打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

PGAツアーを制覇した4人の日本人

 米ツアー本格参戦1年目の松山英樹が、日本人4人目となる「PGAツアー制覇」を成し遂げました。最終日は8バーディ3ボギー1ダブルボギーの「69」で通算13アンダーとし、ケビン・ナとのプレーオフの末に、第5のメジャーといわれる「ザ・メモリアルトーナメント」で、念願の「PGAツアー制覇」を果たしたのです。首位と2打差でスタートした最終日、松山は1番でいきなり1mにつけてバーディ奪取。続く2番ではグリーン手前のバンカーからチップインバーディと早々にスコアを伸ばすいい展開でした。

 続く3番では2.5mのパーパットがカップに蹴られますが、直後の4番でカップ3個は切れる大きなフックラインを沈めてすぐにバーディを取り返します。「昨日の練習でちょっと掴んだものがあった」というパッティングで、8番のパー3で下り6mのスライスラインを沈めてこの日5個目のバーディを奪う快進撃で、前半9ホールを終えた時点ではバッバ・ワトソンと並び、アダム・スコットが1打差で追う展開となり、勝負のバックナインへと突入したのです。
 勝負が動いたのはB・ワトソンを1打リードして、15アンダーの単独首位で迎えた16番パー3でした。「右から風が来ているのは分かっていたけど、ミスショットで影響を受けてしまった」と、池に打ち込んでダブルボギーと首位陥落。「ダボを打ってもまだ1打差だったので、気持ちは次のホールに向かっていった」という松山ですが、続く17番でも3.5mのパーパットを外してボギーとし、この2ホールで3つ落として12アンダーへと後退し、勝利から見放された様な流れでした。しかし最終組のB・ワトソンも15番でダブルボギーを叩いて12アンダーとなり、首位には2時間前に13アンダーでホールアウトしていたケビン・ナが浮上したのです。

 プレーオフ進出にはバーディが必須という状況で、松山の最終ホールのドライバーでのティショットは右へ、しかしこのショットは風と傾斜に戻されて辛うじてフェアウェイへ。「フェアウェイにあったので気持ちを切り替えられた」と、ピンまで残り166ヤードで手にしたのは7Iでした。ゴルフを始めてから最も練習してきた番手で、大ギャラリーが取り巻く18番グリーンへ2打目を放ち、ピンそば1.5mに突き刺し、難関ホールの18番で4日連続となるバーディを奪い、力強くガッツポーズを繰り返したのです。

 プレーオフ進出を決めた松山でしたが、18番のティショットが狙いより右に出たのを見てガックリとドライバーを地面に叩きつけた際に、不運にも集音マイクを支える鉄の棒に当たってシャフトが折れてしまいます。「そんなに強く叩きつけたわけでもないのに、予備がなかったのはちょっとあれだったけど、3Wで行った方が試合の流れでいけると思った」と、他のドライバーは入れず、13本のクラブで決戦のティグラウンドに立つ選択をしました。

 プレーオフ1ホール目の松山は3Wで右サイドのバンカーへ、K・ナはドライバーで左のクリークに打ち込みます。しかし松山は「練習ラウンドでアプローチ、パッティングがうまかったので絶対にボギーでは上がってくる、パーを獲ろう」と、5Iでグリーンを狙ったのですが、グリーン左のギャラリーの中へ。観戦していた女性ギャラリーの膝を直撃して、手前の比較的容易なライへと跳ね返り、松山はそこからパーが狙える位置に乗せたのです。 もし、ギャラリーに当たっていなければ、難しいライからのアプローチが残っていたはずです。その女性ギャラリーは、車で20分のオハイオ州最大の都市コロンバスから観戦に訪れていたジーン・マリー・サデッカスさんで、膝の下にくっきりとディンプルマークを残していましたが、「私は大丈夫。彼を助けられて良かったわ」とにこやかに微笑んでいました。

表彰式を終えた松山は、サデッカスさんの元に歩み寄り帽子にサインをしお詫びをして、最後は「勝利の女神」とにっこり記念撮影に収まっていました。「ウェイストマネジメント・フェニックスオープン、先週のクラウンプラザ・インビテーショナルと優勝するチャンスがあったのに出来ず、悔しい思いがあったので、早く優勝できて嬉しい」と、喜んだ松山でしたが「でも、この4日間納得できないプレーもあったので、今日は今日のこととして忘れて、次の優勝に向けて頑張りたい」と、気持ちは「全米オープン」や今後のメジャーへと向いている様でした。

 最終日の松山英樹はアダム・スコットとの組み合わせでした。「クラウンプラザ・インビテーショナル」の直前に、世界ランク1位となったA・スコットはこの大会に急遽参戦を決めたのですが、昨年の「全英オープン」で練習ラウンドを共にし「プレジデンツカップ」で3日間4マッチに渡ってペアを組んでからお互いに連絡を取り合うようになり「クラウンプラザ・インビテーショナル」では「明日は最終組で一緒に回ろう」と誓い合い、2人で優勝争いには加わったのですが、最後に優勝カップを掲げたのはA・スコットでした。「約束は果たせなかったけど、勝ったのは“僕ら”だったね」とメールが送られていた様です。そんな経緯があり、一週後に最終日同組での優勝争いが実現したのです。バックナインでA・スコットは戦線から脱落しましたが、松山が16番でダブルボギーを叩いてピンチに陥ると「次にバーディを獲ろう!レッツゴー!」と声をかけてきたといいます。プレーオフ進出を決める18番バーディの後、松山はA・スコットと、進藤キャディとS・ウィリアムスはキャディ同士グリーン上でがっちりと握手し、プレーオフも孤独な戦いではなかったといえます。

 「帝王」J・ニクラスは松山について「彼のプレーはずっと前から良いと思っていた。昨年のプレジデンツカップの前の数試合、彼がプレーするのを見たけど、彼はテンポがすごく良い。それに、体のサイズが他の日本人選手よりも大きい。ジャンボは大きかったし、青木も背は高かったけど、強靱ではなかった。日本から来る選手はだいたいもう少し小さくて、石川も彼より少し小さいね。彼は、そのままでもプレーする能力があって、飛距離を伸ばすこととか、筋力アップを図るような必要がない。だから、彼のテンポはすごく良くて、冷静さがある。とても落ち着いているね。今日、16番で池に入れた時、すぐに全力でよりよいショットを打とうとしたのを見ただろう? あれが、彼の今後について全てを物語っている。彼のパッティングストロークはとてもスムーズだ。それも22歳で出来ている。あれだけ良いストロークをして、これだけのパットを決められるということは、ストロークが良いだけでなく、必要な時に両耳の間(頭脳)を使って、パットを決められるということだ。彼のパッティングストロークは、長持ちするだろう」と、評価しています。

 先を越された感のある石川ですが、「練習ラウンドを毎週のように一緒に回っていて、英樹から学ぶものがありました。技術は解説者ではないので上手く伝えられませんが、向上心が強い。一方、自分はここ半年でその場凌ぎのスケールの小さいゴルフをしてしまいました。無意識です。それを気づかせてくれたのは英樹です」と強い刺激を受けてきたことを明かし、初勝利を称賛しています。松山がPGAツアーの転戦に慣れてきたことが「優勝」に繋がりましたが、行動を共にする石川の存在が精神的な支えになったのは間違いありません。二人ともPGAツアーでも勝てるポテンシャルを持っていることは間違いなく、石川も触発されて活躍することでしょう。今回のプレーオフを逃すと、いろいろなプレッシャーが増して、石川が超えることができずにいる「優勝」という厚い壁が出来ることになっていたかもしれません。1勝したことによって、今後2年間の米ツアーのシード権が保障されることになり、余裕を持って自分のペースで試合に臨むことができます。また試合への入り方、気持ちの持ち方がこれまでとは大きく違ってくるでしょう。

 松山は「日本人が勝ったのは間違いなく4人目だと思うけど、4人しかいないというのはPGAツアーでやる難しさだと思う」と、語っていますが日本人の初勝利は青木功プロでした。31歳で初出場した1974年の「マスターズ」以来、日本ツアーを拠点としながら積極的に海外参戦し始めた青木プロは、78年に「世界マッチプレー選手権」で海外初優勝。80年「全米オープン」ではJ・ニクラウスに「オリエンタルマジック」と言わしめたパッティングで「帝王」との4日間に渡る死闘の末に2位となり、81年にPGAツアーのツアーカードを獲得したのです。

 82年に賞金シードの獲得に成功し、臨んだ83年シーズンの初戦の「ハワイアンオープン」で最終組でプレーしていた青木プロは、18番パー5で首位にタイで迎えました。前の組を回っていたジャック・レナーがバーディを奪い、一足先に通算19アンダーの単独首位でホールアウト。青木プロの2打目はミスショットで残り128ヤードの左ラフへ。「何とかバーディでプレーオフへ」日本のファンの誰もがそう願い、J・レナーが笑みを浮かべてスコアカードを提出しているその時に、青木プロがラフから放った第3打はピン手前で1バウンドして、そのままカップへと吸い込まれたのです。劇的な逆転イーグルでの「PGAツアー日本人選手初優勝」の快挙は、青木プロが両手を挙げて小躍りした起死回生のショットで達成されたのですが、キャディに勧められた9番アイアンをバッグに戻して、自らピッチングウェッジを選択して放った1打でした。
 2人目は「マルちゃん」として国内ツアーで人気者となった丸山茂樹でした。PGAツアーにフル参戦し始めたのは30歳となった2000年でした。翌01年の「グレーター・ミルウォーキーオープン」の最終日に「66」と猛チャージをかけ、通算18アンダーでチャーリー・ハウエルⅢ世と首位タイに並んでホールアウト。プレーオフ1ホール目で勝利を収めています。 青木プロの初制覇から数えて、実に18年後の日本勢2人目の勝利でした。丸山はこの後、02年「ベライゾン・バイロンネルソン・クラシック」、03年の「クライスラー・クラシック・オブ・グリーンズボロ」と3勝を挙げ「パワーゴルフ」全盛の中、技巧派として存在感を発揮しました。

3人目は「マスターズ」に憧れ、14歳で単身渡米しフロリダで腕を磨いた今田竜二でした。学生時代は全米でも注目される活躍をしていましたが、下部ツアーで5年間の下積み生活を経て、レギュラーツアーを主戦場としたのは29歳になる2005年からでした。初優勝のチャンスをつかんだのは、ジョージア州アトランタ郊外のTPCシュガーローフを会場とする「AT&Tクラシック」でした。07年大会は2日目から首位を走ったのですが、ザック・ジョンソンに追いつかれてプレーオフとなり、18番パー5で2打目をグリーン左手前の池に落として惜しくも2位に終わっています。翌08年大会は、3打差6位から出た最終日に5ストローク伸ばし首位に立ってホールアウト。ケニー・ペリーとの2年連続のプレーオフで、渡米以来苦節18年でついに悲願を叶えたのです。過去の3人もスポット参戦ではなく、米国に拠点を置いていたからこそ勝つことが出来たのです。石川も松山に続くことで、次世代のスター候補生が、宮里藍に憧れた若手選手たちが活躍する日本女子プロゴルフ界の様に、数多く育つといいですね。

サミー・オオタカ