まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

お部屋の向き

 4月に入り、タイは一番暑い季節を迎えました。ソンクラーン休暇前後は、毎年1日の最高気温が38~40度位の日が続き、水を掛けたくなる気持ちも分かりますね。
 さて、今までお客様それぞれの条件に合ったお部屋の選び方を色々とご提案させて頂きましたが、今回は少し視点を変えて、お部屋の向きについて考えてみたいと思います。
 日本では当然、南向きの明るいお部屋、というのが人気第一位だと思いますが、こちらタイでは少々様子が違います。日本では、一番暑い時期は1年の内2~3ヶ月の間ですが、こちらは1年中が、日本のこの2~3ヶ月と同じ様な気候になりますので、暑さ対策が何より重要というわけです。
今みたいな特に暑い時期には、夜間を含め一日中エアコンを付けっぱなし、といったご家庭がほとんどだとは思いますが、これ以外の時期では、お部屋の向きや風通しによって、クーラーをお使いになる時間もかなり変わってくると思います。例えば同じ建物内で同じ様に生活したとしても、お部屋の向きによって、電気代が倍近く違う、という物件も中にはあります。また、リビングルームや寝室が全て同じ方角を向いているとは限りませんので、どのお部屋がどの方角に向いているか、というのもポイントです。そしてお住まいになる方のライフスタイルにより、どのお部屋でどういった時間帯を過ごされるのか、によっても良い向きというのは変わってきます。
 寝室が西にあると、日中壁が焼けていますので、せっかくエアコンをお休みタイマーにしても、スイッチが切れたとたん、こもった熱ですぐに暑くなり目が覚めてしまう、という事になってしまいがちです。また、寝室が東のお部屋では、たまのお休みやご出張明けにゆっくり寝ていたくても、日の出と共に目が覚めてしまう。というお話もよく伺います。せっかくの南向きのリビングも、窓が大きくベランダやひさしがないと、日中カーテンを閉めなければ、暑いだけでなく、家具やお肌が日焼けしてしまいます。また、キッチンが西に向いていますと、奥様の毎日の夕食のお支度が大変な事になってしまいます。
 それではタイでは何向きの方角が一番人気があるのでしょうか?
それはズバリ、北向きです!タイはほとんど赤道近くに位置していますので、北も明るく、南ほど暑くはなりません。さらに南北に風が通る間取りになっていれば、特に乾期等は一日中エアコンを使わなくても、気持ちよく生活できるでしょう。ただし、風水をお気になさる方はやはり、北向きはちょっと・・・と仰いますね。そんな方には、東向き中心のお部屋が運気も上がり、西日も入らないのでお勧めですよ!眺めで言うなら、スクムビットの場合、夜景の綺麗なシティービューは西側になります。
南側の高層階なら、チャオプラヤー川やサトーン橋などの景色が楽しめ、ご自宅のお部屋から花火鑑賞ができますよ!東側はスワンナプーム空港や、カンボジア国境まで続くスクムビット通りを眺めることができます。ただ、実際には隣の建物のせいで景色は見えなかったり、隣が近いため窓も開けられなかったなど、お部屋に入って見てみなければ分からない事が沢山あります。
いかがですか?もっと詳しくお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmadv