ちこっとコラム

105回目 コッチャーンでボッチャーン

104回目 未確認ぶらさがり物体

103回目 立ち食いソバの誘惑

102回目 はじめまして!

101回目 カメ使いの美女

100回目 赤は、気をつけて進め…!?

099回目 ノリノリ!Thai…

098回目 憧れの氷点下

097回目 閲覧注意!恐怖…

096回目 年が短いカレンダー

095回目 大ニュース!UFO発見?

094回目 プラマーン...?(2)

093回目 プラマーン...?

092回目 僕の決めポーズ!

091回目 ハトの歩き方

090回目 避暑地のハイテンション

089回目 便座に乗らないでください

088回目 叩く、叩かないの...

087回目 タイの痛車…

086回目 タイの凝固点降下アイス

085回目 名前をすぐに変えなさい

084回目 懐かしい秋の味覚はムシだった

083回目 なりきり戦争ゲーム?

082回目 テキトーでおおらかなミニ動物園

081回目 どうも納得出来きないのだね!!

080回目 シンガポールのティー&カフェ展示会

079回目 新しいモーターサイ乗り場

078回目 観覧車から眺める夕日

077回目 タイで過ごした日々を振り返るのだね

076回目 バンコクのスモッグ

075回目 デモグッズ屋台

074回目 植木なのか?ゴミ箱なのか?

073回目 2014年の目標は???

072回目 ヒゲ自慢のビーズ屋おじさん

071回目 タイの「なんちゃって~」寿司

070回目 仰向けで寝るサバーイ犬

069回目 タイの猫都市伝説?

068回目 ほのぼのふれあい動物園

067回目 行商コンビニ

066回目 マニアックな動物ショー

065回目 KLの癒しサービス

064回目 ミャンマーの水サービス

063回目 究極の気遣いトイレに…

062回目 書かなければ解らない

061回目 「ピンクレディ」の衣装を売る店?

060回目 凶悪バスの運転手はいい人だった?

059回目 道路の水だらけ掃除

058回目 新橋のハトおばさん

057回目 やめてっ!ノリノリ運転

056回目 忠犬・ソンワーン

055回目 激突シンドローム(症候群)

054回目 激写スポットにオババ乱入

053回目 信じる、信じないは…

052回目 ネズミ帝国の逆襲 (画像閲覧注意)

051回目 ノーベル賞ものの白血球?

050回目 市場のバトルはアホ名で決着

049回目 カオヤイでパンツ破けた

048回目 街の景観はひとつの窓からなのだね

047回目 いつでもどこでも営業中なのだね

046回目 洪水でも快適~高床式路上生活

045回目 泥沼化するバンコクの渋滞なのだね

044回目 ユニークな名前のタイの猫たち

043回目 そんなに適当で大丈夫??

042回目 日本の自動化システムと高齢化社会

041回目 東京下町の神社で縁起かつぎ

040回目 東京で遭遇した奇妙な人々

039回目 壁が崩壊!でもマイペンライ?

038回目 街の公衆体重計なのだね

037回目 癒し系マッサージ?なのかな

036回目 高級トイレは快適なのだね

035回目 i Phoneの最新機種、5G?

034回目 不老不死の薬を作り出す?

033回目 ソンクラーンは楽しいのだね

032回目 毒が出ましたハーブサウナ

031回目 首長美人になるのだね

030回目 荷台に人間満載でお気楽に

029回目 なんちゃってお寿司なのだね

028回目 国際標準は何色なのだ?

027回目 安直アドベンチャーランド…

026回目 温泉日和に運気上昇

025回目 お気軽ほのぼの防災訓練

024回目 裏技・水没ケータイ復活法

023回目 安くてお手軽 街角ミシン

022回目 チャトチャックの肩乗りリス

021回目 メーターは壊れていても車は走るのだ

020回目 選ばれてしまったのだね

019回目 振り込めサギにご用心!!

018回目 フンッとえらそうな従業員

017回目 気兼ね無さすぎ、オープンカフェ

016回目 雨のプーケット・サファリでガス欠

015回目 暑っ! 炎天下の罰ゲーム???

014回目 猪木居酒屋で元気ですか~ダァッ!!

013回目 コピってみたけど著作権?

012回目 究極のリサイクル?…

011回目 必ず当たる宝くじ…

010回目 サファリワールドで餌くれ~!

009回目 霊験あらたか三ッ頭の巨大象

008回目 チェンマイで見た仕事の秘訣

007回目 幸せな人は目覚めたらどんな人?

006回目 売れない貸せないコンドミニアム

005回目 合法的・下校時の買い食い

004回目 「つられワイ」の法則

003回目 お正月の水上マーケットは大渋滞

002回目 仕事の前にまずはみんなで晩酌???

001回目 お坊さんの愛読書を覗き見してみた

カオヤイでパンツ破けた

chi49

 旦那の会社の社員旅行でカオヤイに行って来たのだね。カオイヤイはしばらく来ていなかったのでその発展ぶりにびっくりしてしまったのだ。幹線道路沿いには日本の避暑地にもありそうなレストランやら土産物、小さなホテルなどが点在して結構なにぎわいなのだね。それに有名な牧場が近くにある山地なので、ステーキ屋さんが多いのだった。山=牧場=牛=ステーキという方式が売り込みやすいんだろうね。カオヤイの国立公園のそばに泊まったのだけど、ついでに、さらに北上したところにあるジムトンプソンファームに行ってみた。ここは年間で12月中旬から1月中旬ごろしか開かないのである。この日は平日にも関わらず女学校の旅行と小学校の団体が来ていた。
 いつも思うのだけど、タイの学校の体操着というのは色がハデでどこにいても目立つし、すぐにこの学校というのがわかっていいのだね。さて、約2時間かけてようやく到着したものの、まだ午前中なのに猛烈な日差しですぐにバテてしまった。せっかく来たので、中に入ると広大な敷地を歩くのは大変なので園内を可愛い色をしたトロリーバスが巡回している。早速乗り込むとバイト風の女の子が毎日説明してもううんざりというような感じでたんたんとジムトンプソンの説明を始めたけど、聞いている人の方が少ないので、女の子はますますやる気を失い声のトーンも落ちて行くのだね。しばらくすすむと、目の前にタンタンワンとダリアの花畑が一面に広がった。この光景に一同『ワ~!』と歓声を上げて写真を撮りまくる。そんな姿に女の子が説明をやめて、『もう少し行ったところで停まるのでそこで写真を撮ってください。』と冷ややかに言うのだった。きっと毎回同じ事の繰り返しなのだろうね。でも、仕事なのだからお客様を楽しませるという精神を忘れては行けないと思うのだけど、、、、と言っている間にカボチャの家とコスモスもある花畑に到着。ここで一度降りて写真撮影会。タイ人のお決まりとも言えるポーズで写真を撮りまくる人たちが花畑の中のあちこちにいるので、それを見ているだけでこちらは満足してしまうのだった。その後またバスに乗り『ムーバーンイーサーン』に到着。昔ながらの家を再現して、蚕からまゆをとってシルクにするまでの工程や、米の脱穀などを体験できるようになっているのだね。ここはバンコクから来る人たちにとって初めての農作業体験だったりで、結構盛り上がっているのだ。そのはじっこに水牛の小屋があって、4匹の水牛がつながれているのだね。その水牛の前で写真を撮っていると、係のおじさんがやって来て『乗ってみるか?』というのだね。 乗るって水牛に?迷わず一番最初に手を挙げホイホイと柵をまたぐと、『おいおい、マジかよ~!』とちょっと焦る旦那を尻目に飛び乗ってみた。しかし結構高さがあるので足を広げたときにビリッとなんだか嫌な音がしたのだね。覗き込むと、ありゃ~買ったばかりのパンツが見事に破けているのだね。まぁ、股を広げない限り見えないだろうからこれはあまり気にしなくていいのだね。柵の向こうでみんなが大笑いの中、旦那だけは苦笑いなのだった。
 無事に上に乗ってみると、水牛の背中が広いから座っているだけで股のあたりが突っ張るのだね。そんなはしゃいでいる母親の姿を見ていた我が息子がそんなに楽しいんだったら自分にも乗せろと言わんばかりに、『乗る~!』と向かって来るではないか。係のおじさんが息子を持ち上げて水牛に乗せると、ゾウには乗った事がある息子も大はしゃぎだった。私もタイに来て結構長いけど、水牛に乗ったのは初めてだったので、思わずうれしくてピースで写真を撮ってしまったのだね。誰も水牛になんて乗ろうとはしない中でまさにバカ親子って感じだけども、まぁたまにこんなヤツらがいてもほのぼのしていいのではないかね~。4匹のうちのこのお父さん水牛は我々が上ではしゃいでバタバタしていても、ジ~ッと我慢強く静かにしていてくれたので、振り落とされる事もなく楽しむ事ができたのだった。水牛の毛はゾウのようには堅くないので直に座っていてもチクチクしたりしないし、むしろ身体の暖かみを感じて安心感があるのだね。本当に水牛さんありがとうなのだね。ちょっと遠いのだけど、こうして水牛にも乗れるし、花もきれいなので機会があったら行ってみるのもいいのだね。  (ちこ)