打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

日本勢総崩れのウィンダム選手権

 優雅なスイングとおっとりした物腰から「The Big Easy」と称されているアーニー・エルスが好調です。メジャー4勝でPGAツアー19勝、欧州ツアー28勝の実績ですが、世界ランク1位に君臨したこともあり「世界ゴルフ殿堂」入りしているプレーヤーです。「全米プロ」の最終日は「65」の7位タイでフィニッシュ。今シーズン初のトップ10フィニッシュを果たし、フェデックスカップポイントでも15人を抜いて、83位に浮上しました。「クラブを上手く使えるように、ハードワークをこなしている。信じられないくらい良いリズムに乗れた。全てのホールでバーディを取れる気がしたくらい。それだけの勢いに乗れた」と、2年前のミュアフィールドで制した「全英オープン」に近い感覚を「全米プロ」の最終日で得たと語っています

 雨でおよそ2時間の中断を挟んだ時に2番ホールにいたE・エルスは、シェリル・カルダー医師と続けている視覚化(ビジュアライゼーション)トレーニングについて「これまでのようにグリーンでミスばかりしていれば、誰だってパットの調子を戻すのは難しいと考えてしまう。でも、シェリルのおかげで自分を信じられるようになったし、彼女も私がパッティングに優れていると信じてくれている」と、トレーニングの効果を語っています。「彼女が立ててくれる練習をこなしているだけだが、ここ数週間で自信が出てきた。以前よりも安定してきたし、ストロークも良くなった。今後もトレーニングを続けていくよ」と、腰痛を抱えながらも自信を取り戻しつつあるようです。

 E・エルスはオーバーワークを腰痛の理由としてあげていますが「以前も同じような痛みを経験しており、トレーナーも対処法を理解している」とも語り、PGAツアー通算20勝達成を目標に掲げています。「全英オープン」を制した際に使っていたベリーパターをショートパターに持ち替え「グリーンでは、以前の自分を感じられている。だから凄く興奮しているよ。大きな空白を埋められたように感じる。特に、自分に欠けていたショートゲームの面でね。パットが決まるようになるのは気持ちが良いこと。こうして話している今も笑顔になってしまっているかもしれない。ゴルファーにとって、パットが不調の時は笑えないもの。今後数年以内にメジャーで勝てる気がしているほどにね。だから、今後もコツコツとやっていくさ」と、プレーへの自信はコメントからも明らかで「フェデックスカッププレーオフシリーズ」で、爆発する可能性を感じます。

 レギュラーシリーズの最終戦「ウィンダム選手権」初日、カミロ・ビジェガスが1イーグル5バーディの「63」で回り、7アンダー単独首位の好スタートを切りました。日本勢では来季のシード権を懸けた今田竜二が5バーディ・1ボギーの「66」で回り、4アンダーの9位タイで好発進を決めたほか、松山英樹が1イーグル・1ボギーの「69」、1アンダー49位タイ、石川遼は3バーディ・3ボギーの「70」で回り、イーブンパー73位タイとやや出遅れたスタートでした。2日目は石川が9バーディ・1ボギーで回り、この日のベストスコア「62」をマーク。通算8アンダーとして、首位と2打差の7位タイまで急浮上しました。

 初日を49位タイで終えた松山は、「70」で回り通算1アンダーと順位を79位タイまで下げ、カットラインまで1打足りずに予選落ちしましたが、松山のPGAツアーでの予選落ちは、4月の「RBCヘリテージ」以来でした。今季3度目の予選落ちとなりましたが、浮上のきっかけになりそうな場面もありました。前半9番で奥から3mのバーディパットを決め、通算2アンダーとしてハーフターン。ところが11番で6mから3パットのボギーで後退すると、続く12番からは4m前後のバーディパットをことごとく外してしまいます。 「ショットが悪い中でもチャンスはたくさんありましたし、パーオン率も高かった。最後の締めが上手くできなかった」と語るように、18ホール中15ホールでパーオンを果たしています。カットラインに1打差で迎えた最終18番では、打ち上げ、左足下がりのライからピン右奥2mにつけるスーパーショット。「全米プロ」でバーディ、イーグルフィニッシュで決勝ラウンドに進んだ2日目を思い起こさせる1打を放ちますが、続くパットは無情にもカップの脇をすり抜け「毎週毎週、あんな劇的な感じでは行かないでしょうね」と、苦笑いの終戦でした。しかしラウンド後3時間余りの居残り、練習に懸命に取り組む姿勢は「フェデックスカッププレーオフシリーズ」に繋がってくれるでしょう。

 初日9位だった今田は4ボギー、2ダブルボギーと大崩れ。通算4オーバー133位タイで、こちらも予選2日間で姿を消すこととなり、来季のシード復帰への道が再び遠のきました。 「昨日とは真逆で。気分屋なんですかね」と、出だし5ホールで3m前後のバーディパットを沈め勢いづいた初日とは違い、2日目はスタートの10番でいきなり3パットボギー、14番はグリーン手前の花道からの第3打で、まさかの“ザックリ”ミスからダブルボギーを叩き、序盤から後退への道をたどりました。カラーからも含め3パットが相次いだラウンドに「ここ数年はやっぱりパットに苦しんでいる。調子が良かった時はパットで流れを掴んでやってきた。ショット自体はもともと下手だから、そんなに変わってないと思うんですけど、流れを変えるパットが入らない」と、苦悩を語っています。

 今田は少年時代に「マスターズ」をテレビで見たことで強い憧れを抱き、14歳の時アメリカでゴルフを学びたいと、単身フロリダ州タンパに渡りゴルフを学んでいます。ジュニア時代には、15歳でアメリカのジュニア・トーナメントに初優勝を記録するなど、全米ジュニアの大会で通算6勝を挙げ、「ゴルフウィーク誌選出最優秀ジュニアプレーヤー」「ロレックス・ジュニア年間最優秀選手賞」などを受賞。全米アマチュアランキングでタイガーに次ぐ2位になるなど、輝かしい経歴を持っています。2008年5月PGAツアーの「AT&Tクラシック」の最終日、首位から3打差でスタートからケニー・ペリーとのプレーオフに持ち込み、最初のホールでK・ペリーがボギーを叩いた後、今田はパーをセーブし、悲願のPGAツアー初優勝を飾り、夢だった「マスターズ」にも出場を果たしています。日本人としてのPGAツアー優勝は青木功、丸山茂樹に続いて史上3人目でした。

 今大会終了後、現在195位のフェデックスカップランキングで200位以内をキープすれば、2週後に始まる全4戦の下部ツアー選手との入れ替え戦「ウェブドットコムツアーファイナルズ」に参戦して再び来季の出場権獲得を狙えるのですが、他選手の動向で201位以下となれば、下部ツアーのQT受験というステージを踏むことになります。「泣きながら、なんとかかんとか、やるしかないんです。苦しいし、つらいけど、僕にはこれしかない。他に才能があるわけではないしね。ゴルフしかないんで。ここで頑張るしかないんで。やっぱり結果がすべてなんですけど、それだけじゃないって思いながら頑張っていくしかない」と語っています。中学生時代に単身で海を渡り、日本人選手の中で誰よりも長く、米国の厳しさに身を委ねてきた先駆者が次の戦いに挑みます。

 ベストスコアの石川は「自分でもビックリしている。今シーズンのベストラウンドだと思う」と語っていました。出場全選手のうち2日間を通してのベストスコアで、2011年「WGCブリヂストンインビテーショナル」3日目の「64」を更新するベストスコアでした。「実感がないというか、予選落ちかなと思ってスタートした」と、笑顔で答えていましたが1番でいきなり3パットボギーを叩き、予選通過のカットラインから一歩遠ざかり、4番ではティショットを大きく左に曲げ、悪い流れになりそうでした。ところがこのボールが木に当たってフェアウェイに出たところから流れは急転するのです。4mのチャンスを活かしてバーディを決めると、続く5番パー5では2打目をアイアンでグリーン右のエッジまで運び2連続バーディ。「自分の持っているテーマを焦らず続けていこう」と、ドライバーでアドバンテージを得ていく攻撃的なゴルフに徹することだけを考え、目の前の一打に集中し流れを引き寄せます。圧巻は後半のバーディラッシュで9番、10番は、いずれもドライバーでのビッグドライブから、アプローチウェッジでピンに絡めて2連続。さらに12番パー3から2連続、15番パー5からは3連続バーディを決めてみせます。

 最終18番は第1打を「最悪のショット。ボールを撫でてしまった」と右ラフに大きく曲げますが、2打目できっちりとグリーンを捕え、強烈な下りのフックラインを2パットでパーセーブ。「今シーズン、アプローチとパットを磨いてきた。それがやっと噛み合った」と安堵感いっぱいに語っていました。2日間のドライビングディスタンス294.7ヤードは堂々の1位。パー3を除くと、セカンドオナーも一度もなく「刻もうと思えばいくらでも刻めるコース」というだけに、攻め方のルートはいくつも考えられるコースです。しかし取り戻したドライバー中心のプレースタイルと、練習を繰り返したショートゲームが「62」という数字に現れたのでしょう。トップとは2打差に迫り「本当に楽しみ」とも語っていましたが、米国で予選を通過したのは6月初旬の「ザ・メモリアルトーナメント」以来でした。

 期待された3日目の石川は、この日ワーストとなる「78」の大崩れとなり、通算イーブンパーまでスコアを落とし、順位も67位タイまで一気に下げてしまいました。出だしの1番からティショットを左に曲げてボギーとした石川は6番でもボギーを重ね、11番では3パットのダブルボギー。13番でもティショットを大きく右に曲げてトリプルボギーを叩くなど、前日とは別人のラウンドでした。17番でこの日唯一のバーディを奪いますが、直後の最終18番で4オン2パットのダブルボギーとするなど、最後までプレーに精彩を欠きました。

 最終日は首位に4打差の8位タイからスタートしたカミロ・ビジェガスが前半アウトを「29」で回るなど、1イーグル、5バーディの「63」をマークし、通算17アンダーとして2010年「ザ・ホンダクラシック」以来4年ぶりのツアー通算4勝目を飾りました。67位タイからスタートした石川は2バーディ、2ボギーの「70」とスコアを伸ばせず、通算イーブンパーの70位タイでフィニッシュしましたが「初日、2日目の緊迫感とは違い、集中するのが難しかった」と、最終日にも関わらずラウンド後は練習場で打ち込みを行なっています。

 1年前、下部ツアー選手との「入れ替え戦」行きが決まった昨年大会のことを思い起こせば、来季のシードを確保した今シーズンの成績は立派なもので、戦いのなかで確実にステップアップを果たしています。「最低限のラインはクリアした。今の順位で満足していないところもあるが」と、今後の戦いに期待が持てます。来季のシード権を手にしたフェデックスポイントランキング上位125人で争われる「フェデックスカッププレーオフシリーズ」 の初戦を75位で迎える石川は、既に2戦目の「ドイツバンク選手権」までの出場が確定しています。当面の目標は上位70人による第3戦「BMW選手権」の出場権を勝ち取ることです。最終戦「ツアー選手権byコカ・コーラ」に進む上位30人に入れば、来年度のメジャー「マスターズ」、「全米オープン」、「全英オープン」の出場権を獲得します。天国から地獄へ突き落とされた戦いでしたが「積極的にドライバーで、自信を持って打てるようにしたい」と、期待が持てる状態になっています。

サミー・オオタカ