打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

『改悪』の5試合ルール

松山英樹は今季国内ツアーのシード権を放棄することを明らかにしました。世界最大手のマネジメント会社であるIMG社と契約し、米国内に拠点を探していることですが「米国中心でいきたいので、国内ツアーのメンバー登録はしませんでした」ということです。今年も「5試合を達成できる余裕はない」と判断し、昨年12月末にJGTOに義務を満たせなかったための制裁金100万円(推定)を支払うとともに、今季シードの放棄を申し出たのです。「自分の決めたことをやっていきたい」と、米ツアーに専念して結果を出すための、松山なりの回答でした。IMGは石川遼や、テニスの錦織圭も契約しています。本格参戦1年目の昨季はホテル暮らしで米国内を転戦しましたが、温暖な気候で、IMGの練習場があるフロリダ州を最有力候補に、家探しを進めているということです。

前回のコラムでも述べましたが、JGTOは昨年3月、複数年シードを取った選手に対し、年間5試合の出場を義務付けるルール改正を何の前触れもなく行いました。主戦場を米国へ移した松山、そして石川の人気をキープしようと、前年までは「0試合」だった出場義務を増やしたのです。松山がこの「5試合ルール」を初めて耳にした時に抱いた思いはショッキングなもので「正直に言えば…『ああ、もう好きにすれば…』という感じがした」ということでした。「賞金王」に輝き、米ツアー本格参戦を心に決めていた13年終盤の心境としては「0試合」でシードを維持できる権利は、「賞金王」の称号よりもずっと魅力的だったのです。

「『5試合も出られない』というのではなくて、『おれが取ったはずの資格はどこに行ったの?』と思った。ゼロ試合でもシードを維持できる資格を取ったのに、どこに行ったの?って」と、振り返っていますが、出場権にからむツアーのルール改訂には一定期間の経過措置が設けられるのが一般的でした。事実、15年から改定される賞金シードは、新ルール施行の1年以上前に通知があり、選手たちは「今季の賞金ランク60位以上が来季の第1シード、61~75位は第2シードになる」という規定のもとで14年シーズンを戦いました。しかし「5試合ルール」は、開幕前に突然制定され施行された改悪で、松山が「権利を剥奪された」と感じるのも当然でした。「ツアー全体として議論があって、5試合というのを確立してやるなら分かる。でも…そこで、またゼロに戻そうかという話が出ていると聞いた。もう何をどうしたいのか…よく分からない」と、感想を述べていました。

東北福祉大ゴルフ部の阿部監督は「決められたルールは守るというのが本人の考え。だから制裁金を支払った上でメンバー登録はしなかった。そうしたいというので、その通りにさせた」とのことですが「日本の試合には出たいが、今の自分にはその余裕がない」という言葉通り、条件を満たせなければ再び懲罰の対象となることを考え、JGTOからの聴取やメディアからの取材など周囲の喧騒を避けるための決断だったのでしょう。JGTOは松山がメンバー登録しなかったことに「残念です」とコメントしていますが、短絡的な決断で、すべてが後手に回った結果です。これにより全登録メンバーを紹介している2015年のツアーブックから姿を消す可能性が大きく、JGTOは墓穴を掘ることになりました。

松山は「日本ツアーへの嫌気なんかないです。あるわけない。悪口を言うつもりもない。
当然出たい気持ちはあるんです。ダンロップフェニックスとか、日本オープンとか、三井住友VISA太平洋マスターズも良いコースだし。だけど、実際に自分が本気でプレーしたいか、本気でプレーできるかと言うと、考えて、考えて、どちらかというと『NO』になってしまう時がある」と、全力で立ち向かえない大きな故障を抱えての転戦を思いだし、言葉を選んで答えていました。

松山は「日本人選手のレベルは低くないと思う。今年はPGAツアーの選手が日本で多く試合に出ました。バッバ・ワトソン(三井住友VISA太平洋マスターズ)、アダム・スコット(日本オープン)、ブラント・スネデカー(ブリヂストンオープン)。でもその中で、トップ10に入ったのはジョーダン・スピース(ダンロップフェニックス3位)だけでしょう。それを考えたら、日本のレベルは単純に言えば低くない。その外国人みんなが勝っていたら、レベルが開いていると言われたって仕方がない。でも、日本ツアーは彼らがパッと来て、勝てるレベルではないということじゃないですかね」と、日本男子選手の世界でのポジションを語っています。

しかし「日本人のレベルが低くないというのは、日本のコースでやった場合の話。アメリカ、イギリスではまた違うと思うんです。日本の選手がメジャーでアメリカに来て、みんなが予選を通過して30位以内に入っているかと言われたら、それもまた『NO』。日本のコースでやっていれば、日本人は強い。アメリカでやればアメリカで強くなるのは当然だと思う。もちろん考え方は人それぞれ。けれど、僕はアメリカで勝ちたい、海外でやっているメジャーで勝ちたい。だからこっちのゴルフで活躍することが大事だと思った。それに向けてやってきたし、今もそうしている段階なんです」と、海外で戦う意義を語っています。

同学年の石川に始まった松山世代の近年の活躍は眩しいほどですが、昨年8月に長野・軽井沢で行われた「世界アマチュアゴルフチーム選手権」の結果(男子29位)を見ても、2人よりも若い世代、10代の若年層への強い連鎖にまでは至っていないのが現状です。
 スタート時点からのゴルフ環境の違いも大きいでしょう。日本では体格がいい子供にはまず野球を始めさせますが、海外では違います。中国の海南島でゴルフ場の造成をしていた時、韓国での実績を見込まれ、海南省のゴルフ好きの幹部に「君のコースの中に施設を作るから体育学校の生徒の中で、ゴルフに向いている生徒を選抜してほしい」と頼まれたことがあります。結局その幹部は失脚し実現しませんでしたが、眼力が強く運動能力に優れた生徒が多く、目移りしたのを覚えています。良い選手が育つ環境作りは、アジアの方が日本より上なのだと改めて感じさせられたことを思い出します。

寡黙なイメージがあるため意外かもしれませんが、松山は大の子供好きです。コースでのサインも小さな子を優先し「励みになるのは子供の声援。自分も子供の頃にテレビを見て、実際にプロに会って、大きくなった。いま、そういう子たちがいるというのはすごく嬉しい」と、語っています。日本のゴルフ界を牽引したレジェンドたちに憧れ、夢を描いた松山少年は、その頃と同じように「松山英樹」に自分の将来を重ねる子供たちが、たくさん出てくることを望んでいるはずです。石川も「世界一の舞台で活躍する選手がいないと子供たちはゴルフに憧れを持たない。英樹と2人でメジャーのトップ10に入るようじゃないと、日本の子供たちにインパクトを与えられない」。またそのためには、もっと多くの日本人選手が海外挑戦できる環境が必要と語っています。

スター不在で人気が低迷している日本男子ツアーですが、メジャー挑戦を考えると、日本ツアーで頑張ってワールドランクを上げるより、米ツアーで戦うことに魅力を感じるようになる筈です。「やれる」という気持ちがわいてくれば、どうしても気持ちが日本から離れてしまうのは当然です。90年代は、賞金額も試合数も米ツアーとさほど変わりませんでした。しかし今では試合数の違い(PGAツアー47試合、日本ツアー24試合)、優勝賞金額も日本の5倍以上(米プレーヤーズ選手権171万ドル=約2億520万円、日本オープン4,000万円)となると、米国で夢をつかみたいというのは自然の流れだと思います。

日本の男子プロは、世界のフィールドで戦っていかなくてはいけない時代なのです。競争の激しいステージで下積みを経験して、米ツアー、欧州ツアーに目を向けていくことが大事だと思います。「女子ツアーのスポンサーはやりたいが、男子にはそこまでの魅力がない。グローバルだったらやるけど」というスポンサーが増えています。日本のトップ企業にしてみれば開催費用など大した額ではありません。人気選手不在もあって、世界的にビジネスを展開する企業にとって日本の男子ツアーはニーズに合わなくなったということです。ジャンボが全盛だった頃のオーラを放つ選手はいません。青木さんみたいな魅力があるかといえばそれもなく、見ていてワクワクすることが少なくなっています。

ファンやスポンサーに対するホスピタリティーなどは、PGAツアーに学ばなくてはいけないのに、実行力、行動力、スピードがなく、問題解決に向けて何を考えているのか、話し合いをしているのか、努力しているのかが見えてきません。ツアー自体が選手を軽んじて、リスペクトが感じられないのです。若い選手に夢を与えられるように、早急に組織改革をすべきです。シーズン20試合以下になると、世界のツアーから外されることになり、ワールドランクのポイントが無くなります。JGTOは本当に気づいているのでしょうか?もう手遅れかもしれません。

海外に積極的に進出する選手には、ツアーが中心になって道を開いてあげるべきです。そのためには欧州ツアーとの共催の多いアジアンツアーやワンアジアツアーとの共催が不可欠です。アジアを股にかけたツアー規模の拡大しか道はありません。プロツアーは弱肉強食の世界です。違った文化の中で経験を積むことでしか生き残れない時代のように思います。鎖国状態で国内のスポンサーを求めても道は開けません。アジアとの連携はグローバルなスポンサー獲得に繋がることでしょう、そうなればアジアをマーケットにしている日本の大手企業もスポンサーに名を連ねることになります。石川と松山の二人以外、海外で通用しない現実を、JGTOは深く受け止めるべきです。

通算220回の連載ですが、このコラムで休載とさせていただきます。スタジオはスクンビット33のホテルロータス向かい側の「バー絆」の4階に引越しします。9年以上ご愛読いただいたゴルファーの皆様、本当にありがとうございました。これからも皆様のレベルアップのお手伝いができればと願っております。お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください。 

サミー・オオタカ