打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

全英オープンの「キーワード」

 「全英リコー女子オープン」が、ロイヤルバークデールゴルフクラブ(全長6458ヤード、パー72)で開催されました。今年は史上最多11名の日本人選手が挑んだのですが「全英女子OP」では、過去8年で7度、計11名もトップ10入りを果たすなど、日本人選手にとっては非常に相性のいい大会です。その内訳は宮里藍4回、佐伯三貴2回、上田桃子2回、不動裕理1回、宮里美香1回、比嘉真美子1回となっており、実力派が11名も出場する今年は、樋口久子(1977年の全米女子プロ)以来となる、日本人選手のメジャー制覇への期待も高まりました。

 予選ラウンドを終えて、日本勢最上位の16位タイで決勝ラウンドに進出したのは、宮里藍でした。今季「人生で初めて」というパッティングの「スランプ」に陥り、シード落ちも危惧される状態でしたが、11度目の挑戦となる「全英女子」で完全復活へのきっかけを掴んだようです。

バーディーチャンスにつけながら、惜しくも外す場面も多く、予選ラウンド2日間で、ボギーは出場選手中最少の3つと、短いパットを確実に沈めて淡々とパーを重ねるという、宮里藍本来のプレースタイルが久しぶりに見られました。「入らない中でもイライラせず、その瞬間、瞬間に集中してプレーすることができました」と、振り返っていますが、質を維持しながらも「量を増やす」練習へと取り組み方を変えた直後でした。「今までは量よりも質を重視してきたんですけど、パットの練習量を増やす方向にしました。プレッシャーの中でも、正しいパットのストロークを身体が覚えてくれるようになるまで練習しようかな、と。まだ足りないくらいなんですが、普段の軽く2倍は練習をしていると思います」と、大会前は3日間連続で18ホールの練習ラウンドを消化。その後、パッティンググリーンでカップまで1m弱の距離を360度12分割した場所から、丁寧にセットアップし直してカップインさせるといった練習を繰り返し、ラウンドを意識した練習に取り組んでいました。

「メジャーで勝つには、どれだけ我慢ができるかだと思います。今の自分は体調もいいですし、ショットもいい。せっかくいい状態ですから、この週末のプレーを楽しみたい」と、語っていました。迎えた3日目は、バーディを4つ奪うもののボギーが2つにダブルボギーが1つとスコアを伸ばせず、通算1オーバー17位タイと順位を下げましたが、何かを掴みかけているのは明らかです。大会ホステスプロの森田理香子がスコアを4つ伸ばして60位タイから通算2オーバーの20位タイに浮上し、ムービングデイに「メジャー」でも通用する大器の片鱗を見せました。

8選手が決勝進出を果たす健闘を見せた日本勢でしたが、3日間穏やかな天候だったリンクスコースが最終日は本来の姿を見せ、プレーヤーに襲いかかりました。強風がコースを駆け巡り「我慢比べ」の展開を制したのは、最終18番で劇的なイーグルを奪ったモー・マーティンでした。1オーバーで迎えた最終18番パー5で、フェアウェイからの2打目がグリーン手前から転がると、ピンに直撃。31歳のM・マーティンは、2mのイーグルパットを沈めてツアー初優勝をメジャーの舞台で飾りました。

日本勢で最上位となったのは通算7オーバーの原江里菜でしたが、バーディこそ奪えなかったもののボギー3つで踏ん張り21位タイ。森田理香子が通算8オーバー27位タイ、渡邉彩香が通算9オーバーの29位タイで続き、米ツアーを主戦場とする宮里美香は通算10オーバーで38位タイ、野村敏京は通算12オーバー45位タイ。首位と5打差の1オーバー17位から出た宮里藍は11オーバー「83」と崩れ、野村と同じく45位タイまで順位を落としました。初日単独トップに立った上原彩子が通算14オーバーの54位タイ。昨年、セントアンドリュースで7位に入った佐伯三貴は通算15オーバー58位タイとし、「風との戦い」を終えました。最終日こそスコアを崩しましたが「スランプ」という苦しみを何度も経験してきた宮里藍にも、石川と同じような「復活」に期待が持てます。

ツアー3年目のM・マーティンのLPGAでの最高成績は13年「キア・クラシック」での3位タイでした。それが、唯一のトップ10フィニッシュという実績でした。今シーズンのスタッツを見ると、ドライバーの平均飛距離は233.2ヤードで156位ですが、フェアウェイキープ率は86%で第1位でした。深いラフとポッドバンカーでガードされた今週のコースでも4日間合計77%と堂々の1位で、勝因は安定したティショットでした。現在31歳で前週までの世界ランクは99位ですが「金銭的なことを言うと、何年間も多くの人に私がプレーすることを助けてもらった。だから、この場でみんなに感謝できれば良いのだけど、みんなは絶対に誰のことを言っているか分かっているはず」と、支援してくれた方への感謝を忘れませんでした。

M・マーティンは、自身のキャリアを磨く上で「1:朝、起きたときに幸せを感じているか。2:自分はまだ女子ゴルフに貢献し、その発展に寄与しているか。3:自分自身のお金でプレーをしているか」という“三つのキーワード”を達成する努力を怠らなかったと語っています。昨年、102歳で亡くなった祖父の孫娘を想う気持ちが「私の人生を変えた」といいます。M・マーティンの父と祖父は意見の食い違いがあって疎遠でしたが、M・マーティンが19歳の時に父が亡くなり「そのとき、祖父のことをもっと知りたいと思って、彼の農園まで会いに行ったの。そこには私について書かれた新聞記事や写真がたくさんあったわ。私は涙があふれました。だって、彼がこんなに私を気にかけ、いつも愛してくれていたなんて知らなかったから」と、それ以来続ける彼女の“三つのキーワード”に共感した「温かい人間関係」が広がり「メジャー優勝」という大輪の花を咲かせ「自身のお金でプレーする」という目標も勝ち取りました。

ロイヤルリバプールで行われた男子海外メジャー「全英オープン」にも、ぎりぎり最後に切符を獲得した石川をはじめ8名の日本人プレーヤーが参加しました。初日は松山、小田、塚田が3アンダー10位タイと上々の滑り出し。スコアの伸びなかった遅い時間帯スタートの石川は2オーバーの84位タイでした。2日目の石川は風が強い早い組みのスタートでした。2番で3パットのダブルボギーとし、5番でティショットを左のブッシュに突っ込んでロストボール、同じく8番でも左へ曲げ、OBとしてボギーを重ね、前半だけで5つスコアを落とす辛い展開でした。「振り切れていなかった。自分の飛距離を信用できないとこういうコースでは通用しない。風とか外的なものではなく、内側の問題です」と振り返っていますが2日間とも風には恵まれませんでした。予選通過が厳しくなると「開き直り」が石川のゴルフを変えます。11番で3パットのボギーとしたものの、風が弱まりだした10番、12番、14番、17番とバーディを重ねて通算4オーバーまで盛り返します。予選通過に一縷の望みをかけ、2打目をピンまで101ヤードのフェアウェイにレイアップした最終18番パー5では「練習している距離だけど、それが6mくらいにしか乗らなかった。あれが今の実力かな」と、バーディパットは決められず、結局、予選通過には2ストローク及びませんでした。

「良いスイングが出来ていないと何も生まれてこない。イギリスに来て、難しいコンディションの中だったけど、それ以前の部分でつまずいてしまった。一緒に回ったトッププレーヤー2人(リー・ウェストウッド、キーガン・ブラッドリー)に比べると、ショットに自信が持てていないし精度も低い。調子ではなく、まだまだだと思う」と、振り返っていますが、最近重点的に取り組んでいるアプローチは「今週、唯一通用したのはアプローチ。まだ幸せなのは、練習した分は返ってきているということです」と、PGAツアーを休んでまで取り組んだ合宿の効果には、満足しているようでした。

午前中に吹いた風も、松山がスタートする14時頃には弱まり、リンクスコースは穏やかな表情を見せていました。その中で驚異的なプレーを見せたのは松山と同組で回ったロリー・マキロイでした。R・マキロイは出だしの1番こそボギーとしたものの、その後に7つのバーディを奪って連日の「66」をマーク。14ホール中6ホールでドライバーを使い、2日間の平均飛距離は333ヤードを記録。「昨日、ドライバーで打てばよかったと思った」という17番では、追い風に乗って400ヤード近いビッグドライブを披露しパワーと正確性でバーディを量産し独走体制に入ります。

松山も中盤まではR・マキロイに食らい付いていました。5番ではピン上から10m近いバーディパットをねじ込み、10番パー5では2打目でグリーン右サイドのラフまで運ぶと、アプローチを絶妙なタッチで50cmにつけて通算5アンダーとR・マキロイを追います。しかし12番、15番でボギーを叩き、17番ではドライバーを選択したR・マキロイとは対照的に、初日と同じくアイアンで刻んだティショットが飛びすぎ、右サイドのバンカーに捕まってボギー。続く18番のティショットもドライバーを左サイドのバンカーへと打ち込んで、12番以降で4つ目のボギーと、勝負を避けたことが悪い流れを呼び込みました。「ミスもあったけど、マネジメントのミスもあった」と、冷静で慎重なマネジメントで好成績を残してきた松山を狂わせたのは、間違いなく別次元のプレーをしたR・マキロイと、地元のエースを応援する大ギャラリーでした。

R・マキロイの勢いは止まらず、3日目も1イーグル、3バーディ、3ボギーの「68」で回り、通算16アンダーとして「完全優勝」でのメジャー3勝目に王手をかけ、最終日も一度も首位に並ばれることなく、4日間通算17アンダーで後続に2打差をつけて逃げ切りを果たしました。

R・マキロイが、トップで終えた初日に明かさなかった「2つのキーワード」とは、「ロングショットでは、良い決断をして良いスイングをするという“プロセス(過程)”に集中した。もしスイングに関してチェックしているポイントがあったなら、結果を気にせずそのポイントに集中する。基本的に、結果がどうなるかは考えていなかった。それから、“スポット”というのはパッティングに関して。グリーンでは、狙う「スポット」を決めて、毎回その上を球が通るようにした。カップに入れようとは考えなくて、もしそれがカップに入れば良いことだし、入らなかったとしても、また次のホールで同じことをする。「プロセス」と「スポット」。その2つを今週ずっと自分自身に言い聞かせていた」と、戦い終えた優勝会見で照れ笑いを浮かべながら明かしました。

勝因となった圧倒的な飛距離(平均327.8ヤード・1位)と、抜群のパッティング(平均1.53回バイホール・4位タイ)が、スタッツに表れています。風が穏やかだった初日に飛び出したR・マキロイは「過度にアグレッシブだとは思わない。この風の方向と強さなら、ドライバーという選択肢は悪くない」と自身の攻めの選択を振り返っていました。最終日の16番でティショットを打ち終えた後、R・マキロイはギャラリーの中の一人を指し示し、その男は警備員に取り押さえられました。「彼は今日一日、ずっと僕にうるさく言ってきていたんだ。そして、16番ティではダウンスイングでわざと咳払いをした。誰がやったかは分かっていた。だから、つまみ出して貰ったんだ」と、アクシデントにも冷静に対処して見せたのです。

同コースで2006年に開催された際に優勝したタイガーは、4日間で1回しかドライバーを使わず、今年も多くの選手がティショットをバンカー手前に刻む中、R・マキロイは「2つのキーワード」を信じドライバーを握り、誰も届かない領域で「完全優勝」を成し遂げたのです。男子も女子も自身が決めた「キーワード」を守りぬくことが、勝利の女神を呼び込んだ「全英オープン」でした。

サミー・オオタカ