ちこっとコラム

105回目 コッチャーンでボッチャーン

104回目 未確認ぶらさがり物体

103回目 立ち食いソバの誘惑

102回目 はじめまして!

101回目 カメ使いの美女

100回目 赤は、気をつけて進め…!?

099回目 ノリノリ!Thai…

098回目 憧れの氷点下

097回目 閲覧注意!恐怖…

096回目 年が短いカレンダー

095回目 大ニュース!UFO発見?

094回目 プラマーン...?(2)

093回目 プラマーン...?

092回目 僕の決めポーズ!

091回目 ハトの歩き方

090回目 避暑地のハイテンション

089回目 便座に乗らないでください

088回目 叩く、叩かないの...

087回目 タイの痛車…

086回目 タイの凝固点降下アイス

085回目 名前をすぐに変えなさい

084回目 懐かしい秋の味覚はムシだった

083回目 なりきり戦争ゲーム?

082回目 テキトーでおおらかなミニ動物園

081回目 どうも納得出来きないのだね!!

080回目 シンガポールのティー&カフェ展示会

079回目 新しいモーターサイ乗り場

078回目 観覧車から眺める夕日

077回目 タイで過ごした日々を振り返るのだね

076回目 バンコクのスモッグ

075回目 デモグッズ屋台

074回目 植木なのか?ゴミ箱なのか?

073回目 2014年の目標は???

072回目 ヒゲ自慢のビーズ屋おじさん

071回目 タイの「なんちゃって~」寿司

070回目 仰向けで寝るサバーイ犬

069回目 タイの猫都市伝説?

068回目 ほのぼのふれあい動物園

067回目 行商コンビニ

066回目 マニアックな動物ショー

065回目 KLの癒しサービス

064回目 ミャンマーの水サービス

063回目 究極の気遣いトイレに…

062回目 書かなければ解らない

061回目 「ピンクレディ」の衣装を売る店?

060回目 凶悪バスの運転手はいい人だった?

059回目 道路の水だらけ掃除

058回目 新橋のハトおばさん

057回目 やめてっ!ノリノリ運転

056回目 忠犬・ソンワーン

055回目 激突シンドローム(症候群)

054回目 激写スポットにオババ乱入

053回目 信じる、信じないは…

052回目 ネズミ帝国の逆襲 (画像閲覧注意)

051回目 ノーベル賞ものの白血球?

050回目 市場のバトルはアホ名で決着

049回目 カオヤイでパンツ破けた

048回目 街の景観はひとつの窓からなのだね

047回目 いつでもどこでも営業中なのだね

046回目 洪水でも快適~高床式路上生活

045回目 泥沼化するバンコクの渋滞なのだね

044回目 ユニークな名前のタイの猫たち

043回目 そんなに適当で大丈夫??

042回目 日本の自動化システムと高齢化社会

041回目 東京下町の神社で縁起かつぎ

040回目 東京で遭遇した奇妙な人々

039回目 壁が崩壊!でもマイペンライ?

038回目 街の公衆体重計なのだね

037回目 癒し系マッサージ?なのかな

036回目 高級トイレは快適なのだね

035回目 i Phoneの最新機種、5G?

034回目 不老不死の薬を作り出す?

033回目 ソンクラーンは楽しいのだね

032回目 毒が出ましたハーブサウナ

031回目 首長美人になるのだね

030回目 荷台に人間満載でお気楽に

029回目 なんちゃってお寿司なのだね

028回目 国際標準は何色なのだ?

027回目 安直アドベンチャーランド…

026回目 温泉日和に運気上昇

025回目 お気軽ほのぼの防災訓練

024回目 裏技・水没ケータイ復活法

023回目 安くてお手軽 街角ミシン

022回目 チャトチャックの肩乗りリス

021回目 メーターは壊れていても車は走るのだ

020回目 選ばれてしまったのだね

019回目 振り込めサギにご用心!!

018回目 フンッとえらそうな従業員

017回目 気兼ね無さすぎ、オープンカフェ

016回目 雨のプーケット・サファリでガス欠

015回目 暑っ! 炎天下の罰ゲーム???

014回目 猪木居酒屋で元気ですか~ダァッ!!

013回目 コピってみたけど著作権?

012回目 究極のリサイクル?…

011回目 必ず当たる宝くじ…

010回目 サファリワールドで餌くれ~!

009回目 霊験あらたか三ッ頭の巨大象

008回目 チェンマイで見た仕事の秘訣

007回目 幸せな人は目覚めたらどんな人?

006回目 売れない貸せないコンドミニアム

005回目 合法的・下校時の買い食い

004回目 「つられワイ」の法則

003回目 お正月の水上マーケットは大渋滞

002回目 仕事の前にまずはみんなで晩酌???

001回目 お坊さんの愛読書を覗き見してみた

どうも納得出来きないのだね!!

chi81

 タイで生活して18年になる私でもどうも納得できないなぁと感じることが時々あるのだけど、つい最近もどうしても腑に落ちないという事があった。それはある日のこと、ずいぶん前から自宅の寝室のクローゼットの中のベニアが剥がれてきて、天井の塗装も剥がれだし、クローゼット内も湿気が酷かったので、これは天井の見えないところから水が漏れてきて染み込んできているのではないか?という疑惑があり、よく仕事をお願いするチャン【タイ語で職人の意味】を呼んで調べてみてもらったのだね。そうしたら、やはり屋上の床から浸水していてそれが徐々に2階の部屋までジワジワとやってきているようだった。そこで、この乾季の時期にさっさとそれを修繕しましょうということになり、結構大掛かりな工事が自宅で始まったのだ。
 いざ工事が始まるといつもは見馴れない若者のチャンもいて、男衆5、6人が家の中を占領する事となった。その見馴れない若者チャンなのだが、常に2人組で仲良しなようなのだけど、初めて見た時からなんとなく態度が悪く、どうも虫が好かないなぁと感じていたのだね。初対面のときから虫が好かないとか、どうも怪しいという私の直感は意外と当たるようなので、私が家にいる時には注意して見張っていたのだけど、ずっとへばりついている訳にもいかないので、いつもの親方のチャンに任せて仕事に行ったりしていた。そして、工事の最中に私が3日間留守にしていたことがあったのだが、戻ってから念のため、あれこれと確認をしてみると、自分の小さな机の上に置いてあった、以前使っていた日本製携帯電話がなくなっているのだね。しかも、そこに一緒にあった充電器まできちんと無くなっているのだった。現在は使ってはいないとはいえ、電話の中に写真や友人の電話番号といったデータをパソコンに保存しない面倒くさがり屋の私は時々それを見たりしていたので、完全に捨てていい物ではなかったのだね。つまり盗まれては困る物であったのだ。以前から知っている親方チャンだったので、すっかり信用しきってしまっていたということもあったし『若造のチャンにはちゃんと躾をしておけよー!』と厳しく言っておいたので、まさか何か無くなるってことはないだろうと思っていたのがまずかった…やはり最初に感じた、あのいや~な直感を大事にするべきだったと後悔しても、時既に遅し。
 【無断で人の所持品を持っていってしまう】ということは泥棒であるので、まずは親方のチャンに電話をしてこのことを説明したのだね。すると『やっぱりあいつおかしいと思ったんだ~。2日目から急に来なくなったしなぁ。寝室に行ってこそこそしていたし。』などとふざけた事を言うので『チャン。私はチャンに仕事を任せていたのであって、自分の部下がやった事についても責任を取らなくてはいけないよ。』と言うと、早速探してみるというのだね。翌日チャンから電話があり『あいつの部屋に行ってみたけど逃げたようでもう何も残っていなかった。田舎のおかぁちゃんにも電話してみたけど、帰ってきていないと言っていた。だからもうどこにあるかわからない。まぁ今までも他の家に行った時に泥棒をした事があったからしょうがないかなぁ。』などと言うので『そうじゃないでしょう?この事は仕方がないということで終わりにする問題ではなく、自分の部下が仕事中に起こした事件をチャンは親方として、仕事を請け負った者として、責任を取らないといけないのではないかい?また仕事をする先々で泥棒騒ぎがあると、チャンの評判も悪くなって仕事が来なくなるよ。もっとしっかり部下を管理しないといけないよ。』というような話をすると、最後は自分はやっていないし、金もないから弁償も出来ない。どうしようもないという始末。自分の部下が盗んだ事に対して悪かったと謝るというよりも、自分もそんなやつを雇った被害者だとでもいいたいようで、逆に同情してくれといわんばかりであった。
 『盗まれてしまったものは出てこないし、今後は気をつけるから。』と言われてもどうも納得がいかないのだね。というのも改めて調べてみると携帯電話の他にもその近くに置いてあったアクセサリー類も数点なくなっていたのだね。どれも多少なりとも売れるものなので。若造の泥棒チャンはきっとどこかに売り飛ばしてその金で酒でも飲んでいるのだろうかと思うと、腹が立つばかりであった。この事を仕方がないで片付けてしまおうということがどうも納得できないのだね。
 金額の大小ではなく、こういう泥棒行為をしたことが許せないのであって、どうにかして本人を捜し出し、説教をしたいと考えてしまうことが日本人的というか?盗まれた方が悪いのか?自分の考えが間違っているのか?と、どうも腑に落ちないまま、納得する答えも見つからずに一人で考えてしまうのだった。

(ちこ)