ちこっとコラム

105回目 コッチャーンでボッチャーン

104回目 未確認ぶらさがり物体

103回目 立ち食いソバの誘惑

102回目 はじめまして!

101回目 カメ使いの美女

100回目 赤は、気をつけて進め…!?

099回目 ノリノリ!Thai…

098回目 憧れの氷点下

097回目 閲覧注意!恐怖…

096回目 年が短いカレンダー

095回目 大ニュース!UFO発見?

094回目 プラマーン...?(2)

093回目 プラマーン...?

092回目 僕の決めポーズ!

091回目 ハトの歩き方

090回目 避暑地のハイテンション

089回目 便座に乗らないでください

088回目 叩く、叩かないの...

087回目 タイの痛車…

086回目 タイの凝固点降下アイス

085回目 名前をすぐに変えなさい

084回目 懐かしい秋の味覚はムシだった

083回目 なりきり戦争ゲーム?

082回目 テキトーでおおらかなミニ動物園

081回目 どうも納得出来きないのだね!!

080回目 シンガポールのティー&カフェ展示会

079回目 新しいモーターサイ乗り場

078回目 観覧車から眺める夕日

077回目 タイで過ごした日々を振り返るのだね

076回目 バンコクのスモッグ

075回目 デモグッズ屋台

074回目 植木なのか?ゴミ箱なのか?

073回目 2014年の目標は???

072回目 ヒゲ自慢のビーズ屋おじさん

071回目 タイの「なんちゃって~」寿司

070回目 仰向けで寝るサバーイ犬

069回目 タイの猫都市伝説?

068回目 ほのぼのふれあい動物園

067回目 行商コンビニ

066回目 マニアックな動物ショー

065回目 KLの癒しサービス

064回目 ミャンマーの水サービス

063回目 究極の気遣いトイレに…

062回目 書かなければ解らない

061回目 「ピンクレディ」の衣装を売る店?

060回目 凶悪バスの運転手はいい人だった?

059回目 道路の水だらけ掃除

058回目 新橋のハトおばさん

057回目 やめてっ!ノリノリ運転

056回目 忠犬・ソンワーン

055回目 激突シンドローム(症候群)

054回目 激写スポットにオババ乱入

053回目 信じる、信じないは…

052回目 ネズミ帝国の逆襲 (画像閲覧注意)

051回目 ノーベル賞ものの白血球?

050回目 市場のバトルはアホ名で決着

049回目 カオヤイでパンツ破けた

048回目 街の景観はひとつの窓からなのだね

047回目 いつでもどこでも営業中なのだね

046回目 洪水でも快適~高床式路上生活

045回目 泥沼化するバンコクの渋滞なのだね

044回目 ユニークな名前のタイの猫たち

043回目 そんなに適当で大丈夫??

042回目 日本の自動化システムと高齢化社会

041回目 東京下町の神社で縁起かつぎ

040回目 東京で遭遇した奇妙な人々

039回目 壁が崩壊!でもマイペンライ?

038回目 街の公衆体重計なのだね

037回目 癒し系マッサージ?なのかな

036回目 高級トイレは快適なのだね

035回目 i Phoneの最新機種、5G?

034回目 不老不死の薬を作り出す?

033回目 ソンクラーンは楽しいのだね

032回目 毒が出ましたハーブサウナ

031回目 首長美人になるのだね

030回目 荷台に人間満載でお気楽に

029回目 なんちゃってお寿司なのだね

028回目 国際標準は何色なのだ?

027回目 安直アドベンチャーランド…

026回目 温泉日和に運気上昇

025回目 お気軽ほのぼの防災訓練

024回目 裏技・水没ケータイ復活法

023回目 安くてお手軽 街角ミシン

022回目 チャトチャックの肩乗りリス

021回目 メーターは壊れていても車は走るのだ

020回目 選ばれてしまったのだね

019回目 振り込めサギにご用心!!

018回目 フンッとえらそうな従業員

017回目 気兼ね無さすぎ、オープンカフェ

016回目 雨のプーケット・サファリでガス欠

015回目 暑っ! 炎天下の罰ゲーム???

014回目 猪木居酒屋で元気ですか~ダァッ!!

013回目 コピってみたけど著作権?

012回目 究極のリサイクル?…

011回目 必ず当たる宝くじ…

010回目 サファリワールドで餌くれ~!

009回目 霊験あらたか三ッ頭の巨大象

008回目 チェンマイで見た仕事の秘訣

007回目 幸せな人は目覚めたらどんな人?

006回目 売れない貸せないコンドミニアム

005回目 合法的・下校時の買い食い

004回目 「つられワイ」の法則

003回目 お正月の水上マーケットは大渋滞

002回目 仕事の前にまずはみんなで晩酌???

001回目 お坊さんの愛読書を覗き見してみた

忠犬・ソンワーン

chi56

 私はずっと前から大の猫好きなのだけど、その猫たちにちょっとしたイタズラをしたりすると、人によっては猫をイジメているようにも見えるようで、そうなるとこちらとしては少し戸惑ってしまうのだね。たとえば、うちの店の猫をもう少しだけかわいくしようかなぁと思って、ほっぺたあたりをピンクの蛍光ペンでチョコチョコってかいてやると、ぽっと明るくなって何とも愛嬌のある顔になるのだね。私は結構気に入っているし、お客さんも『キャ~!かわいい~!』ってはしゃいでいるのだね。だから、これはあくまでおしゃれであってイジメではないのだと思っているのだ。だけど、その度がすぎてしまうときっとイジメになるのだろうね。
 以前に、道ばたで座ってお金をもらおうとしている人の横に犬が静かにジ~ッと座っていて、そこを行き交う人たちがその犬に同情してか、犬の前の入れものにチャランチャランと小銭を入れていくのを見た。小銭が入るたびにこの横に座っている人は密かに、ウッヒッヒ~と心の奥底で喜んでいるのだろうね。こういう場合は犬に強制的に労働をさせているので、イジメというか虐待なのだと思うのだね。
 では、犬にリヤカー的荷物の車を引かせている人はどうだろうか。しかも、この人というのは普通の人ではなくお坊さんなのだね。私が彼らを見つけたのは週末のチャトゥチャック市場の中なのだけど、お坊さんの前を静かに荷車を引きながら歩く犬。なんとも初めての光景なのでしばらく後を追いつつ見ていたのだが、この犬がとっても利口なのだね。お坊さんが『ちょっと待て。』と言えば、ピタッと止まってお坊さんのいる後ろを振り返り、『行っていいぞ。』と言えばまたスタスタと歩きだす。ずっとみていたのが、気になってしかたがないので、思わずお坊さんに『写真をとってもいいですか?』と声をかけてしまった。するとお坊さんはニコッとして『いいですよ。』と言うと、また犬を呼び立ち止まってくれた。 早速ハイポーズと写真を撮らせてもらい、少し話を聞いてみると、この犬の名前はソンワーンと言って、ずいぶん前からこうしてお坊さんと一緒にあちこちに行っているとのこと。 お坊さんはあまりおしゃべりは好きじゃないのか、暑い中面倒な事になってしまったと思っているのか、この後はこちらの問いかけにウンウンとうなずくばかりだったので、詳しいことはわからないけど、でもこうしてどこに行くにも一緒で、荷物を持って付き添ってくれる犬というのは、もしかしたら強制的に労働をさせているのかもしれないけれど、犬はいやいやというよりも、このお坊さんを慕っているように見えるので、自ら進んでこの仕事をしているようにみえるのだね。ただの飼い主と飼い犬という関係を超えての信頼関係が彼らには築かれているようで、暑い中、犬としては大変だろうけど、ちょっと微笑ましくなってしまったのだね。
 ア~うちの猫たちも店を手伝っているけど、やれやれまた仕事か~。疲れるなぁとぼやかれていたりしていないだろうか?仕事はしつつも、どんな思いなのかなぁと気になってしまうのだった。    (ちこ)