打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

全米オープン「2つの勝因」

 「全米オープン」がパインハースト№2コースで開催されました。同コースで行われた99年大会は、ペイン・スチュワートが優勝しましたが、激しい優勝争いを演じた末に惜敗し、2位になったのはフィル・ミケルソンでした。当時P・ミケルソンの愛妻エイミーは初産を控えており、P・ミケルソンは緊急用のホットラインとなるポケベルをゴルフバッグに忍ばせて戦っていました。72ホール目で4.5mのパーパットをねじ込み、勝利を決めたP・スチュワートのガッツポーズは、18番ホールの脇に銅像として残っています。P・ミケルソンの頭を両手で抱えながら「良き父親になれ、今度は君の番だ、必ず優勝するんだ」と激励したのです。その4ヶ月後に不慮の飛行機事故で亡くなったP・スチュアートですが、二人の会話は名場面として語り継がれています。

 今年のパインハースト№2は、コースが大幅に改修されました。かつての出すだけだった深いラフは無く、代わりに針金の様な野生植物を植えたウェストエリアという砂地が広がっていました。翌週には「全米女子オープン」も同コースで行われることも話題になりましたが、ドナルド・ロス設計の激しい傾斜を持ち、お椀を被せたような形状のグリーンの周囲もツルツルに刈り込まれ、実に厄介なアプローチが残りました。松山は「このコースはグリーン周りがすごく大事。どれくらい自分が対応できるか」と、練習ラウンド後に話していましたが、同組でプレーした選手たちはフェアウェイウッドやユーティリティ、ドライバーも使って、転がしのアプローチを繰り返し練習していました。

練習グリーンにも大きなアンジュレーションが施されており、同じようにウッドで転がしのタッチを確認するプレーヤーがいましたが、松山のラウンド後のアプローチ練習は、10ヤード、20ヤード、30ヤードと徐々に距離を伸ばし、低弾道のランニング、ピッチエンドランといつもと同じ練習だったそうです。「メジャー」とはいえ、いつもと同じルーティンワークと攻め方を変えることはしませんでした。実際に状況で選択するクラブについては「基本的にスイングがよければボールは飛ぶと思うし、グリーンにも止まる。アプローチも同じことだと思う。だいぶ今日練習して良くなったかなと思います。グリーンとフェアウェイの柔らかさに差があるから、手前から転がしていけない。そこらへんに難しさがある」と、自分のプレースタイルを貫くことを語りました。

世界ランク1位のアダム・スコットは「これまで僕は全米オープンで好成績を出せたことがない」と、イーブンパーとの戦いと言われる「全米オープン」の大会スタイルやコースセッティングが自分のゴルフに合わないと語っていましたが、「でも、去年マスターズを制して自信が高まった。自分に合わないせいだと思ってきたけど、これからは、単なる偶然だったんだと思うことにした。今年は自分にとっての全米オープンの位置付けを変えられるかどうかの転機になる。全米オープンでも優勝争いに絡みたい。そう、このパインハーストは僕に合っているんだ!」と、語っていましたが9位に終わりました。USGAは4日間に最低1日は「given day」と名付けた「スコアが伸ばせる日」を設け、その日は、いくつかのホールのティが思い切り前に出し距離を短くするのですが、そうした「全米オープン」ならではの事情に松山は「その日その日のティの位置を見て、しっかりマネジメントしていければいい」とのことでした。目指すべきスコア、出せそうなスコアも「全然見えない」と、不安そうに首を傾げ「今の自分以上のことはできない。見栄を張らないように1打1打、頑張っていくしかない」と、話していましたがリッキー・ファウラー、ジョーダン・スピースといった地元米国の超人気選手との予選ラウンド同組は、期待されている証でした。

初日は4バーディ・3ボギーの「69」のラウンドで1アンダー6位と好発進。2日目は2バーディ・3ボギーの「71」と、1つスコアを落として通算イーブンパーの14位へと一歩後退。それでも、上位争いで2大会連続の予選突破を決め、上位進出を目指しムービングサタデーを迎えました。松山自身が「最初の方のホールが残念だった」と、語るように2番で2mのバーディパットが、カップの左縁に蹴られてボギーが先行。続く3番でフェアウェイからアイアンで放った第2打は好感触ながら傾斜で止まらず、グリーンを転がり落ちてしまいました。
砂地のカート道からアプローチに失敗し、5オン1パットのダブルボギーと6番までに5ストロークを落とし、9番パー3のティショットも同様に、ドーム型のグリーン中央に着弾したボールが奥への傾斜を下り「いい感じで打ったのが難しいところに落ちてしまった」と、大歓声がため息に変わってしましました。後半は3バーディを奪いましたが大きな挽回とはいかず、4バーディ6ボギー1ダブルボギーの「74」、通算4オーバーとスコアを落とし、23位タイへと後退したムービングサタデーでした。

上位進出を目指して最終日をスタートした松山でしたが、1番でいきなりトラブルに巻き込まれます。セカンドをグリーンの右サイドに外すと、ウェッジでのアプローチはショート。傾斜で目の前まで戻ってしまうと、パターに持ち替えて打った4打目も傾斜を上りきらずグリーンからこぼれ、このホールをダブルボギーとすると、続く2番もボギーとし2ホールで2つスコアを落としてしまいます。その後もスコアを伸ばせない展開で8番もボギー。15番パー3でティショットをピンに絡めて唯一のバーディを奪ったものの、18番でもボギーを叩きスコアを落とました。それでも、9番、16番では長いパーパットをねじ込む粘りを見せたものの35位と悔しいフィニッシュでした。

2週前「ザ・メモリアルトーナメント」で初勝利を飾り、PGAツアーチャンピオンとして臨んだ初のメジャー。冷静に試合に臨む姿は普段と何ら変わらずでしたが、心境には確実な変化があった様です。最後まで切れることなく世界一決定戦を終え「少しズレずれがあったのかなって感じでした。距離感がわからない中でショットも打っていた。縦の距離感を作って挑むことができれば良かった」と、新たなテーマを掲げていました。メジャーに勝つのは難しい?という質問には「メモリアルで勝った。あのフィールドで勝ったのだから勝てると思っていますし、勝つと思ってやっているのが大事だと思います。成績が出なくても、一つずつ練習してやっていけば、チャンスは巡ってくると思います」とも語っています、次なるメジャーは昨年6位タイに食い込んだ「全英オープン」です。

「全米オープン」を制したのは、初日、2日目ともに「65」をマークして単独首位に立ち、予選2日間の最少スコア記録を更新したマーティン・カイマーでしたが、「自分でも驚くほどのグッドショットがいくつもあって、びっくりしたなってキャディに言ったぐらいだった」と、ロケットスタートを語りましたが、開幕前M・カイマーは自らの勝利を予想してはおらず、4日間が終わった時の自分のスコアは「8オーバーぐらいになる」と思っていたと、予想外の展開を語っています。「2日間で10アンダーなんて普通ではない。あれだけの好発進をすると、平常心を保つのは難しかった」とも語り、リードを守る難しさを感じていたようです。

3日目に「72」とオーバーパーを喫したことで、M・カイマーの気持ちは少し落ち着いたということですが、2位に5打差で迎えた最終日の朝も「やはり普通ではいられなかった。プレッシャーを感じずにはいられなかった」と、2つ目のメジャータイトルがかかっているからというよりも、むしろ「予選2日間のような非日常的な何かがまた起こるのではないか」という奇妙な予感を抱いたからだと言います。1ヶ月前に第5のメジャーと言われる「ザ・プレーヤーズ選手権」を制した際には、1時間30分の中断後、自身のミスで14番までの3打のリードを一気に詰められる試練を味わっています。17番の浮島グリーンで9mのパーパットを決めて勝利を確定させたのですが、良かれ悪しかれ、想定外な何かが起こると、ちょっとした何かがきっかけとなってコントロール不能になっていくことを熟知しているのです。
「プレイヤーズ選手権の勝ち方と今回の勝ち方はまるで違う。異なる勝ち方ができるたことは大きい。そして、今日の10番はボギーを喫し、エリック・コンプトンとの差は4打に縮まったが、そこでも平常心を保つことができた。その2つが僕の勝因。その2つが僕を人間として成長させてくれた。さまざまな状況に対応できるゴルファーになることができた」と、今年の「全米オープン」は「イーブンパーとの戦い」にはなりませんでしたが、1999年に同コースで「全米オープン」優勝を達成したペイン・スチュワートを彷彿させるパーパットで大会が締めくくられました。サッカーの「ワールドカップ」が開催される2010、14年に獲ったドイツ人のメジャータイトルは、単なる 偶然でしょうか? ドイツチームの結果も気になりますね。

「日刊ゲンダイ」のインタビュー記事が話題になっています。日本ゴルフツアー機構の海老沢勝二会長のインタビューですが、「魅力ある選手が出てくれば視聴率は上がる。石川君、松山君や大堀君ら、3・4人が競いあうようになればツアーは盛り上がる」と、なんとも残念な発言ですが、他の選手たちの心境を考えると怒りさえ覚えます。「競技団体ですからタダで試合を開催という訳にはいきません。放映権料と主管料で運営できるようにしていかないと。今のままではいずれは行き詰まります」とも語っていますが、そのための就任だったのでは?
試合数の激減、スポンサー離れ、協会の肥大化と慢性的な財政危機と男子ゴルフ界の危機的な状況を把握しているのでしょうか。現場の若手は危機感を持って積極的に改革を進めようとして頑張っているのですが、上層部は自分たちの既得権を守ることに腐心する旧態依然の状況の様で、国内目線の他力本願では何も解決しないことを、いまだに理解していないのでしょう。視聴率アップにはライブ放送以外に方法はありません。インターネットで結果を知ってから見ても、選手たちの緊張感も、現場の臨場感も伝わってくることはありません。結果を知った上で野球やサッカーの中継を見るでしょうか?最近はスコアライブもテレビ放送が終わるまで止める始末です。テレビ界の首領だった海老沢元NHK会長は、就任から一年が経っても何ら具体的な改革案を打ち出せずにいるばかりか、世界で唯一放映権料を得られない日本のゴルフ界とテレビ界の「ねじれ」の解消をする意思すら感じられません。

ゴルフ場の「2015年問題」も深刻です。2015年から、団塊の世代の高齢化や若者のゴルフ離れによってゴルフ人口が減少し続け、近い将来、多くのゴルフ場の経営が成り立たなくなると予測されています。ゴルフ場利用税の撤廃も進んでおらず、ゴルフ人口の減少に歯止めがかからない状況です。2020年に東京オリンピックが開催されるのですが、このままでは業界活性化につながるとは思えません。そんな現状を憂い、日本のゴルフの在り方をもう1度見直し、明るい未来を創るための提言をしようという「日本ゴルフ改革会議」が6月16日に発足しました。メンバーに名を連ねているのは、スポーツライターの玉木正之氏やジャーナリストの蟹瀬誠一氏、ホリエモンこと堀江貴文氏、JGTO顧問の諸星裕氏、評論家の大宅映子氏、ゴルフ解説者のタケ小山氏などの個性的な面々で、いずれも慣習や常識にとらわれない発想を持っている方々だけに、どんな議論が飛び出すか楽しみです。会議の模様はインターネット中継されるということですが、何かのきっかけになって欲しいものです。

サミー・オオタカ