打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

上田桃子の復活勝利

 マレーシアのクアラルンプールG&CCで開催されたPGAツアー「CIMBクラシック」の3日目。4アンダーの18位タイからスタートした石川遼は3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの73とスコアを落とし、通算3アンダー29位タイに後退しましたが、高い湿度による体調不良に悩まされたことを語っていました。3日連続で発生した雷雨による中断の最中、クラブハウスで椅子に腰かけていた石川は「13番までは大丈夫だったんですけど、中断で休んだときに途中から体がけいれん、震え出した」と振り返っていましたが、約2時間半の休憩後は14番で3mを沈め、17番では第2打をピンそば1.5mに絡めて2バーディを決めて巻き返しました。しかしホールアウト直後は息も乱れていたそうです。
 「脱水症状っぽい感じ。水曜日くらいから熱中症のような症状があって、気をつけなきゃいけないと水分、エネルギーを補給していた」といいますが、開幕前日、午後のプロアマ戦直前には首に冷えたペットボトルを当てて、練習グリーンの脇に座り込むシーンもありました。脱水症状が出た後にスコアを伸ばす結果となりましたが「14番以降はショット、パットに影響を及ぼすことはなかった。ただ、フィーリングが出ない感じはありました。落ち着かない、体重の位置がフラフラしていたところもある」と、話していました。

 タイで慣れている読者の皆さんも、体中をジットリ包み込むような暑さを経験したことがおありでしょうが、現地の湿度は連日90パーセント台でした。「去年のタイ選手権の時も、最終日の朝に熱を出したんです。体力が不足している」と、振り返っていました。最終日を3アンダー29位タイからスタートした石川は、4バーディ、1ボギーの69で回り、米国男子ツアーの新シーズン出場3戦目を通算6アンダーの26位タイで終えています。体調不良を訴えたラウンドから一夜明けたこの日は、午前8時前と早いスタート時間にも恵まれ、「今日はだいぶ楽でした。涼しかったですし」と、笑顔で振り返りましたが、ショットの合間にも入念にストレッチを繰り返すなど、万全の状態とはいかない中、5番までの2つのパー5で確実にバーディチャンスを決めました。

 「眼の前の一打に集中してできた。トップも離れていたので、スコアを気にせずできた」と、ティが前に出て358ydに設定された打ち下ろしの14番では、ドライバーでグリーン右手前のバンカーまで運び、2打目の難しい下りのバンカーショットを1mに寄せてバーディを奪います。体調に気を遣いながらのラウンドでしたが、アンダーパーフィニッシュには納得しているようでした。次のPGAツアー出場は年明けとなりますが、2014-15年シーズンは開幕4戦で3試合に出場し、19位、28位、26位の成績でした。優勝争いこそできませんでしたが、予選落ちがなく地道にフェデックスカップポイントを稼いだことは来年に繋がります。
 「この3試合“乗りに乗っているゴルフ”は正直言って、1回もできませんでしたが、集中力が途切れたラウンドはなかった。『トゥデイ・3オーバー』となっても、そこから巻き返せた。そういうところが違う、1年前と比べて成長できたところ」とも語っています。「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦」から年内は国内ツアーに専念、最終戦「日本シリーズJTカップ」まで、5試合連続で出場することになっています。「ゴルフをやる場所が変わるだけ。ルールも、取り組むことも変わらない。『日本でやるから勝つ』とか、目標云々を変えるのではなく、目の前の狙いに打つだけ。真摯に向き合って一打をやっていきたい」と、日本での連戦に自信を深めての帰国です。

 最終日を4アンダー22位タイからスタートした松山は5バーディ、2ボギーの69で回り、通算7アンダーの21位タイで試合を終えました。チャンスを逸し続けた序盤の流れは6番からの2連続バーディだけと伸ばせず、インでは2ボギーのあと、15番でグリーンエッジからパターで沈めるなど3バーディを決めましたが、スコア以上に充実感いっぱいで語ったのは「後半になってやっとショットが思い通りに打てるようになった。曲がっていたけど、いい感じに振れるように。そのおかげでしっかりバーディを獲ることができた」と、松山はサンデーバックナインの上がりだけは納得できた様です。

 最終18番は、フェアウェイからの3打目を右奥に切られたピンに対し、ショートサイドを攻め込んで、右2mからバーディフィニッシュでした。思ったような攻めがスコアに結びつき、「練習していたら何が悪かったのか少しずつ分かってきた」と、雷雨により3日目まで毎日中断を強いられる展開でした。2日目にはホールアウトした後、2時間以上クラブハウスで待機し、再開後には人もまばらなドライビングレンジで打ち込みを行っています。
 東南アジア特有の環境で変則日程を日々強いられても、努力の姿は普段通りでした。「初日、2日目の調子が10段階で言ったらゼロだったのが、1、2くらいまでは上がったかな」と、4日間を通じ、参加者が苦しんだパッティングには「すごく良かった4日間でした。ただ、入っていないだけ」と、タッチが合ってきたことを語っています。「あとはウェッジショット、グリーン周りの感覚がつかみ切れてない。そこができればね」と、日本のツアーには目もくれず、メジャーやビッグタイトルに照準を合わせているようです。

 LPGAのシードを逃し、今年から日本の女子ツアーに再挑戦している上田桃子が、新たなスタイルを体得する価値ある1勝を手にしました。1打差の2位からスタートした「樋口久子 森永レディス」最終日を4バーディ、1ボギーと69のラウンドで、通算10アンダーで今季2勝目を挙げました。首位タイで迎えた最終18番、4mを沈めるバーディフィニッシュで決着をつけ、日本で賞金女王を戴冠したころの強さを見せつけました。復活を信じ、自身を鼓舞するために来シーズンは年間10勝を目標に掲げています。2003年に不動裕理が打ち立てた、年間最多優勝記録の金字塔を越えるには、これまでの攻め中心のプレースタイルだけでは達成することは困難で、あらゆる「勝ち方」を体現することが必要です。

 攻めのスタイルとは対照的な「自分に期待せず、無理をしないこと」をテーマに臨んだ大会でした。風邪による体調不良から入り、ショットが不調だったことを打ち明けていましたが、そのため楽な気持ちで戦えたのでしょう。この日は前半4番でボギーが先行しながらも、攻めに転じることもなく、切りかえたのは追い上げの起点となった8番、9番の連続バーディでもなかったと振り返っています。勝利への意識は「18番のバーディパットまでなかった、それだけショットの状態が悪かったこともある。他のことを考えている余裕がなかった」とのことでしたが、プレーを支えたのは、成長を自覚しているショートゲームでした。上田が挙げた最大のハイライトは7番ホール、グリーン左サイドのラフから打った30yバンカー越えのロブショットでした。

 ピン位置はグリーン左から7yと、落としどころはわずかしかない状況でしたが「ライも悪くて、エクスプロージョン気味に打った」というロブショットは、エッジを4yほど越えたグリーン上にキャリーし、手前1.5mにピタリと止まりました。ダブルボギーも覚悟した大ピンチをパーで切り抜けたのですが「10回打って、1回できるかどうか。アメリカを経験したからこそ、打てた1打だった」と振り返っていました。武器とするショットは不調で攻めたい気持ちとの葛藤、その中で勝てたことに、米国では否定され続けた自身のゴルフに手応えと感じたということで「こういうゴルフで勝てたこと、今までにないプレースタイルを見つけられたことは大きい」と、語っています。

 上田桃子は10歳の時から坂田塾でゴルフを始めています。2005年のプロテストに3位で一発合格し、同年のLPGA新人戦「加賀電子カップ」で優勝し注目を集めたのです。2006年からレギュラーツアーに本格出場し優勝こそなかったもののシード権を獲得。2007年には地元熊本開催の「ライフカードレディスゴルフトーナメント」で初優勝を遂げると、「リゾートトラストレディス」、「スタンレーレディス」と勝利。その後も勢いは加速し、米国LPGA公式戦「ミズノクラシック」でも優勝を飾り、2008年の「米国女子ツアーシード権」を獲得し、「大王製紙エリエールレディス」でシーズン5勝目を挙げ、史上最年少の「賞金女王」に輝いています。2008年からは米ツアーに主戦場を移しましたが、スイング改造に悩む中、2011年「ミズノクラシック」を制し、2年ぶりのタイトルを獲得しています。

 米国では、ツアー参戦当初のスランプから脱し、世界ランクトップを争った宮里藍と比較されることが多く、なかなか結果が出せずに辛い時期を過ごし、今年の米国ツアーシードを逃した段階で日本に戻りました。今シーズン前、バンコク近郊で練習していた上田に「悔しい経験は必ず力になるから、アメリカに行った頃の気持ちでもう一度頑張れ」と、話したのを覚えています。出場権を持たない「日本女子オープン」の予選会に単身で挑戦した際「キャディもいない、メモもない、全て自分でやらなければならなかった」と、現在置かれている自分の立場、周囲のバックアップに感謝するとともに、10歳以上も離れた若手の迷いのないプレーに感化され、気持ちを新たにしたことを語っていました。

 帰国時点で9勝(国内8勝、未公認国内1勝、 海外1勝)を挙げていた上田ですが、2011年の「ミズノクラシック」を最後に優勝からは遠ざかっていました。「正直、もう少しやれると感じていた。もちろん優勝できればラッキーだと思うけど、ここからは来年に向けての土台を作る後半戦にしたい」と、技術面の底上げや「自分を作る」ことにシフトすることで「自分のスタイル」を思い出し、ウィークポイントを修正していくことで目標を叶えようと取り組み方を変えた途端に、大箱根CCで行われた「CAT Ladies」で復活優勝を飾りました。

 最終日の新旧賞金女王の戦いは、3打差で森田理香子を追ってのスタートでした。最終ホールで森田に競り勝っての優勝でしたが「アメリカでの苦しかったけど勉強になった6年間。これでいいんだという気持ちがあったから涙が出なかったんだと思う」と、上田に涙はありませんでした。スタート前にバランスボールに腰掛けて練習をしていましたが、彼女の持ち味は股関節の柔軟さと、下半身の強さです。シーズン当初、予選落ちを喫した際に「補う作業は自信をなくす。正直、今年は捨てようと思って、自分の土台を固めようと考え直した」と、自分が現在持っているものを見つめ直し「泥臭く攻めること」に徹した勝利でした。
 結果がすべての世界ですが、彼女も一瞬たりとも努力を怠ったことはなかったはずです。米国という時差がある広い国土の移動、言葉の壁、食生活の問題と、ゴルフ以外の障害物競争に敗れ、日本に復帰した上田桃子ですが、年間10勝を目標に掲げる来シーズンに向け力強く踏み出しました。米国で結果が出せなかった選手たちが通用するのが日本ツアーの現実で、体調が整えば石川にも優勝のチャンスは訪れるはずです。

サミー・オオタカ