打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

「ライダーカップ」に見た欧州選抜の実力差

 米国選抜と欧州選抜による2年に1度の対抗戦「ライダーカップ」がスコットランドのグレンイーグルスで開催されました。午前にフォアボールマッチプレー4試合(2人がそれぞれのボールでプレーし、ホールごとに良い方のスコア採用)、午後にフォアサムマッチプレー4試合(2人が同じボールを交互に打つ)が組まれ、初日は大会3連覇を狙う欧州選抜が5.0対3.0と2ポイントのリードを奪いました。初戦のバッバ・ワトソン&ウェブ・シンプソン組はジャスティン・ローズ&ヘンリック・ステンソン組に5&4と敗れますが、続くリッキー・ファウラー&ジミー・ウォーカー組が終盤に追い上げて引き分けに持ちこみ、流れを呼び込み、続くジョーダン・スピース&パトリック・リードの初出場コンビがスティーブン・ギャラハー&イアン・ポールターを5&4で撃破。さらに、前回大会の12年に負けなしの3勝を挙げたゴールデンペア、フィル・ミケルソン&キーガン・ブラッドリー組がエース格のセルヒオ・ガルシア&ロリー・マキロイ組を1UPで破り2連勝と勢いに乗ります。

 フォアボールは米国が2勝1分け1敗として2.5ポイントを獲得、(欧州1.5ポイント)1ポイントのリードを奪います。しかし、午後のフォアサムに入ると欧州が猛反撃。午前は控えに回ったジェイミー・ドナルドソン&リー・ウェストウッド組が2UPで先制すると、続くJ・ローズ&H・ステンソン組が午前に続いて2連勝。続くS・ガルシア&R・マキロイ組もR・ファウラー&J・ウォーカー組に引き分けると、アンカーを任せられたビクトル・デュビッソン&グレーム・マクドウェルが、P・ミケルソン&K・ブラッドリー組を3&2で破り、3勝1分けとした欧州が3.5ポイント(米国0.5ポイント)を加算し、通算で2ポイントのリードで初日を終えます。

 午前中に行われたフォアボールマッチプレーで、米国選抜の中で最高のパフォーマンスを披露したのは「ライダーカップ」初出場のジョーダン・スピースとパトリック・リードでした。二人は当然午後のフォアサムマッチプレーに出場する権利を午前のプレーで勝ち取ったと感じていたようですが、米国主将のトム・ワトソンは非情な決断を下します。2人は、午後のセッションに出場するメンバーから外れたのです。「彼らは出場機会を与えなかった私に怒っていた」と会見で話したT・ワトソンは「君たちが腹を立てるのは判っていた。ただ、明日は間違いなくプレーすることになる」と言い聞かせたといいます。「前回の活躍で選ばれたイアン・ポールターと地元のスティーブン・ギャラハーを破ったJ・スピースとP・リードを午後も残すべきだったのではないか?」と、T・ワトソンへの批判が広がることになったのです。

 T・ワトソンは「彼らを起用しなかったのは難しい判断だった。疑問もあったが、直観でベストな判断だと感じた。いかなる決断を下すときも、人は確信など持てない。どういう結果になるかは誰にも分からないのだからね。結果は予測できない。手元にあった情報を考慮した結果、ベストな決断と感じた」と振り返っています。2012年の前回大会から4連勝していたP・ミケルソン&K・ブラッドリーのゴールデンペアも、グレーム・マクドウェル&ビクトル・デュビッソン組に3&2で敗れ、「フィルとキーガンは午後苦しんだ。多くのパットを外していた」と分析し、土曜の午前中に行われるフォアボールセッションから外されたばかりか、キャプテンはフォアサムでゴールデンペアを解消させる可能性まで示唆したのです。

 2日目の午前の戦いは、J・ローズ&H・ステンソン組が7番から10ホール連続でバーディを奪うなど、16ホールを12アンダーで回り、B・ワトソンとM・クーチャーのペアを3&2で破る理想的なスタートを切りました。しかしL・ウェストウッド&J・ドナルドソン組はJ・フューリック&H・メイハン組に4&3で敗れ、T・ビヨーンとM・カイマーのペアはJ・スピースとP・リードのルーキーコンビに5&3と連敗を喫しますが、I・ポールターはR・マキロイと組んだアンカー戦で、J・ウォーカーとR・ファウラーのペアとの勝負を引き分けに持ち込み、これにより欧州は6.5対5.5でなんとかリードを保ったのです。
 午後はL・ウェストウッドとJ・ドナルドソン組がザック・ジョンソン&マット・クーチャー組に2&1で勝利を挙げるのですが、この勝利により「ライダーカップ」での獲得ポイントを23まで伸ばしたL・ウェストウッドは、セベ・バレステロスを0.5ポイント上回り、最多記録を保持するニック・ファルドまで2ポイントと迫ったのです。その後、G・マクドウェル&V・デュビッソン組がJ・ウォーカー&R・ファウラー組に5&4と圧勝と、フォアサムでの2連勝を飾るとG・マクドウェルは「あの若者がどれだけ才能にあふれているかは言葉で語り尽くせないね、彼は僕が一緒にプレーした選手ではロリー・マキロイ以来最高の選手かもしれない。それだけで彼のすごさが分かるだろう」と、24歳のフランス人ルーキーのパートナーを称えています。

 残りの2戦は接戦となります。S・ガルシア&R・マキロイ組とJ・フューリックとH・メイハン組は、10ホール連続で互いに譲らない展開でしたが、S・ガルシア&R・マキロイ組が14番と16番でバーディを奪いこの勝負をものにしました。「手柄を自分のものとしたいところだけど、今日はロリーが残りの3人を上回ったね、僕はベストの状態ではなかったけれど、ロリーが僕をずいぶん落ち着かせてくれた」と、振り返っています。J・ローズとM・カイマーは12番と15番ホールを獲ってJ・スピース&P・リード組との勝負をオールスクエアに戻すと、16番では信じられない相手の取りこぼしに恵まれました。パー5をボギーで上がった欧州のペアを前に、P・リードが60センチ余りのパーパットを外してしまったのです。
 しかし米国若手ペアは17番を獲り返して1アップで最終ホールを迎えます。しかし米国ペアはガードバンカーにつかまり、ライの悪さからピン方向へはショットが打てないピンチを迎えます。対するM・カイマーは同じバンカーから絶妙なショットを放ち、J・スピースが長いバーディトライを外したのを尻目に、J・ローズがしっかりとバーディパットを決め、この勝負を引き分けとしました。Mカイマーは「勝てるチャンスもあったのだけど、とにかく18番へ向かって歩いているときに、ジャスティンに言ったんだ、僕らの労力は少なくとも引き分けには値するとね。僕は2オンのイーグルを狙おうと言ったけど、いい感じの寄せワンになったね」と、勝利を振り返っていました。

 通算10回目の「ライダーカップ」出場となったフィル・ミケルソンにとって2日目の午前・午後の両セッションでプレーする機会を与えられなかったのは初めての経験でした。出場機会を与えられなかったのはP・ミケルソンだけではなく、金曜日にパートナーを組んだキーガン・ブラッドリーも同じで、土曜の午前中に行われたフォアボール、午後のフォアサムのメンバーから外されました。米国キャプテンのトム・ワトソンは、前日のフォアサムで敗れた2人が見せたパフォーマンスを考慮し、最終日のシングルスを万全な状態で迎えられるよう、休養を与える決断を下したのですが、両選手とも主将の判断に納得せず、P・ミケルソンにいたっては午後のラインアップに入れるよう、懇願するメールを送ってきたと明かしています。「彼は私に『自分たちにチャンスをくれ』と言ってきたが、ノーと答えるしかなかった、昨日、彼を2ラウンドプレーさせた結果、夜には疲れていた。彼と同じテーブルに着いた時、彼は疲れ切っていた。昨日2ラウンドプレーさせたのが間違いだったのかもしれない」と、理由を語っています。
 フォアボールとシングルマッチを合わせれば、欧州選抜より1ポイントリードしていた米国選抜でしたが、2つのフォアサムセッションでは6ポイントの大差をつけられました。米国はフォアサム8試合で1つも勝利を挙げられず、10対6と欧州勢がリードした状態で迎えた最終日は、両チーム全選手が出揃うシングルスマッチプレー12試合が行われ、4ポイントリードで最終日を迎えた欧州選抜が5勝3分4敗として6.5ポイントを加算。3日間の通算成績を16.5対11.5とし、大会3連覇を達成しました。欧州はホームで迎えた節目の40回大会を制し、通算勝敗を13勝2分25敗となりました。当初は英国対米国の対抗戦だったため数字上ではいまだ大きく負け越していますが、1995年からの10試合では8勝2敗と米国選抜を圧倒しています。

 チームとしてアジアから欧州、さらに米国と転戦する欧州選抜が、近年の実力差をまざまざと見せつける結果となりましたが、シングルスで欧州に最初の勝ち点をもたらしたのは3組目からスタートした「エース」ロリー・マキロイでした。同世代のライバル、リッキー・ファウラーに対してスタートから6ホールで5UPを奪う猛攻を見せ、4ホールを残して5&4で完勝。世界ランキング1位に君臨する若きリーダーが、チームに弾みをもたらしました。

 大会直前、チームとしての結束を固めるために、キャプテンであるポール・マギンリーによってグレンイーグルスに招待されたマンチェスター・ユナイテッド元監督のアレックス・ファーガソンからのアドバイスについて、R・マキロイが語っています。「彼はこれまで経験した大きな試合や指導してきた選手たちの話をしてくれた。最高の夜だったね。あの場にいられたのはとてもクールな体験だった。彼の考えは、チームとして成功を収める上での鍵だったからね」と、A・ファーガソンが欧州代表チームに語った言葉を夢見心地で聞いたと興奮気味に振り返っていました。

 スポーツ界の著名人が、ライダーカップの代表チームに招かれて話をするのは欧州チームの恒例となっています。中でもR・マキロイが最も鮮明に覚えているのは2010年にケルティックマナーリゾートで、テレビ電話越しに聞いたセベ・バレステロスの話だといいます。R・マキロイは「こういうのは助けになる。全体図の中の細部に過ぎないけれど、こうした話があのトロフィーを獲得する上で必要な0.5パーセント、あるいは1パーセントの助けになるんだ」と普段の個人競技ではなく「チームプレー」がゆえに、長い期間にわたって高いレベルでパフォーマンスを持続した人の話を聞くことが、とても貴重な時間だったとも語っています。試合に入る前にチームとして「どうあるべきか」を語ってくれたA・ファーガソンには、全ての選手が感謝の言葉を述べています。

 開幕前からの選手とキャプテンの間のコミュニケーション不足、これが米国チームの敗因のような気がします。キャプテンが選手の意見に耳を貸さないのも問題です。T・ワトソンキャプテンは、タイガーが欠場を決意する前、全英オープンの会場でタイガーと会話の機会を持つことはなかったということです。「腰の調子はどうか」と、声をかけるのがキャプテンの仕事です。疲労の度合いを含め、やる気を本人に問うことや、自分の作戦が最善だと思っても選手がどう思うかを聞いて調整することでチームが「結束」が固まるのではないでしょうか。そう思うと大会が始まる前から米国チームは負けていたのかもしれません。65歳のキャプテンに、副キャプテンが72歳、63歳、47歳と、選手との世代の差がありすぎることも問題でした。T・ビヨーンは「マギンリーはキャプテンとはどうあるべきかを改めた。どの選手も自分は特別なんだと感じられる接し方をした、素晴らしいキャプテンだった」と称えましたが、P・マギンリーと選手との距離が、米国チームのそれよりもはるかに近かったのが勝因と言える「ライダーカップ」でした。

サミー・オオタカ