打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

2015年、日本ゴルフ界の「視野」

 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 昨年の「ダンロップ・フェニックス」では、松山英樹と、米国の超新星ジョーダン・スピース、岩田寛が終盤まで激闘を演じ、大いに盛り上がりました。最後は松山が勝負強さを見せ、岩田とのプレーオフを制して優勝したのですが、これを受けJGTOの幹部は「松山はツアーメンバー登録さえすれば、来年も国内男子ツアーのシード権を持てる」と明言したのです。しかし松山は来季、日本のシード権を停止されるはずでした。今季から国内ツアーは複数年シードを持ち、海外ツアーのメンバーでもある選手にも年間5試合の出場義務を課し、ノルマを果たさなかった場合はシード権を剥奪するというものでした。

 松山の今季国内ツアー出場は、7月の「長嶋茂雄招待セガサミー杯」と「ダンロップ・フェニックス」の2試合のみ。日程的には他の試合にも出場は可能でしたが、あえて出場試合数を減らし米国に専念したのです。松山は日米をまたいだ強行転戦で、左手首のケガを悪化させたこともあり、国内5試合の出場を断念し、処分も甘んじて受けるつもりだったのですが、処分されないことをJGTOが発表したのです。JGTOは「現在のシード資格とは別に、松山は今回の優勝で2年シードを取得した。だからあらためてメンバー登録すれば、来年も松山はシード選手です」と説明していますが、新しいシード資格を獲得しても、出場義務試合数には達しないというのは事実です。なぜ処分が帳消しになるのかとの質問には、「その件については予定通り懲戒制裁委員会にはかける」との返事。しかしその結果を待たない段階で「松山は来季シード権を確保できる」と言い切ってしまう「処分帳消し」の論理には、首をかしげざるを得えません。

 初めから「処分帳消し」が可能なルールがあったと言うなら、7月に「セガサミー杯」で優勝した石川遼にも、その旨を説明すべきでした。石川もこの時、今回の松山と同様に、新たに国内2年シードを獲得しています。JGTOの「論理」で言うなら、石川もこの時点で、今季の出場義務試合数を達成する必要がなくなったことになります。しかし石川にはそんな説明はなかったといいます。そのため日米をまたいだ転戦を重ね、9月の「ダイヤモンド・カップ」出場でノルマの5試合に達したのですが、松山の勝利によって降って湧いたこの「論理」が公のものとなりました。

 ノルマ達成の必要がないと分かっていれば、石川も日程的にいろいろな選択肢を持てたはずです。技術的にはまったく不調ではない石川が、終盤成績を伸ばせなかったのは無理な日程からの「疲れ」が原因のように思えます。今回のJGTOの発表を、石川はどう思っているでしょうか。松山は昨年の「賞金王」で、国内5年シードを獲得したのですが、松山にとって海外進出初年度となる14年の国内出場義務試合数は「0」でした。だからこそ、左手首の痛みと闘いながら、無理な連戦を続けて「賞金王」を獲ったのです。それが今年3月になってから、義務試合数が5に増やされたのです。完治に半年がかかるほど、ケガを悪化させつつ「賞金王」になったのは「いったい何のためだったのか」ということになります。

 そんな中JGTO海老沢会長の「スポーツマンならルールを守ってほしい」と、出場義務の遵守を求めるコメントの報道がありましたが、松山はやるせない思いを抱いたことでしょう。松山も石川も、日本のツアーには強い想いを持って米国で戦っています。それだけに限られた出場機会となった「ダンロップ・フェニックス」で、松山は最高のプレーをみせたのです。それは「勝たなければという重圧は大きかった。かつてないほどに集中して4日間戦うことができた」という言葉に表れています。今回の処分帳消し、そして来季のシード権発生を知らされても、松山は「今年と同じだと思います」と、来季も「5試合」のノルマにこだわらないことを語っています。

 石川と松山が持つ圧倒的な集客力を、日本で発揮してほしいというのがルール変更の目的でしょうが、2人の主戦場である米ツアーが中盤戦に差し掛かった時だったこともあり、大きな反響がありました。日米往復を繰り返して5試合をこなすのは、体力的にも難しいと、選手の立場からは不満が上がったのですが「育った場所である日本ツアーに貢献してほしい」という、ツアー側の思惑と対立したのです。JGTOは試合数確保に悩むだけに、スポンサーに「松山も石川も5試合は出る」と約束したかったのでしょう。しかし2人が最高のプレーをみせ、ゴルフのファン層が拡大することの方が、長期的に見ればスポンサーに利益をもたらすことになるはずです。

 松山は疲労を蓄積させずケガをしないことで、目標の「メジャー制覇」を目指し、国内ツアー戦出場の機会にも、最高のコンディションで臨み最高のプレーを見せる。それこそが日本のゴルフファンを喜ばせる最良の道だと決めている様です。実は松山が「5試合」を達成できない問題が表面化し始めた9月に「米ツアー、欧州ツアーで優勝した選手は、出場義務試合数が3試合でいい」という見解をJGTOは示していました。松山と石川は共に「そんな説明は受けていない。そんなルールあったの?」と首をかしげていたそうです。そして今回の「シード復活」は、多くの選手、関係者に「毎度毎度ブレている」と批判されても仕方がありません。一部では「松山ルール」と呼ばれていますが、松山にとっては、イメージにかかわる迷惑千万な話です。結局JGTOは、義務試合数を再び減らす方向で調整を始めている様ですが、この迷走ぶりは如何なものでしょう。

 どのスポーツ界でも、海外での活躍が選手としての認知度を高める時代です。希望に満ちた有望株を縛る規定はナンセンスですが、ルール決定直後に石川は「僕は5試合なら自分から出たいと思える、成長を試せる日本のトーナメントやコースがある。アメリカのシードが問題なければ、5はギリギリ出られる。でも英樹はどう思うか分からない。今はケガもあるわけだし(当時松山は、左手親指を故障中でした)。自分も去年は腰が痛かった。これから世界に出ようとする選手には足かせになる。海外で活躍する選手が日本でプレーすれば、レベルも上がるし盛り上がる。長い目で見れば、日本ツアーにとって良いルールではないと思う。まぁ英樹や僕の5年後、10年後なんて、どうでもいいと思われているのかな」と、本音を明かしていました。

 ルールを決めたJGTO側は「松山と石川の2人には承諾を取ってから規定を決めた」と、一方的に悪者扱いされる現状は不本意だということですが、いずれにしても選手とツアーの両者が、良好な関係にあるとは言いがたい状態です。松山は2試合しか「出られなかった」のか?それとも「出たいと思えなかった」のか?真意は本人にしか判りませんが、後者であれば残念ですし、根底には意思疎通の欠如があるように思えてなりません。選手とツアー側との溝を埋める地道な努力なくしては、再び似たような事が起こるでしょう。日本のゴルフファンを喜ばせたいという、ツアーの理念に立ち戻って欲しいものです。

 日本女子プロゴルフ協会は、現職の小林浩美会長ら8人の理事を選出しました。2017年はJLPGAが発足50周年となる節目の年で、小林会長は「今以上に強固な組織をつくっていきたい」と決意を語り、16年リオデジャネイロ五輪、20年東京五輪についても「これからの2年がとても重要になる」と、新しい取り組みにも言及しています。2015年の国内女子ツアーの試合数は、今年の「37」と変わらないものの、賞金総額は約5,700万円アップの33億3,300万円となり、歴代最高金額を更新しました。来季の女子ツアーは3月から、11月最終週まで39週間で全37試合と、ほとんど“すき間”がない状態で、下部ツアーも2試合増えました。特筆すべきは6月の「ルートインカップ」が同ツアー初の3日間大会となったことです。下部ツアーはこれまで2日間大会でしたが、小林会長は「3日間大会が10試合以上になると、下部ツアーも世界ランキングのポイント加算対象になる。だから、他の大会の主催者にもお願いしています」と、その意義を語っています。またこれまで3日間だった最終プロテストは来年から4日間になりますが、これも将来を見越してのことでしょう。

 下部ツアーで優勝すると、レギュラーツアー4試合の出場資格が得られるのですが、多くのレギュラーの試合と同じ3日間大会に慣れておけば、すぐに活躍できる期待が高まると同時に、世界でのポジションもつかめることになります。賞金総額は「ルートインカップ」の2,000万円が最高で、開催費用はツアーの約10分の1と、今後さらに開催希望のスポンサーが増える可能性も十分にありますが、小林会長は最高でも20試合程度に抑える意向ということです。「あまりに充実して『ここでいいや』と思うようではダメ。あくまで浮浪の場であって、安住の場ではないんです」と、ステップアップの戦いの場として期待しているようです。

 様々な取り組みが実を結び、女子ツアーの年間試合数は2003年の30試合から、年々増え続けています。問題山積の感がある男子ツアーと違い、試合数だけでなくギャラリー数も増えていることでもその人気は明らかです。男子ツアーは、昨年の25試合から今年は24試合と減少しています。プロ野球においても、交流戦の優勝賞金が、昨年までの5000万円から3000万円に減額になり、企業によるスポーツへの投資は、全体的に上向きの状況とは言えません。その中で、女子ツアーの試合数は増加してきたのです。1989年から1992年当時の女子ツアーは、1大会の賞金総額が3000万円から6000万円で、現在よりずっと安かったのですが、現在は1大会6000万円から1億4000万円となっています。これは日本の経済状況がインフレだから上がったわけではありません。1992年当時と現在で、物価はほとんど変わっていません。民間の平均給与などはむしろ下がっている中、女子ゴルフの賞金額は大幅に上がっているのです。

 それだけ高い賞金額でも、大会スポンサーが増えてきたというのは、女子トーナメントが企業にとって魅力があるということです。4月の「バンテリンレディスオープン」で、女子の日本ツアー史上最年少となる15歳293日で優勝した勝みなみや、10月のメジャー大会「日本女子オープン」で日本選手最高位の3位になった17歳の永井花奈といった選手たちが、プロのスター選手と肩を並べる注目を集め、ギャラリーの関心の的になっています。本当の意味での選手層の厚さというものが、いまの日本の女子ゴルフには出来上がりつつあるようです。協会による新人選手、およびプロ2年目の選手に対する教育の効果も大きいようです。

 毎年3日間にわたって、ゴルフのルールやドーピング規定、税金といったプロ選手としての基礎知識だけでなく「魅力的なゴルファーになるための演出術」と題して、外部から専門家を招いて敬語の使い方や礼儀作法、前夜祭などにおけるレセプションマナーといった、プロ生活の中で関わることになる、スポンサー企業の重役や、メディア、ギャラリーなど、さまざまな関係者との接し方のセミナーを行なっています。こうした教育の積み重ねの中から育った選手たちが、スポンサー企業やギャラリーから、好感を持って受けとめられ、現在の女子ゴルフの人気を築き上げているように思います。人気の向上を図りたい男子ツアーも、女子ツアーから学ぶことが多いように思えます。

サミー・オオタカ