹は太く、その太い体幹を軸にして、小さい体をフルに使って、最大限にクラブを速く振るのが、彼女のスイングの特徴ですが、個性的な部分もあります。教科書的な美しいスイングだから結果が出るとは限らないのですが、勝の場合は「自己流」でも「結果を出せる」形ができています。

そして、肩幅の広い体格を生かした肩回転のスピードも、飛距離の原動力のひとつです。彼女のスイングは女子選手のそれ、というよりは、むしろ松山と共通した太く豪快なスイングの雰囲気を漂わせていますが、勝負根性に関しては、今の選手の中でもピカイチの存在と成りうる逸材です。個性的かつ独特なスイングの選手たちが、日本だけでなく世界中で結果を出しています。持って生まれた体をいかに最大限に生かしたスイングができているかが重要で、そのスイングで結果を出せば良い事を証明して見せました。

 昨季は、初の「賞金女王」となった森田理香子と旧女王の横峯さくらが、最後まで熾烈な「女王」争いを繰り広げて盛り上がりました。一方で、昨年2勝した比嘉真美子(20歳)や堀奈津佳(21歳)といった若手の台頭もツアーの人気を牽引していました。今年、飛躍が期待される新たなヒロイン候補としては北海道出身の19歳、藤田光里がいます。アマチュア時代は、北海道女子アマチュアゴルフ選手権5連覇の記録を持ち、昨年夏のプロテストを一発合格。12月のファイナルQTを1位で通過して、今季のツアー出場権を獲得しています。さらに「LPGA新人戦加賀電子カップ」まで制した「大型新人」と期待が集まります。

最大の武器は、平均飛距離260ヤードというドライバーショットで、藤田自身も「飛んで曲がらないのが売り」と自負するほどです。関係者もその才能を高く評価して、今年に入ってキャロウェイと用具契約、レオパレス21と所属契約と、新人にしては破格の待遇が、藤田の大物ぶりを物語っています。オフは下半身とショートゲームの強化に努めてきたという藤田は「今年はまずシード権を獲ることが目標」と決意表明は控えめですが、虎視眈々とツアー優勝を狙っているはずで「剛腕」のイメージとは結びつかない端正な顔立ちで、初優勝を飾れば「美人ゴルファー」として、一気にブレイクすることでしょう。

徳島県出身の21歳、岡村咲も注目選手のひとりです。アマチュア時代、日本ジュニアゴルフ協会主催の全国大会で5回優勝という経験を持つ逸材です。高校卒業後、2011年のプロテストは不合格でしたが、プロ宣言してツアーでは単年登録選手として奮闘。2012年のQTで27位に入り、昨シーズンは32試合に出場を果たしています。10月のスタンレーレディスでは、自身最高成績の7位タイに入るなど、ツアー本格参戦1年目としては健闘しましたが、賞金ランキングは75位と「シード権獲得」はなりませんでした。ツアー終了後、QTで8位と、今季ツアーの出場権を獲得し「2013年シーズンは、初めてのことばかりでツアーに慣れるのが大変でしたが、今季はその経験を生かしていきたい。そして、1年間しっかり戦い抜いて、ギャラリーの方々に魅せられる選手になりたいです」と、豊富を語っています。

岡村と同様、単年登録選手として昨季プロデビューを飾った20歳の辻梨恵も、楽しみな存在です。昨季は、6月のニチレイレディスで6位タイ、10月のスタンレーレディスで7位タイと2度のトップ10入りを果たしたものの、出場33試合中18試合で予選落ち。賞金ランキングは62位にとどまり、目標としていたシード権獲得は果たせませんでした。しかし、QTで18位に入り今季の出場権を獲得しています「昨季はツアーの1年間を、どのように戦い抜くかのリズムをうまくつかめませんでした。疲労も重なり体力のなさを痛感しました」と、昨季の反省を踏まえて、年明けからハードなトレーニングを開始したといいます。成人式を終えると、同じ新成人の渡邉彩香とともに静岡・熱海で合同合宿を実施。渡邉の専属トレーナーの指導のもと、ジムで筋力トレーニングに励み、砂浜では徹底して走り込み、朝から夕方までみっちり1週間、基盤となる体作りに専念。体力強化を図って、それから実践練習に入ったといいます。

辻と共に合宿に取り組んだ渡邉彩香は、すでに結果を出しています。渡邉は2012年3月に高校を卒業すると、同年夏のプロテストに一発合格。秋にはQTで29位に入り、翌年のツアーフル参戦を確定させたのです。2013年シーズンは10月の「富士通レディース」で優勝争いに加わり2位に入り、ルーキーイヤーながら賞金ランク46位という成績を残して、見事今季のシード権を獲得しています。172cmという長身を生かして放たれる平均飛距離270ヤードという「ロングドライブ」が魅力の渡邉ですが「プロ1年目のシーズンは、楽しいこと半分、大変なこと半分という感じでしたね」と、1年目を振り返っていました。

今シーズン4戦目の「アクサレディス in MIYAZAKI」の最終日、首位の藤田幸希から2打差でスタートした渡邉は、スタートホールのティショットを右サイドの池に入れてボギー発進。3番でもボギーと不穏な立ち上がりでしたが、7番、9番で2つのバーディを奪ってサンデーバックナインを迎えたのです。藤田に13番でバーディを奪われた時点で最大5打差のリードを許しますが、16番に続き17番ではバンカーからのセカンドをピンそばに寄せバーディと、藤田の失速もあって1打差に迫り、最終18番パー5を迎えたのです。

ここ一番の勝負どころで、ツアー屈指として鳴らすロングヒッターのアドバンテージが存分に生かされます。ティショットをフェアウェイに置くと、迷うことなく3番アイアンで放った2オン狙いの第2打は、右の池を避けるようにグリーン左サイドのラフへ。「とにかくプレーオフに持っていきたい」と放った約20ヤードのチップショットはピン方向に転がってカップインし、会場は大きな歓声と、どよめきに包まれました。「入ればいいなぁと思いましたが、まさか入ってくれるとは思いませんでした」と、カップインの瞬間は高々とガッツポーズを作り、キャディと抱き合って歓喜。一転して1打を追う立場に変わった藤田がグリーン奥からのアプローチを外したため、グリーンサイドで同期の比嘉真美子、福田真未らに見守られながら、笑顔はじける瞬間を迎えました。

初勝利を引き寄せたこの劇的なチップインイーグルですが、渡邉は2日目もほぼ同じ位置からのチップインバーディを奪い、最終日の逆転優勝への望みを繋いでいました。「オフに鍛えたアプローチが結果的に優勝に繋がった」と、最大の武器である飛距離に加えて上達中の小技が勝因でした。「年内にもう1勝。当面の目標はオリンピック出場です」と語る20歳の渡邉ですが、高校は、ゴルフをするために埼玉県の名門・埼玉栄高校に進学しました。両親は自宅のある静岡県熱海市から通うことを条件に認めたといいますが「自宅から毎日2時間以上かけて通学していました。でも、学校は楽しかったですし部活も面白かったので、まったく苦になりませんでした。普通の高校生のように買い物に行ったり、カラオケに行ったりして遊びたいと思ったこともなかったですね。私はスポーツクラスで、競技は違ってもクラスメートのみんなが全国大会で結果を出すことを目指してがんばっている子ばかりだったんです。誰もが毎日部活に励んでいて、私も同じようにゴルフに打ち込んでいました」と、高校3年生の時に全国大会の団体戦で優勝を飾っています。

「KKT杯バンテリンレディスオープン」で15歳の勝みなみが「史上最年少優勝」を果たし、同世代のアマチュアゴルファーも刺激を受けているようです。優勝後の初参戦となった「サイバーエージェントレディス」で勝は、取材攻めのためか大会初日に出遅れ、2日目も伸ばせず1打差で予選落ちに終わったのですが、その2日目に今度は堀琴音(18歳)と森田遥(17歳)がスコアを伸ばし、ツアー史上初となるアマチュアの2選手が首位に立ちました。さすがに、この状況には同大会に出場中のプロたちが焦らないはずもなく、最終日に2打差でアマチュアを追いかけることになった一ノ瀬優希は「アマチュアはプレッシャーがないから攻めることを怖がらないし、緊張もしていない。ただ毎週のように上位に来ているので、プロとしてはその上に立たなければ」と、必勝宣言を掲げていました。

アマチュア2選手と一緒にラウンドすることになった元世界ランキング1位の申智愛がスコアを伸ばしますが、突き抜けることができずに前半を終わって申、森田、一ノ瀬が首位で並ぶ展開になりましたが、最終18番で劇的なチップインイーグルを奪った一ノ瀬が、2位の森田を振り切って今季2勝目を果たしました。一ノ瀬は「試合に出ればプロもアマも関係ないとは思いますが、1年に2回もアマチュアに勝たれるのもどうなのかと思って。勝てて良かったです」と、答えていました。のびのびとしたプレーをするアマチュアの躍進が、女子プロたちの精神面や技術のレベルアップに一役かっているとも言えそうです。アマチュアで17歳の森田遥は「73」で通算7アンダーに粘って2位フィニッシュ。18歳堀琴音は「76」で香妻琴乃と並んで通算4アンダーの4位タイ。さらに16歳・永井花奈が通算3アンダーで6位と健闘しています。

アマチュア勢の強みはプレッシャーがない分、積極的な攻めができることです。ランキングやシード権を考えながら戦うプロとはコースマネイジメントも違います。しかしこれだけ多くのスター候補生が誕生したことはありません。今シーズンのJLPGAツアーは楽しみですが、宮里藍・美香に続きアメリカで多くの日本人女子ゴルファーが活躍する日も近いでしょう。6年後に日の丸を背負い「東京五輪」出場を目指す、熾烈な戦いがすでに始まっています。

サミー・オオタカ