ちこっとコラム

105回目 コッチャーンでボッチャーン

104回目 未確認ぶらさがり物体

103回目 立ち食いソバの誘惑

102回目 はじめまして!

101回目 カメ使いの美女

100回目 赤は、気をつけて進め…!?

099回目 ノリノリ!Thai…

098回目 憧れの氷点下

097回目 閲覧注意!恐怖…

096回目 年が短いカレンダー

095回目 大ニュース!UFO発見?

094回目 プラマーン...?(2)

093回目 プラマーン...?

092回目 僕の決めポーズ!

091回目 ハトの歩き方

090回目 避暑地のハイテンション

089回目 便座に乗らないでください

088回目 叩く、叩かないの...

087回目 タイの痛車…

086回目 タイの凝固点降下アイス

085回目 名前をすぐに変えなさい

084回目 懐かしい秋の味覚はムシだった

083回目 なりきり戦争ゲーム?

082回目 テキトーでおおらかなミニ動物園

081回目 どうも納得出来きないのだね!!

080回目 シンガポールのティー&カフェ展示会

079回目 新しいモーターサイ乗り場

078回目 観覧車から眺める夕日

077回目 タイで過ごした日々を振り返るのだね

076回目 バンコクのスモッグ

075回目 デモグッズ屋台

074回目 植木なのか?ゴミ箱なのか?

073回目 2014年の目標は???

072回目 ヒゲ自慢のビーズ屋おじさん

071回目 タイの「なんちゃって~」寿司

070回目 仰向けで寝るサバーイ犬

069回目 タイの猫都市伝説?

068回目 ほのぼのふれあい動物園

067回目 行商コンビニ

066回目 マニアックな動物ショー

065回目 KLの癒しサービス

064回目 ミャンマーの水サービス

063回目 究極の気遣いトイレに…

062回目 書かなければ解らない

061回目 「ピンクレディ」の衣装を売る店?

060回目 凶悪バスの運転手はいい人だった?

059回目 道路の水だらけ掃除

058回目 新橋のハトおばさん

057回目 やめてっ!ノリノリ運転

056回目 忠犬・ソンワーン

055回目 激突シンドローム(症候群)

054回目 激写スポットにオババ乱入

053回目 信じる、信じないは…

052回目 ネズミ帝国の逆襲 (画像閲覧注意)

051回目 ノーベル賞ものの白血球?

050回目 市場のバトルはアホ名で決着

049回目 カオヤイでパンツ破けた

048回目 街の景観はひとつの窓からなのだね

047回目 いつでもどこでも営業中なのだね

046回目 洪水でも快適~高床式路上生活

045回目 泥沼化するバンコクの渋滞なのだね

044回目 ユニークな名前のタイの猫たち

043回目 そんなに適当で大丈夫??

042回目 日本の自動化システムと高齢化社会

041回目 東京下町の神社で縁起かつぎ

040回目 東京で遭遇した奇妙な人々

039回目 壁が崩壊!でもマイペンライ?

038回目 街の公衆体重計なのだね

037回目 癒し系マッサージ?なのかな

036回目 高級トイレは快適なのだね

035回目 i Phoneの最新機種、5G?

034回目 不老不死の薬を作り出す?

033回目 ソンクラーンは楽しいのだね

032回目 毒が出ましたハーブサウナ

031回目 首長美人になるのだね

030回目 荷台に人間満載でお気楽に

029回目 なんちゃってお寿司なのだね

028回目 国際標準は何色なのだ?

027回目 安直アドベンチャーランド…

026回目 温泉日和に運気上昇

025回目 お気軽ほのぼの防災訓練

024回目 裏技・水没ケータイ復活法

023回目 安くてお手軽 街角ミシン

022回目 チャトチャックの肩乗りリス

021回目 メーターは壊れていても車は走るのだ

020回目 選ばれてしまったのだね

019回目 振り込めサギにご用心!!

018回目 フンッとえらそうな従業員

017回目 気兼ね無さすぎ、オープンカフェ

016回目 雨のプーケット・サファリでガス欠

015回目 暑っ! 炎天下の罰ゲーム???

014回目 猪木居酒屋で元気ですか~ダァッ!!

013回目 コピってみたけど著作権?

012回目 究極のリサイクル?…

011回目 必ず当たる宝くじ…

010回目 サファリワールドで餌くれ~!

009回目 霊験あらたか三ッ頭の巨大象

008回目 チェンマイで見た仕事の秘訣

007回目 幸せな人は目覚めたらどんな人?

006回目 売れない貸せないコンドミニアム

005回目 合法的・下校時の買い食い

004回目 「つられワイ」の法則

003回目 お正月の水上マーケットは大渋滞

002回目 仕事の前にまずはみんなで晩酌???

001回目 お坊さんの愛読書を覗き見してみた

首長美人になるのだね

chi31

 先週、何度かタイに来ているおじさん夫婦が日本から遊びに来ていて、今度は行った事のない所に行きたいなぁと言うので、それでは山はどうかという事で、私が以前行って気に入ったチェンライに行く事になった。バンコクはここ数週間、真夏並みの日差しと、ねっとりとまとわりつくような湿気で、正直ちょっとバテ気味なのだけど、チェンライはさすがに標高が高い事もあり、日差しは強くても空気はサラッとしていて、日陰に入ればス~ッとして清々しいのだね。それに山の上の方にあるホテルに泊まったお陰もあり、朝なんかは一面白いもやに包まれ、キ~ンとした空気が少し肌寒いけど、気持ちがよいのだね。そんなもやの中から現れる朝日も、これまた美しいのだった。そんなチェンライの二日目、珍しい山岳民族の所に行きたいと言うので、メーサロンと首長族、ヤオ族の村を訪ねる観光に出掛けたのだね。メーサロンは、タイでもかなり北西の端っこの方にある、中国国民党の人たちが逃げて来て作られた、山の頂の上に建つ、小さな村なのだね。街の中の一本道を歩いていると、なんだか空の上の村のような、不思議な感覚になるのだった。この後は日本でも有名な、通称首長族の村に行くのだね。車で走る事約30分、村の入り口で車を降りて、そこからは山を歩いて下って行く事約10分。これが結構急だし、こちらは20キロの荷物ならぬ、大いに成長した息子を抱っこして下っているので、村に着く頃には腰がヘロヘロになってしまった。村は観光客を目当てに作られた、約畳一畳ほどのスペースの台に、手織りのショールなどを売る店が連なっていた。この中には観光客が喜ぶであろう、彼らと一緒に写真を撮れるような店もあるのだね。そこには、首に着けている首輪の半分を切って、紐を着けた簡単首輪と、花の飾りの付いたハチマキがあり、これを観光客は首の全面にカポッとはめ、紐で後ろに留めて、頭にハチマキを巻き、首長族の女性と一緒に写真を撮るのだね。おきまりのようだけど、結局私も写真を撮ったのだった。でもきっと、ほとんどの観光客は私がしたように、ここで写真を撮るのだろうね。写真を撮らせてもらって、なんだかタダというのも悪いし、かと言って、いくらあげていいかもわからないので、この店の人から彼女が作ったというショールをたくさん買ったのだった。(このショールは我が店でも販売しているのだね。)ちなみに、この民族は女性のみが首輪をしている。女として生まれてくると、4、5歳頃に首輪をし始めて、その後は約3年ごとに首輪の数を増やしていくという。大人になる頃には、8~12キロほどの重さになるというのだ。重たい首輪を増やすことで、どんどん鎖骨、肩の位置が下がって、結果、首が長く見えるというのだけど、実際に本物の彼女らに会ってみて、確かに、かなりなで肩のようなのだね。それに、なんとなく顔の小さい人たちが多いのを見ると、首を締め付けているせいで、頭に栄養も回りにくいのかなぁ、と思ったりするのだね。話を聞いてみると、この民族は女性だけが首輪をして、男性は普通のタイ人。今時の格好とさほど変わらないらしく、観光収入のほとんどは、この女性達が稼いでいるというわけなのだね。確かに、村の家を覗かせてもらったけど、男性は赤ちゃんの子守りをしていたり、その辺を掃除していたりと、あまりまじめに働いている風ではないのだね。のんびりとした生活をしている彼らだけど、最近は少しずつ変わって来ているようで、中にはやっぱり、ちゃんと仕事をする為には教育も必要だと考えて、子供を学校に行かせている親も出てきて、そんな子供は首輪を着けずに生活しているとの事。ウ~ン、なんだかいいような悪いような…。こういう子供が増えてくると、いつの日かこの首輪を着ける人もいなくなって、民族としても成り立たなくなってくるのではないかなぁ、と余計なお世話だけど心配してしまうのだった。今回、他の村に行ったときも同じような事を感じたのだね。前に来たときには、その民族特有の格好をした人が多かったのに、若い人は普通のTシャツ、短パンという格好で、民族衣装を着ている人は、かなり年配の人だけのようだった。どこも時代が変われば、ファッションも変わっていくのだろうかね~。人ごとだけど心配してしまうと共に、寂しい気がしてしまうのだね。   (ちこ)