打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

アマチュア躍進にみる日本のゴルフ界

 PGAツアーの「チューリッヒ・クラシック」で、このコラムで何度も取り上げてきた韓国のノ・スンヨル(盧承烈)が待望の初優勝を果たしました。ノ・スンヨルは韓国アマチュア界では敵なしの強さで、16歳でプロ転向。年齢制限で韓国ツアーに出場できなかったため、アジアンツアーに参戦し08年に初優勝、10年に2勝目を挙げ、欧州ツアー出場権を獲得。アジアでは賞金王にまで輝いたノ・スンヨルが、世界のゴルフ界から注目を集め、スポンサー推薦で米ツアーにスポット参戦を開始したのは19歳の時でした「たぶん3年後にはメジャータイトルがいくつか取れていると思うから、それらを取った上で、僕は世界一になる」と公言していたのを思い出します。

同い年の石川遼や松山英樹にも大きな刺激になったことでしょうが、PGAツアー参戦当初は思うように成績が上がらず、シードを維持できるかどうかという石川と同じ辛い経験をしています。3年後に苦労してやっと掴んだのは、メジャー優勝ではなく、レギュラー大会の優勝でしたが、3年前の19歳当時といえば、石川もすでに米ツアーにスポット参戦を始めていました。その石川は「僕は20歳でマスターズに優勝する」と語っていましたが、そうできると信じて、この夢を語っていたのです。しかし「マスターズ優勝」どころか、米ツアーの正式メンバーとなって本格参戦を開始した昨季は、ノ・スンヨルと同様にシード維持の危機に瀕したのです。

 ジュニア時代、アマチュア時代、話題になる成績が出せたのだから、プロになったらそれ以上の成績が出せるはずだと勘違いするものですが、成績が上がらず苦しんだ時間をどう過ごすかで彼らの将来は変わります。ノ・スンヨルも「不調で苦しんだ去年の1年があったからこそ、僕は精神的に強くなった」と語っています。「マスターズ」で優勝争いに敗れたジョーダン・スピースは、前述の3人よりさらに若く、現在20歳です。J・スピースの地元で開催された「バイロン・ネルソン選手権」はランキング上位者の参加が少なかったのですがギャラリー入場者数は練習日でも延べ1万人超。試合が始まると、1日7万人超が連日押し寄せる大盛況となりました。

会場の「TPC・フォーシーズンズ」を訪れたギャラリーの贔屓(ひいき)選手は地元が育てたジョーダン・スピース。そして、もう1人は、そのスピースと同じ道を辿ろうとする17歳のアマチュア、スコッティ・シェフラーでした。スポンサー推薦で初出場したS・シェフラーは決勝進出を果たした。3日目にはホールインワンの見せ場まで作り、4日間を戦い抜いて22位と活躍しました。J・スピースは、まだハイスクールに通っていた16歳の時に、スポンサー推薦でこの大会に出場しPGAツアーにデビューを果たしています。見事に予選を突破して16位に入り、翌年も32位となっています。2012年の末にプロ転向を決意し、ノーステータスで米ツアー挑戦を開始し、7月には「ジョンディア・クラシック」で初優勝を達成し、トッププロの仲間入りをしたのです。
「バイロン・ネルソン選手権」は2002年に丸山茂樹が優勝した大会です。タイガーをはじめ、大物選手がこぞって出場する強豪フィールドでしたが、今年の大会には世界ランク上位者の参戦はありませんでした。全米ジュニアランクで現在1位のS・シェフラーは、大学もスピースが在籍したテキサス大学への進学を希望しています。S・シェフラーもJ・スピースと同様に、ジュニアのうちからこの大会でプレーする機会を与え、じっくり育てていこうという考え方、伝統的に守られている運営姿勢こそが、トップランクの選手が参加しなくてもギャラリーに足を運ばせるのでしょう。

ジュニアや、アマチュアの段階からPGAツアーを経験させ、プロとしての厳しさ、ツアーで戦う大変さを体感し、3年から5年で育てることでプロの世界へ導いていく。地元のボランティアやファンは、アマチュアや若いプロにも温かい期待の声援を送ることで、ゴルファーを育てているのです。J・スピースがスポンサー推薦で米ツアーに出始めた昨年、19歳にして米ツアー初優勝を達成し、今年は早々にメジャー優勝に王手をかけたのですが、早くからスポンサーがついたアジアの3人とは違い、J・スピースは大学時代に経済的困窮を味わい、生活難、生活苦という、ぎりぎりのプレッシャーを味わったといいます「大学時代の僕は、それは貧しかった。失うものは何一つなかった」と、苦しみを乗り越え、精神的に強くなるという経験を、プロになる以前に体験しているのです。PGAツアーの層の厚さは参戦してはじめて分かるのでしょうが、現実を認識し「謙虚」になれるかどうかが成功のキーポイントです。

国内女子メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の最終日。首位と2打差の2位から出た成田美寿々は6バーディ・1ボギーの「67」をマーク。スコアを5つ伸ばしトータル9アンダーでフォン・シャンシャンに競り勝ち、ツアー通算3勝目を挙げました。プレーオフ突入かという展開でしたが、フォンが短いパーパットを外したのです。成田は50センチのパーパットを入れれば勝利という状況に「短いパットでも優勝パットは緊張しましたね」と一度アドレスを解き、手をブラブラさせ緊張を抑えながらパットを決め、初のメジャータイトルを手にしました。「まだ手が震えていますが良かったです、早く1勝できて」と、笑顔で話した成田でした。

フォンは海外メジャー「ウェグマンズLPGA選手権」の2012年覇者で「正直、海外メジャーで勝っている人なので勝てるとは思っていなかった」と、実力者に競り勝ち、現時点で賞金ランキングはトップに立ったのです。今季の成田は「ツアー3勝、内メジャーで1勝、海外メジャーに必ず出場すること」を目標に掲げ、オフに入ってからはプロ野球選手と共に自主トレを行っています。同じアスリートでも競技も違えば、性別も違うため、トレーニング量では女子プロゴルファーの方が当然少なくなるものです。しかし成田は、自らを追い込み、決して妥協することなく、プロ野球選手と同じだけのトレーニングをこなしたといいます。その根底にあるのは、トレーニングについていけない理由が「女だから」は、絶対に許せないという気持ちの強さだといいます。この強い想いが成田のゴルフの強さにつながっているのでしょう。ゴルフは、ポーカーフェイスでプレーすることが、結果として好スコアにつながることが多いものですが、成田は強い気持ちを前面に出してプレーすることで、爆発的なスコアをマークするのが魅力のプレーヤーです。

その成田が6月19日に開幕する海外女子メジャー今季第2戦「全米女子オープン」(パインハーストNO2=ノースカロライナ州)の日本地区最終予選をトップで通過しました。優勝した翌週の大会を欠場し、最終予選に備えたのですが「すごく調子がよく、自信はあった。欲望に負けず、集中したかいがあった」と、好調を維持しています。メジャーを目指すのは、世界ランキングのポイントを稼ぎ、2016年リオデジャネイロ五輪代表に入るためと公言しました。

アマチュアの橋本千里も、プロ4人とともに出場権を獲得しています。36ホールのストロークプレーで争われた長丁場の一日。この4月に16歳の誕生日を迎えたばかりの橋本は1ラウンド目は「74」の2オーバーとやや出遅れました。しかし第2ラウンドに入ると、前半インで4バーディを奪い上位に進出し、後半のアウトで1つスコアを伸ばして「67」と爆発。身長150センチで、ドライバーの平均飛距離は240ヤード前後と小粒ながら、ホームコースで躍動しました。トップ通過した成田をのぞき、6人で4枠を争うプレーオフも1ホール目でパーを奪い、本戦へのチケットをもぎ取ったのです。日本人アマチュアの同大会出場は、2012年の光永輪子以来となりますが、1998年生まれは「KKT杯・バンテリンレディス」を制したアマチュア、勝みなみと同じ高校1年生です。「アマチュアで頑張っている人が多い。自分も頑張らないとなあと思っていた」と語りますが、米国を訪れるのは6月が初めて。パインハーストも、ノースカロライナ州も、どこにあるのかは、これから勉強するということです「びっくりというか嬉しいです。頑張りたいと思っています」と、友達の勝みなみより先に「海外メジャー」へと足を踏み入れることになりました。城間絵梨、穴井詩と前回のコラムでも取り上げた渡邉彩香が予選を通過しています。

「ほけんの窓口レディース」も、アマチュアの活躍に沸きました。大会初日から首位を守りきる「完全優勝」に挑んだのは18歳の柏原明日架でした。結果はイ・ボミに逆転されてしまいましたが「今日は昨日までの緊張感とは違う感じで、1日落ち着いてプレーができませんでした、自分の中では想定内でしたが」と、思うようにならなかった悔しさを語りました。「史上初のアマ完全優勝」の記録より何より、優勝すればプロ宣言できることが現実としてプレッシャーになったのかもしれません。「まだまだ練習が足りないと思いますし、気持ち的にも上を目指します」と、7月には「最終プロテスト」も控え、伸び盛りのホープの挑戦が続きます。

アマチュア躍進の裏側には、主催者推薦による出場試合数を年間4回から無制限にした、当時の日本女子プロゴルフ協会会長、樋口久子氏の改革の結果といえるでしょう。その効果は03年に宮里藍が「ミヤギテレビ杯」でアマ3人目の優勝で実を結びます。当時、小学生だった勝や森田らは宮里を目指し育った世代です。「宮里効果」でジュニアの試合数が増えたことも後押しとなっています。また実力者はナショナルチーム入りし、恵まれた環境で腕を磨くことができます。3月にグアムで行われた合宿では、スポーツ医学の専門家でもある白木仁・筑波大教授を招き体力を強化。トラックマン(レーダー式弾道追尾システム)を導入したショット計測を行なっています。世界を目指す環境でもまれ、プロの舞台で経験を積むという「アマチュア育成のプログラム」の成果なのです。

宮里藍、横峯さくら、諸見里しのぶ、宮里美香らが出てきたころもアマチュア花盛りでしたが、本気で優勝を狙うという感じではありませんでした。アマチュア推薦出場回数の上限に関する規則改定後、アマチュア選手のツアー出場回数は目に見えて増えています。年度別のツアーのべ出場回数は、01年の改定前の00年当時は88回程度の参加でしたが、宮里が優勝して以降、05年114回、06年138回、07年147回と増え続けています。アマチュアで活躍したプレーヤーがプロ転向後減少していましたが、12年134回、そして昨年は150回に達し、今年はさらに増えることでしょう。生半可なプロよりも十分な試合経験を積んで、それを結果につなげたともいえますが、有望なアマチュアがより多くプロの舞台に立つことで、結果的にプロ全体のレベルも上がるという相乗効果を生んでいます。

サミー・オオタカ