打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

タイガーの新コーチ(コンサルタント)

 タイガー・ウッズが新たなコーチとの契約を発表しました。8月にショーン・フォーリーとの契約を解消したタイガーは、自身のツイッターで、「クリス・コモをチームに招くことができた。僕のスイングについてアドバイスを求めることができてうれしく思う。早く大会に出場したくて興奮している」と、投稿しています。発表後、C・コモのウェブサイトにはアクセスが集中し、一時閲覧できなくなるほどでした。ダラス郊外にあるグレンイーグルスCCに勤めている37歳のC・コモは、米国ゴルフダイジェストに「若手ベストコーチ」として紹介され、トレバ―・イメルマン、ジェイミー・ラブマーク、アーロン・バデリーの指導を担当。大学では生物力学の修士号を取得しています。

 タイガーにC・コモを紹介したのは、スタンフォード大時代のチームメートだったノタ・ビゲイでしたが、「今回のことで彼の人生は劇的に変わる。クリスは特定の手法を取るというよりも、プレーヤーの長所を生かして、良い部分を成長させるタイプの指導者」と説明しています。C・コモは指導者としても優秀なグラント・ウェイトとも一緒に仕事をしていましたが、G・ウェイトは先日行われたチャンピオンズツアーのQスクールをトップで通過しています。タイガーは「僕らは、今のスイングの良い部分を残すことにした。練習を再開させてから1ヶ月間、彼と一緒に取り組んでいる。クリスは今シーズンを通じて、スイングに関する助言をくれ、一緒に取り組んでくれる」と、声明を発表しています。

 ショーン・フォーリーとの関係は4年続きましたが、メジャーでは1勝もできませんでした。タイガーは「全米プロゴルフ選手権」で予選落ちして、フェデックスカップ・プレーオフシリーズ出場を逃して以降の公式戦に出場していませんが、C・コモは4人目のコーチとなります。10代の頃からブッチ・ハーモンの指導を受け、1997年の「マスターズ」では2位に12打差をつけて圧勝し、2000年から01年にかけてグランドスラムを達成するなど、03年に関係を解消するまでの間、メジャー8勝を記録しています。

 次に師事したのはハンク・ヘイニーで、根本的なスイング改造に着手し、B・ハーモン時代と同様の成功を収めています。6年続いたH・ヘイニーとのタッグでは、メジャー6勝を達成したほか、2年間に出場した34大会で18勝を記録。それらの優勝の中には、2008年にトーレパインズで開催された「全米オープン」も含まれていますが、左膝の前十字靭帯断裂、そして左足の疲労骨折という重傷を抱えたままの優勝でした。08年を最後に、メジャー優勝から遠ざかっていましたが、H・ヘイニーは、タイガーのセックススキャンダルを期に2010年5月にタイガーのコーチを辞任しました。

 H・ヘイニーの辞任後、タイガーはS・フォーリーをコーチに招聘しましたが、4年間は怪我との戦いでもありました。2011年にPGAツアーでわずか9大会にしか出場できず、昨シーズンも7大会の出場にとどまりトップ10入りはありませんでした。S・フォーリーとのタッグでベストシーズンとなったのは2013年で、タイガーはツアー5勝をあげ「PGAツアー年間最優秀選手賞」を受賞しています。タイガーがC・コモを起用した理由は「スイングに関する共通のビジョンを持っていた」ということで、C・コモとタイガーは「世界ランク1位・メジャー14勝」を達成した時のスイングを、取り戻すべきと考えている様です。

 およそ3ヵ月前に開催された昨シーズンの「全米プロゴルフ選手権」から実戦を離れていたタイガーは、12月4日からアイルワースGCで開催された「ヒーローワールドチャレンジ」に出場しました。大会前、スイングについて「新しいものでもあるし、古いものとも言える。ジュニア時代のビデオや、上手くボールを打てていた時代のビデオを彼と一緒に見た。古い映像を、注意深く見てみたんだ。まだ線が細くて、痩せていた頃に、どうやってあれだけのパワーを生み出せていたのかを見るのは興味深かった。どのようにして、あれだけのパワーを生み出していたのか、その点に立ち返ったんだ」と、新しい取り組みを語っていますが、次なるスイング改造では、大幅なオーバーホールは無いとのことで、3人の前任者と共に取り組んだ規模の「大改造」は行わないということです。

 「スイング改造はもう慣れていることだから、これまでも新しいスイングを手に入れるまで時間はかからなかった。とにかくボールを打って、反復練習しないといけない。特に実戦の場でやってみて、今の状態を見たいから」と、語っていました。昨シーズンのPGAツアーでは7大会にしか出場できず、その内4大会では予選落ちを経験。最終日までプレーできたのは2大会のみで、ベストは予選落ち無しの「WGCキャデラック選手権」での25位タイ。そして、過去3年で2度目となるフェデックスカップ・プレーオフシリーズ進出も逃しています。当時と今の状態とを比較し、楽観視している理由を聞かれると、「あの時は準備が整っていなかった。良いプレーができなかったし、それは結果が示している。結果に反映されたからね。あまりにも酷いスコアだったから。だから、数ヵ月オフを取って、身体を強くしようと思った。それに、前にも話したように、自分のゴルフスイングをどうするべきかを見つめ直したんだ。昔の身体の使い方を見たことで、どう変わっていけば良いのか、答えは簡単に出た」と、振り返っています。

 S・フォーリーは、タイガーとの関係解消について「タイガーから連絡をもらって、私達は心と心を通わせる話し合いをもった。一緒に乗り越えてきたことはわかりあっていた。私は彼の状態を理解していたし、それは彼も同じだった、話し合った結果、私達は以前のように必要なコミュニケーションを取り合っていなかったことに気がついた。それに、自分達の友情を危険に晒したくもなかった。私はTW(タイガー)のことが大好きだからね。今でも話をする間柄だし、その点は私も誇りに思える。我々は、直面していた問題に洗練された手法で対処した。そうするのが我々だからね」と、友好的な解消を語っています。タイガーは「ゴルフスイングにおいて実現したいことはあったけれど、僕の身体が言うことを聞かなかった、本当にスイングを変更したいのか、そしてどこに向かいたいのかを自問自答した。数ヵ月考え抜いて、どうしたいかという結論を出した」と、語っています。

 タイガーは年末に40歳の誕生日を迎えますが「老いは避けられない。若い頃にやれたことが出来なくなる時がくる。もう長距離ヒッターとの勝負はできないね。僕の時代では、290ヤードも飛ばせればロングヒッターだったけれど、今は320から325ヤードが新しいスタンダードになっている。バッバ、ウッディ、ダスティンは325ヤードを飛ばす。彼らはそれだけの距離を稼いでバンカーを越えていくけれど、僕にはそれだけの飛距離はない。でも、ほかにもゴルフコースを攻略する方法はある。それこそ、この競技の素晴らしいところで、齢を重ねてもプレーできる所以。力で相手を打ち負かす必要がないからこそ、高齢になっても勝てる。力で誰かを負かす必要はない。ゴルフコースを打ち負かせれば良いんだ」と、大会前に笑顔で答えていました。

 初日に5オーバーの77をたたき、2日目にスコアを2つ伸ばしたタイガーは、3日目でようやくスコアをイーブンパーに戻したものの、「爆発力に欠けていた。スローな展開だったね」と、厳しい口調で語っていました。3日目の1番ホールを前に嘔吐するほど体調は最悪でしたが、6バーディ・3ボギーのラウンドでした。「何時間も吐き続けていた」と明かしたタイガーは、食べたものがすべて出てしまい、安眠できなかったものの、棄権するつもりはなかったといいます。「最初はそこまで良い調子じゃなかったけど、何とか踏みとどまれる自信はあった。発熱したけど、ラウンドが進むにつれて体調は良くなった」と、2日間体調不良に悩まされていたことを語っています。

 4日間の戦いを終え、「いくらか前進した」と語ったタイガーは「4か月ぶりの実戦で、何の問題もなくプレーできたことは、回復が順調であるという何よりの証拠だ。試合に出て、また力強いドライバーを打つことができた。スピードも戻ってきたし、飛ばした距離をみる限りいい感じだ。ショートゲームに関して、まだクリアすべき課題が多く残っているのは明らかだ。でも、試合で痛みを忘れ、ビクビクしないで思い通りにボールを打てることは、すごい進歩だよ」と、自身への期待をコメントしていますが「僕が僕らしくスイングできているかどうかを確認し、相談する相手」になってほしいということで、タイガーはC・コモを「コーチ」とは呼ばず「コンサルタント」と呼んでいます。

 タイガーがホストを務め、世界ランキング上位選手を中心にピックアップされた「ヒーローワールドチャレンジ」は「ダンロップ・フェニックス」で松山に1打差の3位の翌週「Emirates Australian Open」 を制したジョーダン・スピースが、最終日もスコアを6つ伸ばして通算26アンダーとし、初日から一度もトップを譲らず、まるで全盛期のタイガーのような強さで完全優勝を果たしました。2位には、首位と10打差の16アンダーで、世界ランク2位のヘンリック・ステンソンが入りました。J・スピースは7打差リードの独走首位から最終日も1イーグル、6バーディ、1ダブルボギーと、この日のベストスコアに並ぶ「66」をマークして一人旅。2位に10打差をつける通算26アンダーで悠々と逃げ切り、初日から首位の座を守りきる「完全優勝」で2週連続優勝を飾りました。大会ホストのタイガーは「すごいスコアだ。彼がここで見せたプレーは本当に忘れられないものになる。2年前まで大学にいたなんて信じがたいよ」と、手放しで21歳を讃えています。

 日本人として大会に初参加した松山英樹は、最終日を5バーディ、2ボギーの69で回り、通算7アンダーの13位でフィニッシュしています。2014年最後のラウンドとなった最終日、松山は出だしの1番の2打目をグリーン左手前の土手を使いピンそば2mにつけてバーディ発進を決め、砲台グリーンを見事にピンそば1mにつけた6番からは一気に3連続バーディと、ショットとパットがかみ合い、上位浮上を予感させてくれました。しかし後半に入ると、グリーン上でもがく展開に終始。13番パー5でグリーン右手前からナイスアプローチを見せたあと、短いバーディパットを外し、続く14番はフェアウェイからの2打目をグリーンオーバーさせ1罰打からボギーを叩き、上位進出を逃しました。

 松山は「パットから流れが止まっている部分がある。いいストロークはできているが、ちょっとしたことがすぐに悪い結果につながってしまっている。結果に現れないように誤差を縮めていかないと」と、微妙なラインの読みに苦しんだ4日間でした。少数精鋭の18選手が集結した大会への出場を名誉に感じつつも「ショットも良いところもあったが、もう少しチャンスに付けられた。逆にいい課題が見つかった。これだけ少ない人数でプレーすることはなかなかない。来年もこのメンバーの中にいられるように頑張りたい」と、米ツアー初制覇も遂げた14年を振り返り「ケガから始まって、6月くらいからいいプレーができ始めた。課題を見つけて、克服すれば結果につながる。本当にいい一年だったと思う」と、話していました。近日中に一時帰国し、年明け1月のハワイシリーズ「ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ」が次戦となり、翌週の「ソニーオープンinハワイ」にも参戦する予定ですが、新年の活躍にも期待が持てます。

サミー・オオタカ