打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

女性の指から落ちた…

 「全英オープン」さらに「WGC・ブリヂストンインビテーショナル」と、この1ヶ月の間にビッグタイトルを連取したロリー・マキロイが「世界ランキング1位」に返り咲きました。セルヒオ・ガルシアを抑えて「全英オープン」で優勝を飾ったR・マキロイが、またしても「ライダーカップ」のチームメイトであるS・ガルシアに競り勝ち、自身初となる「世界ゴルフ選手権」のタイトルを手にすると共に、公式世界ゴルフランキングの頂点に再び君臨したのです。第2ラウンドではバックナインを僅か「27」で回り、「61」のコースレコードに並ぶスコアを出したS・ガルシアでしたが、2日後に同じバックナインを終えて頂点に立っていたのは、最終日を「66」でラウンドし、スコアを通算15アンダーまで伸ばした25歳のR・マキロイでした。同大会でアダム・スコットがトップ5入りを果たせなかった為、バルハラGCで開催される今季メジャー最終戦の「全米プロゴルフ選手権」の前にR・マキロイは2013年3月以来となる「世界ナンバーワン」の座を再び手に入れたのです。「今週、最も誇らしく思うのは、あの『全英オープン』の直後にこうしたパフォーマンスを発揮できたところなんだ」と語るR・マキロイですが、2003年にこの大会を制した母国(北アイルランド)の先輩ダレン・クラーク以来、欧州勢としては2人目の大会覇者となりました。

 優勝インタビューでは「気を抜くようなことはしたくないと思っていたし、シーズンの終わりまでこの調子を維持したいと思っている。1年で最も好きな大会の一つで、このようなパフォーマンスが発揮できてとても満足している」とも語っています。スタートホールでドライバーをラフに打ち込んだR・マキロイですが、木々の合間を縫う低い弾道のスーパーショットでピンそば1mにつけてバーディを奪い良い流れを呼び込みます。一方長いパットを残したS・ガルシアはそこから2パットのパーで最終日をスタートしていました。 続くパー5の2番で2オンに成功したメジャー3勝のR・マキロイは、ロングレンジから2パットでバーディを奪うと、続く3番でもバーディを奪うと、このホールでS・ガルシアがボギーを叩いた為、両者の順位が入れ替わりましたが、このホールにはまた別のストーリーが用意されていました。

S・ガルシアがティショットを大きく曲げて、ギャラリーの中へ打ち込んだ際にボールがギャラリーの女性の指に当たり、婚約指輪からダイヤモンドが外れてしまったのです。S・ガルシアはその女性にサインボールを贈り、グリーンをオーバーした2打目を放った後にその女性の連絡先を訊いていました。幸いにも、落ちたダイヤモンドはラフの中から回収されましたが、S・ガルシアはパーセーブに失敗し、対するR・マキロイは2.5mのパットを沈め、3ホール連続バーディと快進撃を見せたのです。その後、R・マキロイは5番でも1.5mのバーディパットを沈めた為、最終組の2人の間には5ホールで5ストロークの差がつき、R・マキロイが逆に2打のリードを奪い首位に立ったのです。

流れを変えるための「何か」を起こさなければならないS・ガルシアでしたが、8番でR・マキロイがドライバーのティショットをラフへ打ち込んだことで流れが変わります。ラフからの第2打をガードバンカーに打ち込み、パーセーブに失敗と1打差に詰め寄ります。するとS・ガルシアは9番で4.5mのバーディパットを決め、同じホールでR・マキロイが2m足らずのバーディパットを決められず、ついに追いつく展開になったのです。両者共に通算14アンダーとしてバックナインを迎えたのですが、R・マキロイが11番で2.5mのバーディパットを決めた後、S・ガルシアがそれより僅かに近い位置からのバーディパットを外してしまい、R・マキロイが再び単独首位に立ち勝負は終盤を迎えました。そして、パー3の15番で決定的なターニングポイントが訪れます。S・ガルシアのティショットはグリーン左側のラフに外してしまいますが、バンカー越えで傾斜が強くピンに寄せるのがほぼ不可能なピッチショットが残りました。結局このホールをボギーと一打後退して、残り3ホールでR・マキロイのリードは2打となりました。ラストチャンスの17番ではS・ガルシアがピンそば3mにつけるバーディチャンスでしたが、これを決められず勝負が決しました。最終日は雨によりコースが柔らかくなる中、好スコアが続出する一日となりました。メジャー5勝のP・ミケルソンは10バーディ、2ボギーと猛チャージをかけ、8アンダーの「62」でホールアウトし健在ぶりをアピール。ここまで4大会連続で予選落ちの憂き目を見ていたL・ウェストウッドも「63」と、タイガーのライバルだった実力者二人が、久しぶりの上位進出でしたが、タイガーは最終日に背中の痛みと痙攣により途中棄権しています。

S・ガルシアこれまでに欧州ツアーで通算11勝、PGAツアーで通算8勝を挙げています。3歳から父親の手ほどきでゴルフを始めていますが、1999年の「マスターズ」でベスト・アマチュアに入り、同年5月にプロ転向。すぐに欧州ツアーの「アイリッシュ・オープン」でプロ初優勝を飾っています。同年8月の「全米プロゴルフ選手権」ではタイガーとの激闘の末に1打差の2位に入り、19歳の早熟ゴルファーとして一気に世界の注目を浴びることになりました。欧州ツアーの「リンデ・ドイツ・マスターズ」で2勝目を挙げると、アメリカ代表チームとヨーロッパ選抜チームによる団体戦「ライダーカップ」でも、史上最年少の19歳でヨーロッパ選抜の代表選手に選ばれています。この年は日本でも「三井住友VISA・太平洋マスターズ」「ダンロップ・フェニックスオープン」でプレーをして話題になっています。

これらの活躍により、S・ガルシアは2000年5月の第1回「ローレウス・スポーツ賞」で「最優秀新人賞」を授与されています。2001年5月の「マスターカード・コロニアル」でPGAツアー初優勝と、タイガーを追う一番手と評価されていました。2005年度はPGAツアーで「ブーズアレン・クラシック」、欧州ツアーで「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」で優勝したものの、その後3年間両ツアーとも優勝から遠ざかっていました。2007年の「全英オープン」では、最終ホールで短いパーパットを外し、パドレイグ・ハリントンとのプレーオフに敗れて2位に終わり「初メジャー」を逃しています。2008年5月の「ザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップ」で3年ぶりのPGAツアー優勝を果たし、S・ガルシアのゴルフは再び復調に向かっていたのですが「全米プロゴルフ選手権」で、またしてもP・ハリントンに2打差で敗れ「初メジャー」を逃しますが、欧州ツアーで2つの優勝を加え、2008年11月9日付の世界ランキングで、欧州のゴルファーとしてコリン・モンゴメリー以来12年ぶりの「2位」に食い込んだのです。

S・ガルシアのメジャー大会の自己最高成績は「マスターズ」が4位(2004年)、「全米オープン」が3位(2005年)、「全英オープン」が2位(2007年・2014年)、「全米プロゴルフ選手権」が2位(1999年・2008年)となっています。アジアンツアー4勝を挙げ、アマタスプリングスで開催された昨年の「タイランドチャンピオンシップ」でも優勝を飾っています。「全英オープン」に続き、R・マキロイの後塵を拝して2位に終わった後のインタビューで、ギャラリーの指輪から消えたダイヤモンドが見つからなかったら、買うつもりだったのかと問われたS・ガルシアは「その準備はあった」と微笑んでいました。質問をした女性記者が「私も今日ダイヤモンドをなくしたの」と言うと「本当?それって、僕が悪かったの?」と答え、沈みがちな敗者のインタビュー会場が大きな笑いに包まれました。昨年末の「タイランドCS」に優勝して以来好調で、今年は「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」で優勝後も「シェル・ヒューストンオープン」と「ザ・プレーヤーズ選手権」で3位。「トラベラーズ選手権」2位の後、「全英オープン」と「ブリジストンインビテーショナル」では「世界ランク1位」のR・マキロイについでの2位と好調を維持しています。かつて「エルニーニョ・神の子」として注目を集めたS・ガルシアが、念願のメジャー制覇に近づいています。

松山英樹は最終日を5バーディ3ボギーの「68」で回り、通算6アンダーの12位タイで4日間を締めくくりました。「最近なかったプレーがいくつも出たので良かった。バーディチャンスも多かったし、あとはそれを決めきれるパッティングの技術とラインの読みかなという感じがする」と、語っています。決勝ラウンド2日間で松山が奪ったバーディのうち1m付近につけてとったバーディが6個で「2日目が終わってから練習をして、良くなるものがあった」と、いうように決勝ラウンドに入ってショットは本来のキレを取り戻していました。パーオン時の平均パット数は4日間通算1.5851でフィールド1位と、ショットがピンに絡んでいたかを証明しています。しかし一方で、ストロークゲインド・パッティング(パッティングがどれだけスコアに貢献したかを表すスタッツ)は通算で-0.54353と全選手中49位で、松山と同スコア以上の選手の中では一番低い数値でした。平均パット数は近くにオンすれば当然良くなるのですが、松山の場合は平均的に決まる確率の高い、近い距離から決めきれていないということになります。

「ラインの読みが悪いのか、タッチが悪いのか分からないけど入らない。まぁ、そのうち入るでしょう」と、振り返る松山にとっては「ショットが良ければとりあえずは戦える」という手応えを得た様です「このショットが初日から出来れば、パットが悪くても上にいけるという感じはする。それを、初日が始まる前からしっかり作っておかないといけないけど、今年になって出来ていなかった」と、振り返っていました。「ショットは緊張してくれば崩れてくるし、世界のトップでもうまくコントロールできない人もいる。パットは小さなストロークだし、そこでいかにしっかりとしたものを作っておくかによって、ショットが悪くてもパーセーブできるときがある。そういう意味ではパットの方が大事だと思います」とも語っていますが、ショットとパットが噛み合えば、米国男子ツアー2勝目も、日本人として初の「メジャー優勝」に手の届くところに来ています。

「ブリヂストンオープン」優勝で参加資格を得た丸山大輔は「距離もあるし、セーフティな方しか狙っていけない」と、コースのプレッシャーをひしひしと感じ、「日本ツアー選手権」優勝で参加資格を得た169cmと小柄な竹谷佳孝は、トラブルになる前に堅実に刻む戦略を決めていましたが、スコアを伸ばして上位で戦うには「ハイリスク、ハイリターン」の険しい道を行くしかないのも事実です。最終日を終えて丸山は「長かった。ただただ長い、それだけでした。ランが出ないし、ラフに入ったら出すだけ。非常に苦しかった」と、なすすべなく戻ってくるのが精一杯という印象でした。「これが最後のアメリカだと思ってやっていた。やりながら、未来のないゴルフは厳しいなと。これから飛ぶようになるわけでもないし、パターが入るようになるわけでもない。どういうゴルフを目指し、どういうスタイルでやっていけばいいのか考えながらやっていたけど、見つからなかった」と、2006・2007年とシードを獲得しPGAツアーに挑戦していたこともあるだけに、感慨深げに語っていました。

PGAツアー初参加となった竹谷は「耐えなきゃと思ったけど、耐えられないリズムだった。単純に長い。どうやっても、今の技術、調子、気持ちという部分じゃ足りなくて、本当に難しいと思った」と同じく飛距離の壁に跳ね返されたようですが「打ちのめされたけど、またこういう舞台に来たいと思えることが収穫」と、課題に正面から向き合うことを誓っています。7,400ヤード、パー70で「ブルーモンスター」と称されるファイヤーストーンCCですが、バッバ・ワトソンが16番パー5で424ヤードを飛ばしたことでも分かるように、キャリーの出る選手のランディングポイントは下り傾斜になっていたり、幅が広くなっていたりする一方で、そこにたどり着くまでは狭くなっています。丸山は最終日の8番ではフェアウェイにすら届きませんでした。

第2打で握るのはユーティリティやロングアイアンばかりになりますが、日本ツアーでこういった長いコースが使われていないのが問題です。丸山は「以前アメリカに来ていたときは、普通の3Iもうまく打てていたけど、今は打たないんで4Iも厳しい感じ」と、語っています。「コースが選手を作る」というのは当然の話で、男子も女子も国内での状況は同じです。選手たちがどんなに努力しようとも、その技を引き出す舞台がなければ、技術を磨く必要もありません。日本にタフなコースが増えてくれば、それだけ世界で戦える選手が出てくる可能性も高まりますが、準備期間もあり開催コースの理解が必要です。海外参戦する日本人プレーヤーの中で、経験から「300ヤード近辺」に距離感の必要性を感じて練習しているはずの、石川と松山の成績が上位なのは「至極当然」なことなのです。

サミー・オオタカ