ちこっとコラム

105回目 コッチャーンでボッチャーン

104回目 未確認ぶらさがり物体

103回目 立ち食いソバの誘惑

102回目 はじめまして!

101回目 カメ使いの美女

100回目 赤は、気をつけて進め…!?

099回目 ノリノリ!Thai…

098回目 憧れの氷点下

097回目 閲覧注意!恐怖…

096回目 年が短いカレンダー

095回目 大ニュース!UFO発見?

094回目 プラマーン...?(2)

093回目 プラマーン...?

092回目 僕の決めポーズ!

091回目 ハトの歩き方

090回目 避暑地のハイテンション

089回目 便座に乗らないでください

088回目 叩く、叩かないの...

087回目 タイの痛車…

086回目 タイの凝固点降下アイス

085回目 名前をすぐに変えなさい

084回目 懐かしい秋の味覚はムシだった

083回目 なりきり戦争ゲーム?

082回目 テキトーでおおらかなミニ動物園

081回目 どうも納得出来きないのだね!!

080回目 シンガポールのティー&カフェ展示会

079回目 新しいモーターサイ乗り場

078回目 観覧車から眺める夕日

077回目 タイで過ごした日々を振り返るのだね

076回目 バンコクのスモッグ

075回目 デモグッズ屋台

074回目 植木なのか?ゴミ箱なのか?

073回目 2014年の目標は???

072回目 ヒゲ自慢のビーズ屋おじさん

071回目 タイの「なんちゃって~」寿司

070回目 仰向けで寝るサバーイ犬

069回目 タイの猫都市伝説?

068回目 ほのぼのふれあい動物園

067回目 行商コンビニ

066回目 マニアックな動物ショー

065回目 KLの癒しサービス

064回目 ミャンマーの水サービス

063回目 究極の気遣いトイレに…

062回目 書かなければ解らない

061回目 「ピンクレディ」の衣装を売る店?

060回目 凶悪バスの運転手はいい人だった?

059回目 道路の水だらけ掃除

058回目 新橋のハトおばさん

057回目 やめてっ!ノリノリ運転

056回目 忠犬・ソンワーン

055回目 激突シンドローム(症候群)

054回目 激写スポットにオババ乱入

053回目 信じる、信じないは…

052回目 ネズミ帝国の逆襲 (画像閲覧注意)

051回目 ノーベル賞ものの白血球?

050回目 市場のバトルはアホ名で決着

049回目 カオヤイでパンツ破けた

048回目 街の景観はひとつの窓からなのだね

047回目 いつでもどこでも営業中なのだね

046回目 洪水でも快適~高床式路上生活

045回目 泥沼化するバンコクの渋滞なのだね

044回目 ユニークな名前のタイの猫たち

043回目 そんなに適当で大丈夫??

042回目 日本の自動化システムと高齢化社会

041回目 東京下町の神社で縁起かつぎ

040回目 東京で遭遇した奇妙な人々

039回目 壁が崩壊!でもマイペンライ?

038回目 街の公衆体重計なのだね

037回目 癒し系マッサージ?なのかな

036回目 高級トイレは快適なのだね

035回目 i Phoneの最新機種、5G?

034回目 不老不死の薬を作り出す?

033回目 ソンクラーンは楽しいのだね

032回目 毒が出ましたハーブサウナ

031回目 首長美人になるのだね

030回目 荷台に人間満載でお気楽に

029回目 なんちゃってお寿司なのだね

028回目 国際標準は何色なのだ?

027回目 安直アドベンチャーランド…

026回目 温泉日和に運気上昇

025回目 お気軽ほのぼの防災訓練

024回目 裏技・水没ケータイ復活法

023回目 安くてお手軽 街角ミシン

022回目 チャトチャックの肩乗りリス

021回目 メーターは壊れていても車は走るのだ

020回目 選ばれてしまったのだね

019回目 振り込めサギにご用心!!

018回目 フンッとえらそうな従業員

017回目 気兼ね無さすぎ、オープンカフェ

016回目 雨のプーケット・サファリでガス欠

015回目 暑っ! 炎天下の罰ゲーム???

014回目 猪木居酒屋で元気ですか~ダァッ!!

013回目 コピってみたけど著作権?

012回目 究極のリサイクル?…

011回目 必ず当たる宝くじ…

010回目 サファリワールドで餌くれ~!

009回目 霊験あらたか三ッ頭の巨大象

008回目 チェンマイで見た仕事の秘訣

007回目 幸せな人は目覚めたらどんな人?

006回目 売れない貸せないコンドミニアム

005回目 合法的・下校時の買い食い

004回目 「つられワイ」の法則

003回目 お正月の水上マーケットは大渋滞

002回目 仕事の前にまずはみんなで晩酌???

001回目 お坊さんの愛読書を覗き見してみた

東京で遭遇した奇妙な人々

 先日久しぶりに日本に行って来たのだね。毎回行くたびに感じるのだけど、なんだかやっぱり自分はすでに外国の人の感覚になっているのではないかということなのだね。特に東京はワサワサしている上に人々は忙しそうにしているので、こっちもなんだか急がなくちゃいけないように感じるのである。それにここ最近は全く知らない人をいきなり斬りつけたりとか、信じがたい、訳のわからぬ事件もあるせいか、皆あまり他人とは関わらないようにしているようにも見えるのだった。東京に着いた翌日、仕事の関係で汐留の駅からゆりかもめに乗ろうと駅へ向かうと、駅のそばの近隣ビルとつながっている歩道に、なにやら怪しげなオババが一人いるではないか。遠目に見ても、その姿はこの付近のそれとはちょっと違い、朝からそんな所にいるには異質な物に見えるのだね。少しづつ近付いてみると、そのオババはゲゲゲの鬼太郎に出てくるような砂掛けババのような感じだけども、おさげにしている髪型がちょっとかわいらしくもあり、こんな暑いのに長袖のズルズルのセーターを羽織って、ついでになぜか熊のぬいぐるみを抱きかかえているのである。その格好で手すりのそばで誰に向かってともいわず、ばかでかい声で『テメーラー、何やってんだよー!!そんなんだからいけないんだよー!』と叫んでいるのだ。そんなにも目立つのに、駅に向かって行くサラリーマンやOLなどはいっさい目線をそちらに向けようとはせず、まるで汚い物でも避けるように、遠巻きに目線を合わせないようにして、さっさと歩いて行っているのだ。そっか~。明らかに害がありそうだし、忙しい朝にはそんなやっかいなことに巻き込まれたくないのだろうね。そんな中で、私はというと、どうもこういう物から目を背けられない性格のようで、思わずこの砂掛けババ風オババがよく見える位置で立ち止まってしまったのだった。しばらくはこちらの気配にも気がつかないオババは、相変わらず同じ事を大声で叫び続けているのだ。そして突然、こちらをジッと見据えて『テメー!おまえだー!』とこちらを指して叫ぶのだね。え~、マジ~!私がいけないの?とあっけにとられていると、そのオババ、少しずつ近付いてくるではないか。その間もジーッとこちらを見ているので、さすがにこれはまずいぞと思い、猛ダッシュで駅に向かって逃げたのだった。オババは追っかけてくるでもなく、その場に立ち尽くしてまた『テメーラー!』と叫び続けていた。そんな怪しいオババを朝から目の当たりにした翌日は、午後の地下鉄でまたまた変なオババに遭遇した。今度のオババは電車の一番はじっこの3席の座席の真ん中にドーンと座り、両脇にはコンビニのビニール袋を置いてニヤニヤとしているのである。このオババ、昨日のオババと似ている点が一つ、やっぱり白髪をおさげにしているのである。怪しいオババはみなおさげをするのか?ここで一つの疑問が生まれるのだね。そういえば、昔まだ私が20代の頃、都内に通勤している地下鉄の電車の中でも、同じような白髪のおさげオババに因縁を付けられ、首を締められて大変な思いをした事があった。それをふと思い出して、どうも我が人生において、こういうシチュエーションは避けて通れない運命のような気がしてしまった。さて、話は今目の前の現実である。でも、このオババは正面に座っている私に向かって敵対意識はないようで、どちらかと言うと、ニヤニヤとずっとこちらに向かって笑みを浮かべているのであるね。そのうち、一つの袋からパンを取り出し一口食べ、また戻し、今度はもう一方の袋からジュースを出し、ゴクゴクと飲み、私が見ているのを意識してか、その度にニヤッニヤッとするのである。こういう時ってどういう反応をしたらいいのだろうかね~。やっぱりこっちもニヤッとした方がいいのだろうかね?でもニヤッとしたら、おお~、これは仲間かもしれないぞ。と思われても困ってしまうのであるね。かといって、睨みつけるというのもちょっと違う気がするのだね。そんなどっち付かずの顔をしていたのだろうか、そのオババはさらにニヤニヤして、わざとらしくパンやらお菓子やらを袋から取り出し、その度に一度こちらに見せつけてから食べるのである。またその顔が思わず笑ってしまうようなひょうきんな顔をしているのだね。でも、ここで笑っては相手の思うつぼなので、できるだけ平静を装い無表情を作っていると、オババもそれを見抜いているようで、さらにわざとらしくパンを食べたり、挙げ句の果てにはそのかじったパンをこちらに差し出すような仕草をするので、さすがにこれには首を横に振ってしまった。しまった~。が、時既に遅し、その時点でオババの罠に嵌ったようなものなのだね。こちらの反応に気を良くしたようで、ますます食いっぷり、飲みっぷりが良くなって、ニコニコ嬉しそうに笑うのであるね。もうそうなると、なんだかこちらもおかしくなって来て、ニコニコしてしまったのだった。でも、ふっと我に返ってあたりを見回すと、割とすいてる車内とはいえ、立っている人もいるのに、私の座っている座席と、オババの座っている座席には誰も座っていないし、前にも立っている人すらいないのだね。変な人たちをちょっと遠巻きに冷たい目で見ているような感じなのである。え~、私はたまたまここに座っていただけなのに…。人から避けられるような変な人になっていたとは…。でも、ここでいきなり立つのも、それこそわざとらしいので、ここはじっと我慢で目的地まで寝た振りをしてしまったのだった。目的地の駅に着くと、できるだけ何にも関係ないもんね~って感じでスクッとさっそうに電車を降りたのだったね。
 まったくやれやれなのだね。その後も、今度は変なおじさんに地下鉄で遭遇したけど…。これだけちょっと変わった人に会うのが日常なのか?それとも変わった人と思っているのは自分だけで、これが当たり前なのか、なんだかわからなくなってしまう奇妙な東京だったのだね。   (ちこ)
,/p>