打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

「フィルのゴルフは次元が違う」(石川遼)

 シーズンの大詰め、毎試合ごとに出場人数が絞り込まれるプレーオフシリーズの初戦「ザ・バークレイズ」の初日はスコアを伸ばす選手が多く大混戦の幕開けとなりました。10番からの第1組で出た石川遼が4アンダーをマークし首位と2打差の10位タイ。スタートから3ホール連続1パットのパーで凌いだ石川は、後半の2番から4連続バーディを奪いスコアを伸ばしました。スコアを伸ばす選手、崩す選手と順位が大幅に入れ替わった2日目に首位に浮上したのは、大会連覇を狙うアダム・スコットと「全米プロ」で「ショートパットの際にボールの上を素振りしたことが空振りにあたるのではないか」と、自ら名乗り出て過少申告で失格になったキャメロン・トリンゲールの2選手でした。

 首位と1打差の通算7アンダー3位にはジム・フューリック、ブレンダン・トッド、ケビン・チャペルの3選手。通算6アンダー6位には前号で取り上げたアーニー・エルス、ヘンリック・ステンソン、ジェイソン・デイと豪華な顔ぶれになりました。初日3アンダーの13位タイにつけた松山英樹は、スコアを1つ伸ばして通算4アンダーでフィニッシュ。順位は少しさげて16位タイとなりましたが、まだまだ上位が狙える位置につけていました。4アンダー10位から出た石川は、出入りの激しいゴルフでスコアを2つ落とし、通算2アンダーの39位タイに後退したものの、揃って決勝ラウンド進出を決めました。また、初日に3オーバー102位タイと出遅れていた世界ランキング1位のR・マキロイは、スコアを6つ伸ばして通算3アンダーの27位タイに浮上していました。

 プレーオフ第2戦までの出場権を確保している石川でしたが、第3戦そして最終戦出場のためにはやはり優勝争いに絡む上位フィニッシュが必要でした。それゆえ最低限の予選通過を果たしても「コツコツと30位、40位じゃ最終戦はかなり遠のくし、3試合目も危うい。ドンと一発行きたいと思っている」と語り、ショートゲームがスコアを安定させているだけに「ビッグスコアを出したいです。上を目指してやりたい」という言葉が切実で、少しでも長く今シーズンを戦いたいという想いを感じました。

 3日目は上位陣がスコアを伸ばせず混とんとする展開となり、通算9アンダーとしたジム・フューリックと、ジェイソン・デイが首位に立ち、1打差の通算8アンダー3位でハンター・メイハンが追う優勝争いでした。39位タイから出た石川は6バーディ、3ボギーの68で回り、通算5アンダーと16位まで順位を浮上させました。2番のパー3で1.8mをきっちり決めバーディ先行。8番で7mを沈めるなどパットが冴え、折り返し後も13、15、16番とバーディを重ねました。 松山は3バーディ、4ボギーの72とスコアを落とし、通算3アンダーで30位タイとなりましたが、2番のパー3でスリーパットボギー。6、7、9番でバーディを奪取しますが、後半は3つのボギーを重ねて後退し「悔しいというより、あきれています」と、ホールアウト直後の松山は腰に手をやり、ため息を混じりに答えていましたが、ショットでチャンスを作りながらも、3m以内のバーディチャンスが決まらず流れに乗れませんでした。

 「ザ・バークレイズ」の優勝争いは3位からスタートしたH・メイハンが7バーディ、1ボギーの65で回り、通算14アンダーと抜け出し、2012年以来となるPGAツアー6勝目を飾りました。首位タイからスタートしたJ・デイ、C・トリンゲール、最終日65と爆発したS・アップルビーの3人が、通算12アンダーで2位に入り、E・エルスは5位に入っています。16位タイから出た石川は3バーディ・2ボギーで回り、通算6アンダーと一つスコアを伸ばしました。順位を下げて19位タイでしたが、最後までわずかに決まらないパットに泣かされたラウンドでした。フェデックスカップポイントランキングは、75位から56位まで上昇し、上位70人が出場できるプレーオフ3戦目「BMV選手権」出場に、期待が持てる順位に上がりました。2バーディ1ボギーで回った松山英樹は、通算4アンダーの30位タイで「フェデックスカップポイント」は24位と下がりましたが、松山はすでに第3戦までの出場権を確保していました。

 プレーオフ第2戦「ドイツバンク選手権」に臨むにあたり、プレーオフ初参戦となる松山と石川は、体調に問題がを抱え、調整に失敗したため低調な滑り出しとなりました。松山は課題とするパットに苦しみ、3バーディ、5ボギーと65位タイでホールアウト。石川は前半4番でダブルボギー、後半12番でダブルパーを叩くなど、今季ワーストに並ぶ78と崩れ、7オーバー93位と大きく出遅れてしまいます。2日目の松山は二つのダブルボギーがありながら8バーディを奪い44位タイまで順位を上げて予選を通過。石川は3バーディ・3ボギーとスコアを伸ばせず予選落ち。第1戦終了時点で56位だった石川は、第2戦で予選落ちを喫したことで、ランキング上位70位までに絞られる第3戦進出が、他選手の決勝ラウンドでの動向に委ねられることになりましたが、結局72位まで後退し第3戦進出はなりませんでした。

 石川は決勝ラウンド進出を逃した後、第3戦の会場、チェリーヒルズCCで事前調整を進めていましたが、敗退が決まると「この結果を受けて自分にはいろいろな思いがありますが、客観的事実としていえるのは昨シーズンから約70ほどランクをあげてシーズンが終わった、ということ。1年前は「Web.comファイナルズ」にいました。今年はプレーオフを戦いました。自分は果たして向上できているのか、確証を得られない日々ですが、小さいか大きいかは関係なくこのひとつの事実が前を向かせてくれます」と、コメントを発表しています。さらに「どんなに小さな一歩でも進めているなら、プラスにとらえたい。満足していないことが多い、もっとできたはずだ、という気持ちもあります。来シーズンはもう一つ、二つ先まで進めるようにがんばります。改めまして、今シーズンも応援ありがとうございました」と、2014年PGAツアーを締めくくっています。

 「PGAツアー初優勝」は叶いませんでしたが、24試合に出場しトップ10入りを3度、トップ25入りが9度のシーズンでした。10度の予選落ちは初参戦となった昨季と同じですが、昨季はトップ10入りが1度だったことを考えれば、明らかに進歩しています。今季の石川は昨秋に始まった前半戦と後半戦とで戦い方を大きく変えています。シード権獲得に苦労した昨シーズンの経験を踏まえ、まずは目の前のポイントを獲得するため、セーフティな攻め方を重視。その結果、出場できなかった4月「マスターズ」の前には翌シーズンのシードを確実にしたのです。後半に入ると「アグレッシブ」にボールを遠くへ飛ばし、リスク承知でピンを狙っていくかつての攻め方に変えるため、集中的にショット練習を行うことを、5月末、オハイオのレストランでサポートスタッフに告げています。7月の北海道合宿を敢行中に「セガサミーカップ」で優勝を果たし、戦っているステージの違いをまざまざと見せつけたのですが、この冬にも長期の合宿に入るつもりだといいます。

 石川は「結果を求めている自分がめちゃめちゃ強いんです。けれど、向上心を持つ自分を強くしないといけない。意識的に結果にこだわらないこと。取り組むことに取り組むことで、結果を出したい」とも語っています。10月の「フライズドットコムオープン」で開幕する2014-15年の新シーズンですが、石川はテーマに「自分の精神状態のバランスを取ること」を挙げています。9月の「ANAオープン」をはじめ、年末までにスポット参戦する国内ツアーで好成績を挙げれば、来年度の「マスターズ」出場などがかかる世界ランク50位以内への復帰も可能になるでしょう。「英樹に比べたら、上に進むスピードはすごく遅いかもしれないけれど、自分のペースというか、人生なので。羨ましいなと思っても仕方がない。這い上がっていきたい」と、ライバルへの意識も高まっている様です。

 予選落ちを喫し今シーズンを終えた石川の心を揺さぶったのは、同組でプレーしたフィル・ミケルソンが見せた攻めのスタイルで「非常にショックだった」と語っています。初日に7オーバーと出遅れた石川はこの日、1ストローク落としてハーフターン。P・ミケルソンが驚きのプレーを見せたのはその直後でした。後半1番は365ヤードと短くバーディを狙えるパー4。ほとんどのプレーヤーがティショット刻んで攻めますが、P・ミケルソンはドライバーを手にし、300ヤード先のフェアウェイをピンポイントでとらえたのです。するとP・ミケルソンは、第2打を放つ直前、キャディのボーンをグリーンに走らせ、ピンを抜かせたのです。残りは80ヤード弱で64度のウェッジでチップインイーグルを狙ったのですが、ボールは手前2mに止まりバーディ止まり。しかしビッグレフティに浴びせられる声援を聞きながら、石川は呆然としたといいます。

 「なんでフィルがドライバーを握って、オレが握らないのかと。ゴルフをやっている次元が違う。左のハザードも近くて、すごく狭いホール。自分はドライバーにまだ自信を持てていないし、あの狭いところに打っていく技術もない。フィルの一打で、自分の気持ちではなく、技術のレベルがないと思った」と衝撃を受けたことを語っています。北海道合宿を行ったのは、アイアン、そしてドライバーショットをよりアグレッシブなものにするためでした。精度向上を目指し、攻め方を日本にいた頃のような、ドライバーを中心にティショットを組み立てるスタイルに戻す決意を固めてまだ間もない時で、スーパースターから受けた「無言の教訓」をしっかりと受け止めている様です。

 9月25日にスコットランドのグレンイーグルスで開幕する「ライダーカップ」の、米国と欧州選抜の対抗戦の出場メンバーが正式決定しました。両チーム12人の選抜選手のうち9人は独自のポイントランキングで選ばれていましたが、米国のキャプテンを務めるトム・ワトソン、欧州のポール・マギンリーが各3人の主将推薦選手(キャプテンズピック)を発表したのです。米国はフェデックスカッププレーオフの第1戦「ザ・バークレイズ」を制したハンター・メイハンのほか、ウェブ・シンプソン、キーガン・ブラッドリーを選出。

 欧州はイアン・ボールター、リー・ウェストウッドのほか、スティーブン・ギャラハーが初めてメンバーに加わりましたが、ルーク・ドナルドが選抜から漏れていますが、かつてL・ドナルドとダブルスでコンビを組んだ経験もあるP・マギンリー主将は「本当に難しい決断で、話すのが難しかった。僕たちは近い関係性があるから」と、最後まで悩んだことを話しています。欧州選抜のメンバーは R.マキロイ、H.ステンソン、V.デュビッソン、J.ドナルドソン、S.ガルシア、J.ローズ、M.カイマー、T.ビヨーン、G.マクドウェル、I.ポールター、L.ウェストウッド、S.ギャラハーとなりました。

 米国選抜は B.ワトソン、R.ファウラー、J.フューリック、J.ウォーカー、P.ミケルソン、M.クーチャー、J.スピース、P.リード、Z.ジョンソン、K.ブラッドリー、W.シンプソン、H.メイハンとなっています。「ライダーカップ」は、イングランドの大富豪であったサムエル・ライダーが優勝杯を寄贈したことから始まっています。当初は米国 VS英国の対抗戦でしたが、現在は欧州と米国の戦いで、ホーム・アンド・アウェー方式で争われ、それぞれのツアーに所属する主力選手が出場する団体戦形式で行われています。賞金が支給されないのですが、メンバーに選ばれることが大変な名誉を得るといわれ、白熱した戦いが繰り広げられるのです。過去10回は欧州7勝・米国3勝となっていますが、前回大会は亡くなった「セベ・バレステロス」のためにと団結した欧州チームが、1ポイント差で大逆転勝利を飾っています。

サミー・オオタカ