打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

石川遼、2季ぶりの勝利

 米ツアーを主戦場とする石川遼が、松山英樹とともに「長嶋茂雄 INVITATIONAL・セガサミーカップ」に出場しました。最終日を迎え6アンダーで単独3位から出た石川は、6バーディ・2ボギーの「67」をマーク。優勝の行方はトータルスコア10アンダーで並んだ石川と小田によるプレーオフに突入したのですが、これを制した石川が2012年「三井住友VISA太平洋マスターズ」以来となるツアー通算11勝目を挙げました。この日の石川は2番ホールで3パットのボギーを先行させ、逆転に向け暗雲が立ち込める展開が予想されましたが、続く3番パー5で10m以上のロングパットを沈めてすぐさまバーディ。悪い方に傾きかけた流れを取り戻すと、前半上がり2ホール連続バーディを奪取。首位を走る小田に1打差と迫り、サンデーバックナインのプレーに入ったのです。
バックナインに入った石川は、今年からパー5をパー4に変更した最難関ホール13番のセカンドをピンそばに寄せるバーディで首位タイに浮上。しかし続く14番を3パットのボギーとして後退してしまいますが、1打差で迎えた最終ホールで値千金のバーディを奪取。土壇場で小田に追いつき、プレーオフに持ち込むと、1ホール目と2ホール目は互いにバーディを奪ってドロー。互いに譲らず一進一退の攻防が続いたのです。迎えたプレーオフ3ホール目。互いにティショットを右のラフに打ち込むと、両者ともレイアップを選択。フェアウェーの絶好のポジションをキープした石川に対し、小田のボールは引っ掛かり気味に飛びすぎて池ギリギリのラフ。これを寄せきれずに小田がパーとしたのに対し、石川は1mに寄せてバーディ。3ホールまでもつれ込んだプレーオフを制して、石川が大逆転勝利を飾ったのです。

 1ショットごとに展開が変わるハイレベルなプレーオフでしたが、大会名誉会長の「ミスター長嶋」は、観覧席の中でひとり立ち上がり応援していました。正規の最終ラウンドからカートでコース内を巡回して熱戦の様子を視察し、長い戦いの決着がつくと、2人を優しい目でねぎらっていました。優勝が決まった直後、石川は長嶋氏に「パッティングを打つ前の姿勢が素晴らしく、入ると思っていた」と声をかけられたといいます。「ボールがどこに行ったということよりも、ゴルフの中身を見ていらっしゃる。本当に大スターの選手は見るところが違うのかなと思いました」と、感激した様子で語っていました。
長嶋氏は試合後、関係者を通じて「松山英樹、石川遼という2大スターが凱旋し、華やかに記念大会が開催されたことを、大変うれしく思っております。その中で石川選手は世界の舞台で磨いた技術を惜しみなく披露してくれました。プレーオフの大接戦を制した逆転優勝、本当におめでとうございました。パー72から71に変更され、さらに厳しくなったコースセッティングに多くのプレーヤーが苦しむ中、4日間を通じて見事なプレーを見せてくれました。これにより、国内の他の選手たちも大きな刺激を受け、より一段高いレベルのトーナメントを日本のゴルフファンにこれからも見せてくれることと思います。そしてこの大会が、石川選手が米国で体感してきたファンに愛されるようなゴルフトーナメントになっていくことと信じています」と、今後の男子ツアーの盛り上がりを期待するコメントで大会を締めくくりました。

米ツアーはまだシーズン中であり、「全英オープン」の出場権をかけた試合もあるのですが「トラベラーズ選手権」を終えると帰国し、北海道入りして合宿を開始していました。石川の日本ツアー参戦は「中日クラウンズ」に続いて今季2戦目ですが、今大会のプロアマで、初めてコースに姿を現して最終調整を行っています。「試合を続ける中でスイングのバランスが崩れていました。米ツアーで優勝するために大前提となるショット力が必要ですが、上位にいくためのショットがありませんでした。じっくり時間を作って球を打ち、今のスイングの精度を高めるために、基礎となるスイングを身につけることが狙いです」と、トレーニングから、ショット、アプローチ、パッティングの練習を中心に、朝の9時30分から19時までボールを打ち続けるという、1カ月に及ぶ合宿中の参戦でした。

「今季は米ツアーのシード権を決めるために、今の技術をやりくりして結果を出すことを目標にしていました。そこは自分を認めてあげたいけど」と「フェデックスポイントランキング」59位と、来季のシード権は手中に収めていることを自己評価していますが、「予選を通れば日曜日まで試合をやって月曜日に移動して、火、水と試合のための調整を行います。それって向上していく要素がないんです。英樹を見ていると、自分の技術を高めるための向上心を持っています。そこが自分と違うと感じていました。だからうまくなるし、優勝しても驚きはありませんでした。自分も向上心を持ってゴルフをするための合宿だし、今は向上心を持っています。来シーズン優勝できるように考えていますし、今からワクワクしています」と、合宿の意義を語っていました。

シード権を取ることには成功しても、その先の「優勝」に足りないものを、優勝を果たした松山の姿を見て気がついたということなのでしょう。PGAツアーの「優勝」を見据えて充実した時間を過ごせていることを「今日の内容はすごくよかったです。まだ合宿の疲労が残っているのでアイアンの飛距離が半番手ぐらい飛んでいませんが、明日に備えて体調を整えたいです。明日からは1打1打に集中して、今のショットはメジャーでも通用するな、というのを多く打てればいいと思います。英樹が主役になると思いますが、自分も上位にいきたいです」と、大会前に語っていました。

主戦場のPGAツアーでは、「クイッケンンローンズ・ナショナル」から「ザ・グリーンブライアークラシック」そして「ジョンディアクラシック」の開催で、それぞれの大会の上位選手に全英の出場権を付与しています。石川はこの3連戦を欠場し「全英オープン断念」と引き換えに、ショットの精度向上を目的とした北海道での集中合宿を敢行している最中だったのですが、この優勝で世界ランク99位から76位に急上昇し、海外メジャー第3戦「全英オープン」出場の可能性が出てきました。

石川は1年8か月ぶりの歓喜から一夜明けた7日も、北海道内で練習に励んでいます。当初は「全米プロ選手権」(8月7日開幕・バルハラGC)を次戦に予定し、7月の終わりまで合宿を続ける予定でした。「全英オープン」の主な出場資格は世界ランク50位以内。怪我などで欠場者が出れば、繰り上がりで出場ができることになっています。例年75位前後の選手が繰り上がりで出場しており、石川は全英オープンの補欠1番手となっていますが、「R&Aからまだ何も連絡がない。連絡が来た段階で検討することになると思います」と話しています。繰り上げ出場の可能性が出れば英国へ向かうことも浮上してきました。

優勝会見では「全く考えていなかった。あえて合宿をこの時期にしたので、全英は諦める状態でここに来た。まさかその位置にいるのは予想外。今のホールアウトした段階では決められない」と、悩める心境を語っています。過去に日本人選手が活躍したことのある「全英オープン」には現段階で、松山英樹、小林正則、小田孔明、岩田寛、塚田好宣、宮里優作、近藤共弘の7選手が日本から出場する予定となっています。松山はもちろんのことですが、3度目の挑戦になる塚田や、好調を維持している小田をはじめ日本人プレーヤーの活躍を期待したいですね。

15歳で「2007年マンシングウェアオープンKSBカップ」を制した石川が、17番でグリーン奧からのバンカーショットを華麗に沈め、ジョーダン・スピースが「2013年ジョンディアクラシック」の18番でプレーオフに持ち込むバンカーショットをピンに当てて沈めた二つの「スーパーショット」もそうですが、優勝した松山が18番で右に打ち出したティショットがフェアウェーに戻ってきてプレーオフへ持ち込むバーディにつながっていたことを「持っていますね、ヤツは」と、語るのは2008年の「AT&Tクラシック」を制した今田竜二です。

「砂1つでバウンドは変わるし、最終的には運ですね。ミスがミスにならない。それをチャンスに変えてしまう」と、実力があったとしても、それだけで勝利を掴むことは難しいと語っています。「英樹が良かったのは、ノリにノッている時にアメリカに来る決心をして臨んだということ。飛距離もあるし、これでやっていけるっていう自信になる。遼も実力はあるし、もっと早く勝てると思ったけど、来るタイミングを間違えたのかな」とも話しています。

タイミングを間違えると「怖さ」になって表れるとも語っていますが、なにも知らずに完璧なドライバーショットを打っていた人が、フェアウェー両サイドに池やOBがあることを知ると、途端にスイングが小さくなって曲げてしまうようなことに陥るものです。「遼も2~3年前、本場で怖さを知る前にがっついて行っていれば、すぐに勝てたと思う。こっちに来て毎回打ちのめされていると、怖さが自然と気持ちの中で出てくるもの。僕なんて、怖さしか知らないからゴルフがちっちゃいですもんね」と、自身と石川のことを語っていました。

松山は「マスターズ」のローアマチュアから、国内ツアーで賞金王を獲り、その儘の勢いでアメリカに乗り込んできたのですが、今田は「自信がある選手は緊張しないんですよ」と、ファンが頼もしささえ覚える松山の強さについても語っています。今田が日本人3人目の米国ツアー初制覇を成し遂げたのは、予選通過、トップ10と実績を積み重ねた末のことでした。「少しずつ気持ちが高まっていった時期。勝つ、勝てるっていう気持ちがあった」と振り返っています。「目的へと至る道は1つではない」それを知る今田だからできる松山と石川の比較です。

石川は2012年11月に史上最年少の21歳で通算10勝に到達し、翌年から米ツアーに本格参戦。不振の時期もあって優勝から遠ざかっていたのですが、「優勝できると思っていなかったので、うれしい。自分の理想のスイングを試合の大事なところでやれたと思う」としながらも、「もっともっと努力して英樹に追いついて、今度はアメリカで優勝できるように頑張る」と、6月1日に「メモリアル・トーナメント」で先にPGAツアー初優勝を果たした「ライバル」に並ぶことを誓っています。

「三井住友VISA太平洋マスターズ」で2年ぶりの通算10勝目を挙げた際に「もがいているとか、悩んでいると思われるのが大嫌いなんです。絶対に人にそう見られたくない。苦労しているのを見られるのがイヤ。“カッコつけている”から。僕は不器用。器用で運動神経の良い人って、いきなり何でもできたりする。でも、僕はそうじゃない。最初は全然できないことの方が多い。裏で、影で頑張ってきたタイプなので」と、語っていましたが、その後引退を考えるほどの腰痛をはじめとした故障に苦しみました。 用具契約も変わり、トレーナーも、キャディも変わり、サポートチームが一新されてからは初めてのうれしい白星でした。「石川は終わった」という様なマスコミのコメントも、影をひそめるでしょう。2年前の優勝では本人も含めチームも泣いていましたが、レベルアップを目指す今回は、涙は一滴も見られませんでした。

サミー・オオタカ