ちこっとコラム

105回目 コッチャーンでボッチャーン

104回目 未確認ぶらさがり物体

103回目 立ち食いソバの誘惑

102回目 はじめまして!

101回目 カメ使いの美女

100回目 赤は、気をつけて進め…!?

099回目 ノリノリ!Thai…

098回目 憧れの氷点下

097回目 閲覧注意!恐怖…

096回目 年が短いカレンダー

095回目 大ニュース!UFO発見?

094回目 プラマーン...?(2)

093回目 プラマーン...?

092回目 僕の決めポーズ!

091回目 ハトの歩き方

090回目 避暑地のハイテンション

089回目 便座に乗らないでください

088回目 叩く、叩かないの...

087回目 タイの痛車…

086回目 タイの凝固点降下アイス

085回目 名前をすぐに変えなさい

084回目 懐かしい秋の味覚はムシだった

083回目 なりきり戦争ゲーム?

082回目 テキトーでおおらかなミニ動物園

081回目 どうも納得出来きないのだね!!

080回目 シンガポールのティー&カフェ展示会

079回目 新しいモーターサイ乗り場

078回目 観覧車から眺める夕日

077回目 タイで過ごした日々を振り返るのだね

076回目 バンコクのスモッグ

075回目 デモグッズ屋台

074回目 植木なのか?ゴミ箱なのか?

073回目 2014年の目標は???

072回目 ヒゲ自慢のビーズ屋おじさん

071回目 タイの「なんちゃって~」寿司

070回目 仰向けで寝るサバーイ犬

069回目 タイの猫都市伝説?

068回目 ほのぼのふれあい動物園

067回目 行商コンビニ

066回目 マニアックな動物ショー

065回目 KLの癒しサービス

064回目 ミャンマーの水サービス

063回目 究極の気遣いトイレに…

062回目 書かなければ解らない

061回目 「ピンクレディ」の衣装を売る店?

060回目 凶悪バスの運転手はいい人だった?

059回目 道路の水だらけ掃除

058回目 新橋のハトおばさん

057回目 やめてっ!ノリノリ運転

056回目 忠犬・ソンワーン

055回目 激突シンドローム(症候群)

054回目 激写スポットにオババ乱入

053回目 信じる、信じないは…

052回目 ネズミ帝国の逆襲 (画像閲覧注意)

051回目 ノーベル賞ものの白血球?

050回目 市場のバトルはアホ名で決着

049回目 カオヤイでパンツ破けた

048回目 街の景観はひとつの窓からなのだね

047回目 いつでもどこでも営業中なのだね

046回目 洪水でも快適~高床式路上生活

045回目 泥沼化するバンコクの渋滞なのだね

044回目 ユニークな名前のタイの猫たち

043回目 そんなに適当で大丈夫??

042回目 日本の自動化システムと高齢化社会

041回目 東京下町の神社で縁起かつぎ

040回目 東京で遭遇した奇妙な人々

039回目 壁が崩壊!でもマイペンライ?

038回目 街の公衆体重計なのだね

037回目 癒し系マッサージ?なのかな

036回目 高級トイレは快適なのだね

035回目 i Phoneの最新機種、5G?

034回目 不老不死の薬を作り出す?

033回目 ソンクラーンは楽しいのだね

032回目 毒が出ましたハーブサウナ

031回目 首長美人になるのだね

030回目 荷台に人間満載でお気楽に

029回目 なんちゃってお寿司なのだね

028回目 国際標準は何色なのだ?

027回目 安直アドベンチャーランド…

026回目 温泉日和に運気上昇

025回目 お気軽ほのぼの防災訓練

024回目 裏技・水没ケータイ復活法

023回目 安くてお手軽 街角ミシン

022回目 チャトチャックの肩乗りリス

021回目 メーターは壊れていても車は走るのだ

020回目 選ばれてしまったのだね

019回目 振り込めサギにご用心!!

018回目 フンッとえらそうな従業員

017回目 気兼ね無さすぎ、オープンカフェ

016回目 雨のプーケット・サファリでガス欠

015回目 暑っ! 炎天下の罰ゲーム???

014回目 猪木居酒屋で元気ですか~ダァッ!!

013回目 コピってみたけど著作権?

012回目 究極のリサイクル?…

011回目 必ず当たる宝くじ…

010回目 サファリワールドで餌くれ~!

009回目 霊験あらたか三ッ頭の巨大象

008回目 チェンマイで見た仕事の秘訣

007回目 幸せな人は目覚めたらどんな人?

006回目 売れない貸せないコンドミニアム

005回目 合法的・下校時の買い食い

004回目 「つられワイ」の法則

003回目 お正月の水上マーケットは大渋滞

002回目 仕事の前にまずはみんなで晩酌???

001回目 お坊さんの愛読書を覗き見してみた

叩く、叩かないのジレンマ

chi88

 こういう時って普通みんなどうするのだろうかぁ?というか、あなたならどうしますか?いきなり問いかけるのもなんだけど、そういった場面が結構あるのだね。人は生きていると日々選択、決断の連続なのだ。 例えば朝起きた瞬間から、さぁて顔を先に洗うか?歯を先に磨くか?という些細な事に始まり、お昼になれば何を食べるか?人生のなかでは学校はどこに行くか?仕事はどうするか?結婚は?などなど。そういう自分の決断以外にマナー的にこうした方がいいという柔らかい規則的な事もあるのだね。知り合いにあった時に挨拶するか?しないか?一般的にはした方がいいのだけど、これは法で決まっているわけではないので本人の意思決断しだいのところがあるのだね。でもほとんどの人はやっぱり挨拶をした方が気持ちがいいし、印象もいいからするのだね。という選択をすると思うのだ。しかし、どっちでもいいケースという曖昧なこともまた多々あり、日々悩んでしまうのだ。
 この間、エレベーターに乗った時の事。人がいっぱい乗り込んだために私は一番奥へ進み、入り口を向いて立っていた。そこに女性がやってきて私の目の前に背中を向けて立ったのだ。これだけだったら何も問題がないのだけど、ちょうど目の前の彼女のタンクトップを着て肌が露出している背中の上の方に蚊が止まっているのだね。そう、今からおいしい血を吸っちゃいますよ~と構えている体勢なのだね。今にも蚊に刺されようという時、自分だったら手でパンッと叩いてしまうけど、今目の前にいるのは、たまたまこの場に居合わせただけの他人なわけで、この人の背中に止まっている蚊を勢いよくパンッと叩いていいものか?仮に命中して自分の手の中に蚊の亡き骸があれば『いや~蚊が止まっていたのでしとめました。』と、証拠を見せつつ説明がつく訳で、きっと彼女も驚きつつも『あ~すみません。』って感謝されるかもしれないけど、もしパンッと叩いたものの、蚊に逃げられてしまったら、さてどうだろう?背中には私の手の後が赤く痛々しく残るだけで、鋭い目でにらまれて『なにするのよ~!』と怒鳴られるかもしれないのだね。そうなったら私だけがただの悪い人になってしまうし、狭いエレベーターの中でみんなを一気に敵にまわしてギロッと集中的ににらまれるのが落ちなのだ。かといってだね、目の前にこうして蚊が止まっているというのも何とも気になるのだね。 おもむろに携帯を取り出し、写真を撮ってみても蚊はビクッともしないのだ。きっと確実に血を吸い続けているのだろう。2度目の写真を撮って私の左隣の人を見ると、その男性も蚊に気がついていたらしい。かといって何をする訳でもないのだけど、、、、しかし、この男性が何となく私に目配せで「いけ」って言っているように感じるのだね。お前が叩いてやれって言わんばかりなのだ。まてまて、こっちとしてはまだ心構えができていないし、だったらあんたがいけよ~と見返した時にはそっぽを向かれてしまっていた。そっか、この人はこういう場合は見て見ぬ振りをして自分に害がないようにしているのだね。じゃ、私はどうしようと考えている間にエレベーターはB階に着いてしまい、みんながそそっそと降りてしまった。その彼女も一緒に降りたのだが、蚊の姿は既になく刺された後だけが残っていたのだ。あ~きっとこの後かゆいかゆいってことになるんだろうなぁ。かわいそうに~。結局自分も見てみぬ振りをしてしまったのだった。 こういう場合はどう対処したらいいのか?改めて考えてみた。仮に目の前にいる人に蚊が止まっていたら、どんな関係までだったら叩いてもよいものなのか?まぁ身内だったら問題ないだろう。親友、同僚など比較的親しい人だったらまぁ大丈夫だと思う。単なる知り合いの場合は叩けるほどの関係かどうかの線引きが非常に難しいのだね。例えば、蜂が頭に止まっているという、もっと危険が迫っている状況であれば誰でも頭をはたいて蜂を追い払っても、ほとんどの人は怒るよりも感謝するだろうけど、こと蚊程度だと、それほどの害がないのと、証拠もわかりにくいこともあって、誰彼かまわず叩くという事ができないのかもしれないのだね。うちの店でこの話をしたところ、女性スタッフの一人は『私なら叩きます。』もし何か言われても『蚊が止まっていました~!』って言えば大丈夫だろうというのだね。なかなか正々堂々として立派だなぁと感心してしまった。ただし、相手にもよるかなぁ~という付け足しもあったのだね。そう、人を見てからでないと大変なことになるかもしれないのだ。世の中には色々なマナー本とか礼儀作法とかあるけど、他人に蚊が止まっている時の対処の仕方なんていうのがあってもいいのになぁと思ってしまったのだった。

(ちこ)